マルチ ディスプレイ 使い方。 マルチディスプレイの使い方と設定方法|PC作業が効率化できる!|気ままに生きるblog

Windows 10 複数ディスプレイの設定方法と使い方

マルチ ディスプレイ 使い方

サーバー側 操作する側のメインPC用のソフトをダウンロードします。 へアクセスし、「DOWNLOAD NOW」ボタンをクリックします。 「DOWNLOAD」項目へスクロールするので、「SPACEDESK DRIVER SOFTWARE FOR WINDOWS PRIMARY PC SERVER 」項目下にあるダウンロードボタンをクリックしてダウンロードします。 ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。 セカンダリ側 ディスプレイとして利用する側のソフト/アプリをダウンロードします。 提供元サイトのサーバー側ソフトから下へスクロールし、「SPACEDESK VIEWER SOFTWARE FOR SECONDARY MACHINE CLIENT 」項目下にあるダウンロードボタンをクリックしてダウンロードします。 使い方 画面上部に次の項目が表示されます。 Computer PCのコンピューター名。 Status ステータスです。 ONの場合は本ソフトが有効、OFFの場合は本ソフトが無効です。 Conections PCに接続しているデバイスの数です。 画面下部については次の通りです。 「Network Interfaces local 」タブ PCのネットワークとIPアドレスが表示されます。 「Network Interfaces remote 」タブ 接続しているデバイス情報が表示されます。 Machine Name IPAddress:Port デバイスの名称、IPアドレス、ポート番号。 Client 接続クライアント名。 Desktop 画面表示方法。 attached extend … 拡張表示• attached mirror … 複製表示 私も余っていたたブレットPCがあったので、こちらを利用しています。 デュアルディスプレイというと、基本的にグラボと2台以上のディスプレイを繋いで…というのが一般的ですが、これはローカルWifiで繋いでデュアルディスプレイ化する方法です。 勿論、USB接続でも可能のようですが、調べてみると結局、Wifiを介してUSB接続しているようですので、それですとあまりUSB接続する必要がありませんね。 デュアルディスプレイ化する事で、作業性が向上するとよく言われますが、私も当初は必要性があるのか疑問に思う一人でした。 実際にやってみると、非常にわかります。 例えば、デュアルディスプレイ化したタブレットPCは大元の資料などを表示させておきながら、PC側 メイン画面 で新しい資料を作成するなどする作業用にすると、一々タブをクリックするなどして画面を変える必要がなくなります 目の移動だけ ので、また、大元の資料からデータをコピーする時も、タブレットPC側の必要なデータの位置にマウスポインタを合わせてコピーペーストするだけですので、この様な単純作業でも差が感じる事がわかります。 利点と欠点 あくまで、私の私見 をあげておきます。 手元にあるスマホやタブレットPCを使用してデュアルディスプレイ化ができる。 つまり、新しくディスプレイを買う必要がない。 何より無料でできる。 GUIが英語ですので多少煩雑 ? な面がありますが、当サイトの説明で十分接続可能。 スマホやタブレットPCの画面サイズが小さいので、この点が一番のネックになると思います。 設置場所などで、ある程度は対応できますが… 2. 若干のタイムラグを感じる事があります。 完璧を求めるユーザには不向きと思います。 【追記】2020年04月10日 17時19分 現在、私も漏れずテレコミューティングで仕事をしていますが、資料をタブレットPCに表示させながら、メイン画面をチャットなどに資料して作業しています。 1画面の場合、一々画面下のタスクバーにマウスポインタを移動させたり、タブを切り替えたりするのでかなり面倒でしたが、このアプリを導入することによって、格段に作業性が向上しました。

