原爆 遺体 立っ た まま。 原爆の熱線で瞬間的(?)に炭化してー原爆の絵

広島、1945 −写真が伝える原爆被害−/傷

原爆 遺体 立っ た まま

原爆の年のクリスマス 小崎登明さん (1928年生まれ) (新聞掲載は2008年12月) 小崎登明さん 小崎さんが保管する、廃虚の浦上天主堂の写真 クリスマスイブの2008年12月24日、長崎市本河内2丁目の聖母の騎士修道院でミサがささげられた。 「原爆の年もクリスマスは豪華だった」。 修道士小崎登明さん(80)は手を合わせて祈り、振り返った。 戦勝国のポーランド人が作った修道院には、占領軍から物資が特別に与えられていたからだ。 原爆で唯一の家族だった母を奪われた。 母は敬虔な信者だった。 一緒に訪れた修道院を頼り、神学生になった。 クリスマスパーティーはポーランド式だった。 パンを修道者同士で分け合い、ラテン語で聖歌を歌った。 「今年は原爆が投下され、哀れな人がたくさんいる。 サンタクロースは忙しくて、ここには来られない」と、代わりに修道士から贈り物を渡された。 学生服だった。 ふと、「なぜ自分は、こんなところで明るく楽しくやっているのか」と不思議に思った。 翌日、神学生仲間は実家に帰った。 だが、小崎さんに帰るところはなかった。 小崎さんは、隠れキリシタンの子孫だ。 両親が出稼ぎをしていた朝鮮半島北東部の羅津で生まれ育った。 一人っ子で、3歳まで乳離れしなかったという。 10歳の時、父が急死。 母一人子一人で暮らした。 羅津では、街で唯一のカトリック信者だった。 肩身が狭かった。 中学校の入試面接では「天皇の軍隊とキリストの軍隊が戦争したら、どちらに入るか」と聞かれた。 「キリストの軍隊」と答えたが、悔しくて涙が出た。 15歳の時、カリエスを患った。 朝鮮の大きな病院でも手に負えず、母の実家の浦上に引っ越し、長崎医科大学付属病院(現・長崎大学病院)にかかった。 病院の近くには、東洋一と言われた赤れんが造りの浦上天主堂がそびえていた。 「信者たちの懐に入ったみたい。 もう引け目は感じなかった」 3年ほどの入院中、母は住み込みで看病してくれた。 母は朝夕の祈りを欠かさず、天主堂に通っていた。 退院後、小崎さんも毎朝ミサに通った。 長崎市赤迫のトンネル内にある工場で働いた。 45年8月9日の朝も同市岡町(爆心地から500メートル)の自宅を出た。 「母ちゃん、行くよ」と声をかけた。 いつもは「行っといで」と送り出してくれる母が、その日は返事をしなかった。 だが、気にせずに玄関を出た。 げたをならして振り返ると、台所の窓から、食器を洗う母がにっこりと笑った。 まさか、あの笑顔が最後になるとは思わなかった。 ロザリオを手に祈りながら、工場に向かった。 小崎さんが記した当時の日記には、原爆が炸裂した瞬間が次のように書かれている。 《午前11時頃、我、トンネル工場(三菱兵器、道ノ尾第六工場)にて、魚雷生産中、突然、トンネル内、電球きえ、真暗となる》 ドーンという爆音がしたと同時に、爆風が吹き込んできた。 あまりの音の大きさに、しばらく耳が聞こえなかった。 トンネル工場内では、誰も原爆とはわからず、「エアが破裂したらしい」「入り口でダイナマイトが爆発したらしい」と、うわさが流れ始めた。 明かりが消えて作業はできない。 若い工員たちは「さぼれる」と喜んだ。 