パレパレ リセマラ。 【どこパレ】ガチャとイベント前後のリセマラについて【ドラゴンクエスト】

【どこパレ】ガチャとイベント前後のリセマラについて【ドラゴンクエスト】

パレパレ リセマラ

「おやぶんの洞くつ」では、Bランク以上のレアリティの高いモンスターをスカウトできます。 この「おやぶんの洞くつ」で高ランクモンスターをスカウトするのが、どこパレにおけるガチャにあたります。 「おやぶんの洞くつ」でスカウトできるモンスターは、基本的に通常のストーリーのパレードで仲間にできるモンスターと比べると、強いモンスターばかりです。 この「おやぶんの洞くつ」内に生息するモンスターの割合をランク別に見ると、Bランクのモンスターが40%、Aランクのモンスターが50%、Sランクのモンスターが7%、SSランクのモンスターが3%となっています。 当然、SSランクのモンスターがいわゆる当たりモンスターと言われる強いモンスターになります。 イベントの前後はよく見極めて どこパレは、定期的にガチャのイベントをやっているので、イベントの前後にリセマラをする場合には、どの期間にやったほうがよいか、考えた方がいいでしょう。 たとえば、SSモンスターがあたる確率が2倍になるキャンペーンを行っていたり、特定のSSモンスターが出る割合が上がるイベントなどがあるので、リセマラをする時には要チェックです! 特に、魔王カーニバルというイベントの前後は、要注意です。 魔王カーニバルの期間中しか排出されない魔王系のモンスターがいるだけでなく、1日1回だけ10連スカウトを回すとSSモンスター1体が確定の場合があるからです。 このSS1体確定の効果は、その日はじめて引く10連のスカウトに適用されるもので、2回目以降は、確定ではないので注意しましょう。 この魔王カーニバルの前にリセマラをする場合には、とりあえずストーリーモードをクリアしていける程度の強さのモンスターを引いたら、さっさとストーリーを進めて、酒場クエストの依頼をこなしてジェムを貯めた方が良いかもしれません。 3000ジェムで10連スカウトを1回できるので、なるべくストーリーを進めて、最低でも5回引ける程度までジェムを貯めておくと、最低でもパーティメンバーの上限分のSSモンスターを入手できますよ。

次の

パレットパレード 攻略|パレパレのゲームレビュー評価

パレパレ リセマラ

パレットパレード|ゲームシステム・魅力 スマホアプリ『パレットパレード』ってどんなゲーム? 『パレットパレード』はクリーク・アンド・リバー社のグループ会社「クレイテックワークス」が手掛ける、スマホ向け芸術家育成タイムライズゲーム。 もちろん、豪華声優陣によるフルボイスとLive2Dで各キャラの会話を楽しめるぞ。 パレット美術館を再建しよう! かつて「パレット美術館」が開催した「パレットパレード」に心を奪われたプレイヤーは、「キュレーター」の仕事につくも、美術館は閉鎖の危機に陥っていた。 そこでプレイヤーは、才能と問題を抱えた芸術家29人と一緒に「パレット美術館」の再建を目指す。 『パレットパレード』は実在した芸術家たちが登場し、史実に基づいたストーリーが展開されるので、歴史を知らなくても楽しめる作品だ。 新しい絵画を制作して芸術家たちを育成! 『パレットパレード』は主に「制作」を行い、芸術家との親密度を上げたり、育成をして物語を進めていく。 制作は5人編成されたキャラクターが、10マスに分割されたキャンバスに順番で絵を描いていくというもの。 なお、キャンバスの属性と同じキャラで絵を描くと、アイテムの入手量やもらえる親密度が上がる。 つまり、属性統一の編成よりも 全属性をバランス良く入れるのがおすすめ。 個性豊かな芸術家たちと専属契約を結ぼう! 『パレットパレード』ではメインストーリーだけでなく、キャラストーリーやルームでの会話、イベントストーリーなども用意されており、芸術家たちの素顔を思う存分見られる。 各キャラには 「デッサン」「カラー」「イメージ」の3つの属性が設定されており、制作で必要な要素となっている。 なお、芸術家はガチャから契約(入手)でき、最高レアリティは星4となっている。 チュートリアルで星4キャラ確定の 引き直しガチャが用意されており、星4キャラを当てるとガチャ排出時やポートレイトで特別な演出を見ることができるので、推しキャラを確実に狙っていこう。 パレットパレード|攻略 キャラを育成しよう! 『パレットパレード』のキャラ育成には 「レベル強化」「ポートレイト」「限界突破」があり、特に重要なのが「ポートレイト」と言える。 ポートレイトはキャンバスになっており、マスを解放することによってステータスが上がっていく仕様。 解放には専用の絵の具が必要になるので、制作を進めて集めていこう。 とはいえ、序盤は専用アイテムが少なく、すぐになくなってしまうので注意が必要。 優先的に育てたいキャラを あらかじめ決めてから使用していくのがおすすめだ。 オファーを成功させよう! 制作をしていると稀に「オファー」が発生し、制作用のデッキとは別にキャラを編成してパフォーマンスを行うことがある。 ちなみに、制作ではAPを消費するが、オファーではSPを消費する。 表現力が足りない場合は、SPを多く消費することによって数値を 3倍、5倍、7倍、10倍に増やすことができる。 なお、オファーには属性が設定されているので、制作の時のようにバランス良く編成するのではなく、 指定属性で統一するのがおすすめ。 ルームにいるキャラたちをチェック! 『パレットパレード』のルームでは、「アトリエ」「キッチン」「娯楽室」があり、キャラクターたちの会話や日常を見ることができる。 アトリエには 最大で7人入ることができ、組み合わせによって会話が変わってくる。 推しキャラだけでなくいろんな芸術家に話しかけてみよう! パレットパレード|評価・レビューまとめ.

