スマイルゼミ チャレンジタッチ 特徴。 スマイルゼミとチャレンジタッチの違いを比較!【子供の感想付き】

スマイルゼミ小学生の評判は?口コミと感想・特徴を実際に使ってまとめました

スマイルゼミ チャレンジタッチ 特徴

Contents• チャレンジタッチは最悪だと言われる理由と評判 チャレンジタッチなんて最悪・・・と言ってしまう人は、一様に チャレンジタッチでは生成が上がらないどころか挫折してしまった人が多いことに気づきます。 情報漏洩が怖い チャレンジタッチを運営しているベネッセは、私が知っているだけでも過去2回、情報漏洩を起こしています。 1度は数年前に進研ゼミの顧客情報が外部へ流出して、図書カードを500円ずつ配布したことがありました。 そしてもう1度は今年、ベネッセの運営するclassiというサイトから情報が漏れたことがありました。 こう2度も情報が漏れたとなると、個人情報にはクレジットカード情報も書き込みますし、ちょっと不安もありますよね。 とはいえ、最初の大規模なベネッセの情報漏洩は内部社員の犯行であったことも明らかになっています。 セキュリティが甘かったのではなく、内部からの謀反だったんですよね。 classiの情報漏洩は、IDと暗号化されたパスワードのみ流出なので被害はなさそうです。 ソフトバンクとの合資会社と言うこともあり、これ以降の情報系のセキュリティは万全だそうです。 問題の量が少ない チャレンジタッチは問題の量が少なく設定されています。 部活や習い事があっても無理なく進められるようにです。 でも宿題の自主勉強や普段の予習・復習を行わず、進研ゼミだけやっていても成績は上がりません。 進研ゼミの1科目の学習時間は約15分。 5教科やっても1時間15分です。 速ければ1時間もかからずに終わります。 でも中学校の勉強ってやっておしまいではないですよね。 テストで良い点数を取るためには暗記をしなくてはいけません。 暗記を自分で学習できるかどうかが、チャレンジタッチを受講するにあたっての向き不向きにもなります。 自分で学習する癖のない子の場合、チャレンジタッチだけをいくら一生懸命やっても1日の勉強量が足りません。 1日平均2時間以上の学習時間が必要なのに、1時間かそれ以下で終わってしまっていては成績が悪いのも当たり前なんです。 それを知らずに、チャレンジタッチさえやっていれば大丈夫と信じていた人は、チャレンジタッチなんて最悪・・・と思ったかもしれません。 進研ゼミだけで高校受験は厳しい これも問題量が少ないと同じ理由ですが、進研ゼミだけやって学校の勉強をおろそかにしていたら、高校受験は厳しいです。 学校の勉強ありきで補助的に使うのがチャレンジタッチ。 暗記も覚えやすいように手助けしてくれるのがチャレンジタッチなんです。 チャレンジタッチをやっていれば高校受験に合格できる!とそのまま信じてしまったら、不合格になることも。。。 チャレンジタッチは学習の補強には良いものですが、学校の勉強そのものを任せられる教材ではありません。 タブレットの使い道が他にない チャレンジを退会した後、タブレットを使いたいと思っている人が多いにもかかわらず、チャレンジタッチはこの形式を貫いています。 それは子どもがタブレットで遊べないようにしっかり制御してくれているからなんです。 とはいえ、チャレンジ退会後は無用の長物となってしまうチャレンジタッチ。 