バリア フリー デザイン。 ノーマライゼーション・バリアフリー・ユニバーサルデザイン・インクルーシブ教育

バリアフリーとユニバーサルデザインの違いって何?

バリア フリー デザイン

視覚に関するバリアフリーといえば色に関することが有名ですが、文字も目で見て読むものです。 見え方の多様性に配慮するためには、見やすく読みやすい文字を選ぶことが欠かせません。 明朝体よりゴシック体 プレゼン資料などでは明朝体ではなくゴシック体を使いましょうということは既に述べましたが、バリアフリーの観点からは、要旨などの長い文章を書く場合にも ゴシック体を使うことが推奨されます。 視力が悪い人にとっては明朝体は線が細すぎて見えにくいですし、視覚過敏の人にとっては明朝体の細い部分を認識しづらかったり、縦横の線の太さの違いやはらいやハネなどが刺激となるようです。 ただし、長い文章に太いゴシック体はNGです。 あくまで、 細めのゴシック体(游ゴシックのRegularなど)を使用するようにしましょう。 ただ、やはり明朝体がよいという場合もあると思います。 そんな時にはMS明朝を使うのは避けましょう。 実はMS明朝は細めの明朝体でとても見づらいため、バリアフリーの観点からオススメすることができません、 游明朝などを使うようにしましょう。 ユニバーサルデザインフォント 嬉しいことに、誰にとっても見やすく読みやすいユニバーサルデザインフォント(UDフォント)が近年数多く開発されています。 読みやすいのはもちろん、遠くからでも見やすく読み間違いがないように、可読性や視認性、判読性が高くなるようにデザインされており、様々な製品や広告などで使われています。 研究発表においても、 一般講演会などのアウトリーチ活動などで役立ちます。 機関や研究室として使用できる体制を整えておくことが推奨されます。 上の例では、左側がMacに標準搭載されている「ヒラギノ角ゴ W8」という読みやすいフォントです。 しかし、右側のUDフォント(イワタUDゴシック)に比べると、濁点や半濁点が文字に接近しすぎで、場合によっては、くっついてしまいます。 その結果、文字が小さいと、濁点なのか半濁点なのか、あるいは、いずれもが付いていないのか、判断できなくなります。 一方、UDフォントは、小さくなっても誤読が少なく設計されていることがわかります。 UDフォントは、英数字の判読性も非常に高くなっています。 上の例の左はWindowsに標準搭載のArialです。 それに比べて右側のUDフォント(イワタUDゴシック)は、丸で示した部分にゆったりとスペースを取っています。 そのため、文字が小さくなっても、似た形の文字(OとC、3と8)をとても区別しやすくなっています。 UDフォントは有料の場合がほとんどで少々値が張りますが、もっておくと資料のクオリティがグンとアップします。 おすすめUDフォント さまざまな書体メーカーからたくさんのUDフォントが販売されています。 無料で使えるUDフォント(ゴシックも明朝も)も紹介しますので、お見逃しなく!! UDフォントの中でもパイオニア的存在が「 イワタUDゴシック」です。 「リモコンの文字を見やすくしよう」というイワタとパナソニックの共同開発により2006年に製品化されたそうです。 さておき、最近は数多くのUDフォントがリリースされています。 Adobe CCを利用されている人は、Adobe TypekitのTBUDゴシックを使用することができますし、モリサワパスポートを使っている人(は少ないと思いますががありオススメです。 )は、新ゴUDも複数の太さを使用可能です。 このようにUDフォントはほとんどが有料なのですが、とうとう無償のユニバーサルデザインフォントが現れました!! その名も BIZ UDゴシックと BIZ UD明朝。 会員登録さえすれば無料でだれでも使用することができます。 時代は変わりました。 等幅とプロポーショナル版があり、欧和混植の場合はプロポーショル版を使うとよいでしょう。 こういったフォントを通じて、フォントについての関心やユニバーサルデザインという考え方が広まっていくことが期待されます。 ダウンロードはこちら。。 なお、WindowsならばOSを最新版にすれば自動的にUDフォントがインストールされます! ちなみにゴシック体の方はRegularとBoldの2ウェイトが提供されていますが、明朝体は太さが1種類です。 ただ、Word書類の本文には最適なフォントなので、ぜひ使ってみて下さい。 単なるWord書類でも今後ユニバーサルデザインの意識が高まる予感がします。 ちなみに、明朝体の割には横線が太めに作られている印象です。 このようなフォントは、ディスプレイで表示したときやプロジェクターで投映したときに横線がかすれにくいという特徴があります。 ディスプレイ上では、特に効果を発揮するフォントだといえます。 MORISAWA社の哲学には脱帽です。 ちなみにMORISAWAは、小中高の学校教育で使用する教科書体のUDフォント「UDデジタル教科書体」もWindows 10 Fall Creators Updateで無償配布しています。 UDフォントっぽいフォント ちなみに、Windowsにも標準搭載されている「メイリオ」という書体はユニバーサルデザインを意識して作られたフォントですので、UDフォントが使用できない場合にオススメです。 欧文フォントならSegoe UI(Windowsに標準搭載)やFrutiger(有償)というフォントは非常に判読性の高いフォントです。 丸ゴシック体も使ってみよう 研究発表でも丸ゴシックを好んで使用される人もいます。 丸ゴシックを使うと、資料が柔らかく優しい印象になるため、難しい内容の研究発表もとっつきやすいと感じてもらうことができるかもしれません。 また、視覚過敏の人にとって、角の尖っている普通のゴシック体よりも丸ゴシック体の方が読みやすいこともあり、よりバリアフリーな文字として丸ゴシックは色々な場面で使用されています。 ただし、標準搭載の丸ゴシック体のフォントはあまりオススメできないのが現状です。 Windows PCのHG丸ゴシックM-PRO(やAR丸ゴシック体M)はあまり字形が美しくないですし、太さも揃っていません。 Macでもヒラギノ丸ゴはW4の太さしか搭載されていないため太字を使用することができません。 どうしてもインストールが必要になりますが、オススメなのは源柔ゴシックです。 Noto Sans CJK JPを丸ゴシックにしたもので、フリーでウェイトも揃っています。 ちなみに、UDフォントで丸ゴシック体のフォントには、TBUD丸ゴシック(Adobe type kitなどで利用可)やUD新丸ゴ(MORISAWA PASSPORTで利用可)などがあります。