次の

パレットパレード リセマラ

パレパレ リセマラ

初心者用ヒント リセマラ方法• ダイの大冒険コラボの報酬で3000ジェムも入手できるのでリセマラは比較的楽な方かと思われます。 特技伝授とカスタマイズ どこパレでは色々なモンスターの特技を特技伝授で移植してモンスターを育成していく事になります。 なのでテンプレ的な正解はありません。 アイデア次第では比較的どんなモンスターでも活躍が可能。 ただし古い過去のモンスターなど煮ても焼いても食えないモンスターもいるので注意。 これはステータスで判断するしかない。 系統の当たりモンスターとパレードスキル 確率は低いですが強やまたのおろち、強キングレオの2体は大当りです。 これは2体のパレードスキルが強力でソロイベントや連盟指令、異界の門などの高難易度のコンテンツで大活躍できるからです。 他にもドラゴン系だと神竜も人気が高い。 おすすにもいる闇の覇者・竜王はドラゴン系を強化できるモンスターなのも人気の理由です。 しかし闇の覇者・竜王は???系なので効果が乗らない。 シドーも悪魔系を強化できますが魔王カーニバルには魅力的な悪魔系が少ない。 魔剣士ピサロはSキラーマシンなどの物質系を強化します。 特技伝授用の当たり特技 他にも特技伝授できる特技は多いのですが強力な特技だけピックアップ。 スーパーレーザー、キャンセルショットはこの中でもずば抜けて活躍の場が多い。 万能なのはけずりとるとひきちぎるです。 3ギガントネイル ギガントドラゴン 全体斬撃 4竜のアギト 闇の覇者・竜王 単体斬撃 ルカニボミエ貫通 4スーパーレーザー Sキラーマシン 範囲体技 いてつくはどう 2けずりとる デスピサロ 単体体技 ボミエ貫通 4グランドクロス ダークドレアム 全体呪文 バギ・デイン属性 4冥界の門 冥王ネルゲル 全体体技 ドルマ属性 3キャンセルショット デンガー 単体斬撃 行動中段 4ザオリク ゴッドライダー 確実に蘇生 2ひきちぎる バラモスゾンビ 単体体技 ルカニ貫通 おすすめ 1点狙いでも狙いたいモンスター。 特性次第ではすぐに活躍できる。 呪文系ならNO1か!大魔王バーン 大魔王バーンはコラボ期間中のみの登場で期間限定となっています。 4枠のカイザーフェニックスが呪文なので大賢者での呪文系として育成する事になりそう。 賢さは現段階で2位、他のステータスも優秀です。 敵のマホカンタとメラ耐性を除けば活躍できると予想します。 闘技場でも強そうだ。 無属性斬撃でサクサク周回!ギガントドラゴン! 前々回登場のギガントドラゴンですが、大魔王バーンよりも人気が高い可能生のあるモンスターです。 斬撃特技のギガントネイルは会心倍率が高く無属性。 アタックカンタを除けば現段階で最強特技の可能生もある性能です。 ソロ良し、マルチ良し、闘技場でもよく見かけます。 特技伝授して攻撃力・会心率の高いモンスターで使うのがベストですが、特技伝授やどこパレのシステムに慣れるまではギガントドラゴンをそのまま使用してもいいだろう。 上級者でもそのまま育成している人も多い。 高ステータスをカスタマイズして使え!闇の覇者・竜王 大剣豪タイプ、格闘タイプ、ブレスタイプと育成に少し時間がかかりますが耐久力も高く、物理系のステータスに特化したモンスターになります。 4枠の竜のアギトは守備力素早さを1段階貫通で下げる効果もあり、威力も最強クラスです。 上記のギガントネイルを3枠に特技伝授して使用している人も多い。 他にもここでは書ききれないほど多彩なパターンで育成されているモンスター。 出番なしがほぼないぞ!Sキラーマシンのスーパーレーザー 現状だとほぼ全ての高難易度のマルチバトルに必須級で組み込まれるのがこのSキラーマシンの特技の「スーパーレーザー」です。 上記のギガントネイルよりも威力は落ちますが、優先度の高い特技はこっち。 範囲特技でダメージを与えつつ、いてつくはどう効果で敵のバフを解除してしまうぶっ壊れ特技だ。 あまりの人気に被りやすいので特技伝授で使うのがオススメだがSキラーマシン自体のステータスもトップクラスなのでそのまま使うのも良い。 手強い敵は止めてしまえ!魔王オルゴ・デミーラ 魔王オルゴ・デミーラの天地邪砲は様々な状態異常を耐性貫通で入れてしまう特技。 