あなた の 名前 は なんで すか 英語。 英語で話しているのに外国人をイラっとさせてしまう日本人の振るまい (1/6ページ)

「あなたの名前は」に関連した英語例文の一覧と使い方

あなた の 名前 は なんで すか 英語

初対面のときなど相手をなんとお呼びしたらいいのか、よくわからないときってありますよね。 とくに同じアジアの圏の方だと、そもそもどっちが名前でどっちが名字なのかすらわからなかったりします。 個人的にインドの方の名前が難しいです。 申し訳ないけれど読めない 苦笑。 そこで、はじめて会った時やメールでやり取りする際に相手をなんと呼ぼうか悩んだときに使えそうな英語のフレーズを紹介したいと思います。 意味:こんにちは山田さん(もしくは太郎のほうがいいですか) このように冒頭で記してみる方法があります。 これは実際に取引先の方に初めてメールした時に、紳士な方だったのか返信メールがこんな感じでした。 その方以外は聞いてもくれないですけどね 笑。 悲しくも男性だと思われてる事がしょっちゅうです。 返信メールにはこのように書いてみました。 Thank you for asking. I prefer Maluka. 聞いてくれてありがとう。 まるかがいいです。 それ以来、その呼び方で呼ばれています。 なんとなく距離も縮まった気がします。 なんとあなたのことを読んだらいいですか? ・ How can I call you? (どうやって呼べばいい?) 直接会って話す際は上記の例などがあります。 気になったら聞いてみましょう。 もちろんメールでこのように書く事もできます。 聞かれたら Please Call me Maruka. まるかって読んで下さい と答えればわかり合えます。 何事も最初が肝心ですものね。 相手に不快感を与えない為にも早めに呼び名を決めてしまうように心がけたいと思います。 そうは言っても聞くタイミングって困りますよね。 英語でただでさえテンパってますからね 苦笑。 英語を上達させて心に余裕を持ちたい限りです。

次の

何と呼べばいいですかと英語で聞く

あなた の 名前 は なんで すか 英語

Can I just interrupt you for a second? 少々お時間いただいてもよろしいでしょうか Do you have a minute? 少しお時間ありますか ちなみにsecondは「秒」、minuteは「分」を意味する語であり、 for a second および for a minute の形で「少しの間」という意味で用いられます。 厳密に何分何秒と言い分ける必要はありませんが、「本当に一瞬で終わる」事を強調したい時にはfor a secondを、そうではない時はfor a minuteを使う、と考えておくとよいでしょう。 お願いがあることを伝える表現 「ちょっとお願いしてもいいですか」という場合の「お願い」は favor と表現できます。 favor は基本的には「好意」「親切」「親切な行為」という意味ですが、《 do +人+ a favor》で「人に親切な行為をする」、つまり「人の頼みを聞く」という意味で使えます。 《 ask +人+ a favor》は「人からの好意を求める」すなわち「人にお願いをする」という意味で使えます。 Will you check this? これを見てもらえますか? Can you have a look at the data I sent you, please? お送りしたデータを見ていただけないでしょうか? Could you give me a copy, please? 一部いただけますか? Would you be able to come with me? 私と一緒に来ていただけますか? Would it be possible for you to do this by 3pm? 3時までにやっていただくことはできますか? 「mind」や「trouble」を使って表現する Do you mind ~? や Would you mind ~? といった表現の mind は「嫌がる」「気にする」という意味です。 直訳では「~するのは嫌ですか?」ですが、「お嫌でなければお願いしたい」という意味で使います。 返答としては、承諾はNO、拒否をYESで伝えます。 お願いされる側で Do you mind ~? と尋ねられ、了承する場合には、 No, of course not. (いえいえ、もちろん気にしません)と否定で答えるか、 No problem. (大丈夫ですよ)と言いましょう。 「いいですよ!」というつもりで Yes! と答えると「嫌です!」という意味になってしまうのでご注意を。 同じような表現で Would it be too much trouble for you to ~? のtroubleは「面倒」「迷惑」という意味です。 too ~ to ~は「~すぎて~できない」という意味の慣用句。 直訳すると「~する事は余りにも迷惑でしょうか?」となりますが、こちらも「ご負担、ご面倒でなければお願いしたい」という意味になります。 Would it be too much trouble for you to take a look at this letter? wonderは「疑問に思う、知りたいと思う」という意味で、過去進行形にすることで「過去にそう思っていた」という意味になります。 自分の中ですでにある程度質問を逡巡させてから相手に尋ねている、という印象を与えるため、依頼への「ためらい」が感じられかなり丁寧な表現となります。 I was wondering if it would be possible for you to proofread my draft? 私の原稿を校正していただけないかと思いまして if を使った表現 依頼表現で仮定法のifは良く使われます。 依頼を一方的に押し付けるのではなく「あくまでも相手が良ければお願いをする」という相手への配慮が伝わるので丁寧な表現になり、「もしやっていただけるのであれば有り難い」というニュアンスがでます。 「~していただければ感謝します」という表現は柔らかく依頼をするのに便利な言い方です。 appreciatedは「(物事)に感謝する」で、主語が Iではなく Itになるのに注意しましょう。