すると、女子学生が泣きながら外から入ってきた。 弁当を配る係の子だった。 髪の毛はちりちりで大やけどをしていた。 「太陽のような光が走った。 気がついたらこうなっていた」 奥行き300メートルのトンネル内は、たちまち血まみれのけが人でいっぱいになった。 あまりの多さに恐ろしくなり、機械の陰に隠れた。 トンネルを警備していた海軍警戒隊に見つかり、銃剣を突きつけられ、負傷者の収容を命じられた。 しぶしぶ工場から外に出ると、家々が燃えていた。 「なぜ、みんな火を消さないんだ」。 昨日までは、すぐに火を消せと何度も防火訓練をしたのに。 朝まであった何もかもが跡形もなかった。 目の前には、タクシーが横転し、運転手が畑に転がっていた。 小高い丘に登ると一面が火の海だった。 工場から1・8キロ離れた岡町の自宅にいるはずの母が心配になった。 焼け野原を歩いて自宅へ向かった。 両目が飛び出し、舌をべろんと出して立ったまま黒焦げになった人。 苦しんで動けない人……。 散乱した遺体の中を、悠々と歩く自分がいた。 「自分だけなぜけがをしていないのか、無傷なのか理解できないんだよ。 不思議なもんでね、エリートになったような感じがした」 5時間ほどかけて、実家が見えるところまで来た。 だが、何も残っていなかった。 原爆が落とされる前、工場の機械を使って金属片から指輪を作った。 母へのプレゼントだった。 母はいつもそれをしていた。 焼き尽くされた実家からは、指輪はおろか、母の亡きがらさえ見つからなかった。 小崎さんはトンネル工場に戻り、8月9日の夜を明かした。 うつらうつらしていると、夢か幻か母の姿が見えた。 「母ちゃん、どこにいるの」。 声をかけると、ほほえみを残して消えた。 幼いころ、母がよく話してくれたおとぎ話を思い出した。 大雨で母ガエルの墓が流されそうになり、泣く子ガエルの話だった。 「だから、雨が降るとカエルが泣くのよ」と、母は語った。 「カエルの母ちゃんは体を残したのに……。 母ちゃんの遺体はどこにあるの」と泣いた。 翌朝もう一度、家に戻ったが、やはり何もなかった。 その夜から、小崎さんは城山の山中に野宿した。 川の向こうには浦上天主堂が見えた。 崩れて表と脇しか残っていなかった。 祭壇の辺りが赤く燃えていた。 当時は軍が倉庫として使っており、備蓄した米や缶詰などを保管していた。 それが燃えていたのだった。 神父と数十人の信者が亡くなったと聞いたが、遺体も何も見つけられなかった。 原爆投下の翌日から17日間の野宿生活を、小崎さんは、近所の人と一緒に暮らした。 隣家の3姉妹もいた。 庭の花を摘んでは「お兄ちゃん」と持ってきてくれた。 3人は無傷だったが、日を追うごとに元気がなくなった。 卵や野菜をもらってきて食べさせようとしたが、全身に紫色の斑点が出て、相次いで死んだ。 タンスの引き出しを棺おけ代わりに、三段重ねにして焼いた。 頭や手足は骨になったが、内臓が焼け残った。 「ごめんな」と言いながら、竹の棒でおなかを開いた。 もう涙も出なかった。 9月になって、外海町(現・長崎市外海地区)の父の実家を訪ねた。 そのころから、けだるさに襲われ、手に吹き出物ができた。 下痢にもなった。 体がだるくて昼寝ばかりしていた。 友人に手紙を出したが、原爆で亡くなっていた。 もはや、何をどうすべきかわからなくなった。 ふと、母に連れられて行った修道院を思い出した。