進研ゼミとしては、退会せずに高校卒業まで使ってほしい所なのだとは思いますが・・・ オフラインで使えない 小学講座のチャレンジタッチはオフラインで使えるけど、中学講座のチャレンジタッチ(タブレットスタイル)は、まだオフラインに対応していないんです。 だからどこでも学習できるというわけではなく、Wi-Fiが必要になります。 でも最近の中学生はスマホを持っている子が多いので、スマホとデザリングすればどこにいてもチャレンジタッチは使えますよね。 このように、最悪と言われるのはチャレンジタッチをよく知らなかったから最悪の結果になってしまったということのようです。 実際進研ゼミだけで進学校に受かっている人たちが私の周りにもたくさんいるんですよ。 この記事はZ会だけで高校受験ができるかどうかという記事なんですが、進研ゼミのことについても触れていますのでもしよかったら読んでみてください! \AIスピーカーで勉強がはかどる/ オール5を狙え! チャレンジタッチ最悪と言われても人気があるのはなぜ? チャレンジタッチ最悪と言われても人気があるのは、進研ゼミに• 知名度• 口コミ があるからです。 どんなにすばらしい人やグループでも、アンチは必ずいるものですよね。 それと同じで、進研ゼミを使ってもうまくいかなかった人も一定数いるのは事実です。 その証拠に、うちの息子の同級生Rくんは進研ゼミを中学入学当初からやっていましたが、教材をやったのは1年生の4月号だけでそのあとは貯めてばかり。 全くやらなくて辞めてしまったそうです。 「進研ゼミは勉強しない子には意味ない」とため息交じりにお母さん。 こういう方がたくさんいるだろうなと言うのは想像つきます。 方や息子の同級生Aくんは進研ゼミハイレベルコースで学年一位。 塾に行くと夜寝るのが遅くなるから嫌なんだとか。 取り組む姿勢によって効果が大きく出たり全くでなかったりするんですよね。 ただ、Aくんが学年1位をとっている時点で進研ゼミの教材はちゃんとやればしっかり効果が出るということも証明されていますよね! チャレンジタッチは最悪? ほかに、チャレンジタッチ最悪と言っている人の中には チャレンジタッチがタブレットとして使えないから最悪だと思っている人が多くいます。 先ほども書きましたが、チャレンジタッチがタブレットとして遊べないのは、子どもが勉強をせずにタブレットで遊んでばかりになるのを防ぐためです。 他に使い道のないタブレットだからこそ、他の教材とは違って半年以上の受講でタブレット代は無料なんです。 それなのに、• チャレンジタッチのタブレットにゲームが入らない• せっかくタブレットなのにLINEもできない• 容量が小さい などなど、言っている人たちもいます。 チャレンジタッチは勉強する道具なので、仕方ないっちゃ仕方ないんですよね。 ゲームやLINEをしたいなら、今ならがとてもお安く契約できて1年間無料というキャンペーンもやっているようなので、スマホを持てばすべて解決です。 チャレンジタッチは最悪なんてことはなくて、きちんと勉強すればちゃんと身になるよくできた教材なんですね。 進研ゼミは費用もほかと比べると安くてお得です! 紙とタブレット本当はどっちが良いんだろう?という疑問にもお答えしています! せっかくチャレンジタッチを受講しようと思っていたのに、最悪と聞いたら驚いてしまいましたよね。 チャレンジタッチはきちんとした教材ですので安心してくださいね。 \AIスピーカーで勉強がはかどる/ オール5を狙え!.