次の

あなたの写真をSNSに投稿していいですかって英語でなんて言うの?

あなた の 名前 は なんで すか 英語

If you would like to enquire about someone's name you can ask them by using the sentences above. It is good manners to ask for someone's name when you first meet them so that you know what to call them when you need to ask them something or when you would like to call for their attention. All three options can be used in both formal and informal situations. You can also use the following: "I didn't catch your name, please say it again? " "Hey, what's your name? " "Can I have your name, please? " "Please, tell me your name? " これらは、人の名前を確認したいときに使うフレーズです。 初めて会う人に名前を聞くのはマナーがいいことで、相手に何かをお願いするときや、注意を引きたいときに何と呼んだらいいのかわかりますよね。 これら3つとも、フォーマルな場でもそうでない場でも使うことができます。 また、以下のようにも使うことができます。 "I didn't catch your name, please say it again? " (名前が聞き取れませんでした。 もう一度言ってもらえますか?) "Hey, what's your name? " (ねぇ、名前は何?) "Can I have your name, please? " (名前を聞いてもいいですか?) "Please, tell me your name? " (名前を教えてください。 ) There are several ways to ask this. Here are 2 examples. " Or "I'm Mark, and you are? " You begin by saying your name and then you ask what their name is. You need to know who someone is, so you can ask, "What is your name? " This is the simplest way to ask someone what their name is. What is your given name? A given name is a first name and does not include your family name or surname. A person may respond, e. by saying that her given name is Samantha but she is commonly called Sam. What name do you respond to? This is a rather formal way of asking someone what their name is. Another way of asking this question is: "What name do you answer to? " What is your name? This is the most common question used to ask someone's name. When speaking, we often contract 'what' and 'is' to 'what's'. You can use this is formal and informal contexts. Could I ask your name please? This is a more formal way of asking someone's name. The use of 'could' makes the question more polite because you are giving the person the option of not answering the question. You might hear this expression in a job interview, for example. Could you remind me of your name please? If someone has already told you their name but you've forgotten, you could use this phrase. It is a polite way of asking for someone's name again and is more common in formal contexts. What is your name? (名前は何ですか?) これは、人の名前を聞く最も一般的なフレーズです。 話すときは、what isはwhat'sとなります。 フォーマルな場でもカジュアルな場でも使うことができます。 Could I ask your name please? (名前を聞いてもいいですか?) これは、よりフォーマルな表現になります。 'could'は、相手に答えるか答えないかの選択肢を与えているので、より丁寧な質問となります。 例えば、仕事の面接などで聞くかもしれません。 Could you remind me of your name please? (あなたの名前をもう一度教えてもらえますか?) これは、ある人がすでにあなたの名前を聞いたけれど、忘れてしまったときに使うフレーズです。 人の名前をもう一度聞く丁寧なフレーズで、フォーマルな場で使われます。

次の