植物性 プロテイン。 たんぱく質の動物性と植物性の違い

プロテインの女性への効果や飲み方は?植物性がオススメって本当?

植物性 プロテイン

植物性プロテインの特徴 植物性プロテインの紹介の前に、まずはちょっとだけ植物性プロテインの特徴についておさらいします。 植物性プロテインの特徴は、以下のようなものがあります。 血中コレステロールの上昇を抑えられる• 地球環境にいいと言われている• 吸収はややゆっくり• 乳糖が入っていないので、お腹が痛くなりにくい したがって、 ヴィーガンや ベジタリアンの方はもちろん、 競技時間が長いスポーツを中心にアスリートやダンサーなどにもよく利用されています。 それでは、早速、代表的な 4種類の植物性プロテインを見ていきましょう。 ピープロテイン 黄色エンドウ豆 ピープロテインは、 黄色エンドウ豆から作られるタンパク質で、現代では 最も安全で評価の高いタンパク質です。 2000年代までは大豆タンパクよりも味が劣ることや、大豆タンパクの イソフラボン等の問題がほとんど報告されていなかったので、あまり認知がされていませんでしたが、それらは改善されてから一気に海外で人気が高まりました。 ピープロテインの特徴は以下のようなものがあります。 アルギニン含有量が多い 多くのアスリートが、ホエイから植物性に移行する大きな理由は アルギニンの含有量です。 アルギニンは 高アルカリ性ということもあり、食事やサプリメントから十分量摂取するのが非常に難しいのが現実でした。 しかし ピープロテインの台頭でそれが現実的となり、 疲労回復を求める人々から支持を得ています。 アレルギー成分が無い 今までは 乳アレルギーがある人や 大豆アレルギーがある人はプロテインを飲むことができませんでした。 しかし ピープロテインであれば、 アレルギー成分が入っていないため、どなたでも飲むことができます。 また、 遅発性アレルギーのために ホエイプロテインを飲むと体調がすぐれなかったという人も代替として飲むことができるのが特徴です。 血中コレステロールを低下させる 「」という研究によれば、 ピープロテインの摂取は 血中のコレステロールを低下させることを示唆しています。 詳しい説明はこちらの記事をご覧ください。 ソイプロテイン 大豆 ソイプロテインは、大豆から作られるタンパク質で、日本で 最も歴史の長いプロテインです。 低カロリーに加え、 イソフラボンが多く含有していることから女性に人気があり、よく薬局などで目にする女性用プロテインの多くはソイプロテインであるケースが多いです。 それでは ソイプロテインの特徴を見ていきましょう。 アルギニンが多い 実は豆類は総じてアルギニンが多いため、 ソイプロテインにもアルギニンが非常に多く含まれています。 含有量は ピープロテインより、少々少ない程度と言われているため、 疲労回復の他にも 成長ホルモン分泌を促すことが示唆されています。 アミノ酸スコアが高い ソイプロテインは 植物性タンパク質でありながら、アミノ酸スコアも利用効率も動物性タンパク質に劣らないと言われています。 実際に 大豆のアミノ酸スコアがどのように100になったのかについて、下記で解説しておりますので、是非ご覧ください。 イソフラボンのリスクがある ソイプロテインが最も敬遠される理由は、 大豆イソフラボンが ホルモンバランスに悪影響を及ぼすと言われているからです。 しかしながら、実はプロテインにはいくつか作り方があり、 ソイプロテインも製造方法によっては イソフラボンの量をほとんど影響がない程度に抑えることができます。 したがって大豆プロテインを選ぶ際は、その 製造方法に着目してみるのがおすすめです。 ライスプロテイン 玄米 ライスプロテインとは、玄米由来の植物性のプロテインです。 現代では流通量が少なく、まだまだ ライスプロテイン単体では使われることが少ないですが、 大豆タンパクや エンドウ豆タンパクとミックスすることが海外でも流行中で、まさに 植物性プロテイン界の2枚目として活躍しています。 メチオニンを補える関係 玄米プロテインの最も大きな特徴は、 メチオニンでしょう。 特に ピープロテインやソイプロテインは必須アミノ酸であるメチオニンが不足する傾向があり、それを補うには単体で メチオニンを加えるか、玄米たんぱくを加えるしかありません。 