次の

焼き場に立つ少年-長崎原爆投下後に撮影された一枚の写真

原爆 遺体 立っ た まま

原爆の年のクリスマス 小崎登明さん (1928年生まれ) (新聞掲載は2008年12月) 小崎登明さん 小崎さんが保管する、廃虚の浦上天主堂の写真 クリスマスイブの2008年12月24日、長崎市本河内2丁目の聖母の騎士修道院でミサがささげられた。 「原爆の年もクリスマスは豪華だった」。 修道士小崎登明さん(80)は手を合わせて祈り、振り返った。 戦勝国のポーランド人が作った修道院には、占領軍から物資が特別に与えられていたからだ。 原爆で唯一の家族だった母を奪われた。 母は敬虔な信者だった。 一緒に訪れた修道院を頼り、神学生になった。 クリスマスパーティーはポーランド式だった。 パンを修道者同士で分け合い、ラテン語で聖歌を歌った。 「今年は原爆が投下され、哀れな人がたくさんいる。 サンタクロースは忙しくて、ここには来られない」と、代わりに修道士から贈り物を渡された。 学生服だった。 ふと、「なぜ自分は、こんなところで明るく楽しくやっているのか」と不思議に思った。 翌日、神学生仲間は実家に帰った。 だが、小崎さんに帰るところはなかった。 小崎さんは、隠れキリシタンの子孫だ。 両親が出稼ぎをしていた朝鮮半島北東部の羅津で生まれ育った。 一人っ子で、3歳まで乳離れしなかったという。 10歳の時、父が急死。 母一人子一人で暮らした。 羅津では、街で唯一のカトリック信者だった。 肩身が狭かった。 中学校の入試面接では「天皇の軍隊とキリストの軍隊が戦争したら、どちらに入るか」と聞かれた。 「キリストの軍隊」と答えたが、悔しくて涙が出た。 15歳の時、カリエスを患った。 朝鮮の大きな病院でも手に負えず、母の実家の浦上に引っ越し、長崎医科大学付属病院(現・長崎大学病院)にかかった。 病院の近くには、東洋一と言われた赤れんが造りの浦上天主堂がそびえていた。 「信者たちの懐に入ったみたい。 もう引け目は感じなかった」 3年ほどの入院中、母は住み込みで看病してくれた。 母は朝夕の祈りを欠かさず、天主堂に通っていた。 退院後、小崎さんも毎朝ミサに通った。 長崎市赤迫のトンネル内にある工場で働いた。 45年8月9日の朝も同市岡町(爆心地から500メートル)の自宅を出た。 「母ちゃん、行くよ」と声をかけた。 いつもは「行っといで」と送り出してくれる母が、その日は返事をしなかった。 だが、気にせずに玄関を出た。 げたをならして振り返ると、台所の窓から、食器を洗う母がにっこりと笑った。 まさか、あの笑顔が最後になるとは思わなかった。 ロザリオを手に祈りながら、工場に向かった。 小崎さんが記した当時の日記には、原爆が炸裂した瞬間が次のように書かれている。 《午前11時頃、我、トンネル工場(三菱兵器、道ノ尾第六工場)にて、魚雷生産中、突然、トンネル内、電球きえ、真暗となる》 ドーンという爆音がしたと同時に、爆風が吹き込んできた。 あまりの音の大きさに、しばらく耳が聞こえなかった。 トンネル工場内では、誰も原爆とはわからず、「エアが破裂したらしい」「入り口でダイナマイトが爆発したらしい」と、うわさが流れ始めた。 明かりが消えて作業はできない。 若い工員たちは「さぼれる」と喜んだ。 すると、女子学生が泣きながら外から入ってきた。 弁当を配る係の子だった。 髪の毛はちりちりで大やけどをしていた。 「太陽のような光が走った。 気がついたらこうなっていた」 奥行き300メートルのトンネル内は、たちまち血まみれのけが人でいっぱいになった。 あまりの多さに恐ろしくなり、機械の陰に隠れた。 トンネルを警備していた海軍警戒隊に見つかり、銃剣を突きつけられ、負傷者の収容を命じられた。 しぶしぶ工場から外に出ると、家々が燃えていた。 「なぜ、みんな火を消さないんだ」。 昨日までは、すぐに火を消せと何度も防火訓練をしたのに。 朝まであった何もかもが跡形もなかった。 目の前には、タクシーが横転し、運転手が畑に転がっていた。 小高い丘に登ると一面が火の海だった。 工場から1・8キロ離れた岡町の自宅にいるはずの母が心配になった。 焼け野原を歩いて自宅へ向かった。 両目が飛び出し、舌をべろんと出して立ったまま黒焦げになった人。 苦しんで動けない人……。 散乱した遺体の中を、悠々と歩く自分がいた。 「自分だけなぜけがをしていないのか、無傷なのか理解できないんだよ。 不思議なもんでね、エリートになったような感じがした」 5時間ほどかけて、実家が見えるところまで来た。 だが、何も残っていなかった。 原爆が落とされる前、工場の機械を使って金属片から指輪を作った。 母へのプレゼントだった。 母はいつもそれをしていた。 焼き尽くされた実家からは、指輪はおろか、母の亡きがらさえ見つからなかった。 小崎さんはトンネル工場に戻り、8月9日の夜を明かした。 うつらうつらしていると、夢か幻か母の姿が見えた。 「母ちゃん、どこにいるの」。 声をかけると、ほほえみを残して消えた。 幼いころ、母がよく話してくれたおとぎ話を思い出した。 大雨で母ガエルの墓が流されそうになり、泣く子ガエルの話だった。 「だから、雨が降るとカエルが泣くのよ」と、母は語った。 「カエルの母ちゃんは体を残したのに……。 母ちゃんの遺体はどこにあるの」と泣いた。 翌朝もう一度、家に戻ったが、やはり何もなかった。 その夜から、小崎さんは城山の山中に野宿した。 川の向こうには浦上天主堂が見えた。 崩れて表と脇しか残っていなかった。 祭壇の辺りが赤く燃えていた。 当時は軍が倉庫として使っており、備蓄した米や缶詰などを保管していた。 それが燃えていたのだった。 神父と数十人の信者が亡くなったと聞いたが、遺体も何も見つけられなかった。 原爆投下の翌日から17日間の野宿生活を、小崎さんは、近所の人と一緒に暮らした。 隣家の3姉妹もいた。 庭の花を摘んでは「お兄ちゃん」と持ってきてくれた。 3人は無傷だったが、日を追うごとに元気がなくなった。 卵や野菜をもらってきて食べさせようとしたが、全身に紫色の斑点が出て、相次いで死んだ。 タンスの引き出しを棺おけ代わりに、三段重ねにして焼いた。 頭や手足は骨になったが、内臓が焼け残った。 「ごめんな」と言いながら、竹の棒でおなかを開いた。 もう涙も出なかった。 9月になって、外海町(現・長崎市外海地区)の父の実家を訪ねた。 そのころから、けだるさに襲われ、手に吹き出物ができた。 下痢にもなった。 体がだるくて昼寝ばかりしていた。 友人に手紙を出したが、原爆で亡くなっていた。 もはや、何をどうすべきかわからなくなった。 ふと、母に連れられて行った修道院を思い出した。

