オイスター リーフ。 オイスターリーフ 栽培記録

食べたら絶対びっくり! 生牡蠣の味がする葉っぱ「オイスターリーフ」

オイスター リーフ

オイスターリーフ、本名「メルテンシア・マリティマ」 オイスターリーフというのは直訳すれば 「牡蠣の葉」まさにそのものずばりの名前ですが、これは正式名称ではなく、正しくは「メルテンシア・マリティマ」学名: Mertensia maritimaといいます。 和名で 浜弁慶草 ハマベンケイソウ または、蝦夷瑠璃草(エゾルリソウ)と呼ばれます。 原産地はヨーロッパ北部の海岸。 asiatica ( メルテンシア・マリティマ ・アジアティカ)とあるようにアジアの亜種(ほとんど同じだけど地域差など違いがある)とされています。 でも、海水浴に行っても見たことないですよね? それもそのはず、 やはり生育しているのは海岸なのですが、分布は北海道や千島、サハリンなど寒い地方にしか生えていないんです。 色々見ましたが、日本の浜弁慶草は通常は食用にされることはほとんどないようです。 ツイッターでかじっている人のツイートを発見。 食べて食べれないことはないみたい。 ツイッターの方も言っていますが毒性の有無は確認できませんので、食用に利用するならきちんと食用のオイスターリーフの苗を購入して育てましょうね。 オイスターリーフに近い品種なので少し齧る。 毒性についてピロリジンアルカロイドを含む可能性。 今回の件は少量なら問題なさそう。 飲み込まずに吐き出します クセがなく食べやすい。 口の中に牡蠣の香り!結構好きかも!来年は食用のオイスターリーフを育てようかな。 — 目国内くん mekumnai オイスターリーフを育てよう! フランスなどで新たな食材として注目を集めているハーブ。 日本でも一部販売はあるようですが、どこでも買えるようなものではありません。 味わってみるには自分で育てるのが一番。 苗は通信販売などで購入することができます。 ポイントを押さえれば丈夫な植物なので、栽培は簡単です。 基本は秋植えか、春植え。 暑さに弱いので夏になると弱って枯れてしまうことも多い。 その前に収穫しましょう。 冬も寒さに強いが、葉は全部落ちて宿根(根だけが残って)越冬するので、収穫は12月中に行うのがいいでしょう。 オイスターリーフの土は? 海岸に生える植物なので、砂地のような水はけのいい土を好みます。 弱酸性を好むので、野菜の培養土よりは 山野草の土や ブルーベリーの土で育てると調子がいいみたいです。 オイスターリーフの肥料は? 野菜用やハーブ用の肥料でいいですが、もともとやせ地の肥料の少ない場所の植物。 与えすぎは厳禁です。 春先に緩効性肥料を少量与えたら、6月くらいまでの生育期に薄い液体肥料を10日に1度与えるくらいにしましょう。 気温が高くなる7月からは与えないようにしましょうね。 もし多年草として夏越しを行うのであれば夏は水はけのいい土で植え付けて半日陰の風通しのいい場所での管理が必要です。 山の上や北海道のように夏でも気温が上がらない地域であれば、屋外の畑で大きく育てることができます。 春植えの場合、暑くなる前に必要な分だけ収穫します。 夏越しさせる気なら株が弱らない程度は残しましょうね。 6~8月には紫色の花を咲かせます。 ちなみに 1枚の葉っぱで約60円するらしい。 食べてみたい人は自分で育ててみましょう。 オイスターリーフは苗から育てよう リンク めちゃくちゃ寒さには強い。 逆に高温多湿には弱い。 つまり関東近辺では作りにくいハーブ。 春に苗が出回ることが多いが、秋植えのほうが気候的に育てやすいようです。 はじめ瑠璃色で開くに従いピンクに変わっていきます。 暑さと蒸れに気をつければ非常に丈夫で地面を這うように広がっていきます。 大きく育てたら一攫千金も夢じゃない?! 流通量はまだまだ少ない。 これから期待できる作物です。