したがって 玄米タンパクは、まさに ミックスすることで本領を発揮します。 植物性プロテインの中でも非常にカロリーが低い 同程度のソイプロテインとカロリーを比較すると、 ライスプロテインは約半分程度であることが多く、カロリーが非常に低いとされています。 カロリーを気にしてダイエットをされている方にはうってつけです。 さらに、 ライスプロテインに使う玄米は、健康志向の方向けに オーガニックの玄米を使用しているメーカーも多く、美容を気にされている方にもおすすめできます。 ヘンププロテイン 麻 ヘンププロテインはあまり聞いたことがないかと思いますが、 麻由来のタンパク質です。 一般に「 ヘンプ」と呼ばれているものは、精神に作用を及ぼすとされる成分 テトラヒドロカンナビノール THC をほとんど含まない品種で、輸入が許可されている「 大麻草」のことを言います。 その大麻草からタンパク質を抽出したのがヘンププロテインです。 必須アミノ酸が豊富 ヘンププロテインは、 体内で生成することができない 9種類のアミノ酸(必須アミノ酸)をバランス良く豊富に含んでいます。 これらは ピープロテインや ソイプロテインとほぼ同等のため、これらのプロテインが飽きてしまった時にもおすすめです。 必須脂肪酸も豊富 ヘンプは美容や健康に欠かせない「 必須脂肪酸」も多く含まれています。 したがって脂質も高くなりがちですが、美容目的の方は ピープロテインと ライスプロテインをミックスするのがおすすめです。 味は現段階では非常にまずい 現段階での問題点は、実は味になっています。 国内産の ヘンププロテインはまだメーカーの数が多くなく、研究も進んでいないため、味の改善にはもうしばらく時間がかかりそうです。 数十年前は ホエイプロテインも味が不味かったのですが、現在ではおいしくなっています。 また、 ピープロテインも昔はまずいと言われていましたが、非常に美味しいものも最近出てきています。 これを踏まえると、 ヘンププロテインも味の改善がされていくことは間違い無いでしょう。 まとめ 今回は植物性プロテインについて紹介していきました。 植物性だけでも4種類もあり、それぞれに違った特色があります。 自身の目標や生活スタイルを考慮して使い分けるのも良いでしょう。 ぜひ、種類の色々な植物性プロテインを楽しんでください!.

次の

プロテイン8種類のメリットと効果的な使い方【植物性・動物性】

植物性 プロテイン

タンパク質の効果については下記の記事に詳しくまとめています。 理由2:現代人は動物性タンパク質を摂りすぎているから 2つ目の理由は、 現代人が動物性タンパク質を摂りすぎているからです。 タンパク質には、動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類がありますが、どちらが大事ということはなく両方ともに人間の体には必要不可欠なもの。 2種類ともバランスよく摂ることが大切です。 しかし、外食や内食の多い現代人は、どうしても 動物性タンパク質だけに偏ってしまいます。 牛丼やファミレスのハンバーグ、ラーメンの上の焼豚やハンバーガー、フライドチキン…これらには植物性タンパク質はほぼ含まれません。 また、これらの食べ物にはやなどの 健康を害する脂を多く含んでいます。 動物性タンパク質を減らし、その上で植物性タンパク質を摂るのが効果的です。 理由3:植物性タンパク質の優れた効果 植物性タンパク質の 優れた効果も見逃せません。 植物性タンパク質は インナーマッスルを増やし、代謝をアップさせることで体を引き締めてくれるため ダイエット効果が抜群。 また、植物のみが持つ栄養素 『ファイトケミカル』を豊富に含むため、 美肌効果や体質改善、抵抗力アップなど優れた効果が満載です。 さらに 赤ちゃんの発育にも大きく関係していて、植物性タンパク質を摂ることで 胎児の内臓が健康に発育することもわかっています。 ファイトケミカルについて詳しくは下記の記事をご覧ください。 理由4:手っ取り早く摂れる 4つ目の理由は、 手軽さです。 植物性タンパク質を含む食品といえば大豆ですが、毎日大豆ばかりを大量に食べることはできません。 