ア ホール ニュー ワールド 歌詞。 【歌詞和訳カタカナ】A Whole New World(ホールニューワールド) アラジン

A Whole New Worldで英語学習[歌詞・和訳・カタカナ]

ア ホール ニュー ワールド 歌詞

受賞歴 [ ] この楽曲は、1993年にのを受賞した。 メンケンにとって前年の同じディズニーのアニメーション映画『』の同名「」に続く連続受賞となった。 また、同年のも受賞しており映画音楽部門賞の二冠獲得となった。 1994年にはも受賞した。 シングル・リリースとヒットチャートランク [ ] ピーボ・ブライソンとレジーナ・ベルによるバージョンはアメリカでは、1992年11月5日にからシングルとして発売された。 このバージョンは、の1993年3月6日の週で、14週続いていたが主演した映画『』で彼女自身が歌った主題歌『』から1週間ながらも首位の座を奪い、ディズニー史上唯一の総合チャート首位獲得曲になった。 同じの部門では6週間首位を果たした。 では、1993年7月1日にからシングルとして発売され、洋楽シングルチャートでは1993年7月12日付から通算13週1位を獲得した。 映画公開から5年以上がたった1999年には、同じくコロムビア・レコードからリリースされたアルバム『 All Time Greatest Movie Songs』にも収録された。 映画オリジナル版と同じケインとサロンガによるバージョンはアメリカではシングルカットされなかったが、日本では1993年6月18日にからシングルとして発売された。 このバージョンは、調べで119,835枚を出荷し第8回のグランプリ・シングル賞(洋楽部門)を受賞した。 カバー [ ]• のカバー版が2004年にリリースされた『』に収録された。 2005年にリリースされたアルバム『』および映画『アラジン』の2枚組みプラチナエディションでとがカバーしたバージョンが収録された。 2005年、は自身のアルバム『Julie Andrews Selects Her Favorite Disney Songs』にこの楽曲のカバー版を収録。 2006年、のグラマーKatie Priceが夫のPeter Andreと チャリティー公演の一環としてカバー。 このバージョンは彼女の2006年のアルバム『』に収録されている。 同年にリリースされたのアルバム『』には、オリジナルシングルのピーボ・ブライソンと共演したバージョンが入っている。 また、ブライソンは1994年にので開かれたでと77人のコンテスト参加者とともにこの楽曲を歌唱している。 2003年の『』第2シーズン優勝者が、この楽曲を「Movie Night」で歌った。 このシーズンでオーディション参加者が本作を歌うことは珍しいことでなく、本作が歌われたオーディションの映像だけを抜き出してまとめたものが放送され、このことが強調された。 第3シーズンでの本作の利用は少なくなった。 余談だが、アメリカン・アイドル優勝経験者である も自身のライブで本作のカバーを行った。 2007年に韓国のボーイズ・グループが日本での2ndアルバム『』にスペシャル・トラックとして収録。 2年後の、韓国のAnyBand Concertにおいてメンバーのはとデュエットで披露した。 2009年に『』で2 Grandがこの楽曲を歌った。 『』に収録• と、ともそれぞれライブ会場でこの楽曲をデュエットした。 セブ島を中心に活躍するバンドJuLiN PiNiSは、パンクバージョンを披露した。 2017年にリリースされた『』に日本のダンスユニットがカバーしたバージョンが収録されている 各国語版 [ ] 他のディズニー映画の多くの歌曲と同様に、この曲の歌詞も英語から多くの言語に翻訳され映画の各国語による吹き替え版に採用された。 脚注 [ ]• London: Guinness World Records Limited. 137. 『ナンバーワン90s ORICON ヒッツ』の。 も参照。 、日本レコード協会。 日本語版アラジンオリジナルサウンドトラックブックレットより• 韓国語版アラジンオリジナルサウンドトラックブックレットより• Aladdin Turkish Original Soundtrack booklet Su??? 'の個所は読解不可能• シングル版での歌唱はAnna Tatangelo・Gigi D'Alessio• Aladdin Spanish Original Soundtrack bookletによるとシングル版での歌唱はEnrique del Pozo・Michelle• シングル版での歌唱はRicardo Montaner・Michelle 先代: 「」 ナンバーワンシングル 次代: スノウ 「」.