次の

Windows 10 複数ディスプレイの設定方法と使い方

マルチ ディスプレイ 使い方

こんにちは、です。 デュアルモニタ(デュアルディスプレイ)、使ってますか? デュアルと言わず、3つや4つつなげて、トリプルディスプレイやクアッドディスプレイにしてる人もいるかもしれませんね。 なんか、ディスプレイがいっぱい机の上においてあると、カッコイイよね。 わかる。 わかる。 でもそれ、 本来は効率を上げるために設置しているはずなのに、むしろ悪化する材料になってませんか? そんな使い方してませんか? 今回はそんな話をします。 デュアルディスプレイは、なぜ有用なのか なぜ人は、ディスプレイを2つも3つも繋げるのでしょうか。 カッコいいから? それもあるかもしれませんが、違いますよね。 作業領域を広くして、いろんなソフトを同時に見たり、大きな画面で作業するため、ですよね。 「デスクトップ」のその名の通り、大きな机を使うようなものです。 例えば、ブラウザで調べものをしながらブログを書いたり。 学習サイトをみながら、プログラミングを勉強したり。 プログラマーの方なら、リファレンスや仕様書、実装するデザインをみながらコーディング、なんてこともあるでしょう。 ノートPCなんかだと特に顕著ですが、小さい画面で複数の画面を開いて作業するのはストレスですよね。 それぞれの画面が小さくなったり、表示する情報量が少なかったりして、いちいち操作しないと見られない。 これを一挙解決できるのが、デュアルディスプレイです。 素晴らしいですね。 つまるところ、 何かを見ながら書いたり編集したりするのにめちゃくちゃ有用なわけですが、そこのあなた。 それをいいことに、 余計なもの、見てないですか? 隙間があると、埋めたくなる 人間、隙間があるとそこに何かを埋めたくなるものです。 部屋にすき間があったら、たなを置く。 図鑑が埋まっていなかったら、ポケモンを捕まえる。 デスクトップの画像が見えていたら、YoutubeやTwitter、Facebook、Google Analyticsおとりあえずおいておく … … … それやっちゃダメ! 作業効率上げるためにおいてるのに、集中を削ぐものをおいちゃダメですよ。 意味ないどころか、かえって効率悪いです。 冷静に考えてみればわかりますよね。 余計なもの置いちゃうくらいなら、デュアルディスプレイ、やめたほうが良いですよ。 だらだら作業したいなら別ですが、ガッと仕事やって、ガッと動画とか楽しんだほうが、きっともっと楽しいですよ。 でも、デュアルディスプレイ…という人に デュアルディスプレイをディスったみたいになってますが、 かくゆう私もデュアルディスプレイ使いです。 ただ、ちょっと使い方に工夫してます。 以下のような感じ。 基本的に、サブディスプレイは電源オフ。 できるだけ、メインのディスプレイだけで作業を行う。 どうしても必要なときだけ、電源オンに。 シンプルですね。 要するに、必要なときだけつける、ってことです。 もっと言えば、メインディスプレイだけでできるだけ作業を済ませるために工夫していることが主に2つあります。 仮想デスクトップを使う• ショートカットでウィンドウの大きさを即変更できるソフト(マグネットなど)を使う 仮想デスクトップというのは、デスクトップ(ソフト画面の置き場所)を複数用意して、それを切り替えられる機能です。 現在は、WindowsでもMacでも標準で利用することができます。 長くなってしまうので詳しい説明は割愛しますが、これを使うと複数のウィンドウを見るのがめちゃくちゃ楽になります。 Windowsは Macならなんかが参考になるんじゃないでしょうかね。 ちなみにわたしの場合は、5つの仮想デスクトップを用意していて、• カレンダー• メインの作業場所(ブラウザやXcodeなど)• ターミナル、Trello、などたまに見たいやつ• 音楽プレイヤー(iTunes、Spotify)• Windows(Parallels) 色々と試行錯誤した結果、こんな感じになっています。 ちなみに、純正のApple純正のメモアプリや、Finder(Windowsでいうエクスプローラー)はどのウィンドウでも同じものが表示されるようにしています。 基本は2のメインデスクトップで作業をして、「ちょっとあれ見たいな」と思ったときに、別の画面に切り替えるイメージですね。 もう1つの工夫である、「Magnet(マグネット)」というソフトをご紹介しましょう。 これは何ができるのかというと、 ウィンドウの大きさをショートカットですぐに変えられるソフトです。 例えば、画面半分右側、とか。 左側、とか、3分の1や全画面、右上に4分の1で表示、なんてことが一瞬できるんですね。 有料ソフトですが、めっちゃ便利ですよ。 おすすめです。 わたしは几帳面(神経質ともいう)なので、ウィンドウをきっちり合わせたい人なので、なおのこと重宝してます。 前は別のソフト(BetterTouchTool)などを利用していたのですが、これがシンプルで良いです。 まとめ 惰性でデュアルディスプレイを使っている人、いますぐやめましょう。 そんな話でした。 道具にとらわれて、本質的なものを見失ってしまうというのは良くある話なので、注意していきましょう。 カッコいいけどね、マルチディスプレイ。 ディスプレイといえば、最近はウルトラワイドディスプレイなるものが少しずつ浸透してきていますね。 新しい環境整えるなら、これ一台で済ませる、というのもオススメですよ。

次の

デュアルディスプレイは超おすすめ。使うだけで作業効率が約1.5倍に!