次の

スマイルゼミとチャレンジタッチを比較【2020年度版】

スマイルゼミ チャレンジタッチ 特徴

先日スマイルゼミの体験会に行ったので、その時に聞いた情報もふまえてチャレンジタッチとスマイルゼミの違いをまとめます。 チャレンジタッチとスマイルゼミの比較 どちらも専用タブレットに毎月配信される「教科書準拠教材」に取り組むものです。 タッチペンを使ってタブレット上で問題を解きます。 自動採点機能、解説動画があるなど、超今どきの学習法です。 チャレンジタッチ1年生受講費 国数の2教科で年間一括払いだと月々2,705円(税込)、毎月払いで3,343円(税込)です。 <タブレット代> タブレットの料金はキャンペーンにより条件が違いますが、無料でもらえることが多いようです。 <タブレット代> 初回に専用タブレット代「10,778円」(税込)がかかります。 6か月未満で退会した場合はタブレット代として32,205円(税込)、6か月以上~12か月未満で退会した場合は7,538円かかる。 タブレットは無料でもらえるキャンペーンがある。 ・チャレンジタッチの方が退会しやすい。 チャレンジタッチの現在のキャンペーンでは半年経てば無料で退会できる。 以前のキャンペーンではすぐ退会しても無料だった。 続ける覚悟をしてからでないと申し込めない。 ・チャレンジタッチには毎号ではないが、人(赤ペン先生)による採点システムがある。 作文などを採点してもらえる。 (書き込みの入った答案はタブレット上で見る)。 スマイルゼミは専用タブレットを購入しないとできない。 ・チャレンジタッチの方が復習に強い。 間違えた問題に絞って見直しができる機能などがある。 スマイルゼミの方が良いと思う点 ・スマイルゼミは一度配信されたコンテンツはずっと使える。 (お下がりを下の子にやらせることもできるかも) チャレンジタッチは1つ前の学年分しかデータが残らない。 ・タッチペンはスマイルゼミの方が使い勝手がいい。 鉛筆と同じような感覚で滑らかに細い字が書けるし、画面に手をついていても反応する。 消す作業もスマイルゼミのペンの方が楽で、囲って消すこともできる。 ・スマイルゼミの方が英語を低学年から熱心に取り組んでいる。 1年生から学習内容に英語が入っている。 ・スマイルゼミの方が資格を意識している。 英語検定や漢字検定受検を応援している。 英検対策はオプション講座として別料金になるが、 漢検対策コンテンツは会員なら誰でも無料で、さらに年に1回無料で漢字検定を受講できるサービスもある。 ・スマイルゼミの方には「プログラミング講座」がある。 ・スマイルゼミの方が読み込みが早い気がする。 (教科や学年、学習内容によって違うかもしれませんが) どちらが良いとも言えない点 ・チャレンジタッチにはコラショと言うキャラがいる。 スマイルゼミにはキャラはいない。 そのせいかチャレンジタッチの方が見た目がお遊びっぽくて、スマイルゼミの方が教科書に近いイメージ。 ・ チャレンジタッチでは、勉強して得たポイントは本物のおもちゃや文具に交換できる。 スマイルゼミのポイントはアバターなどのデジタルアイテムになる。 ・チャレンジタッチは毎号ではないが「学習に役立つおもちゃ(九九ルーレットなど)」や紙の問題集「夏休みの問題集やまとめテスト」なども届く。 ・おまけのコンテンツ(アプリ)はチャレンジタッチの方が勉強との関連性が高い。 スマイルゼミの方がただのゲームに近い。 ただ、スマイルゼミは勉強した子だけおまけコンテンツが利用できるようになっている。 また、アプリの利用時間は親が設定でき、オフにすることも可能。 まとめ ・コラショが好きならチャレンジタッチがおすすめ ・料金は安い方がいいならチャレンジタッチがおすすめ ・すぐにやめるかもしれないならチャレンジタッチがおすすめ ・タッチペンの精度にこだわるならスマイルゼミがおすすめ ・紙の教材や付録がたまるのが嫌ならスマイルゼミがおすすめ ・下の子にお下がりを使わせるならスマイルゼミがおすすめ 私の結論としては、勉強が苦手なお子さんには楽しく勉強を続けられる仕掛けの多いチャレンジタッチ、得意なお子さんにはタッチペンの精度が高くて検定などにもつながるスマイルゼミがおすすめです。 勉強が普通にできるお子さんには、本人にどちらか好きな方を選ばせたらいいと思います。 おまけ~スマイルゼミ体験会の感想 ・椅子に座った状態でじっくり体験させてくれたのが良かったです。 時間も区切らず、本人が飽きるまでやらせてもらえました。 以前チャレンジタッチの体験をした時は立ちっぱなしで、待っている子がいたら替わってねと言われていたので短い時間しか体験できませんでした。 ただ、スマイルゼミの体験会は一人一人がじっくりできる分、混雑時の待ち時間は長くなると思います。 ・スタッフがたくさんいて気持ちの良い対応をしていました。 母親だけで来場し、「今日は子どもがいないんですが、体験させてもらえないでしょうか?」と申し出た方がいたのですが、歓迎されていました。 ・パンフレットや、体験会から入会した際の特典が書いてあるチラシはもらいましたが、ほとんど勧誘などはありませんでした。

