ブルンゲル 育成 論。 【ダブル】ローブシンの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ブルンゲル育成論 : 環境破壊クラゲ サザン意識|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

ブルンゲル 育成 論

オスとメスとで体の色が違うのも特徴的なポケモンになっています。 そんなブルンゲルですが、育成方法次第では非常に強力なポケモンになってくれます。 まずかみくだくやはたきおとすを所持していないメガガルーラやバシャーモといったトップポケモンに対して非常に強くおにびやちょうはつ、トリックルームといった豊富な変化技に優れており時として相手の技を封じ込めチャンスを繋ぐことが出来る のろわれボディという強い特性を持っている為シングルレート環境において十分活躍することが出来る性能を誇っています。 ブルンゲル:ふゆうポケモン 努力値について 努力値は耐久面をあげたいので H204 B244 S36にそれぞれ振ります。 いじっぱりな性格のガブリアスのじしんをオボンのみ込みで確定耐えにする耐久調整。 素早さはS努力値を振ったマリルリやクチート意識。 しかし最近では素早さの高い力持ちフェアリーが多くいるのでもう少し素早さを伸ばしてみてもいいかもしれません。 今回の技構成 タイプ 技名 威力 命中率 みず ねっとう 90 100 ゴースト たたりめ 65 100 エスパー じこさいせい ー ー ほのお おにび ー ー ねっとう 炎タイプに対して抜群がとれる為物理ではないウルガモスや火ロトムやヒードランにも刺さりランドロスやバンギラスあくびをしてくるカバルドンやじわれをうってくるチョッキマンムーなどの処理が早くなるのが利点。 たたりめ おにびとの相性が抜群。 状態異常が入っていればその威力は130を誇ります。 しかしあらゆるファイアローに弱くなってしまい、状態異常がなければ威力が低いのがネックです。 シャドーボールとどちらにするかはパーティーと相談して決めるのが良いでしょう。 じこさいせい これは言わずもなら採用確定です。 再生技が使えるのなら物理受けとしてサイクルを回していく上で採用は必須と言えます。 おにび 種族値H100B70と物理受けとしてはスイクンやカバルドンクレセリアといったゴツメ持ちポケモンに大きく引けをとる為物理受けとしての採用ならば必須技です。 バシャーモやエンテイに対してはそもそもタイプ相性で勝っている為鬼火の通らない炎タイプのポケモンに対してもそこそこ強いです。 その他の候補技 なみのり おにびを採用しているのだから三割にかけて威力を下げるなんて甘えたことはしたくないという人専用の技。 ダメージがHPによって変動するしおふきや命中不安定のハイドロポンプに次に威力があり忌まわしきHDアローに対してもねっとうと比べると少しだけ強くなれます。 シャドーボール クレセリア・ゲンガー・ギルガルドに対して弱点をつける。 しかし抜群といえど耐久振りのブルンゲルではクレセリアに対してはシャドーボールのダメージは回復が間に合ってしまいギルガルドのじゃくてんほけんは発動してしまうのでゲンガー意識というのが大きいです。 れいとうビーム ガブリアスやカイリューに対しての安定度が増し、ボーマンダには起点を作らせず控えから出てくるサザンドラに抜群でダメージが入る技です。 しかしながらドラゴンタイプ以外のポケモンにはささらず威力が低いので余程ドラゴンに弱いPTでなければ採用は少ないと思われます。 また凍える風は当たれば100%で相手の素早さのランクを下げるのでトリックルームとは違った形で後続のサポートが狙えます。 ボーマンダやスイクンに対しては上から行動をされる為、対面からでは少なからず身代わりや瞑想を積まれる隙を見せてしまうのが玉に瑕。 またブルンゲルのHBに努力値を振りきってしまった場合、Sを振っているクチートやマリルリに抜かれることがあるので、力持ちフェアリーに対しての役割を強める場合には素早さ実数値91以上が望ましいです。 ダメージ参考 被ダメージ A252メガガルーラ じしん ダメージ:76~90割合:37.