次の

原爆の絵|広島平和記念資料館 平和データベース

原爆 遺体 立っ た まま

エノラゲイの広島への原爆投下工程 8月5日12:37 天候観測機3機離陸 8月6日01:45 エノラ・ゲイ離陸 02:00 爆弾最終装填始まる 02:15 同作業終了 04:55 硫黄島上空到着 05:05 グレートアーチスト、ネセサリーイーブル合流、日本へ 07:00 機内にて乗員朝食 07:09 警戒警報発令 07:15 ストレートフラッシュより広島市上空の天候報告受信、勧告、主目標を爆撃せよ 07:31 同警戒警報解除 08:06 松永監視所 敵大型機2機、西北進中 08:09 同報告、3機に訂正 08:13 エノラ・ゲイ、西条上空通過、中国軍管区司令部「0813ケハ」命令 08:14 エノラ・ゲイ、目標、相生橋を捉える 08:15 原爆投下、離脱 グレートアーチスト計測器3個投下離脱、中国管区司令部警戒警報発令 08:16 リトルボーイ、地上570mで爆弾炸裂。 投下高度9473m 12:00 乗員機内にて昼食 13:58 エノラ・ゲイ、ノースフィールドに帰投 18:00 乗員ノースフィールドにて夕食 めざす工場まで、あと100メートルというところまでたどりついたところ、 立ちあがった先頭の兄が「ぐっ!」、異様なうめき声をあげて顔をそむけた。 肩越しにのぞくと、10歳前後の男の子が口一杯に白い束をくわえて死んでいる。 それが死んだ体から、一斉にとび出した無数のうじ虫である、と気づくまでには、しばらく時間がかかった。 あとは吐き気をこらえながら、夢中で死体を乗り越えて父の工場にたどりついたのである。 見慣れた父の工場も焼け落ち、赤茶けて、へし曲がったスクラップの山に変わりはてていた。 でも、破れた煉瓦塀越しに、数人の生きた人影を見つけて私たちは、 やっと生きた心地をとりもどしたのだった。 「あのう、山脇ですけど、父はどこでしょうか」、兄がはずんだ声をかけると、 ふり返った人々の中から一人があゆみ寄ってきた。 「やあ、ぼっちゃんたちですね」と答えた声も、期待通り明かるかった。 「お父さんは、あちらですよ。 笑っておられますよ」煉瓦や鉄くずを踏み越えて、私たちは指された方へ走った。 しかし、私たちの前に現われたのは、笑ったような表情で死んでいる父の姿であった。 その夜、父の遺体は、生き残った人びとの手で荼毘に付された。 火葬場も破壊されて、そうするよりほかに方法はない、とのことだった。 角材を並べた上に寝せられ、その上に焼け残りの 板ぎれがうずたかく積みあげられたのだが、二本の足は不気味に突き出ていた。 薄暗がりの中で火が放たれ、高々と炎がのぼっても、 二本の素足は炎に突き立ったように、くずれようとしなかった。 私たちは、あふれそうになる涙を押さえながら、父の足首をなめていく炎を見つめていた。 遺骨を引きとりに行ったのは翌朝である。 父の身体が目の前で焼かれるのを見た私たちは、 道ばたのどんな死体にも恐怖や気味悪さを感じなくなっていた。 それらは、通行のじゃまになる障害物でしかなかった。 義兄が軍隊にいたため、翌日には軍医と衛生兵が自宅に来て、母の治療をして下さいました。 それしか救う方法がなかったのです。 小麦粉がよいと言われると、今度は小麦粉を塗りました。 負傷者は全員講堂に収容し、無傷の者は 机を片付けた教室の一つで寝起きしておりました。 講堂の10ヶ所くらいに水と布を入れたバケツが置いてあり、 その水と布で負傷者の手当てをしたのです。 手当てとは名ばかりで、髪も顔も焼けただれ、 かすかに息をしている負傷者の、こげくさい耳や鼻にわいた蛆虫を、 バケツの布を絞っては、そっと拭いてやるだけのことでした。 火傷を負った者が、とにかく水を欲しがるのは異常でした。 「火傷を負った者が、いくら水を求めても水を与えてはいけない。 水を飲んだらそれで気がゆるんで死ぬからだ」 という話がひろまり、事実、元気な者がそれを信じ実行していたのです。

次の