次の

ユニバーサルデザイン

バリア フリー デザイン

バリアフリーとは? 内閣府の調査によると、私たち日本人のほとんどは「バリアフリー」という言葉を知っているようです。 しかし、設備面のバリアフリーという言葉が浸透している反面、そのほかのバリアフリーについては認識が薄い様子。 この章では、「そもそもバリアフリーとは何か」について整理してみます。 バリアフリーという言葉の意味 バリアフリーという言葉は、直訳すれば「 障壁の除去」という意味ですが、辞書では「高齢者や障害者が社会生活を送るうえで障壁となるものを取り除くこと」(引用:大辞林)とされています。 まず「バリアフリー」と聞いて、車椅子用のスロープや、手すりなどの設備を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 以前は、このような物理的な障害を緩和することを指していましたが、 現在では社会制度や人々の意識を含む、あらゆる障壁を取り除くことを指すようになりました。 この「あらゆる障害(バリア)」について、一般的に 「物理的なバリア」「制度的なバリア」「文化・情報面でのバリア」「意識上のバリア」の4つのバリアがあるとされています。 そして、バリアフリーと合わせて使われるようになった言葉として「 ユニバーサルデザイン Universal Design:どのような人でも使いやすいデザイン 」や、これらと意味が近い言葉として「 アクセシビリティ(Accessibility:どのような人でもどのような環境においても情報やサービスにアクセスしやすいこと)」があります。 バリアフリーの定義、考え方は バリアフリーという言葉は、時代の流れとともに人々の認識が変化していることから、明確な 「定義」よりも、「考え方」という視点で捉えたほうが良いようです。 内閣府が提唱しているバリアフリー推進要項で述べている、バリアフリーに対する考え方をまとめると、以下のようになります。 「人の能力や個性はひとりひとり違い、性質が全て同じという人は誰ひとりおらず、また、ひとりの人のなかでも環境や状況によってその性質は刻々と変化していくものである。 そのため、障害の有無や年齢にかかわらず、ひとりひとりが自立し、お互いを尊重して社会生活を送ることができる環境を整備していくことが重要である。 特に障害者・高齢者・妊婦や子供連れの人々が社会生活を送る上でバリアとなるものを取り除くとともに、新しいバリアを作らない施策(ユニバーサルデザイン)が必要である。 」 参照: この内容からも、バリアフリーという考え方は、「どのような人でも喜びを持って社会生活を送れる世の中にしていこう」という、とても 前向きなイメージの言葉として定着してきていることがわかります。 バリアフリーに関する法律 政府はバリアフリーに関する法律を定め、バリアフリー化を加速させることに注力してきました。 そして今、国民のバリアフリーへの認識の高さ・設備の改善等が結果としてあらわれています。 2006年に成立 バリアフリー新法 高齢者や障害者が気軽に移動できるよう、段差などを解消することを目指した、通称「」が2006年に成立、施行されました。 最大のポイントは、 計画段階から障害者や高齢者の意見を求めて反映させたこと。 駅からバスに乗って目的地に向かうといったルートを想定し、電車や駅、歩道、施設の内部などに至るまで、階段や段差をなくすよう検討を進めました。 現在、新しい建物には必ずと言って良いほど車椅子で利用できるトイレが設置されていたり、ノンステップバスが当たり前に見られるようになったりしているのは、この法律によって世の中のバリアフリー化が進んだ結果であると考えられます。 そして、この バリアフリー化実施への理解や協力を求める「心のバリアフリー」も国民の義務となっており、私たちの中にバリアフリーという言葉が浸透しているのは、この施策の結果とも言えそうです。 バリアフリー新法の基準は?その概要 バリアフリー新法によって 、バリアフリーの基準が詳細に設定されるようになりました。 建築物に関するバリアフリー基準として、床面積2000㎡の建物には、最低限適合させる必要がある「建築物移動等円滑化基準」と、できるだけ適合させる努力をするべき「建築物移動等円滑化誘導基準」のふたつが設けられています。 出入口、廊下、エレベーター、トイレなど建物内の設備に関して、「どのくらいの幅か」「数はいくつか」など 細かく決まっており、チェックシートがあります。 これが建築物移動等円滑化誘導基準になると120cm以上と定められており、さらに利用者にとって優しい設定となります。 バリアフリーの問題点 これまで多くの改善が見られた国内のバリアフリーですが、利用者の視点に立てばまだまだ課題、問題点はたくさんあります。 