次の

ハラスを仕掛ける耐久重視ブルンゲル育成論・調整【ダブルバトル】

ブルンゲル 育成 論

オスとメスとで体の色が違うのも特徴的なポケモンになっています。 そんなブルンゲルですが、育成方法次第では非常に強力なポケモンになってくれます。 まずかみくだくやはたきおとすを所持していないメガガルーラやバシャーモといったトップポケモンに対して非常に強くおにびやちょうはつ、トリックルームといった豊富な変化技に優れており時として相手の技を封じ込めチャンスを繋ぐことが出来る のろわれボディという強い特性を持っている為シングルレート環境において十分活躍することが出来る性能を誇っています。 ブルンゲル:ふゆうポケモン 努力値について 努力値は耐久面をあげたいので H204 B244 S36にそれぞれ振ります。 いじっぱりな性格のガブリアスのじしんをオボンのみ込みで確定耐えにする耐久調整。 素早さはS努力値を振ったマリルリやクチート意識。 しかし最近では素早さの高い力持ちフェアリーが多くいるのでもう少し素早さを伸ばしてみてもいいかもしれません。 今回の技構成 タイプ 技名 威力 命中率 みず ねっとう 90 100 ゴースト たたりめ 65 100 エスパー じこさいせい ー ー ほのお おにび ー ー ねっとう 炎タイプに対して抜群がとれる為物理ではないウルガモスや火ロトムやヒードランにも刺さりランドロスやバンギラスあくびをしてくるカバルドンやじわれをうってくるチョッキマンムーなどの処理が早くなるのが利点。 たたりめ おにびとの相性が抜群。 状態異常が入っていればその威力は130を誇ります。 しかしあらゆるファイアローに弱くなってしまい、状態異常がなければ威力が低いのがネックです。 シャドーボールとどちらにするかはパーティーと相談して決めるのが良いでしょう。 じこさいせい これは言わずもなら採用確定です。 再生技が使えるのなら物理受けとしてサイクルを回していく上で採用は必須と言えます。 おにび 種族値H100B70と物理受けとしてはスイクンやカバルドンクレセリアといったゴツメ持ちポケモンに大きく引けをとる為物理受けとしての採用ならば必須技です。 バシャーモやエンテイに対してはそもそもタイプ相性で勝っている為鬼火の通らない炎タイプのポケモンに対してもそこそこ強いです。 その他の候補技 なみのり おにびを採用しているのだから三割にかけて威力を下げるなんて甘えたことはしたくないという人専用の技。 ダメージがHPによって変動するしおふきや命中不安定のハイドロポンプに次に威力があり忌まわしきHDアローに対してもねっとうと比べると少しだけ強くなれます。 シャドーボール クレセリア・ゲンガー・ギルガルドに対して弱点をつける。 しかし抜群といえど耐久振りのブルンゲルではクレセリアに対してはシャドーボールのダメージは回復が間に合ってしまいギルガルドのじゃくてんほけんは発動してしまうのでゲンガー意識というのが大きいです。 れいとうビーム ガブリアスやカイリューに対しての安定度が増し、ボーマンダには起点を作らせず控えから出てくるサザンドラに抜群でダメージが入る技です。 しかしながらドラゴンタイプ以外のポケモンにはささらず威力が低いので余程ドラゴンに弱いPTでなければ採用は少ないと思われます。 また凍える風は当たれば100%で相手の素早さのランクを下げるのでトリックルームとは違った形で後続のサポートが狙えます。 ボーマンダやスイクンに対しては上から行動をされる為、対面からでは少なからず身代わりや瞑想を積まれる隙を見せてしまうのが玉に瑕。 またブルンゲルのHBに努力値を振りきってしまった場合、Sを振っているクチートやマリルリに抜かれることがあるので、力持ちフェアリーに対しての役割を強める場合には素早さ実数値91以上が望ましいです。 ダメージ参考 被ダメージ A252メガガルーラ じしん ダメージ:76~90割合:37.

次の

ブルンゲルの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ブルンゲル 育成 論

ページ:• 投稿者:ミナミのコアリクイ• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:セテア• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:くぷりる• コメント 15 みんなの評価 :• 投稿者:sarikus• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:するめ• コメント 5 みんなの評価 :• 投稿者:ヨウ• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:KH• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:イルむに• コメント 12 みんなの評価 : 【削除済】型• コメント 0 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:ぬかみそ• コメント 25 みんなの評価 :• 投稿者:るるぷう• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:A研究室• コメント 55 みんなの評価 :• 投稿者:クロック• コメント 63 みんなの評価 :• 投稿者:おだん• コメント 16 みんなの評価 :• 投稿者:えくれあ• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:鯱• コメント 19 みんなの評価 :• 投稿者:青い三日月• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:親玉• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:ゆめみ• コメント 24 みんなの評価 :• 投稿者:yoty• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:もっぷすー• コメント 1 みんなの評価 :• 投稿者:四夏• コメント 46 みんなの評価 :• 投稿者:tak• コメント 40 みんなの評価 :.

次の