電子 レンジ 棚。 キッチンのレンジ台&収納棚をDIY!参考デザイン10選

キッチンカウンター

電子 レンジ 棚

via シンプルながらもスッキリとした作りが魅力的なブラックパイプと木材で作るレンジ台。 必要なものは、黒パイプ、ジョイント、フランジ、ウッドボード、ネジ、ノコギリ、クランプ、塗料、サンドペーパー、接着剤。 作り始める前に、レンジや一緒に収納したいものの大きさと部屋の寸法を測り、大まかな完成図をメモしておきましょう。 まずは、木材を決めた大きさにあわせて切断し、必要なら接着剤で繋ぎ合わせます。 表面はサンドペーパーでなめらかにしましょう。 それから、木材に穴を開け、ネジで組み立てたブラックパイプを固定します。 最後に、お好みの塗料を塗って乾かせば、出来上がりです。 細かなアイテムなどは、箱に入れると生活感が出過ぎず、オシャレなインテリアに仕上がります。 via キッチンのデッドゾーンを活用したい方にオススメなのが、こちらのアイデアです。 まずは、レンジやホットプレート、ラップやアルミホイルなど、キッチンに収納したいものを洗い出し、どこに何を収納すべきか整理します。 その時のポイントとしては、レンジなどよく使うものはすぐ手が届きやすい場所へ置くことと、なるべく生活感を出さないため、細かなアイテムは見えないように収納すること。 そこまでできたら、それぞれの長さを測り、木材で収納スペースを組み立てていきます。 オーブンを収納する際は、上部に廃熱スペースを作ることをお忘れなく。 写真のように天板を収納してもいいですね。 下には、すのこを敷いてホットプレート置き場にしています。 via キッチンカウンターにもなる、可動式の便利なレンジ台。 この機能的なレンジ台はアメリカに住む、Bethany Syさんによって作られたものです。 綺麗に切りそろえた合板に鉛筆で下書きし、ポケットホールあけ、サンディングしていきましょう。 そのあとは、組み立てです。 接着剤を付けて、前部を棚に、底部のレールをベースにねじ込んでいきます。 最後は、塗装し、トップにブッチャーブロックを載せ、下部にローラーを取り付ければ、出来上がりです。 まるで既製品のような見事な出来栄えです。 via キッチンにレンジを置くスペースがなかったとしても、諦めてはいけません。 簡単に安価でできるハンギングレンジ台についてご紹介します。 用意するものは、ドリルビット付きドリル、調整可能レンチ、メジャー、鉛筆、電子レンジの幅と奥行きよりも広い合板、電子レンジより高さがある4つのアイレットボルト、ワッシャー、フック付きのネジ、4つのロックナットです。 まず、しっかりレンジを吊り下げることができるよう、カウンターまたはキャビネットの下に付ける穴の位置を確認し、鉛筆で印を付けます。 合板にも同様の印を付け、スクリューで穴を空けます。 カウンターに穴が空いたらそこにフック付きのネジを取り付けます。 次に合板にアイレットボルトを取り付け、フックに吊り下げれば、コンパクトなレンジ台の出来上がりです。 via 賃貸では収納が少ないキッチンが少なくありません。 そんな時は、カラーボックスでお手軽にキッチンカウンターを作ってみてはいかがでしょうか。 用意するものは、カラーボックス2つ(写真の手前のものと冷蔵庫奥のもの)、天板、カラーボックス用ワイヤーバスケット、レール、電動ドライバー、L字の金具、ネジ。 カラーボックスは、2つの上に天板を渡すため、同じ高さのものを選ぶようにしましょう。 また、ボックス内の棚の取り付け位置が、調整可能なカラーボックスだと、後々アイテムに応じてスペースを広げられるため便利です。 組み立てたカラーボックスに天板を渡して金具で留めればほぼ完成。 レンジ台の部分は、カラーボックスに予め穴ネジを入れ、ドライバーで板にビス止めすれば出来上がりです。 via キッチン収納にお悩みなら、ラック型のレンジ台をDIYしてみませんか。 ホームセンターで手に入るワンバイフォー材を使用すれば、レンジだけではなく、電気ポットや食器も置けるキッチンラックを手軽に作れますよ!お部屋の雰囲気に合わせて塗装すれば完璧です。 ちゃまおさんのブログ「ちゃまぽこ」で紹介されていたこちらのラックは、柱や棚受けを白く塗装することで、キッチン全体に溶けこむような、清潔なイメージに仕上げられています。 棚板には、木材に味わいが出ることで人気のワトコオイルから、ダークウォルナットを塗装。 お値段以上の質感を生んでいます。 ユニークなのは、キャスター付きのワゴンが収納されていること。 もちろんこちらのワゴンもDIYで作ったものです。 ワゴンは天板付きなので、調理の際に引き出しておけば、鍋や食器を置ける台としても使えます。 狭いキッチンの使い勝手をよくする素晴らしいアイデアですね。 レンジはキッチン家電の中でも、比較的重い部類に入ります。 同じ重たい家電でも、例えば冷蔵庫なら直接床に置くので、その重量が大きな問題になることはありません。 しかし、台に載せるタイプの家電は話が別!特に、どんどん高機能化が進むレンジは、その分重量も増してきています。 重量があるということは、それを置く台にも強度が必要だということを忘れてはいけません。 レンジ台は、一般的にはスチールなどの金属製や、木製のものが販売されています。 DIYの場合は加工しやすい木で作ることが多くなりますが、木材はその種類により強度に大きく差があるので、注意が必要です。 レンジの重さを考慮して、杉など手で押してたわむような柔らかい木材ではなく、厚みのある丈夫な木材を選びましょう。 特に直接レンジを置くことになる天板は、使っているうちに劣化が進むこともあるので、十分な強度が必要です。 スペースが限られるキッチンで効率的にレンジを収納するには、「ディアウォール」というアイテムがオススメです。 特に、壁面を活用した収納作りには欠かせません。 ディアウォールは設置の際に壁に穴を開ける必要がなく、取り外せば現状復帰ができるので、賃貸に住んでいる人にも使いやすい製品です。 ただし、棚を取り付けてレンジ台として使う場合、純正パーツの耐荷重(約5kg)では強度が不安なので、強度のある棚受けを別途用意してください。 Instagramで見つけたelpibe10cvさんのレンジ台では、キッチンのデッドスペースを有効に活用しています。 ディアウォールでちょっとした壁を作り、棚を掛けてレンジ台にするアイデア!下にはゴミ箱を置けるようにして、使い勝手のいいキッチンを実現しています。 この記事で紹介した事例では、なかなかスペース的な余裕がない中でも、それぞれ工夫を凝らしながらDIYをしていることがわかります。 ぜひ、自分にあったアイデアを見つけてみてください!.

