国民年金 満額 推移。 国民年金は満額の金額でいくらもらえる!?平成27年度までの月額受給額の推移が悲惨すぎる!? | ネットビジネスで自由に稼ぐ東大生山下雅宏のサブブログ

国民年金保険料の変遷|日本年金機構

国民年金 満額 推移

進む少子高齢化の中で、はたして将来年金がもらえるのか、もらえても自分たちのときには受給額がどのくらいになっているのか、と不安に思う若い世代は多いと思います。 今回は、年金受給額の現状や受給額の推移、将来もらえる年金の計算方法などを紹介します。 また、将来に備えて考えておきたい準備も併せて紹介しますので最後までどうぞお付き合いください。 今の年金受給額はどのくらい? 年金の受給額は、現役世代のときの年金加入状況によって異なります。 自営業が加入する「国民年金」のみの人と、サラリーマンや公務員が加入する「厚生年金」と「国民年金」両方に加入している人では年金の受給額にかなり差があります。 また、厚生年金に加入している人でも納付期間や現役世代のときの平均給与によって年金額は変わります。 1-1. 国民年金(老齢基礎年金)/厚生年金(老齢厚生年金)の受給額は? 国民年金 老齢基礎年金 の2019年の満額は、毎月6万4941円(年間77万9300円)です。 これは20歳から60歳まで40年間で1カ月も欠かさず国民年金保険料を納めた場合の年金額です。 今は20歳になったら学生でも国民年金の保険料を納付する義務がありますが、平成3年3月まで はなかったので、40年間国民年金の保険料を納付して満額受け取っている人はさほどいません。 国民年金の平均受給額は、約5. 5万円となっており、満額支給との差が1万円ほどあります。 一方、厚生年金の平均受給額は、約14. 7万円となっています。 もちろん現役時代の平均給与によって異なりますが、計算上は国民年金だけの人の約3倍もらえる計算です。 1-2. 世帯構成別の年金受給額平均 では次に世帯構成別で年金受給額の平均を見ていきます。 これは平均的な夫婦世代の受給額で、前提条件は夫が会社員、妻は無職で第3号被保険者ということになっています。 この家計調査報告によると、老後.

次の

平成30年度|国民年金(老齢基礎年金)の満額支給は年額77万9300円

国民年金 満額 推移

国民年金の満額支給額は年額77万円9300円(平成30年度最新) 平成30年度の国民年金(老齢基礎年金)の満額支給額は、77万円9300円になります。 これは平成29年度と変わらない金額になり据え置きとなっています。 月額にすると64,941円となります。 この満額支給を受けるためには20歳から60歳まで国民年金の保険料を毎月滞納や遅延なく納付し続けることが条件になります。 平成29年4月から平成30年3月までの国民年金(老齢基礎年金)の保険料は月額16,490円となっております。 単純計算で20歳から60歳までの40年間を16,490円納めた場合は、800万円程度の保険料を収めるだけで毎月6. 5万円程度の年金収入が得られるとお得な制度に見えてしまいますが、実態はそこまで甘くありません。 国民年金の満額支給額は毎年変わる 実際は、納付する保険料や国民年金(老齢基礎年金)の支給額は毎年変わるため、上記のような単純計算で損得を判断することは難しいのです。 年金支給額の変動は、これまで物価に連動していましたので賃金の増減(現役世代の所得は下がり続けている)では年金支給額に影響はなく 、安定的に支給されていた背景があります。 しかしながら、年金制度改革関連法(通称:年金カット法案)か施行されることにより、賃金の増減も年金支給額に影響を及ぼすこととなりましたので、これから現役世代の所得がさらに低下すると年金支給額も減ってしまうという事態になってしまうでしょう。 詳しくは、を参照。 平成28年度の国民年金の満額支給額は年額78万円100円 実際、平成28年度の国民年金(老齢基礎年金)の満額支給額は78万100円でしたので、0. 月額にすると平成30年度が64,941円に対し平成28年度で60,508円ですので67円減額されたことになります。 それでは、これまで国民年金の満額支給額がどのような推移だったのか過去の動きを確認してみましょう。 国民年金の満額支給額の推移 参照: 国民年金を満額受け取るための条件 国民年金(老齢基礎年金)は厚生年金(老齢厚生年金)に比べると受け取れる金額が少ないものの、老後の貴重な収入源ですのでできる限る満額を受給したいものです。 国民年金(老齢基礎年金)を満額受給するためには20歳から60歳までの間に滞りなく保険料を納めることが条件となります。 一方で、厚生年金は20歳未満からでも加入できることから一部勘違いが生まれてしまうケースを解説します。 20歳未満から40年間厚生年金に加入しても国民年金は満額受給できない 国民年金(老齢基礎年金)の満額支給は20歳から60歳の間に遅延なく保険料を納めること。 と先ほどお伝えしましたが、厚生年金は20歳未満からでも加入することができます。 例えば高校を卒業し18歳から厚生年金に加入した場合に、40年間しっかりと保険料を納めると58歳になります。 この時に、国民年金(老齢基礎年金)の加入期間は20歳から58歳までとなり2年分納めていないということになります。 そのため、 残り2年分も国民年金の保険料を納めなければ満額受給することができないという点に注意しましょう。 国民年金の加入期間が満額に満たない場合「任意加入」ができる 任意加入とは60歳以上も国民年金(老齢基礎年金)の保険料を支払うことで、過去に未納の期間があっても不足する分を追加で支払うことができる制度です。 注意点としては、あくまで満額まで任意で加入することができる。 という点ですので、年額77万9300円より多く支給されるという訳ではありません。 また、任意加入には加入できる期間が決まっていますので、その点も含めて加入有無を判断するようにしましょう。 厚生年金の支給額を決める基準• 加入期間:中学卒業の15歳から最大70歳までを上限 基本的には標準報酬と加入期間によって支給額が決まる厚生年金(老齢厚生年金)ですが、毎月の給与の最大は62万円、1回あたりの賞与は150万円。 そして15歳から70歳までの間、上記の金額をもらい続ける。 という通常の会社員では到底実現されない保険料を納めることで厚生年金の上限を算出することは可能です。 仮に上記の金額で保険料を納め続けた場合、65歳から受け取れる満額の厚生年金は年額300万円となると想定されます。 これは現実的な数字ではありませんので予備知識程度に理解していただければと思います。 国民年金の満額支給額のまとめ 国民年金(老齢基礎年金)の満額支給額について解説をおこないました。 平成30年度では77万9300円と前年よりも0.