特に忙しい現代人の場合は、自宅で調理をする余裕もないのでなおさらです。 そのため、飲むだけで手軽に、かつ効率的に植物性タンパク質を補給できる プロテインがおすすめです。 ただ飲むだけでなく、料理にも応用できるます。 小麦粉の代わりに使うことができるので、料理をよくする方にもおすすめできます。 オーガニックの植物性プロテインまとめ それでは、ここからは高い吸収率のオーガニック植物性プロテインを順にご紹介します。 1:ガーデンオブライフ 【ロー・オーガニックプロテイン】 アメリカ・ガーデンオブライフ社製のオーガニックプロテインです。 ガーデンオブライフ社は、 他に類を見ないほどの様々な認定を受けたオーガニックフード企業。 USDAオーガニック認証、非GMO(遺伝子組換え)プロジェクト認証、NSFグルテンフリー認証、ビーガン認証など、およそオーガニックフード企業を証明する認証を揃えた、世界で最も信頼のおけるオーガニックフード企業です。 恐らくこれが、 日本で買える植物性のプロテインのうち最も信頼のおける品質のプロテインです。 迷ったらこれから始めてみましょう。 ヘンプシードとは耳慣れない響きの食品ですが、実は タンパク質の含有量と吸収率は大豆以上とも言われています。 必須アミノ酸は全て含有し脂肪酸のバランスも最適。 豊富なミネラル分も含み、さらにアレルギー成分もないというという万能ぶり。 このように数多くの栄養成分を豊富に含むことから、ヘンプシードも スーパーフードの一種と言われています。 アメリカ、オーストラリア、日本の3カ国で有機栽培認定を受けたヘンプシードのみを使用しているので安心です。

次の

5大タンパク質の違い【動物性タンパク質、植物性タンパク質についても解説】

植物性 プロテイン

植物性プロテインとは 文字通り植物に含まれるタンパク質のことを植物性タンパク質と呼びます。 5大タンパク質でいうと大豆タンパク、小麦タンパクの2種類が植物性タンパク質に分類されます。 大豆タンパクは大豆に含まれるタンパク質、小麦タンパクは小麦に含まれるタンパク質のことです。 植物性タンパク質はダイエットの際に気になりがちな油脂をほとんど含んでいないため、低脂肪・低カロリーの食事を摂取するときには理想的なタンパク質です。 私たちの身近なところでも植物性タンパク質は摂取しています。 例えば、とうもろこしですとうもろこしは穀物に分類されているので糖質が豊富でエネルギー量が高い食品で、 含有量は約6gです。 果実類の中ではアボカドがアミノ酸バランスがトップクラスで、タンパク質は約5gです。 また、バナナもアミノ酸を含み、約1gですが含まれています。 良質なタンパク質かどうか知る方法にアミノ酸スコアがありました。 スコアが100に近いほど理想とされますが、植物性タンパク質の場合、例えば玄米では65、アーモンドでは50、大豆では86です。 動物性タンパク質の代表格である牛肉が100、鶏卵が100、あじが10に比べやや少ないです。 しかし、植物性タンパク質は動物性タンパク質に比べて低脂肪・低カロリーなのが特徴です。 動物性タンパク質が豊富に含まれる肉や卵は、脂質やコレステロールが高いです。 一方、植物性タンパク質は脂質やコレステロールが比較的に低い食品が多く、身体の面から言うと健康的と言えます。 また、ダイエットをする際には脂質を気にしてしまいますが、植物性タンパク質は脂質が少なく、カロリーも低いため理想的と言えます。 植物性タンパク質と動物性タンパク質との違い 肉や魚など動物から摂ることができるタンパク質を動物性タンパク質と呼びます。 5大タンパク質でいうとホエイ、カゼイン、卵白の3種類が動物性タンパク質に分類されます。 ホエイは牛乳から乳脂肪分と固形タンパク質を除いて残ったものです。 カゼインはホエイを作るために取り除いた固形タンパク質から作ったものです。 卵白は周知の通り、卵の黄身を守っている透明な部分のところです。 動物性タンパク質は多くのものが9種類の必須アミノ酸を含んでいます。 アミノ酸全体の働きは不足している必須アミノ酸のレベルに合わせて制限されてしまいます。 ですから、タンパク質を摂取しているつもりでも足りていなかった、となってしまう事があります。 