今までと同じ取り組みを重ねることで、さらなる改善は見込めるのでしょうか。 物理的と心理的 それぞれの問題点 バリアフリー新法施行以前に比べれば、現在の日本のバリアフリー化は素晴らしい成果を遂げてきました。 ですが、実際の利用者目線で見れば、まだまだ不便や危険が山積みであることは否めません。 例えば、 施設から施設間の移動には細かい段差などの不備が残っていたり、古い観光地では 景観や伝統を守るためにバリアフリー化が難しかったり。 また、小さな商店街などでは誰もが利用しやすいスペースを確保することは難しいのが現状です。 これらの 物理的な問題の解決には、とにかく費用がかかり、時間もかかります。 そして、たとえ物理的に改善されていたとしても、実際に利用者が使いやすいものになっているかというと、必ずしもそうだとは言いきれないものがあります。 そこには 周りの理解や思いやりがあってはじめて有効に使える設備もあるからです。 例えば電車の優先席に優先対象ではない人が座っていたらどうでしょう。 せっかくのバリアフリーが活用されていないことになります。 こうしたことから、現在改善するべき問題点として、以下の4点が考えられます。 誰もが使いやすいを目指すユニバーサルデザイン 上記のように、「今まであった障害を取り除く」という考え方だけでは、状況の改善は難しいと言えるのかもしれません。 バリアフリー化と合わせて、どのような人でも利用可能なデザインである「ユニバーサルデザイン」を取り入れていくことが現代の主流となっています。 この考え方は、バリアフリーのように 対象者を限定せず、「どのような人でも使いやすい」という点が特徴です。 前述の内閣府が提唱している バリアフリー推進要項における「新しいバリアを作らない施策」がこれにあたります。 はじめから様々な人が利用することを想定したデザインであれば、そもそもそこに障害がおこらないことになります。 例えば、視覚障害者用の黄色い誘導ブロックは、車椅子や杖の利用者にとっては走行や移動のしづらさの要因となってしまうこともあります。 たったひとつの設備に対しても、「ある人にとってはよくても、ある人にとってはよくない」という事態が発生するのです。 「誰もが使いやすく」という視点をもって世の中をデザインしていくことが必要であると言えます。 ユニバーサルデザインについては、こちらの記事も参考にしてください。 これは、「旅行者が行けるところに行く」のではなく、「旅行者が行きたいところに行くために、それぞれの状況に合わせて相談に応じる」というシステム。 例えば、伊勢神宮で実際に行われている活動として、玉砂利を力強く走行できる車椅子・WHILLの貸し出しをしたり、階段を車椅子のまま登れるようヘルパーを配置したりしています。 行きたい先が物理的にバリアフリーでなくても、 本人の「行きたい」という強い気持ちや介助・補助などをプラスすることで、障害となっていたものが障害ではなくなるという考え方です。 この団体には、すでに利用された方々から多くの感謝の言葉が寄せられており、取り組みの成果は高いと言えます。 まずは「自分とは違う生活をしている人も同じ社会で活動している」という認識をお互いに高めることが重要ではないでしょうか。 心のバリアフリーに着目すれば、ただ「知る」というシンプルなことだけで解決できる問題もあることがわかります。 知っている人はそれをどんどんと発信し、知らない人はそれを無理なく受け取ることができる社会になっていけば、日本のバリアフリー化は今まで以上によいものになるかもしれません。 また、障害のある人に接することで、今まで見えていないバリアに気付くことができるはずです。 差別や「障害」という偏見を持たずに、 それぞれの違いを受け入れることが重要だと言えます。 まずは「知る」、そして「接する」「理解する」。 「バリアフリー化」は私たちの心の中から始まるのです。 <WHILLについてもう少し詳しく知りたい、、と思った方は!> WHILL Model Cの詳しい製品情報はからご覧になれます。 また、WHILLってどんな会社なの?と思った方はやWHILLのこれまでとこれからがわかるをのぞいてみてください。 <ご存知ですか? ご自宅にWHILLをお持ちして、無料で試乗できます!> WHILLの購入や介護保険レンタルを考えているけど、うまく運転できるか試してみたい、自宅に置けるか試してみたい・・とお考えの方、 ご存知ですか? お客様のご自宅にWHILLをお持ちして、無料で試乗いただくことができます。 から、お気軽にご連絡ください! また、「購入するにはどうしたらいいの?」「まずは資料を請求したい」と思った方も、から承ります!.