次の

スマイルゼミとチャレンジタッチの違いを比較!【子供の感想付き】

スマイルゼミ チャレンジタッチ 特徴

すぐに読みたい方の目次• スマイルゼミ小学生コースの特徴 それでは、スマイルゼミ小学生コースの特徴をご紹介します。 夢中になるから続けられる! 小学校低学年の頃は、机に座って学習する『学習習慣』が身についていないですよね。 算数や国語の学力を身につけることよりも、まずは『机に向かって勉強する』という習慣をみにつけることが重要です。 スマイルゼミのタブレット教材は、子供が『夢中』に取り組める工夫がいっぱいです。 うちの2人子供も、やはり紙媒体での宿題や、教材よりもタブレットの方が圧倒的にくいつきがいいですね^^: 自発的に勉強する習慣がみについたことは、スマイルゼミをやらせてみて一番良かったことだと思います。 子供一人一人に専用のタブレット 専用タブレット(9,980円)を始めに購入します。 子供の勉強のためだけにタブレットが用意されます。 学習に必要な内容が全てタブレット1台に凝縮されていますので、 プリントやノート・鉛筆を準備して勉強を始めて、、、というハードルがかなり低くなったように感じます。 我が家では、いつもダイニングテーブルでスマイルゼミをしているのですが、 すぐ手の届くところにタブレットを置くようにして、スマイルゼミに取り組みやすい環境にしています。 苦手な単元をつくらせないシステムが秀逸! スマイルゼミは一人ひとりの学習状況をデータ分析し、 その子の苦手なポイントを克服出来るような問題が出題される機能を搭載しています。 それが、「きょうのミッション」と「解き直し」システムです。 こういったポイントがあります。 自分一人で問題集をやっていても、苦手の克服はなかなか難しいですが、 この様に自動的に苦手な問題が「ミッション」という形で反復学習ができるのは タブレット教材のメリット ですね。 英語が標準教科として付いている 小学3年生より英語が必修化することが決まりましたね。 スマイルゼミには標準コースと発展コースがありますが、 標準コースには英語は始めからついています。 1年生の英語は、3年生からの英語の必修化に備えて、楽しみながら英語力の基礎をみにつけることが出来ます。 また発音についても練習することが出来ますので、お手本と比較することで正しい発音を身につけることができます。 これもタブレット教材の強みを生かしたポイントですね! 子供の学習状況をアプリで見守ることが出来る スマイルゼミでは子供の学習状況を見守ることが出来る「みまもるネット」という機能があります。 (子供的には良い迷惑かもしれませんが、、、笑 ガッツリ見張ってます!) この機能は、下記の様な記録を確認することができます。 またLINEの様にメッセージを送ることも出来て、この機能には子供達も大喜びでした。 メッセージでも声掛けをしてもらえるとやる気のアップに繋がりますよね! やる気が続く!スターナビ&スターアプリ スマイルゼミには子供達のやる気を継続させる工夫がいっぱいです。 親としても、せっかくスマイルゼミを始めたのに、早々に飽きてしまったら悲しいですよね。。 こもスターナビ&スターアプリのシステムは 講座で学習したぶんだけ、スターがもらえます。 そしてたまったスターで様々な機能を楽しむ事ができます。 うちの子も、スターアプリが欲しくて、毎日スマイルゼミに自発的に取り組んでいますよ。 まぁゲームのために、、、という所は微妙ですが、学習する習慣は間違いなく身に付いているので良しとしてます^^; 丁寧に書いて答える力を身につけることが出来ます スマイルゼミではタブレットに文字を書いて練習しますが、 なんと雑に書いた文字は、きっちり指摘してくるのです! これがかなり良い感じで、息子はスターアプリでゲームはしたいあまり さーっと課題を終わらせようとして、字がめちゃくちゃ汚いときがあるのですが、 そんな時はしっかりタブレットが認識して書き直すように指導してくれます。 私にとってはまさに最高の機能です。 漢字の学習では「とめ・はね・はらい」などもきっちりチェックしてくれます。 スマイルゼミのタブレットの能力恐るべしです。。 新学習指導要領に対応したプログラミング授業 スマイルゼミは小学校でのプログラミング必修化を受け、すでにプログラミング学習の教材も配信しています。 