次の

キッチンのレンジ台&収納棚をDIY!参考デザイン10選

電子 レンジ 棚

via シンプルながらもスッキリとした作りが魅力的なブラックパイプと木材で作るレンジ台。 必要なものは、黒パイプ、ジョイント、フランジ、ウッドボード、ネジ、ノコギリ、クランプ、塗料、サンドペーパー、接着剤。 作り始める前に、レンジや一緒に収納したいものの大きさと部屋の寸法を測り、大まかな完成図をメモしておきましょう。 まずは、木材を決めた大きさにあわせて切断し、必要なら接着剤で繋ぎ合わせます。 表面はサンドペーパーでなめらかにしましょう。 それから、木材に穴を開け、ネジで組み立てたブラックパイプを固定します。 最後に、お好みの塗料を塗って乾かせば、出来上がりです。 細かなアイテムなどは、箱に入れると生活感が出過ぎず、オシャレなインテリアに仕上がります。 via キッチンのデッドゾーンを活用したい方にオススメなのが、こちらのアイデアです。 まずは、レンジやホットプレート、ラップやアルミホイルなど、キッチンに収納したいものを洗い出し、どこに何を収納すべきか整理します。 その時のポイントとしては、レンジなどよく使うものはすぐ手が届きやすい場所へ置くことと、なるべく生活感を出さないため、細かなアイテムは見えないように収納すること。 そこまでできたら、それぞれの長さを測り、木材で収納スペースを組み立てていきます。 オーブンを収納する際は、上部に廃熱スペースを作ることをお忘れなく。 写真のように天板を収納してもいいですね。 下には、すのこを敷いてホットプレート置き場にしています。 via キッチンカウンターにもなる、可動式の便利なレンジ台。 この機能的なレンジ台はアメリカに住む、Bethany Syさんによって作られたものです。 綺麗に切りそろえた合板に鉛筆で下書きし、ポケットホールあけ、サンディングしていきましょう。 そのあとは、組み立てです。 接着剤を付けて、前部を棚に、底部のレールをベースにねじ込んでいきます。 最後は、塗装し、トップにブッチャーブロックを載せ、下部にローラーを取り付ければ、出来上がりです。 まるで既製品のような見事な出来栄えです。 via キッチンにレンジを置くスペースがなかったとしても、諦めてはいけません。 簡単に安価でできるハンギングレンジ台についてご紹介します。 用意するものは、ドリルビット付きドリル、調整可能レンチ、メジャー、鉛筆、電子レンジの幅と奥行きよりも広い合板、電子レンジより高さがある4つのアイレットボルト、ワッシャー、フック付きのネジ、4つのロックナットです。 まず、しっかりレンジを吊り下げることができるよう、カウンターまたはキャビネットの下に付ける穴の位置を確認し、鉛筆で印を付けます。 合板にも同様の印を付け、スクリューで穴を空けます。 カウンターに穴が空いたらそこにフック付きのネジを取り付けます。 次に合板にアイレットボルトを取り付け、フックに吊り下げれば、コンパクトなレンジ台の出来上がりです。 via 賃貸では収納が少ないキッチンが少なくありません。 そんな時は、カラーボックスでお手軽にキッチンカウンターを作ってみてはいかがでしょうか。 用意するものは、カラーボックス2つ(写真の手前のものと冷蔵庫奥のもの)、天板、カラーボックス用ワイヤーバスケット、レール、電動ドライバー、L字の金具、ネジ。 カラーボックスは、2つの上に天板を渡すため、同じ高さのものを選ぶようにしましょう。 また、ボックス内の棚の取り付け位置が、調整可能なカラーボックスだと、後々アイテムに応じてスペースを広げられるため便利です。 組み立てたカラーボックスに天板を渡して金具で留めればほぼ完成。 レンジ台の部分は、カラーボックスに予め穴ネジを入れ、ドライバーで板にビス止めすれば出来上がりです。 