次の

年金の受給額~わたしはいくらもらえる?年代・年収・職業別に解説~

国民年金 満額 推移

国民年金の満額支給額は年額77万円9300円(平成30年度最新) 平成30年度の国民年金(老齢基礎年金)の満額支給額は、77万円9300円になります。 これは平成29年度と変わらない金額になり据え置きとなっています。 月額にすると64,941円となります。 この満額支給を受けるためには20歳から60歳まで国民年金の保険料を毎月滞納や遅延なく納付し続けることが条件になります。 平成29年4月から平成30年3月までの国民年金(老齢基礎年金)の保険料は月額16,490円となっております。 単純計算で20歳から60歳までの40年間を16,490円納めた場合は、800万円程度の保険料を収めるだけで毎月6. 5万円程度の年金収入が得られるとお得な制度に見えてしまいますが、実態はそこまで甘くありません。 国民年金の満額支給額は毎年変わる 実際は、納付する保険料や国民年金(老齢基礎年金)の支給額は毎年変わるため、上記のような単純計算で損得を判断することは難しいのです。 年金支給額の変動は、これまで物価に連動していましたので賃金の増減(現役世代の所得は下がり続けている)では年金支給額に影響はなく 、安定的に支給されていた背景があります。 しかしながら、年金制度改革関連法(通称:年金カット法案)か施行されることにより、賃金の増減も年金支給額に影響を及ぼすこととなりましたので、これから現役世代の所得がさらに低下すると年金支給額も減ってしまうという事態になってしまうでしょう。 詳しくは、を参照。 平成28年度の国民年金の満額支給額は年額78万円100円 実際、平成28年度の国民年金(老齢基礎年金)の満額支給額は78万100円でしたので、0. 月額にすると平成30年度が64,941円に対し平成28年度で60,508円ですので67円減額されたことになります。 それでは、これまで国民年金の満額支給額がどのような推移だったのか過去の動きを確認してみましょう。 国民年金の満額支給額の推移 参照: 国民年金を満額受け取るための条件 国民年金(老齢基礎年金)は厚生年金(老齢厚生年金)に比べると受け取れる金額が少ないものの、老後の貴重な収入源ですのでできる限る満額を受給したいものです。 国民年金(老齢基礎年金)を満額受給するためには20歳から60歳までの間に滞りなく保険料を納めることが条件となります。 一方で、厚生年金は20歳未満からでも加入できることから一部勘違いが生まれてしまうケースを解説します。 20歳未満から40年間厚生年金に加入しても国民年金は満額受給できない 国民年金(老齢基礎年金)の満額支給は20歳から60歳の間に遅延なく保険料を納めること。 と先ほどお伝えしましたが、厚生年金は20歳未満からでも加入することができます。 例えば高校を卒業し18歳から厚生年金に加入した場合に、40年間しっかりと保険料を納めると58歳になります。 この時に、国民年金(老齢基礎年金)の加入期間は20歳から58歳までとなり2年分納めていないということになります。 そのため、 残り2年分も国民年金の保険料を納めなければ満額受給することができないという点に注意しましょう。 国民年金の加入期間が満額に満たない場合「任意加入」ができる 任意加入とは60歳以上も国民年金(老齢基礎年金)の保険料を支払うことで、過去に未納の期間があっても不足する分を追加で支払うことができる制度です。 注意点としては、あくまで満額まで任意で加入することができる。 という点ですので、年額77万9300円より多く支給されるという訳ではありません。 また、任意加入には加入できる期間が決まっていますので、その点も含めて加入有無を判断するようにしましょう。 厚生年金の支給額を決める基準• 加入期間:中学卒業の15歳から最大70歳までを上限 基本的には標準報酬と加入期間によって支給額が決まる厚生年金(老齢厚生年金)ですが、毎月の給与の最大は62万円、1回あたりの賞与は150万円。 そして15歳から70歳までの間、上記の金額をもらい続ける。 という通常の会社員では到底実現されない保険料を納めることで厚生年金の上限を算出することは可能です。 仮に上記の金額で保険料を納め続けた場合、65歳から受け取れる満額の厚生年金は年額300万円となると想定されます。 これは現実的な数字ではありませんので予備知識程度に理解していただければと思います。 国民年金の満額支給額のまとめ 国民年金(老齢基礎年金)の満額支給額について解説をおこないました。 平成30年度では77万9300円と前年よりも0.

次の