プライムビデオ チャンネル 管理。 Amazon Prime Videoチャンネルの料金と支払い方法を徹底解説!

Amazon「チャンネル」って?プライムビデオとの違いは?

プライムビデオ チャンネル 管理

コンテンツ• Amazonプライムに加入すると、「Prime Video」という動画見放題サービスが特典の1つとして提供されます。 対象の映像コンテンツを、追加料金なしで見ることができるというサービスです。 「Prime Video」で視聴できるコンテンツは定期的に更新されますが、総数がそこまで大幅に増えるわけではありません。 そこで、別カテゴリ・別ジャンルの番組をもう少し見たいときなどに便利なのが「Prime Videoチャンネル」です。 「Prime Videoチャンネル」はケーブルテレビや衛星放送のようにケーブルやアンテナを設置する必要がなく、見たい時すぐに加入して視聴することができます。 不要になったらいつでもキャンセル可能。 Prime Video チャンネル リスト アニメ&キッズ チャンネル名 無料期間 月額料金 30日 440円 14日 397円 14日 217円 14日 440円 14日 499円 日本映画&TV番組 チャンネル名 無料期間 月額料金 14日 550円 14日 550円 14日 499円 14日 550円 14日 499円 14日 396円 14日 330円 900円 スポーツ&フィットネス チャンネル名 無料期間 月額料金 14日 2,178円 14日 550円 14日 440円 14日 550円 7日 198円 7日 999円 7日 300円 外国映画&TV番組 チャンネル名 無料期間 月額料金 14日 990円 14日 880円 14日 795円 14日 390円 ニュース&ドキュメンタリー チャンネル名 無料期間 月額料金 14日 220円 14日 330円 14日 792円 14日 990円 14日 785円 30日 550円 総合バラエティ チャンネル名 無料期間 月額料金 14日 387円 14日 459円 14日 550円 14日 356円 14日 407円 ホビー&カルチャー チャンネル名 無料期間 月額料金 14日 550円 14日 880円 14日 550円 14日 473円 ミュージック チャンネル名 無料期間 月額料金 14日 330円 14日 387円 14日 298円 その他 チャンネル名 無料期間 月額料金 14日 550円 14日 550円 対応デバイス 登録した「Prime Videoチャンネル」は自身のPrime Videoメニューに追加され、提供されるすべての映画やTV番組など動画コンテンツを、すべてのPrime Video対応デバイスで視聴することができます。 対応デバイス 一覧• Fire タブレット Kindle Fire HD、Kindle Fire HDX、Fire HD、およびFire HDX• iOS デバイス iPad、iPhone、iPod touch• Apple TV• Android デバイス(Androidスマートフォン、タブレット)• ゲーム機 PlayStation 3、PlayStation 4、Xbox One、Wii U• 登録方法 Prime Video内に「」カテゴリとフィルターが表示されるので、観たいチャンネルを見つけます。 もしくは、チャンネルに含まれている映画やTV番組を選択すると、ビデオの詳細ページでチャンネルの登録オプションが表示されます。 ここから登録画面へ進みます。 ここでは「dアニメストア」を選択しました。 対象の作品もしくは上部のバナーをタップすると、申込画面が表示されます。 「今すぐ30日間無料体験」を選択(無料体験期間はチャンネルによって異なります)。 申込み内容の確認画面が表示されるので、チャンネルの詳細を確認し、「無料体験をはじめる」を選択。 チャンネル登録が完了すると、すべてのPrime Video対応デバイスで、チャンネルが提供する映像コンテンツを視聴できます。 登録したチャンネルの確認は、「設定」>「」から。 支払い方法 登録したPrime Videoチャンネルの月額料金は、毎月の更新日がくると、Amazonプライム会費と同じ支払い方法に請求されるよう初期状態では設定されています(変更可能)。 登録チャンネルを管理(キャンセル・再開) 「」から、登録チャンネルのキャンセル(解約)や再開をすることができます。 チャンネルをキャンセルしても、更新日が来るまでは視聴可能です。 たとえば次回更新日が4月1日のチャンネルを3月中に解約しても、4月1日までは継続して視聴することができます。 Amazon セール・キャンペーン Amazonチャージ初回購入で1,000ポイント還元 Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。 Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。 通常会員なら最大2. 0%、プライム会員なら最大2. 5%がポイント還元。 今なら初回購入で1,000ポイントがもらえる。 アクセサリ、腕時計やスマートウォッチなどの小物もお買い得価格で販売されています Kindle Unlimited 「Kindle Unlimited」は、月額980円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。 初めての方は30日間無料体験。 体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。 一般会員は月額980円)から利用できる、6,500万曲以上を楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。 初めての方は30日間無料体験。 体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。 Amazonパントリー おまとめボックス 食料品や日用品を、ひと箱にまとめて1回で受け取れる。 いつもの買い物の手間を減らせる「Amazonパントリー」を、すべてのAmazonユーザーが利用可能に。 買い物がお得になる割引クーポンなども配布。

