ダウン スイング 右 肘。 右ひじの使い方をマスターすれば、オンプレーンスイングが身につく!

ゴルフスイング!ダウンスイングの自然落下や右肘の使い方のコツは左肘にあり⁉|ゴルニュー

ダウン スイング 右 肘

右肘は、右腰あたりまで引き付けられる ダウンスイングは、左の腰が引っ張られるイメージ。 右肘は、右腰あたりまで引き付けられるというイメージになります。 右の脇を締めておく必要があります。 自然と腕が体に巻き付かれ、手元が体の近くを通ります。 これが、ダウンスイングで腕が体に巻き付くメカニズムです。 腕が体に巻き付くようにダウンスイングをするには、腕のチカラを抜く必要があります。 チカラが入っていると、体から腕は離れていき、ヘッドスピードも速くなりませんし、弱々しいインパクトになってしまいます。 ダウンスイングでシャフトが寝る ダウンスイングでシャフトが寝ながら下りてくるスイングをしているゴルファーが居ます。 あれは、わざとやっているのではなくて、下半身先行でダウンスイングを開始している証拠でもあります。 基本的に、バックスイングよりダウンスイングの方がゴルフクラブがフラット(プレーンがフラット)になります。 一般的にはレイドオフと呼ばれたりもします。 スポンサーリンク ダウンスイングで両腕は何をしているのか? 腰(下半身)から始動したダウンスイングは、両腕は何をしているのか? 両腕が腰の高さに下されてくるまでは、何も動作をしないとしています。 ダウンスイングでは、腕を忘れろとか、腕のチカラを抜けという意味に通じます。 腰の回転を止めると 腰の回転を止めてしまうと、上半身が正しい動きをしなくなってしまい、ゴルフクラブはアウトサイドインから入ることになります。 すると、スライスボールを打つことになります。 ゴルフスイングの基本は、腰(下半身)から ゴルフスイングの基本は、腰(下半身)からダウンスイングを始動するということです。 日常生活でよく使うのは、手や腕なので、手や腕などを動かしやすいです。 これが、腰(下半身)から動き出すことを難しくしています。 常に腰(下半身)からダウンスイングをすることを意識づけておくことで、自然と腕が巻き付いて、引き付けられて、ゴルフクラブのヘッドと手元の回転差を作って、ヘッドスピードを速くすることができます。 自粛解除されたのでゴルフに行きたいなと思うのですが梅雨入りして微妙なテンションでゴルフに行けてません。 Amebaトップブロガーとして、アメブロの方でも記事を書き始めましたので、こちらもよろしくお願いいたします。 1年くらい前にトップブロガーとして、ブログやりませんかとお声掛けを頂いたのですが、私のマイペースな性格ゆえに、最近スタートしたブログです。 ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル開設しました。 動画の投稿数が少ないですが、これから少しずつ充実していくつもりですので、チャンネル登録お願いいたします。 最近の投稿記事• 2020年6月26日• 2020年6月26日• 2020年6月24日• 2020年6月23日• 2020年6月17日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月11日.

次の

ダウンスイングで右肘を体から離さない使い方を覚える方法

ダウン スイング 右 肘

ダウンスイングでクラブを後ろに倒すことはゴルファーに大きなメリットをもたらします。 たとえばトップオブスイングのポジションからまっすぐ振り下ろすよりも助走距離が長くとれるので、クラブを加速しやすいのがひとつ。 そしてクラブにパッシブトルクが働き、倒れていたクラブが起き上がってスイングプレーンに乗ると共に、フェースターンが自動的に行われるのも大きなメリットです。 つまりクラブを倒すことができれば、つかまった距離の出るボールが打てるということになります。 しかしクラブは簡単には倒れてくれません。 「倒そう」と思っても体は言うことを聞いてくれないのが現実ではないでしょうか。 そこで今回は、クラブが倒れない理由と、倒せるようになる方法を紹介しようと思います。 クラブが倒れない最大の理由ですが、体の右サイドの動きが強すぎることが考えられます。 右手主体でクラブを振っているアマチュアゴルファーは非常に多いですが、バックスイングからダウンスイングへの切り返しで右手の力が強いと、シャフトが立つ方向に動きやすく、この場合は右手の力を抜く必要があります。 切り返しで「クラブを落下させる」という表現がありますが、そのためは右手や右ヒジの力が抜けていなければなりません。 クラブには重さがありますから、切り返しで右手の力を抜くことができればクラブは左手を支点に倒れるはずです。 しかしせっかくクラブを倒すことに成功しても、ダウンスイングでクラブがすぐに起きてしまうことがありますし、そもそも、右手の力を抜いても倒れないことがあります。 これは右肩周りの柔軟性に問題がある場合が多く、トップオブスイングの状態でヒジよりも手が後ろに行かない人、つまり二の腕を後ろに倒せない人はクラブも後ろに倒せないのです。 ですからこの場合は、まず柔軟性を身に付ける必要があります。 ダウンスイングでクラブを倒すには、肩の真横で右ヒジを90度に曲げた状態にし、そこから二の腕を後ろに倒せる柔軟性が必要。 もともとダウンスイングで右肩が前に突っ込む癖がある人は、当然ながらクラブも前に倒れますが、これはインサイドバックから生じている可能性があります。 テークバックでクラブをインサイドに引っ張り込むと、その後、八の字を描くようにループして外から下りてきやすくなるからです。 自分がこのパターンだと思ったら、アウトサイドにテークバックしてみるといいでしょう。 左手を縦にコッキングしてクラブヘッドを持ち上げたら、自分から見て右に回すようにしてダウンスイングへとつなげます。 外に上げて内から下ろすということですが、要はループを利用してクラブを後ろに倒すのです。 もしも外から内へのループがやりにくかったら、手元がヘッドより先行するようにテークバックしてみてください。 テークバックでいきなり腕を右にローテーションするとクラブがインサイドに引かれてしまうので、逆ハンドルを切るように左へのローテーションを入れるのです。 このようにバックスイングすると切り返しで右へのローテーションが入れやすくなり、クラブは後ろに倒れます。 いずれにせよ、右サイドに力が入りっぱなしだとクラブを倒すことはできません。 バックスイングが上がったら、「フッ」と右サイドの力を抜いてみてください。 切り返しで右サイドの力が抜ける時間を作ることでクラブは倒れようとするはずです。 柔軟性が邪魔をしてうまく倒れなかったとしても、そのトライアルはスイングの本質について大事な「気付き」をあなたにもたらしてくれるでしょう。