良質なタンパク質かどうか知る方法にアミノ酸スコアがあります。 アミノ酸スコアが100、それに近い数値であれば理想とされているアミノ酸組成に近いとされています。 例えば牛肉が100、鶏卵が100、あじが100となっています。 植物性タンパク質を摂取するにはソイプロテインが最適? ソイプロテインの原材料は大豆です。 ソイプロテインは大豆から油脂を絞った後に、タンパク質を取り出したものです。 ソイプロテインは植物性タンパク質でありながら、アミノ酸スコアも利用効率も動物性タンパク質引けを取りません。 アミノ酸スコアとは簡単に言うと、食品中の必須アミノ酸の含有比率を評価するための数値です。 後ほど細かく説明します。 大豆タンパク質は、食べ物で摂取した余分な資質と結びついて、そのまま身体の外に排出する働きがあり、血中の悪玉コレステロールを低下させる効果があるとされています。 大豆タンパク質には基礎代謝を高め、腸内環境を整える働きもあり、効率よくカロリーを消費できる体にできると言われています。 ホルモンバランスの乱れによって、身体的・精神的な不調をきたす人もいます。 これは女性ホルモンの分泌が低下して起こると言われています。 植物性タンパク質に属する大豆が持つイソフラボンは、マメ科植物に多く含まれているフラノボイドとよばれるポリフェノールの一種です。 フラノボイドは植物に含まれている色素や苦み、辛味成分でありながら健康効果が期待されている成分です。 様々なイソフラボンの中でも大豆に含まれている大豆イソフラボンは植物エストロゲンともよばれていてフラボノイドの中でも珍しく女性ホルモン エストロゲン と良く似た働きがあります。 女性の美容と健康に役立つ成分としてとても注目されており、女性ホルモンの改善に役立ちます。 気になる植物性プロテインの効果 植物性プロテインの特徴としては下記の2点です。 ・消化吸収がゆっくりである ・アミノ酸含有量が動物性と比べると少ない この2点を見ると動物性プロテインの方がメリットがあるように感じると思います。 しかし一概に「動物性プロテインが良い」ということはないのです。 例えば、筋力トレーニングをして筋肉をつけていくのが目的であれば筋トレ後の30~60分の間に動物性プロテインを摂ると良いでしょう。 では植物性プロテインはどのような人におすすめなのでしょうか? まず植物性プロテインのアミノ酸含有量ですが、動物性プロテインと比べると少ないというだけで、決して含有量が極端に少ないということではありません。 植物性プロテインは、脂質量が少なく、ナトリウムやカリウムが豊富なので代謝を上げる効果が期待できます。 大豆プロテインの場合、大豆イソフラボンやサポニンという成分が含まれていて、抗酸化作用促進やホルモンバランスを保つ作用があります。 ですから植物性プロテインは女性に嬉しいダイエットや美肌の効果が期待できます。 明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g プロテイン種類 SPI ソイプロテイン・アイソレート:Soy Protein Isolate 味 ココア味 内容量 1,050g 50食分 カロリー 1食分 21g 当たり エネルギー 79kcal 原産国 日本 ザバスのソイプロテイン100ココア味は、たんぱく質原料として大豆プロテインを100%使用されているのが特徴です。 また、7種類のビタミンB群とビタミンCも配合されていて、1日に2回飲むことで1日分のビタミンB群とビタミンCを補給することができます。 身体づくりとして、筋肉を成長させたい人はもちろんのこと、身体を引き締めたい人、ダイエット中の女性の人などには腹持ちが良いのでおすすめです。 ソイプロテインは、「プレーン味が苦手だ」という声が多いのですが、ココア味は「溶けやすく飲みやすい」といった評判が多いようです。 ザバスシリーズは、国内有名メーカーの明治から発売されている商品で、原産国も日本となっているので品質にも安心できます。 