次の

【ホームズ】バリアフリー住宅とは? 快適な住まいづくりのポイントを解説

バリア フリー デザイン

ユニバーサルデザインとは まずユニバーサルデザインとは、製品、環境、建物、空間などを あらゆる人が利用できるようにデザインすることです。 具体的にどのような決まりがあるのか、また似たようなイメージがある「バリアフリー」との違いは何かをご説明します。 ユニバーサルデザインの7原則 ユニバーサルデザインは、「あらゆる人に利用しやすいデザインである」という視点を軸に、下記 7原則から構成されています。 誰にでも使えること。 (Equitable Use) 2. 使う上で柔軟性があること。 (Flexibility in Use) 3. 使い方が簡単で、直感的にわかること。 (Simple and Intuitive Use) 4. 必要な情報がすぐにわかること。 (Perceptible Information) 5. 簡単なミスが危険に繋がらないこと。 (Tolerance for Error) 6. 身体的な負担が少ないこと。 (Low Physical Effort) 7. アクセス・利用しやすい十分なスペースが確保されていること。 (Size and Space for Approach and Use) 参照: ユニバーサルデザインとバリアフリーの違い ユニバーサルデザインは「できるだけ多くの人が利用可能であるデザインにすること」が基本コンセプトです。 バリアフリーとの違いは、「デザイン対象を障害者に限定していない」点になります。 障害の有無・年齢・性別・国籍の違いをはじめ、怪我をして一時的に車椅子に乗る人や、子育てのために一定期間ベビーカーを利用している人など、様々な人が利用しやすいようにデザインすることがユニバーサルデザインなのです。 つまり広い視野でみれば、 「バリアフリー」は「ユニバーサルデザイン」の一部と言えます。 身近にあるユニバーサルデザインの具体例 それでは、どのようなところにユニバーサルデザインは使われているのでしょうか。 私たちが生活の中で利用する、身近なものを取り上げてご紹介します。 幅の広い改札 改札が広ければ、車椅子・松葉杖・ベビーカーを利用している人から旅行者で荷物がたくさんある人まで誰もが余裕を持って通過することができます。 この広い改札のおかげで、多くの人が駅を利用しやすくなります。 スロープ 車椅子やベビーカーが通れるスロープは、公共の場所では一般的になっています。 スロープがあれば「持って運ぶ手間」が省けるので、大きな労力を使わなくて済みます。 自転車でも通れるように、自転車用の細いスロープを設置しているところもあります。 シャワートイレ シャワートイレはもともと、病院で手術後などのために使われていた医療機器でした。 それを「一般の人にもシャワートイレの心地良さを享受できるように」とシャワーの位置・水温などを改良したのが始まりとされています。 今では一般的なものとして広く普及しました。 シャンプーとリンスのボトル 同じ形のシャンプーとリンス。 両者の区別をつけるために、シャンプーの容器に突起がつけられています。 一時期はメーカーによって突起の場所が異なりましたが、あるメーカーが化粧品業界全体に働きかけたことにより、現在ではどのメーカーを使ってもそれがシャンプーだとわかる目印として、容器の同じ位置に突起をつけることで統一されています。 これなら健常者が目をつぶった状態でも、目に障害がある方でも利用できますね。 センサー式蛇口 センサー式蛇口は、握力の弱い人や手に障害がある人も無理なく利用する事ができます。 特に公共のトイレでは、蛇口に触れずに手を洗えるので衛生的。 まさに障害者から健常者まで、「誰もが快適に使える」というユニバーサルデザインのコンセプトそのものです。 ノンステップバス ノンステップバスとは、床面を超低床構造にして乗降ステップをほとんど無くしたバスのこと。 これにより、高齢者や小さな子供でも乗り降りが簡単になります。 