次の

プライムチャンネルの解約はどこですればいい?Fire TV Stickでできる?【Prime Channel解約方法】

プライムビデオ チャンネル 管理

このページの目次• Amazon Prime Videoチャンネルとは Amazon Prime Videoチャンネルは、アマゾンの動画配信サービスの1つ。 2018年6月14日から日本でサービスを開始しました。 約40チャンネルがあり、映画、ドラマ、スポーツ、ニュース、趣味・実用、音楽、エンタメなどの幅広いジャンルがあります。 ちなみに、 Amazonプライム会員(Amazonプライム、または学生用のPrime Student)の人しか加入できないので、会員以外の人はみたくても視聴できません。 なので、位置づけとしてはAmazonプライム・ビデオのオプションサービスといえます。 公式サイト: (関連記事) Amazon Prime Videoチャンネルの特徴 POINT• 料金は月額198円から• オンデマンドとリアルタイム配信での視聴• 約40チャンネルの幅広いジャンル• 外出先ではテレビ感覚でスマホでみれ、Fire TVでも見れる。 また、同時視聴も可• プライム・ビデオと同じくダウンロード機能あり 1.料金は月額198円から Amazonチャンネルの料金は、 月額198円~となっています。 チャンネル全てが定額でみれるのではなく、好きなチャンネルに個別に加入する仕組み。 なので、チャンネルによって料金は違い、 月額500円くらいの価格帯のチャンネルが多いです。 安いか高いかといえば、人によりますね。 どうしても見たい!という内容のチャンネルなら高くはないでしょうけど。 加入が少し面倒なスカパーなどと比べると、気軽に入れていいのかな? 2.オンデマンドとリアルタイム配信での視聴 Amazonチャンネルは、基本的にいつでも好きなタイミングで見れる「 オンデマンド配信」で動画をみれますが、チャンネルによっては配信時間がきまっている「 リアルタイム配信(Amazonではライブ配信とよぶ)」もみれたりします。 また、一部「見逃し配信」のチャンネルもあり。 「チャンネル」という名前がついているので、全てリアルタイム配信かと思いきやそういうわけではないようですね。 3.約40チャンネルの幅広いジャンル 専門チャンネルは、 40チャンネル(2020年2月4日時点)。 配信されるチャンネルはBS・CSで放送されているチャンネルもたくさんありますね。 ジャンルでいうと映画、ドラマ、スポーツ、ニュース、趣味・実用、音楽、エンタメ、ステージなど幅広いジャンルがそろっています。 もちろん、ジャンルにつき1チャンネルというわけでなく、1ジャンルに複数のチャンネルがあり。 開始当時は20チャンネルでしたが、じょじょに増えてます(最近は40で増えたり減ったりを繰り返してます)。 ちなみに、BS・CSなどで放送されているものと、まったく同じ内容で配信されているわけではないので、その点は注意。 配信内容は、 Amazonオリジナル編成となってます。 4.外出先ではテレビ感覚でスマホでみれ、Fire TVでも見れる。 また、同時視聴も可 対応しているデバイスは、基本的にはAmazonプライム・ビデオが視聴できるものは対応しているようですね。 テレビ、 Blu-rayプレーヤー、 Amazon Fire TV、 Fire TV Stick、 Fireタブレット、 パソコン、 Android・iOSモバイル端末などで利用できます。 ちなみにAmazonプライム・ビデオのアプリを確認したところ、「 チャンネル」というメニューが追加されており、プライムビデオと一緒にみれます。 リアルタイム配信のチャンネルなら、テレビ感覚で視聴することもできますね。 そして、プライム・ビデオと同じく 同時視聴もできるので、家族それぞれが違うデバイスで楽しむことも。 管理人が確認したところ、リアルタイム配信の同じ動画も同時視聴できました。 何台までできるかわかりませんが、「3台」は同時に視聴できました。 5.プライム・ビデオと同じくダウンロード機能あり Amazonプライム・ビデオのアプリではチャンネルの動画を視聴できますが、もちろん ダウンロード機能にも対応しています。 外出先ではオフライン動画で通信量を減らせます。 しかし、ライブのリアルタイム配信の動画については、ダウンロード機能はもちろんありません。 Amazon Prime Videoチャンネルのチャンネル一覧 ジャンルごとに、各チャンネルの料金と番組内容を簡単に紹介します。 各チャンネルの「 >公式サイト」をタップすると、チャンネルの元となったBS・CS放送などの公式サイトや、関連サイトへ移動します。 配信内容はAmazonオリジナル編成なので、公式サイトは参考ていどに。 4つのライブ配信があります! / ブンデス・ポルトガルLIVE(月額999円) ブンデスリーガの毎節全試合とポルトガル戦をライブ配信&見逃し配信。 