ザバス SAVAS ウェイトダウン チョコレート風味【50食分】 1,050g プロテイン種類 SPI ソイプロテイン・アイソレート:Soy Protein Isolate 味 チョコレート風味 内容量 1,050g 50食分 カロリー 1食分 21g 当たり エネルギー 79kcal 原産国 日本 ザバスのソイプロテイン100チョコレート風味は、たんぱく質原料として大豆プロテインを使用し、さらに「ガルシニアエキス」も配合されているのが特徴です。 ガルシニアとは、オトギリソウ科の植物で、食欲を調整し脂肪合成を抑制するとされています。 また、11種類のビタミンと3種類のミネラルも配合されていて、汗で失われがちなカルシウム、鉄、マグネシウムを保有することができます。 また1日に2回飲むことで1日分のビタミンとミネラルの不足分を補給することができます。 身体づくりとして、ウェイトダウンを考えている、身体を引き締めたい人、ダイエット中の女性の人などに特におすすめです。 ソイプロテインは、「プレーン味が苦手だ」という声が多いのですが、チョコレート風味は「甘味がある」といった評判が多いので甘いものが好きな人には飲みやすいでしょう。 ザバスシリーズは、国内有名メーカーの明治から発売されている商品で、原産国も日本となっているので品質にも安心できます。 明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g プロテイン種類 SPI ソイプロテイン・アイソレート:Soy Protein Isolate 味 ヨーグルト風味 内容量 1,050g 50食分 カロリー 1食分 21g 当たり エネルギー 79kcal 原産国 日本 ザバスのソイプロテイン100ヨーグルト風味は、チョコレート風味と同様に、たんぱく質原料として大豆プロテインを使用し、さらに「ガルシニアエキス」も配合されているのが特徴です。 ガルシニアとは、オトギリソウ科の植物で、食欲を調整し脂肪合成を抑制するとされています。 また、11種類のビタミンと3種類のミネラルも配合されていて、汗で失われがちなカルシウム、鉄、マグネシウムを保有することができます。 また1日に2回飲むことで1日分のビタミンとミネラルの不足分を補給することができます。 身体づくりとして、ウェイトダウンを考えている、身体を引き締めたい人、ダイエット中の女性の人などに特におすすめです。 ソイプロテインの、「プレーン味が苦手」という人はたくさんいます。 ヨーグルト風味はココア味やチョコレート風味と比べて「甘すぎない」といった評判が多いです。 「プレーンは苦手だけど甘すぎるのもちょっと…」という人はヨーグルト風味を試してみてはいかがでしょうか。 ザバスシリーズは、国内有名メーカーの明治から発売されている商品で、原産国も日本となっているので品質にも安心できます。 また、 7種類のビタミンB群とビタミンCも配合されていて、1日に2回飲むことで1日分のビタミンB群とビタミンCを補給することができます。 身体づくりとして、筋肉を成長させたい人はもちろんのこと、身体を引き締めたい人、ダイエット中の女性の人などには腹持ちが良いのでおすすめです。 ソイプロテインは、「プレーン味が苦手だ」という声が多いので、各メーカーから味付きのソイプロテインが、販売されていますが、ミルクティー風味はとても珍しい味でザバスシリーズならではのソイプロテインです。 ミルクティー風味は「美味しい」といった評判が多く、中では「今まで飲んだプロテインで一番」といった声もあるようです。 しっかりと紅茶のフレーバーが感じられて飲みやすいとのことなので、「プロテインの味になじめない」という人はミルクティー風味を試してみてはいかがでしょうか。 ザバスシリーズは、国内有名メーカーの明治から発売されている商品で、原産国も日本となっているので品質にも安心できます。 大豆プロテイン 1kg 無添加 飲みやすいソイプロテイン プロテイン種類 ソイプロテイン 味 プレーン 内容量 1kg カロリー 100g 当たり エネルギー 360kcal BODY WINGは、アスウェルという横浜の会社が販売しているプロテインです。 BODY WINGの大豆プロテインプレーン味は、無添加な上に低価格でお求めやすいのが特徴で、独特な大豆臭を抑えて溶けやすさも考慮して作られています。 プレーン味なので余計な原料は一切入っておらず、砂糖や人工甘味料は一切入っていないシンプルイズベストな大豆プロテインです。 