次の

ホール・ニュー・ワールド

ア ホール ニュー ワールド 歌詞

受賞歴 [ ] この楽曲は、1993年にのを受賞した。 メンケンにとって前年の同じディズニーのアニメーション映画『』の同名「」に続く連続受賞となった。 また、同年のも受賞しており映画音楽部門賞の二冠獲得となった。 1994年にはも受賞した。 シングル・リリースとヒットチャートランク [ ] ピーボ・ブライソンとレジーナ・ベルによるバージョンはアメリカでは、1992年11月5日にからシングルとして発売された。 このバージョンは、の1993年3月6日の週で、14週続いていたが主演した映画『』で彼女自身が歌った主題歌『』から1週間ながらも首位の座を奪い、ディズニー史上唯一の総合チャート首位獲得曲になった。 同じの部門では6週間首位を果たした。 では、1993年7月1日にからシングルとして発売され、洋楽シングルチャートでは1993年7月12日付から通算13週1位を獲得した。 映画公開から5年以上がたった1999年には、同じくコロムビア・レコードからリリースされたアルバム『 All Time Greatest Movie Songs』にも収録された。 映画オリジナル版と同じケインとサロンガによるバージョンはアメリカではシングルカットされなかったが、日本では1993年6月18日にからシングルとして発売された。 このバージョンは、調べで119,835枚を出荷し第8回のグランプリ・シングル賞(洋楽部門)を受賞した。 カバー [ ]• のカバー版が2004年にリリースされた『』に収録された。 2005年にリリースされたアルバム『』および映画『アラジン』の2枚組みプラチナエディションでとがカバーしたバージョンが収録された。 2005年、は自身のアルバム『Julie Andrews Selects Her Favorite Disney Songs』にこの楽曲のカバー版を収録。 2006年、のグラマーKatie Priceが夫のPeter Andreと チャリティー公演の一環としてカバー。 このバージョンは彼女の2006年のアルバム『』に収録されている。 同年にリリースされたのアルバム『』には、オリジナルシングルのピーボ・ブライソンと共演したバージョンが入っている。 また、ブライソンは1994年にので開かれたでと77人のコンテスト参加者とともにこの楽曲を歌唱している。 2003年の『』第2シーズン優勝者が、この楽曲を「Movie Night」で歌った。 このシーズンでオーディション参加者が本作を歌うことは珍しいことでなく、本作が歌われたオーディションの映像だけを抜き出してまとめたものが放送され、このことが強調された。 第3シーズンでの本作の利用は少なくなった。 余談だが、アメリカン・アイドル優勝経験者である も自身のライブで本作のカバーを行った。 2007年に韓国のボーイズ・グループが日本での2ndアルバム『』にスペシャル・トラックとして収録。 2年後の、韓国のAnyBand Concertにおいてメンバーのはとデュエットで披露した。 2009年に『』で2 Grandがこの楽曲を歌った。 『』に収録• と、ともそれぞれライブ会場でこの楽曲をデュエットした。 セブ島を中心に活躍するバンドJuLiN PiNiSは、パンクバージョンを披露した。 2017年にリリースされた『』に日本のダンスユニットがカバーしたバージョンが収録されている 各国語版 [ ] 他のディズニー映画の多くの歌曲と同様に、この曲の歌詞も英語から多くの言語に翻訳され映画の各国語による吹き替え版に採用された。 脚注 [ ]• London: Guinness World Records Limited. 137. 『ナンバーワン90s ORICON ヒッツ』の。 も参照。 、日本レコード協会。 日本語版アラジンオリジナルサウンドトラックブックレットより• 韓国語版アラジンオリジナルサウンドトラックブックレットより• Aladdin Turkish Original Soundtrack booklet Su??? 'の個所は読解不可能• シングル版での歌唱はAnna Tatangelo・Gigi D'Alessio• Aladdin Spanish Original Soundtrack bookletによるとシングル版での歌唱はEnrique del Pozo・Michelle• シングル版での歌唱はRicardo Montaner・Michelle 先代: 「」 ナンバーワンシングル 次代: スノウ 「」.