マルチ ディスプレイ 使い方

Contents• デュアルディスプレイ(マルチディスプレイ)はこんな人にお勧め こんな人は、 作業効率アップのため、 2画面をお勧めします。 絶対効率的です。 ネット検索をしているうちに、いつも気が付いたらいくつも画面を開いている• 興味が湧いた事を、次々と、手早く調べたい。 メールを書きつつ、ネット検索も同時に行っている。 ブログを書きながら、ネットでネタを収集している。 画像を編集しながら、ネットで編集方法を調べている。 狭い画面の中に、いくつものwindowを分割して表示している。 画面が手狭でいつもイライラしている。 いつも、 1つの狭い画面の中で 複数のウインドウをやりくりしていませんか? そんな煩わしさも、 2画面あれば作業は快適ですよ! 作業スペースが2倍になると考えてください。 狭い机で作業していたのが 倍の広さの机になる と考えればいいと思います。 余っているモニターとケーブルを探してきて、 繋ぐだけです。 (設定は超簡単) 私は この2画面の快適さ、 素晴らしさを、 職場のいろんな人に伝えてきました。 でも 周囲の反応は興味本位の域を超えず、 試してくれる人はいませんでした。 こんな反応ばかりです。 多少、 目立ってしまっても、 仕事を効率的に処理し、 残業せずに さっさと帰ろうよ!!! と思うんだけど。。。 残業減らせ、 効率的に処理しろ と言うばかり、 言われるばかりで、 このような 便利な機能を駆使し、 少しでも 時間短縮を試みる事はしない。 どういう理屈なんだろう。 やはり、効率的に仕事して早く帰るよりも、 ちょっと目立つ事を気にするのだろうか? そっちの方が優先されるのだろうか? 私には分からない。 でもやはり、 この2画面の快適さを誰かに伝えたい。 リアルな世界ではうまく伝えきれないので、 ネットに、 ブログに書きました!! 共感してくれる方もいると思います。 2画面いいですよね!!! まだ1画面で、 一生懸命、ウインドウを入れ替えたりしている人は、 ぜひ、 このきっかけに、 デュアルディスプレイを試してください!!! ちょっと熱くなりました。 凄く快適ですよ。 2画面に興味をもってくれたらうれしいです! 私はとうとう 自宅のノートパソコンでも 1画面では満足できなくなりました。 最近Amazonプライムに加入し 送料がかからなくなったこともあり、 モニターとHDMIケーブルを購入して、 自宅でもデュアルモニターを導入しました。 自宅のデュアルディスプレイはこんな環境です。 PCは、 HPのノートパソコン。 Windows10です。 2つ目のモニターは、 acerの SA240YAbmi。 Amazonで購入しました。 購入時、1万円台前半でした。 ケーブルは HDMIケーブルで接続しています。 【Amazon. jp 限定】HORIC ハイスピードHDMIケーブル。 Amazonで購入しました。 800円弱でした。 近所の電気やさんでモニターを買うよりも、 Amazonで買う方が安いのかもしれません。 送料無料の商品もたくさんありますし、自宅まで商品が届きますし。 価格面、手間や時間の面からも、Amazon等のネットショップをお勧めします。 (て、みんな知ってるよね) (余談ですが最近Amazonプライム会員になったこともあり、プライム会員になると見放題の映画やドラマがたくさんあったりと、年会費の額に対して、サービスの内容が凄くたくさんあり、お得感がすごいです。 私は海外のドラマにはまってしまいました。 ウォーキングデッドと ゴシップガールというドラマを、数日間、朝から深夜まで、一気に見尽くしました。 生理現象以外はずっと見続けてしまうほどでした。 一度ハマると止まらなくなります。 見ながら寝落ちすることも度々ありました。 余談でした) デュアルモニター(マルチディスプレイ)の設定方法 すみません。 前置きが長くなりすぎましたが、設定方法を簡単にお知らせしておきます。 Windows10の場合です。 ケーブルはHDMIです。 最近のPCやモニターには、 HDMIの端子はあると思います。 余っているモニターを使う場合は、 そのモニターの端子を確認してください。 DVIケーブルなど端子にあったケーブルを準備してください。 【設定手順】• パソコンと液晶モニターをHDMIケーブルで接続する。 ノートPCのデックトップで右クリックし、「ディスプレイ」設定• 既に自動で2つのモニターが検出されているはず• 「複数のディスプレイ」のプルダウンから、「表示画面を複製する」、「表示画面を拡張する」、「1のみに表示する」、「2のみに表示する」のどれかを選ぶ。 「表示画面を複製する」は、同じ画面が表示されます。 「表示画面を拡張する」は、画面が広がるイメージです。 私は拡張して使っています。 作業スペースが倍になります! 基本的な設定は以上ですが、 あとは解像度の設定など、 必要に応じて設定すればOK。 余っているモニターなどがあれば、 まずはお試しください。 便利ですよ~.

次の