もちろん保存料、着色料、香料も不使用です。 糖類無添加で低カロリーなので、筋肉アップを目指す人、身体を引き締めたい人、ダイエット中の人などで、人工甘味料を気にする人におすすめです。 BODYWINGのコンセプトは、「余計なものは入れない・原料は厳選する」です。 低価格を追求するが粗悪な原料は使わないといった姿勢は消費者としてはとてもうれしいですね。 大豆プロテイン 1kg チョコレート 飲みやすいソイプロテイン プロテイン種類 ソイプロテイン 味 チョコレート 内容量 1kg カロリー 100g 当たり エネルギー 360kcal BODY WINGの大豆プロテインは、もともと独特の大豆臭が少なく、溶けやすい大豆プロテインですが、それでも苦手だという方にはこちらのチョコレート味がおすすめです。 BODY WINGの大豆プロテインプレーン味と同様に、チョコレート味も無添加な上に低価格でお求めやすいのが特徴です。 また、味付きのプロテインは割高になることが多いのですが、BODY WINGの大豆プロテインチョコレート味はプレーン味と同価格で販売されています。 チョコレート味も余計な原料は一切入っておらず、砂糖や人工甘味料は一切入っていません。 もちろん保存料、着色料も不使用です。 糖類無添加で低カロリーなので、筋肉アップを目指す人、身体を引き締めたい人、ダイエット中の人などで、人工甘味料を気にする人におすすめです。 BODYWINGのコンセプトは、「余計なものは入れない・原料は厳選する」です。 低価格を追求するが粗悪な原料は使わないといった姿勢は消費者としてはとてもうれしいですね。 大豆プロテインは、個人差はありますが「おいしくない」というイメージを持っているプロテインユーザーが多いといわれています。 発売前のアンケート調査でも、他社製の大豆プロテインと比較し、「おいしさ」の項目で高評価を得たというほど、味にこだわっているところが特徴です。 もちろん原料にもこだわっていて植物由来の大豆たんぱく質を100%使用し、そのほかにも骨や歯の主要な構成成分であるカルシウム、腸管でのカルシウムの吸収を促進する栄養素ビタミンDが配合されています。 日々の健康維持のために、身体を引き締めたい人、ダイエット中の人で、高齢者のコンディショニングなどにおすすめです。 ウィダーシリーズは、国内有名メーカーの森永から発売されている商品で、原産国も日本となっているので品質にも安心できます。 Kentai パワープロテイン デリシャスタイプ バナナ 1kg プロテイン種類 ソイプロテイン 味 バナナ風味 内容量 1000g カロリー 100g当たり エネルギー 375kcal 原産国 日本 Kentaiサプリメントはアンチ・ドーピング活動に取り組んでいるJBBF推奨商品ですので安心して使用することができます。 トレーニングで粘り強く長時間動き続けるカラダをサポートします。 Kentai パワープロテイン デリシャスタイプ バナナ味は、植物由来の大豆たんぱくのほかにも、ビタミン11種類、ミネラル カルシウム、マグネシウム、鉄 が配合されています。 高たんぱくで砂糖不使用なので、筋肉アップを目指す人、身体を引き締めたい人、ダイエット中の人で、ハードなトレーニングを取り入れている人におすすめです。 Kentai パワープロテイン デリシャスタイプ バナナ味は、「おいしくてのみやすい」といった声が多いようです。 また溶けやすく、ダマになりにくいと好評です。 Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味 1kg プロテイン種類 ソイプロテイン 味 ココア風味 内容量 1kg カロリー 20g当たり77. 5kcal 原産国 日本 Kentaiサプリメントはアンチ・ドーピング活動に取り組んでいるJBBF推奨商品ですので安心して使用することができます。 Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味は、大豆たんぱくをベースにし、さらに食物繊維をプラスしているのが特徴です。 筋肉をつけて余分なものをそぎ落とす引き締まった身体を目指すために、栄養面から強力にサポートしてくれます。 Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味は、大豆たんぱくのほかにも、食物繊維やビタミン11種類、ミネラル カルシウム、マグネシウム、鉄 が配合されています。 ウェイトダウンを目指して筋肉アップを目指す人、身体を引き締めたい人、ダイエット中の人で、健康的に絞りたい人におすすめです。 Kentai ウェイトダウン ソイプロテイン ココア風味は、「ココア味にして甘さ控えめ」といった声が多いようです。 「プレーン味は苦手だけど甘いのもちょっと…」という人は試してはいかがでしょうか。 Kentai パワープロテイン プロフェッショナルタイプ 1. 2kg プロテイン種類 ソイプロテイン 味 プレーン味 内容量 1. 2kg カロリー 100g当たり375kcal 原産国 日本 Kentaiサプリメントはアンチ・ドーピング活動に取り組んでいるJBBF推奨商品ですので安心して使用することができます。 Kentai パワープロテイン プロフェッショナルタイプ プレーン味は、体内でつくることのできない9種類の必須アミノ酸をバランスよく含んでいるのが特徴です。 また、植物由来の大豆たんぱくのほかにも、ビタミン11種類、ミネラル カルシウム、マグネシウム、鉄 が配合されています。 高たんぱくで砂糖不使用なので、筋肉アップを目指す人、アスリートの減量、シェイプアップなどダイエットなど、ウェイトダウンを目指す人におすすめです。 Kentai パワープロテイン プロフェッショナルタイプ プレーン味は、チョコ、バニラなどフレーバーはついていない分、人工甘味料、香料は一切不使用、そして原料の大豆は、遺伝子組み換えでない大豆使用した安全、徹底品質にこだわったプロテインです。 植物性タンパク質の摂取だけではNG!動物性タンパク質が取れるプロテインも! 植物性タンパク質はダイエットの際に、気になりがちな油脂をほとんど含んでいないため、低脂肪・低カロリーの食事を摂取しようとした際にはとても理想的です。 植物性タンパク質だけでは必須アミノ酸を全てまかなう事ができません。 そのため十分な栄養が確保できない可能性も覚えておく必要がありますので、 動物性タンパク質が取れるプロテインも飲むことがおすすめです。 しかし、動物性タンパク質が豊富な食品である肉や卵は比較的カロリーが高いです。 ですから、過剰に摂取し続けると、同時に脂質やコレステロールもたくさん摂取してしまいます。 免疫力低下の予防や疲労回復には効果的ですが、過剰摂取を続ける事で肥満や生活習慣病につながりやすくなってしまいます。 生活習慣病や肥満になっては元も子もないです。 適度に摂る事が大切です。 SPOSHIRUおすすめ情報! こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめする お得な情報をご紹介します! ストレスフリーの超快適マスク! すぐ乾くからムレにくい スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。 ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。 何度も洗えるから臭わない 毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。 2ヶ月使えば1日33円。 もう使い捨てマスクを買う必要はありません。 整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減 崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある 『立方骨』に着目! 立方骨を支えることで、足の骨格を修正。 直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。 また、全面に『ポロン素材』を使用。 衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。 足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!.

次の