ホアキン フェニックス 減量。 ジョーカー俳優ホアキン・フェニックス、壮絶減量の影響

ホアキンフェニックスが24キロ減量したダイエット方法が超過激!(画像)

ホアキン フェニックス 減量

2019年に公開された大ヒット作映画『ジョーカー』。 貧しくも野心的なピエロのアーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)が、悪役ジョーカーへと変貌していくこの物語は、アワードシーズンで快進撃を続けました。 この作品が愛される大きな理由のひとつは、主役を演じたホアキン・フェニックスの存在自体と言って過言ではないでしょう。 ここでの素晴らしい演技でアワードシーズンを席巻したフェニックスは、アカデミー賞前哨戦のひとつであるゴールデングローブ賞(映画部門)の主演男優賞をはじめとする多くの賞を受賞。 さらに、アカデミー賞での主演男優賞を受賞しました。 最近では、どんな一流のサイコスリラー映画でも個性あふれるメソッド演技(役柄の内面に注目し、感情を追体験する演技)のアプローチなしでは、主演男優賞を受賞することはできません。 フェニックスも同様です。 ジャレッド・レトがジョーカーの役づくりで行ったようなクレイジーなメソッド演技法に匹敵するようなエピソードこそありませんが、この絶賛された役のために肉体的そして精神的な変貌を遂げていました。 フェニックスは「ジョーカー役のために約24kg体重を落とした」と語り、このプロセスによってこの役どころに生気(せいき)が宿らせることを示唆していました。 ベネチア国際映画祭で『ジョーカー』が公開されたとき、フェニックスは「ハリウッド・レポーター」誌の取材に対し「最初は体重を落とすことから始めました。 本格的に体重を落とし始めると、心理的にも影響があることがわかりました。 一定期間で一気に体重を落とすと、精神面に変化が起こることが確認できましたよ」と語っています。 それからおよそ1カ月後、フェニックスは「深夜トーク番組めぐり(プロモーション活動の中でも彼のお気に入りの1つです)」の一環で、『ジミー・キンメル・ライブ!』に出演。 その際、短期間で大幅に体重を落とすことについて、 「最初は本当に消耗しました。 階段を上がるだけでも30秒くらいかかるんです。 『できる! 絶対にできるはずだ!』と、自分に言い聞かせなければなりませんでした…」と、フェニックスは語っています。 その後、目標体重に達したフェニックスは「活力や高揚感を感じ始めた」と語っています。 そうしてさらにジョーカー役に生気を与えるため、自らあえて空腹で演技に臨むことでそのときの心理状態を演技につなげたり、新たな体の動かし方も利用したわけです。 とは言えフェニックスは、「ニューヨーク・タイムズ」紙の取材に「こんな生き方はとんでもない」とも語っています。

次の

ホアキンフェニックスが23kg減量して老けた?若い頃と比較!

ホアキン フェニックス 減量

ホアキンフェニックスがジョーカー役をするために減量する必要性はがあったのか? 都会の片隅でコメディアンを夢見て生きる孤独な男主人公、アーサー・フレック(ジョーカー)。 年老いた母親の面倒を見ながら、ピエロメイクの大道芸人で命を繋いていた彼は、驚くほどやせっぽっち!街のヤンキーたちにもいとも簡単に袋叩きにされてしまうほどの貧弱さ! この役をホアキンフェニックスがやるには、どうしたって痩せなきゃできません。 ホアキンフェニックスにとっても今回の 「ジョーカー」は大きな挑戦とも言っていましたから、深く掘り下げる必要があったはずです。 でなきゃ24キロのダイエットなんて無理でしょうからね。 冷蔵庫の中身をすべて引きずり出して、中へと入っちゃうシーンなんかもご自身のアドリブで、もう感情移入といいますか魂が込められているようです。 ご本人いわく 目の前に知らない世界が広がるのは、俳優冥利に尽きるね。 映画を見る魅力もそこにあると思うから。 そう考えれば、ジョーカーほど最高なキャラクターはいないよ。 何て言えばいいんだろう? もう「驚きと興奮」という言葉に尽きるね。 だそうです。 こちらが大減量、ダイエット前とダイエット後の画像です。 凄まじい俳優魂が伝わってきます。 ホアキンフェニックスはヴィーガン?24キロ減量した過酷なダイエット法とは ホアキンフェニックスがジョーカー役を演じるために行ったダイエット法とは、何と! 1日にリンゴ1個ダイエットです!って良く生命を維持できたものです… スタッフはムチャな方法で痩せるのには反対で医師の管理下で段階的に痩せて欲しかったらしいのですが、ホアキンフェニックスはそれを受け入れず 1日にリンゴ1個というダイエットに挑戦したんだそうなのです。 って正気ですか?と。 それでもドレッシング抜きのサラダを食べることもあったらしいですけど、基本的にリンゴだけだったのそうです。 これはもう自己責任ということで片付けるしかなかったみたいですね。 まぁクランクインから日数を逆算しても、こうするしかなかったのかも知れません… スクリーンの中では、 あばら骨が浮き出てましたからね、良くここまでホアキンが役作りのために減量・ダイエットを行ったものだと感心します。 当然、医師の管理の元で行ったそうですが、24キロって人相が全く変わってしまいますからね。 普段のホアキンと全然違いますよ。 でも減量してもやっぱりイケメンです。 何度か同じ医師の管理下でダイエットと行っているそうですが、まさか大減量のダイエットが趣味とか…ちなみに撮影後は体重を戻したそうですよ。 撮影時にはいろいろなダイエットにまつわる逸話があるらしいのですが、無理な減量ダイエットのおかげで筋肉がまったくない状態だったので、体を張る演技をするときは不安で仕方がなかったそうです。 裏道でなにかを蹴るシーンでは足を痛めて、地面に倒れこんでしまった一幕も。 なんと!そのシーンは映画にそのまま残ってましたね。 撮り直しをしなかったのはホアキンフェニックスケガをしたからワンテイクしか撮れなかったそうです。 ホアキン・フェニックスさんんはビーガンでも知られておりまして詳しくはこちらもどうぞ。 おわり。 thank you for reading.

次の

ホアキン・フェニックス、『ジョーカー』役作りで24キロの大幅減量

ホアキン フェニックス 減量

ホアキン・フェニックスとトッド・フィリップス監督が、について「Los Angeles Times」紙に語った。 2人は、とにかくジョーカー誕生の物語にリアリティーをもたせたかったという。 悪のカリスマ・ジョーカーのキャラ設定について「現実の世界で、酸が入った大だるに落っこちたら真っ白けになって、スマイルを浮かべて、髪が緑色になるなんて信じられないよね」「それじゃあ、彼がもしピエロだったらどうだろうと考えたんだ」とフィリップス監督。 スコット・シルヴァーとともに脚本も手掛けた監督は、「ルールを破ってばかりの脚本だから、書くのが楽しくて仕方なかった」とふり返っている。 「ぼくなりのアプローチで役作りをした。 誠実かつユニークと感じられることをただやってみただけだよ」とホアキンは語る。 その役作りには、約24キロ(52ポンド)の大幅減量も含まれており、最新の予告編では、減量後のあばら骨が浮き出たジョーカーの姿が見られる。 真摯に役作りに取り組んだホアキンだが、「それでも、まだ彼のわからない部分がある。 まあよしとしよう。 答えを見つける必要のない疑問というのも、楽しいじゃないか」と、ミステリアスなジョーカーについて分析した。 《Hiromi Kaku》.

次の