via キッチン収納にお悩みなら、ラック型のレンジ台をDIYしてみませんか。 ホームセンターで手に入るワンバイフォー材を使用すれば、レンジだけではなく、電気ポットや食器も置けるキッチンラックを手軽に作れますよ!お部屋の雰囲気に合わせて塗装すれば完璧です。 ちゃまおさんのブログ「ちゃまぽこ」で紹介されていたこちらのラックは、柱や棚受けを白く塗装することで、キッチン全体に溶けこむような、清潔なイメージに仕上げられています。 棚板には、木材に味わいが出ることで人気のワトコオイルから、ダークウォルナットを塗装。 お値段以上の質感を生んでいます。 ユニークなのは、キャスター付きのワゴンが収納されていること。 もちろんこちらのワゴンもDIYで作ったものです。 ワゴンは天板付きなので、調理の際に引き出しておけば、鍋や食器を置ける台としても使えます。 狭いキッチンの使い勝手をよくする素晴らしいアイデアですね。 レンジはキッチン家電の中でも、比較的重い部類に入ります。 同じ重たい家電でも、例えば冷蔵庫なら直接床に置くので、その重量が大きな問題になることはありません。 しかし、台に載せるタイプの家電は話が別!特に、どんどん高機能化が進むレンジは、その分重量も増してきています。 重量があるということは、それを置く台にも強度が必要だということを忘れてはいけません。 レンジ台は、一般的にはスチールなどの金属製や、木製のものが販売されています。 DIYの場合は加工しやすい木で作ることが多くなりますが、木材はその種類により強度に大きく差があるので、注意が必要です。 レンジの重さを考慮して、杉など手で押してたわむような柔らかい木材ではなく、厚みのある丈夫な木材を選びましょう。 特に直接レンジを置くことになる天板は、使っているうちに劣化が進むこともあるので、十分な強度が必要です。 スペースが限られるキッチンで効率的にレンジを収納するには、「ディアウォール」というアイテムがオススメです。 特に、壁面を活用した収納作りには欠かせません。 ディアウォールは設置の際に壁に穴を開ける必要がなく、取り外せば現状復帰ができるので、賃貸に住んでいる人にも使いやすい製品です。 ただし、棚を取り付けてレンジ台として使う場合、純正パーツの耐荷重(約5kg)では強度が不安なので、強度のある棚受けを別途用意してください。 Instagramで見つけたelpibe10cvさんのレンジ台では、キッチンのデッドスペースを有効に活用しています。 ディアウォールでちょっとした壁を作り、棚を掛けてレンジ台にするアイデア!下にはゴミ箱を置けるようにして、使い勝手のいいキッチンを実現しています。 この記事で紹介した事例では、なかなかスペース的な余裕がない中でも、それぞれ工夫を凝らしながらDIYをしていることがわかります。 ぜひ、自分にあったアイデアを見つけてみてください!.

次の

電子レンジ

電子 レンジ 棚

電子レンジだと熱はあまり外へ出ませんが、オーブンレンジやトースターは高熱がまわりに放出されます。 木製の棚にスペースなく設置している場合、熱によって発火する恐れがあり危険です。 キッチン家電の説明書に記載されているスペースを空けるようにしましょう。 ロータイプの天板に載せて、近くに何も置かない方法が安心です。 炊飯器やポットは蒸気が出る 炊飯器やポットにスチームオーブンレンジなど、水を使うキッチン家電は蒸気が発生するものです。 その蒸気が棚のまわりに触れることで、木製は変形や劣化していきます。 スチール製は濡れたままにしていると、サビ付いてしまいかねません。 そのため置き場所を変えづらい炊飯器は、スライド棚やロータイプの天板に載せる方法がおすすめです。 自分で貼り替える手間を惜しまないなら、モイス付きも選択肢になりますよ。 安いおしゃれなレンジ台の選び方 収納物をはっきりさせておく.

次の