ハイライト映像もあり バスケットLIVE for Prime Video(月額300円) 国内バスケットリーグ「Bリーグ」のB1全試合のライブ配信・見逃し配信 TリーグTV(月額198円) 国内卓球リーグ「Tリーグ」の2019年~2020年シーズンの公式戦の全試合をフルマッチライブ配信&見逃し配信。 ハイライト映像もあり Gaora Bros. (月額550円) 北海道日本ハムファイターズ主催のプロ野球ファーム中継や格闘技、テニス、ヨガ、サーフィン、ランニングなどのスポーツチャンネル / セントラルスポーツ・フィットネスチャンネル(月額440円) スポーツクラブの運営・指導などしているセントラルスポーツの楽しいヨガやエクササイズのチャンネル yoga esse ヨガエス(月額550円) いつでも手軽に本格的なエクササイズ。 地道に増えてるので、今後も増えかもしれないですね。 チャンネルは随時ふえたり、減ったりするので、最新のチャンネル情報は公式サイトをチェックして下さい。 公式サイト: Amazon Prime Videoチャンネルのデメリット Amazonチャンネルには、悪い点もあります。 POINT• Amazonプライム会員でないとみれない• 公式チャンネルと内容が違ったりする• リアルタイム配信の「番組表」が分かりづらい 一番のデメリットは、やはりAmazonプライム会員でないと見れない点ですね。 そのチャンネルだけ見たいという人には、ちょっと敷居が高いです。 そして、CS放送などで放送されている専門チャンネルと同じ内容かと思いきや、まったく同じというわけではないです。 「Amazonオリジナル編成」となっているところがほとんど。 ただ同じでないだけならいいのですが、中には公式チャンネルからだいぶ配信内容がカットされているものも。 あとは、チャンネルによって「リアルタイム配信(ライブ配信)」があるのですが、番組表が分かりづらかったりします(当初は番組表すらなかったのでマシですが)。 他のVODサービスと比較 スカパーとAmazon prime videoチャンネルを比較してみると いろんな専門チャンネルを配信しているサービスといえば スカパー! Amazon Prime Videoチャンネルでは、スカパーで放送されているチャンネルがオリジナル編成で配信されていたりしますが、やはり本家の方がコンテンツがしっかりしてます。 また、録画もできますし、最近はチャンネルによってはスマホでも見れますし。 加入も簡単で、対応しているCS・BSアンテナがあるなら、ネットから申し込みでその日から視聴することができます。 ただ、Amazon Prime Videoチャンネルに比べると、料金が少し高めになったりするのがデメリットですが、その分の魅力はあります。 公式サイト: (関連記事) Amazon Prime Videoチャンネルをおすすめする人 Amazonチャンネルがオススメな人は、こちらになります。 POINT• CS放送などでみたかったチャンネルがある人• Amazonプライム・ビデオだけじゃ物足りない人• レンタル感覚で楽しみたい人 CS放送などで見たかった専門チャンネルがある人にはおすすめ。 一般の人全員にあうものというよりはマニアックなものなので、なかなか他の動画配信や地上波テレビではみれないです。 また、スカパーなどに契約するのは面倒ですが、こちらは気軽に入れるのがイイですね。 そして、Amazonプライム・ビデオのコンテンツは、映画・ドラマ・アニメ・オリジナル以外は中途半端な部分もあるので、物足りなさを感じている人もいると思います。 その点をおぎなうものとして、チャンネル加入はより動画ライフを充実させることができます。 また、Amazonビデオでレンタルしている人もいるかと思いますが、レンタル料金に近い料金で加入できるチャンネルもあるのでお得! 1か月レンタルできる動画という感覚でチャンネルに加入。 で、飽きたらいったん退会と。 そういった使い方で楽しむのもアリだと思います。 まずは、無料お試し体験! Amazonチャンネルは、基本的には「 14日間」の 無料お試し期間があります。 NHKオンデマンドは無料体験なし 無料お試しだけしたい人は、無料期間中に解約することで無料で試すことができます。 こちらのサービスに興味があっても、合う合わないがあると思いますので、実際に試してみることをオススメします。 1チャンネルごとに無料お試しができるので、1つずつ試したらけっこうな期間を無料で楽しめますよ。 ちなみに、まだプライム会員でない人は、チャンネルの申し込みと同時にプライム会員の申し込みができます。 お申込みは、以下からどうぞ。 登録方法は簡単ですが、不安な方は以下の記事を参考にどうぞ。 それでは、Amazonチャンネルとは?料金や特徴、チャンネル一覧(番組内容)でした。 最新の情報はAmazon Prime Videチャンネル公式サイトにてご確認ください.