さらに補助スロープを使えば、車椅子での乗降も可能です。 日本でも2020年のオリンピック・パラリンピックに間に合うよう、都営バスがフルフラットノンステップバスの実用化を目指す方針です。 車椅子に乗りながら購入しやすい自動販売機 通常の選択ボタンの他、低い位置にもボタンを設け、車椅子に乗ったままでもドリンクが買える自動販売機は、車椅子の人だけでなく、子どもや背が低い人にとっても便利です。 特に飲料メーカーの自動販売機は、この低位置のボタンのほか、受け皿付きコイン投入口や、商品が取り出しやすい高めの取り出し口、購入した商品を置くテーブルの設置などさまざまな工夫が施されており、誰にでも使いやすいデザインになっていますね。 標識(ピクトグラム) 「非常口」「禁煙」マークなどの標識(ピクトグラム)は、誰が見てもわかるようにデザインされています。 車椅子のマークや、女性トイレ・男性トイレなど、街を歩けば至るところで目にすることができますね。 文房具 ユニバーサルデザインの文房具もあります。 子どもの弱い力でも使いやすいはさみ、針がないホッチキス、刺しやすくて抜きやすい画鋲、左利きの人にも使いやすいカッターなど、誰にでも使いやすいようデザインされています。 オリンピック、パラリンピックとユニバーサルデザイン 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機として、障害の有無に関わらず、誰もが快適に過ごせる共生社会になるよう推進する活動が始まりました。 ユニバーサルデザインが強く求められていると捉えることができますね。 では、具体的にどのような計画があるのでしょう。 ユニバーサルデザイン2020行動計画 「ユニバーサルデザイン2020行動計画」は、あらゆる人との共生社会の実現を目指した計画です。 その柱は大きく分けて2つ。 国民の意識や行動に働きかける「心のバリアフリー」と、街をユニバーサルデザイン化する「街づくり」です。 例えば「街づくり」では、駅や空港の施設整備の基準を改正し、障害の有無に関わらず利用しやすい施設にする方針が立てられています。 一方、「心のバリアフリー」では、「様々な心身の特性や考え方を持つすべての人々が、相互に理解を深めようとコミュニケーションをとり、支え合うこと」の大切さを説くことが目的とされています。 この計画により、今後はより障害者への理解が深まり、あらゆる人が快適に過ごせる社会になることが期待されています。 ユニバーサルデザインが広く取り入れられるには 普段生活をしていると、ユニバーサルデザインの考え方がさまざまなところに広がっていることを実感することができます。 公共の施設を使うときも、移動するときも、海外旅行へ行くときでさえも、一昔前よりもずっと便利になったと思いませんか。 しかし、都市基盤や建物、乗り物などを整備する物理的側面だけでは十分ではありません。 障害の有無にかかわらず、女性も男性も、高齢者も若者も、外国人もすべての人がお互いの人権や尊厳を大切にし、支え合うことが重要です。 まさに、ユニバーサルデザインの考え方そのものですね。 そして、そのためには、自分とは異なる人々を理解しようとする一人一人の意識が最も大切なのかもしれません。 <WHILLについてもう少し詳しく知りたい、、と思った方は!> WHILL Model Cの詳しい製品情報はからご覧になれます。 また、WHILLってどんな会社なの?と思った方はやWHILLのこれまでとこれからがわかるをのぞいてみてください。 <ご存知ですか? ご自宅にWHILLをお持ちして、無料で試乗できます!> WHILLの購入や介護保険レンタルを考えているけど、うまく運転できるか試してみたい、自宅に置けるか試してみたい・・とお考えの方、 ご存知ですか? お客様のご自宅にWHILLをお持ちして、無料で試乗いただくことができます。 から、お気軽にご連絡ください! また、「購入するにはどうしたらいいの?」「まずは資料を請求したい」と思った方も、から承ります!.

次の