次の

ゴルフスイング!右肘の使い方と右手の動きと右脇の締め方!|ゴルニュー

ダウン スイング 右 肘

トップで90度曲がった右肘はインパクトゾーンまで維持すると飛距離が出るでしょう。 方向性を意識すると右肘は右足の前で伸びるのですが、下半身が強度であればスイングが速くなりインパクトで肘を伸ばすほうが良いでしょう。 トップでの右肘の正しい向きとは? バックスイングのトップで右肘は地面を向いていますが、肘が外側に向くのはダウンスイングのタイミングが取りづらいでしょう。 右肘が外側に向くと真下に向けるのに時間を要しタイミングがズレてくるでしょう。 バックスイングの右肘は以下のようにしましょう。 両膝に力を入れる• テイクバックは上半身の捻転だけ(コックは入るが右肘は曲げない)• テイクバック後に腰が少し回る(左膝に力を入れたまま)• トップに移行するとき右手人差し指を上に上げる(肘は無意識) 右肘が外側に膨れる人の共通点は上半身の捻転不足から右半身でテイクバックするために肘が早く曲がり外に飛び出すのです。 左半身でテイクバックすると右肘を意識することもなく肘は無意識で地面を向くでしょう。 参照 「」 ダウンスイングでは右肘は腹の前に持ってくる ダウンスイングで右肘が収まるところはお腹の前ですが、これはインパクトのヘッドスピードを考えるからです。 初心者もこのようなスイングをしますが、スライスは肘の使い方ではなく手の平の向きが間違っているのです。 ダウンスイングで 右肘をお腹の前に収めるのは以下のようにするためです。 ヘッドスピードを上げる• 遠心力を最大にする• 肩の回転と右肘の送りでスピードを上げる このような要素が相まってヘッドスピードを上げる根拠になっています。 このスイング方法はプロの多くが取り入れていますが、アマチェアはまだまだでしょう。 参照 「」 ダウンスイングでは右肘を伸ばすタイミングをなるべく遅くする ダウンスイングで下半身の回転から始まり上半身の回転に入りますが、グリップは遅れて入ってきます。 この時間差がヘッドスピードには必要で、右肘を伸ばすのも遅らせるほうが 飛距離には大切なことです。 右肘が伸びるのを我慢してインパクトゾーンまで引っ張るのは、以下のような理由です。 ヘッドの遠心力• 上半身の回転• グリップの走り• 右肘を伸ばすタイミング 以上の4つのパワーをプラスすることで飛距離を生み出しているのです。 アマチェアのほとんどが飛距離の4つの法則を無視しているから飛距離が落ちるのです。 参照 「」 インパクトゾーンで右肘を伸ばす インパクトゾーンで右肘が伸びるのがベストですが、これを体験するには様々な肘に使い方ができてはじめて理解できるでしょう。 右肘を伸ばすタイミングは以下の方法があります。 ダウンスイングで徐々に伸ばす• ダウンスイングで右足の前で伸ばす• ダウンスイングでお腹の前に入れインパクトで伸ばす このような肘の使い方が可能ですが、飛距離を考えるとやがて肘はお腹の前に収まるでしょう。 肘が伸びる瞬間はスイングの速さも大いに関係しますが、ゴルフをやっているとスイングは徐々に変化するでしょう。 参照 「」 インパクトでは完全に右肘が伸びた状態でボールを捉える インパクトでは右肘は伸びた状態になりますが、この時点で 右手の平の向きに注意しましょう。 ボールをまっすぐ飛ばす要領は以下のようにします。 右肘はダウンスイングで徐々に伸びる• 右飛を右足の前で伸ばす• 右肘はインパクトゾーンまで我慢する(手の平の向きに注意) 以上の3通りの右肘の使い方でもまっすぐ飛びますが、まっすぐ飛ぶ秘訣は手の平の向きだけです。 参照 「」 このようなスイングの右肘の使い方をしていても手の平の向きが体の正面ではボールはスライスするでしょう。 反対に肘を伸ばした状態で手の平が目標を向いているとインパクトゾーンに入ると右手のかぶりで引っかけが出ることもあります。 それほど同じスイングでもボールの飛ぶ方向は変わるということです。 その大きな違いはコックが全てですが、コックはインパクト直前まで維持することが条件になってきます。 <スポンサード リンク> ゴルフ上達に有益な教材 延べ15万人をティーチングしてきたカリスマコーチの古賀公治さんのDVDで、飛距離とスコアアップを目指す人に最適です。 現役のプロもおすすめするDVDで一番おすすめする教材です。 バックスイングのコツ、ヘッドを遅らせて飛距離を伸ばすコツで飛距離を30ヤード伸ばす教材です。 同時に方向性も良くなる方法もわかるのでスイング全体のバランスが良くなります。 飛距離と方向性に悩んでいるゴルファーに向いている教材です。 作者はドラコンチャンプの安楽拓也さんです。 年齢を重ねても飛距離を追求したいゴルファーは見て欲しいと思います。

次の