次の

アラジン A Whole New World 歌詞と和訳と解説

ア ホール ニュー ワールド 歌詞

受賞歴 [ ] この楽曲は、1993年にのを受賞した。 メンケンにとって前年の同じディズニーのアニメーション映画『』の同名「」に続く連続受賞となった。 また、同年のも受賞しており映画音楽部門賞の二冠獲得となった。 1994年にはも受賞した。 シングル・リリースとヒットチャートランク [ ] ピーボ・ブライソンとレジーナ・ベルによるバージョンはアメリカでは、1992年11月5日にからシングルとして発売された。 このバージョンは、の1993年3月6日の週で、14週続いていたが主演した映画『』で彼女自身が歌った主題歌『』から1週間ながらも首位の座を奪い、ディズニー史上唯一の総合チャート首位獲得曲になった。 同じの部門では6週間首位を果たした。 では、1993年7月1日にからシングルとして発売され、洋楽シングルチャートでは1993年7月12日付から通算13週1位を獲得した。 映画公開から5年以上がたった1999年には、同じくコロムビア・レコードからリリースされたアルバム『 All Time Greatest Movie Songs』にも収録された。 映画オリジナル版と同じケインとサロンガによるバージョンはアメリカではシングルカットされなかったが、日本では1993年6月18日にからシングルとして発売された。 このバージョンは、調べで119,835枚を出荷し第8回のグランプリ・シングル賞(洋楽部門)を受賞した。 カバー [ ]• のカバー版が2004年にリリースされた『』に収録された。 2005年にリリースされたアルバム『』および映画『アラジン』の2枚組みプラチナエディションでとがカバーしたバージョンが収録された。 2005年、は自身のアルバム『Julie Andrews Selects Her Favorite Disney Songs』にこの楽曲のカバー版を収録。 2006年、のグラマーKatie Priceが夫のPeter Andreと チャリティー公演の一環としてカバー。 このバージョンは彼女の2006年のアルバム『』に収録されている。 同年にリリースされたのアルバム『』には、オリジナルシングルのピーボ・ブライソンと共演したバージョンが入っている。 また、ブライソンは1994年にので開かれたでと77人のコンテスト参加者とともにこの楽曲を歌唱している。 2003年の『』第2シーズン優勝者が、この楽曲を「Movie Night」で歌った。 このシーズンでオーディション参加者が本作を歌うことは珍しいことでなく、本作が歌われたオーディションの映像だけを抜き出してまとめたものが放送され、このことが強調された。 第3シーズンでの本作の利用は少なくなった。 余談だが、アメリカン・アイドル優勝経験者である も自身のライブで本作のカバーを行った。 2007年に韓国のボーイズ・グループが日本での2ndアルバム『』にスペシャル・トラックとして収録。 2年後の、韓国のAnyBand Concertにおいてメンバーのはとデュエットで披露した。 2009年に『』で2 Grandがこの楽曲を歌った。 『』に収録• と、ともそれぞれライブ会場でこの楽曲をデュエットした。 セブ島を中心に活躍するバンドJuLiN PiNiSは、パンクバージョンを披露した。 2017年にリリースされた『』に日本のダンスユニットがカバーしたバージョンが収録されている 各国語版 [ ] 他のディズニー映画の多くの歌曲と同様に、この曲の歌詞も英語から多くの言語に翻訳され映画の各国語による吹き替え版に採用された。 脚注 [ ]• London: Guinness World Records Limited. 137. 『ナンバーワン90s ORICON ヒッツ』の。 も参照。 、日本レコード協会。 日本語版アラジンオリジナルサウンドトラックブックレットより• 韓国語版アラジンオリジナルサウンドトラックブックレットより• Aladdin Turkish Original Soundtrack booklet Su??? 'の個所は読解不可能• シングル版での歌唱はAnna Tatangelo・Gigi D'Alessio• Aladdin Spanish Original Soundtrack bookletによるとシングル版での歌唱はEnrique del Pozo・Michelle• シングル版での歌唱はRicardo Montaner・Michelle 先代: 「」 ナンバーワンシングル 次代: スノウ 「」.

次の