次の

みんなカキが嫌いという、衝撃の事実が発覚!!! オイスターリーフ

オイスター リーフ

葉が濃厚な生カキの味がする不思議な新野菜です。 見た目以上に芳醇な風味に誰もが驚きます。 人によってはマッシュルームのようだとか、アンチョビのようだとも言われています。 日本では非常に珍しいので、市場に出回ることはまずありません。 東北〜北海道の海辺などに自生するハマベンケイの近種でオイスターリーフと呼ばれています。 葉っぱ1枚にしっかり濃厚な牡蠣の味が凝縮したオイスターリーフは、少量でも料理にビッグなサプライズをもたらします。 苗は以下で販売しています。 発芽率が低いので、初心者は苗を購入してください。 marcheaozora. 日当たりの良い場所を好みます。 日陰でも育ちます。 ブルーベリー用の土と相性が良いです。 2 水に浸して、冷蔵庫で1週間冷やしてください。 3 直播でも可能ですが、発芽率が悪いので種まき用の土を使って室内で発芽させてください。 好光性というわけでもないので、室内でも問題ありません。 覆土は5mm以下にしてください。 4 発芽するまで霧吹きで常に土の表面が濡れている状態にしてください。 20粒中5粒も発芽すればいい方で、比較的早く成長します。 最初の10cmまで育てるが難しいので丁寧に管理してください。 肥料負けするので、あげすぎは厳禁です。 葉の勢いが十分な時はいつ収穫しても問題ありません。 4〜6月にスズランのような花を咲かせます。 花も食用で、オイスターの風味がします。 花は草丈10cm程度でも咲きますが、トウが立った訳ではありません。 基本的にブルーの花を咲かせますが、まれに白い花を咲かせます。 そのままの状態で播種しても、サヤを分離してから播種しても構いません。 発芽率はどちらも同じでした。 冬は地上部が無くなりますが、3月を過ぎた頃から新しい芽が展開してきます。 分類上は多年草ですが、夏の高温多湿が苦手なため、真夏時期も状態が悪くなります。 【利用】 ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、調理は生食がオススメです。 お好みのドレッシングなどをつけてメイン料理の付け合せなどに。 パスタとの相性も抜群です。 【納期】 2〜5日以内に出荷します。 前回、発芽させた芽がだいぶ大きくなり、画像で見たオイスターリーフらしくなってきた。 4,5枚の葉っぱの頃、なぜがひょろひょろになってしまった。 どうもずっと室内で育てたせいで徒長という状態になってしまったらしい。 原因はいろいろあるが、おそらく風が当たらなかったせいで茎が育たなかったのが問題だったのか… ネットを参考に ブロッコリーの物だったが 土で埋め弱い部分を補強、つまようじの支えを付け毎日扇風機で小一時間、風を当てつづけた。 3本はまだ根元が弱い感じだが、1本は完全にしっかりと持ち直した。 畑に移し、もう少し深く植えてみよう。 そう思い3月初めに植えたが、ぶじ新しい芽も出始めた様子だった。 このまま成長してくれることを願う。 桜が散るころに残りの種を植えて増やそうと思っている。 ちなみに袋詰めそのまま問題だが、レインボーコーンは芽が出て来た。 他の種はまだなので、はやく芽が出てほしい。

次の

オイスターリーフの栽培方法 衝撃の発芽率! タケイファーム編02 #4

オイスター リーフ

葉が濃厚な生カキの味がする不思議な新野菜です。 見た目以上に芳醇な風味に誰もが驚きます。 人によってはマッシュルームのようだとか、アンチョビのようだとも言われています。 日本では非常に珍しいので、市場に出回ることはまずありません。 東北〜北海道の海辺などに自生するハマベンケイの近種でオイスターリーフと呼ばれています。 葉っぱ1枚にしっかり濃厚な牡蠣の味が凝縮したオイスターリーフは、少量でも料理にビッグなサプライズをもたらします。 苗は以下で販売しています。 発芽率が低いので、初心者は苗を購入してください。 marcheaozora. 日当たりの良い場所を好みます。 日陰でも育ちます。 ブルーベリー用の土と相性が良いです。 2 水に浸して、冷蔵庫で1週間冷やしてください。 3 直播でも可能ですが、発芽率が悪いので種まき用の土を使って室内で発芽させてください。 好光性というわけでもないので、室内でも問題ありません。 覆土は5mm以下にしてください。 4 発芽するまで霧吹きで常に土の表面が濡れている状態にしてください。 20粒中5粒も発芽すればいい方で、比較的早く成長します。 最初の10cmまで育てるが難しいので丁寧に管理してください。 肥料負けするので、あげすぎは厳禁です。 葉の勢いが十分な時はいつ収穫しても問題ありません。 4〜6月にスズランのような花を咲かせます。 花も食用で、オイスターの風味がします。 花は草丈10cm程度でも咲きますが、トウが立った訳ではありません。 基本的にブルーの花を咲かせますが、まれに白い花を咲かせます。 そのままの状態で播種しても、サヤを分離してから播種しても構いません。 発芽率はどちらも同じでした。 冬は地上部が無くなりますが、3月を過ぎた頃から新しい芽が展開してきます。 分類上は多年草ですが、夏の高温多湿が苦手なため、真夏時期も状態が悪くなります。 【利用】 ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、調理は生食がオススメです。 お好みのドレッシングなどをつけてメイン料理の付け合せなどに。 パスタとの相性も抜群です。 【納期】 2〜5日以内に出荷します。 前回、発芽させた芽がだいぶ大きくなり、画像で見たオイスターリーフらしくなってきた。 4,5枚の葉っぱの頃、なぜがひょろひょろになってしまった。 どうもずっと室内で育てたせいで徒長という状態になってしまったらしい。 原因はいろいろあるが、おそらく風が当たらなかったせいで茎が育たなかったのが問題だったのか… ネットを参考に ブロッコリーの物だったが 土で埋め弱い部分を補強、つまようじの支えを付け毎日扇風機で小一時間、風を当てつづけた。 3本はまだ根元が弱い感じだが、1本は完全にしっかりと持ち直した。 畑に移し、もう少し深く植えてみよう。 そう思い3月初めに植えたが、ぶじ新しい芽も出始めた様子だった。 このまま成長してくれることを願う。 桜が散るころに残りの種を植えて増やそうと思っている。 ちなみに袋詰めそのまま問題だが、レインボーコーンは芽が出て来た。 他の種はまだなので、はやく芽が出てほしい。

次の