リベンジ ウェスカー デッキ コード。 【てっぺんアプリ】スマホゲーム最高峰?ダウンロードと最初にやるべきことをまとめてみた

【TEPPEN】最強デッキランキング【テッペン】

リベンジ ウェスカー デッキ コード

止まらない攻めを見せろ! デッキ QRコード 使い方・解説 レシピ ヒーロー ヒーローアーツ アルバート・ウェスカー ウロボロス デッキコードをコピー コピー 身勝手な捕食• 枚数:1• カード効果:味方黒ユニット1体を破壊し、味方ヒーローのライフ+7• カードNo. 枚数:3• カード効果:デッキ内の最もMPの高いユニット1体を墓地に送る• カードNo. 枚数:2• カードNo. 枚数:3• カードNo. 枚数:3• カード効果:<空戦> <プレイ時>3ライフ犠牲• カードNo. 枚数:2• カード効果:2ライフ犠牲 デッキ内のMP4以下のユニット1体を場に出す• カードNo. 枚数:3• カード効果:<プレイ時>3ライフ犠牲• カードNo. 枚数:2• カード効果:<攻撃時>自身に1ダメージ• カードNo. 枚数:3• カードNo. 枚数:2• カード効果:<死亡時>攻撃力1以下の全てのユニットを破壊 <リベンジ>HP+8• カードNo. 枚数:1• カード効果:全ての自分の枠に黒き感染者を出す• カードNo. 枚数:1• カード効果:場に出た時:攻撃力とHPを味方ヒーローのライフ分マイナスする• カードNo. 枚数:2• カード効果:ユニット1体を破壊• カードNo. 枚数:2• カード効果:<臨戦> <撃破>攻撃力-2• カードNo.

次の

【TEPPEN】「リベンジウェスカー」のデッキリストと立ち回り

リベンジ ウェスカー デッキ コード

空戦・呼応対策の確定除去を採用 空戦・呼応中心のフェイスデッキ対策に、「抹殺」のような確定除去が可能なカードを採用しています。 また、リベンジ持ちユニットが多いため、 「サンプル収集」を採用し、味方ユニットの破壊もメリットに変えています。 フェイスデッキにはユニットが少なく、アクションカードが多いので、 一度ユニットを破壊することができれば、かなりのアドバンテージを取ることができます。 不利なデッキが少ない フェイスデッキには破壊系の除去カードで対策し、緑デッキにはパワーで押し負けることがないため、明らかに不利なデッキがありません。 ダメージ効果を持ったカードで固めたリュウに少し苦戦しますが、リベンジ持ちのカードが多いため、長期戦も戦うことができます。 リベンジではないウロボロスウェスカーには有利に戦うことができます。 デッキコード dyWWWPCv0yWWWjBhtzW7XyJwRwgnsgtLWWpA2WJ4JAWWULWyssvLWWtWZ98otWJv6VnWon8x7WJ0Lnb2ntWWIvkyWvILWWpTMWJL7WW4jTWWLtWWIvcUWWphHLW4cE7WIJvLWIku7WWJevxZLnb2x7W ウロボロスウェスカーの立ち回り 序盤にイビルジョーを墓地に送る 序盤のうちに、 「偽りの玉座」を使って 「イビルジョー」を墓地に送りましょう! 後半になると、「イビルジョー」が手札にきてしまい、自力でプレイする以外に墓地に送ることができなくなってしまいます。 リベンジ持ちユニットを優先的にプレイする 序盤のうちはリベンジ持ちのユニットを優先的にプレイし、盤面を広げましょう。 特に最序盤は、「ゾンビ(CORE)」は死亡時にMPを1回復する効果を持っているので、手札にあればすぐに出しましょう。 「下僕の使役」はリベンジが発動してから使う 基本的に、「下僕の使役」はリベンジが発動しているカードをサーチするために使用します。 リベンジが発動しているカードはコストが低く、「下僕の使役」で場に出すのはもったいなく感じますが、手札にリベンジが発動しているカードが来ない時に押し負けてしまいます。 相手がアクションカードを使用したタイミングで使えば、実質MP1で使えるのでおすすめです。 相手のキーカードを破壊する 敵の 「アイリス」や「レイレイ」、「いぶき」などがプレイされたときは、即座に破壊します。 これらのユニットを放置すると、どんどん強化されてしまうので早めに対処しましょう! 相手のキーカードを破壊することができれば、かなりのテンポロスになり、そのまま押し切ることができるはずです。

次の

【TEPPEN】(8/19更新)リベンジウェスカーのデッキ構成と立ち回り【テッペン】|ゲシピ

リベンジ ウェスカー デッキ コード

TEPPENと同様頭の良い人がプレイをするのに最適なゲームです。 TEPPEN てっぺん 最初にやるべきことは? 最初にやるべきことは、ストーリーモードをクリアすることだ。 キャラクターごとに3つのエピソードに分かれている。 基本的なデッキの立ち回りもここで覚えるため、せめて、自分が使うキャラクターのストーリーだけは覚えておこう。 ストーリーを終えたら、最初にデッキを組むといい。 ウェスカー・ジル・春美・エックスあたりを使っている人が多いと思う。 カードゲームは、Tierと呼ばれるデッキのランク付けがある。 Tier1のデッキが一番使われている強いデッキだ。 そしてそのTier1デッキの対策が出来ているのがTier2デッキだ。 Tier2デッキは、Tier1デッキには勝てるが、その他デッキには弱かったりする。 自分の使いたいデッキがあるなら、Tier1,2のデッキを使うのをおすすめする。 Tierが気になる人は、こちらの記事を読んでチェックしてもらいたい。 ちなみに、現環境でオススメなのは「 リベンジ・ウェスカー」と呼ばれるデッキだ。 ダウンロードしてすぐ使えるデッキレシピはこちらに掲載しているので見てほしい。 オート周回機能もついてるので放置プレイにも最適。 リセマラ無しで好きなキャラがゲット出来るのもポイントです。 TEPPEN戦い方が難しい。 コツは? まずは焦らずプレイをするようにしよう。 頭で考えるのも大事だが、それ以上に直感が大事なゲームである。 自分のデッキの特性を理解しない限り勝つのは難しい。 とはいえ、周りも条件は同様だ。 だからこそ、早めに対人戦をやってみることをおすすめする。 相手の敵がどのように戦っているのか。 何故自分が負けてしまうのか。 反省しつつ考えると、段々勝てるようになる。 そして、分かるとこのゲームの面白さが見えてくる。 是非積極的にチャレンジしてほしい。

次の