さすが仕事が早いです。。 プログラミングがはじめてのお子さんでも一人で楽しく取りくめる工夫が満載です。 低学年では「命令ブロックを並べる」といったシンプルなプログラミング。 高学年では「分岐処理」や「反復処理」を組み合わせた高度なものまで、様々な教材が用意されています。 漢字検定対策の対応してくれる!しかも受験料無料 漢字検定に対応した「漢検ドリル」がついています。 レベルは漢検の級に準拠した10級(小学1年生修了程度)から2級(高校卒業・大学・一般程度)、まで用意されています。 そしてなんと、スマイルゼミでは一定の条件を満たすと漢字検定が無料で受験することができます。 その条件や方法については下記の記事をご覧ください。 漢字検定に合格することが日々の学習の目標になり、合格すればきっと大きな達成感を感じてくれますよ! スマイルゼミは演出が派手すぎず大人にも好印象 スマイルゼミは子供にとってちょうどよい演出の派手さて、大人のわたしにもとっても好印象です。 それに対して、チャレンジタッチはかなり沢山のキャラクターは表示されて、そっちのほうが好みにあってるという子供も多いと思います。 下記の記事ではよく比較対象になるチャレンジタッチとスマイルゼミの特徴・料金などを徹底比較しましたので是非参考にしてくださいね。 スマイルゼミ小学コースのSNSで上の口コミ スマイルゼミ小学コースの悪い口コミ・評判 悪い口コミとして、システムメンテナンスがあります。 スマイルゼミは頻繁にメンテナンスしているみたいですが、我が家ではシステムメンテナンスで学習が出来なかったことはないです。 もし使用中に不具合や故障があれば、スマイルゼミのサポートセンターに連絡をとってみて下さい。 私も過去に連絡をとったことがあるのですが、とても対応が良く丁寧におしえてくれますよ。 またスマイルゼミは簡単だという口コミもありますが、それはおそらく標準コースでの話だと思います。 スマイルゼミには発展コースも用意されており、中学受験準備にも対応可能になっています。 スマイルゼミとチャレンジタッチを比較すると… 特に、よく比較対象とされるチャレンジタッチと比べてみると、月額料金については同じような料金設定です。 教材名 スマイルゼミ チャレンジタッチ 受講学年 1年生~6年生 1年生~6年生 対応教科 1・2年生 国語・算数・英語 1・2年生 国語・算数・英語 3年生 国語・算数・理科・社会・英語 3年生 国語・算数・理科・社会・英語 4~6年生 国語・算数・理科・社会・英語 4~6年生 国語・算数・理科・社会・英語 全学年 プログラミング講座 全学年 プログラミング講座 受講費(税込) スマイルゼミ1年生 3,960円 チャレンジ1年生 3,680円 スマイルゼミ2年生 4,290円 チャレンジ2年生 3,680円 スマイルゼミ3年生 4,840円 チャレンジ3年生 4,490円 スマイルゼミ4年生 5,390円 チャレンジ4年生 4,980円 スマイルゼミ5年生 5,940円 チャレンジ5年生 5,980円 スマイルゼミ6年生 6,490円 チャレンジ6年生 6,440円 チャレンジタッチはタブレット代が安い チャレンジタッチは、6ヶ月継続を条件にタブレット代が0円になります。 これに対してスマイルゼミは、12ヶ月継続を条件にタブレット代が9980円です。 タブレットの料金だけで比較すると、スマイルゼミの方が安いですね。 ただスマイルゼミには継続割引というサービスがあり、長期で見ると スマイルゼミとチャレンジタッチの価格差はさほどありません。 スマイルゼミの受講料が気になるあなたへ ーーーー 【スマイルゼミの受講料が気になる方へ】ーーーー ここでは スマイルゼミの受講料が、塾と比較して圧倒的にお得な理由をご紹介します。 まずスマイルゼミの月額と、通塾する場合の月額を比較しましょう。 スマイルゼミを選べば、将来的に塾にかかる費用をぐぐっと抑えることが可能です。 お子さんの将来と考えてスマイルゼミで先行投資をするか、 後になって塾に大きな金額を支払うかの違いですね。 是非お子さんへの将来の為の先行投資と考えて、 スマイルゼミでお子さんの自信を伸ばしてあげてくださいね。 ーーーー ーーーーーーーーーーーーーーーーーー.

次の