次の

Amazonプライムビデオ「マイ★ヒーロー」チャンネルとは?登録・解約方法【無料お試しあり】|口コミや評判も

プライムビデオ チャンネル 管理

AmazonのPrime Videoチャンネル、プライムビデオとの違いは? AmazonのPrime Videoチャンネル。 こちらは、Amazonで申し込みするだけですぐに見られる専門チャンネル。 AmazonのPrime Videoチャンネルは、プライム会員、Prime Student会員が対象のサービス。 プライム会員、プライムスチューデントの無料体験中でも利用が可能です。 プライム会員であれば、お好みのPrime Videoチャンネルを選んで登録、そのチャンネルの月額料金を支払うことで利用できます。 基本料などはかかりません。 プライム会員特典のプライムビデオは、プライムマークのあるものは全て見放題ですよね。 でも、AmazonのPrime Videoチャンネルでは、各チャンネルごとに設定された料金のお支払いが必要なんです。 料金はチャンネルごとにそれぞれ異なります。 プライムビデオはプライム会員なら追加料金なしで視聴可能。 Prime Videoチャンネルはプライム会員対象の有料チャンネル。 これがプライムビデオとPrime Videoチャンネルの大きな違いです。 Prime Videoチャンネル、Fire TV Stickで登録してみた 早速我が家のFire TV Stickで試してみました。 ホーム画面の一番上に出てました、Amazon Prime Videoチャンネル。 Amazonチャンネルは、「Prime Videoチャンネル」というのに登録するのではなく、Prime Videoチャンネルの中のお好みのチャンネルごとに登録をします。 「アジアドラマチャンネル」に登録したい場合は、この画面でそのアイコンを選択して実行ボタン、 「アジアドラマチャンネル」の画面になるので、ここで「今すぐチェック」を選択します。 ここで、無料お試しのオファーが表示されます。 無料体験のボタンの上に月額料金の表示があります。 ここで、無料体験のボタンを選択すると、即、登録となります。 確認画面などは一切出ないので、ここは要注意ですね。 「今すぐ14日間無料体験」でリモコンのOKボタンを押すと、画面右下に、「完了 配信サービスが開始されました」と表示されます。 これで登録は完了です。 登録したチャンネル内の番組を選ぶと、このような表示になるので、実行ボタンを押すと、すぐに視聴できます。 Prime Videoチャンネルとは チャンネルっていうから、リアルタイム配信なのかと思ったけど、AmazonのPrime Videoチャンネルはどうもそうでもないみたい。 例えば、「日経CNBCプラス」はライブ配信だけど、ライブ配信のチャンネル以外にも過去に放送されたドキュメンタリー番組なんかもストリーミング配信で見られたり。 「アジアドラマチャンネル」は、全てストリーミング再生の作品になっています。 ストリーミング再生の動画は、それぞれプライムビデオと同様、最初から見られます。 気になるチャンネルは、無料登録して自分の目でチェックしてみるといいですね。 個人的には、セントラルスポーツのフィットネスチャンネルが気になりました。 これ、297本の動画がいつでも視聴可能。 気が向いた時、その時の気分でスタジオレッスンを受けられるようなチャンネルになっているので、なかなかジムに通う時間がない人でも、自宅で気軽にジム体験が可能です。 太極拳って興味あるんだけど、動きが難しいんですよね。 でも、このチャンネルで見てみたら、まず動き方など解説、その後に実践、といったようにとてもわかり易いです。 このフィットネスチャンネルがあれば、下手なDVD付きの本とか買うよりお得でいいかも。 登録チャンネルの確認方法は? 試してみたい気持ちがあっても、解約する方法がわからないと不安ですよね。 解約するときも簡単です。 解約方法の手順 まずは、Amazonにログインして、アカウントサービス画面を開きます。 こちらの画面で「デジタルコンテンツとデバイス」の「Prime Videoの設定」を選びます。 ここで、青文字の「Prime Videoチャンネルの管理」をクリックします。 この画面では、お支払い方法などもチェックできます。 このさらに下にスクロールすると、現在登録したチャンネルが表示されます。 更新日で有料となるので、そこから「価格」の欄に表示された月額料金が毎月請求されることになります。 上の方に表示のあったお支払い方法で料金が引かれます。 一番右側の「チャンネルをキャンセルする」をクリックすれば、解約はいつでも簡単にできます。 キャンセルすると、このような確認画面が表示されます。 キャンセルしても、期間中はそのまま利用継続可能です。 無料体験のみで解約したい場合は、こちらでキャンセルの手続きをしておきましょう。 解約したものについては、以下のような表示になります。 「チャンネルを再開する」で、再登録も簡単です。

次の