あまりの強さにマルチバトルでは状態異常が反射されてしまう「しっぺがえし」で対策されてしまう。 しかし逆にしっぺがえしなしのマルチバトルでは必須級になる。 火力にはならないので難易度の低い上級などの周回には不向きで上級者からはやや嫌がられる傾向にあるので出す場所には注意だ。 また、天地邪砲を組み込む戦闘では敵の動きが止まるか止まらないかが重要なポイントになるので、入力の速さや位置確保の早さ、判断の早さなどが求められる。 簡単そうに見えて上級者向けの特技なのでしっかり練習しよう。 ややおすすめ 目当てのモンスターと組み合わせで当たった場合に残しておきたいモンスター。 本体の性能やステータス系重視で元の特技には魅力が欠ける可能性がある。 つまり育成に時間がかかる。 最強アタッカー!大魔王デスタムーア ダイの剣があるじゃない! 会心率、攻撃力がトップクラスのモンスターだが元の特技が微妙なのでそのまま使うには難しい。 が、格闘王なら闘技場景品のレーザーキャノン、大剣豪ならダイの剣でアバンストラッシュとあるので強い特技を入手できるまでも何とか戦う事はできると思われます。 しかし被りやすいのでややおすすめ。 誰も育てないからオススメ!万能ドルマゲス! おすすめの理由はあまり人気がなく被らないくせにステータスはかなり優秀なドルマゲスさんです。 フェザースコールの威力もそれなりに高いので初心者期間中はフェザースコールで何とか頑張って、ゆっくり特技伝授などで育成していくことで幅広く活躍する事が可能になると思われる。 長い目で見るならありです。 最新の壁なら魔王ミルドラースか! どのモンスターが壁に最適か!?の議論になるとエスタークと闇竜王の話になります。 しかしどちらも欠点があります。 この魔王ミルドラースは状態異常・ルカニ無効、守備それなりと両者の欠点を補う事ができ、攻撃力も賢さも高い万能モンスターになります。 初心者がいきなり使うには難しいモンスターです。 みかわし壁の2強!魔剣士ピサロ・魔女グレイツェル 最近のトレンドは守備力を活かした壁ではなく、みかわし率と素早さを活かしたみかわす壁です!その人気の2強がこの2人です。 大防御とまもりの霧を特技伝授していきなりピオラとギャンブルボディを特性でつければそのままでも活躍できる可能性がある。 最大のメリットは無理に課金特技を組み込む必要がない事です。 かなり低コストで育成できますが、どこパレの戦闘の仕様を把握した上でそれなりの技量も必要かもしれない。 使う場合はしっかりと練習したい。 マルチだと素早さ差分によるみかわし率は適応されていないか、もしくはすごく補正がかかって少なくされてると思うぞ。 ピオラ状態のジュリアンテは素早さ実数値約2430にもなる。 でも闘技場でエスタークがジュリアンテに攻撃するとかなり避けるから差分があるのは間違いないんだけどな。 ただ、マルチでは差分がない、または著しく差分みかわし率が低い可能性が高いから素早さが高いだけではみかわし壁は作れないと思う。 ってかそもそもマルチだとマヌーサ以外で味方の攻撃がミスすることはないんだから素早さ差分は無いと見ています。 オルゴがみかわしできないのは耐性のせいというのは同感。 おすすめされているモンスターは全て『自分が今どこパレを始めるとしたら』リセマラで手に入れておきたいモンスターです。 ただ、リセマラをがっつりする方は『上記モンスターを複数手に入れてからスタートしたい!』という方も多いと思います。 判りやすい記事ありがとうございます。 私にみたいに始めて4ヶ月くらいの人間が見ても判りやすい記事で良いと思います。 誰も初心者に魔剣士ピサロ・魔女グレイェルでのみかわし壁なんて望んでませんし、初心者もあまり理解できないでしょう。 しかし色々慣れてきた頃「昔魔王カーニバルで当たったのに優秀キャラとは知らずにチケットに変えてしまった・・・」って事や、お勧め体技の所のキャラにしても、デンガー?ゴッドライダー?素体的には数値低いけど外れじゃないの?って思う人だって居ると思います。 そこを上級者さんの意見や経験から記事にされてると考えると簡単に且つ、非常に判りやすい記事と思います。

次の