プリキュア 壁紙。 ヒーリングっど♥プリキュア|朝日放送テレビ

デコってプリキュア

プリキュア 壁紙

キュアップ・ラパパ! 高度に進化した科学は魔法と区分けがなんちゃらかんちゃら。 まぁ、一言で言うなれば、 「科学も理解できなきゃ魔法!」ということですね。 しかし、科学は日進月歩でその歩みを進めています。 たとえば、Googleが先月「」というリアルタイムで低解像度の画像を高画質化するテクノロジーを発表しました。 こちらがRAISRを使ってアップコンバートされた画像。 上が元の画像で、下がコンバート後の画像です。 解像度の向上によって、肌や毛の質感がよりリアルになっています。 詳しい高画質化のアプローチや仕組み、応用については「」で解説しているので、そちらをどうぞ。 さて、この高解像度化技術。 プリキュアとはまるで関係のないもののように感じた方も多いでしょう。 しかし……です。 これはまさに、 フルHDサイズまでしか用意されていない、プリキュアの公式壁紙を4Kモニター用にアップコンバートするために開発されたとしか言いようがないんです。 現在利用できる超高解像度化エンジンでプリキュア壁紙を4K化 美しく高解像度化処理ができる「RAISR」は、全プリキュアファンにとって期待の技術です。 しかし、それが利用できる日はまだ先のことでしょう。 そこで、 現在でも利用できる二次元画像のための超解像システム「」を使ってフルHD壁紙からの4K化にチャレンジしてみましょう。 まず東映の「魔法つかいプリキュア」ページから今月の壁紙をダウンロードします。 今月は絶対にサンタコスプレが見られるんだろうなぁ〜。 とウキウキしていたのですが、アテが外れて残念です。 ダウンロードした壁紙を「」でファイル指定して、変換設定や解像度を設定します。 ノイズ除去は「最高」、拡大率は「2x」を選択しました。 そして出力されたものがこちらです。 ブラウザのウインドウに到底収まり切らないサイズの画像が出力されて、一瞬焦りましたが成功です。 ダウンロードした 画像サイズは「3240x2160」。 4K放送、4Kディスプレイの4K UHDTV向け画像へとアップコンバートできました。 ただ、このままですとイマイチそのサイズ感が伝わりにくいので、大きさが分かりやすいように iMac 5kをDot by Dot(5120x2880)で表示。 レタッチソフトでフルHD版の壁紙とサイズを比較してみましたよ。 こちらです。 4Kコンバート版はフルHD4枚分の大きさですね。 ではどれだけ綺麗に処理できているのかを確かめるため、拡大してみましょう。 リコちゃんの目を拡大してみました。 確かに4Kアップコンバートは素晴らしい仕上がりです。 というわけで、最近流行りの4Kディスプレイをお使いのプリキュアファンの皆様は、ぜひご自身のお気に入りの壁紙を4K化して究極に美しいプリキュアデスクトップをご堪能ください。 幸せだけど、 すっごい目がチカチカします。 Tags :•

次の

プリキュア pc壁紙

プリキュア 壁紙

キュアップ・ラパパ! 高度に進化した科学は魔法と区分けがなんちゃらかんちゃら。 まぁ、一言で言うなれば、 「科学も理解できなきゃ魔法!」ということですね。 しかし、科学は日進月歩でその歩みを進めています。 たとえば、Googleが先月「」というリアルタイムで低解像度の画像を高画質化するテクノロジーを発表しました。 こちらがRAISRを使ってアップコンバートされた画像。 上が元の画像で、下がコンバート後の画像です。 解像度の向上によって、肌や毛の質感がよりリアルになっています。 詳しい高画質化のアプローチや仕組み、応用については「」で解説しているので、そちらをどうぞ。 さて、この高解像度化技術。 プリキュアとはまるで関係のないもののように感じた方も多いでしょう。 しかし……です。 これはまさに、 フルHDサイズまでしか用意されていない、プリキュアの公式壁紙を4Kモニター用にアップコンバートするために開発されたとしか言いようがないんです。 現在利用できる超高解像度化エンジンでプリキュア壁紙を4K化 美しく高解像度化処理ができる「RAISR」は、全プリキュアファンにとって期待の技術です。 しかし、それが利用できる日はまだ先のことでしょう。 そこで、 現在でも利用できる二次元画像のための超解像システム「」を使ってフルHD壁紙からの4K化にチャレンジしてみましょう。 まず東映の「魔法つかいプリキュア」ページから今月の壁紙をダウンロードします。 今月は絶対にサンタコスプレが見られるんだろうなぁ〜。 とウキウキしていたのですが、アテが外れて残念です。 ダウンロードした壁紙を「」でファイル指定して、変換設定や解像度を設定します。 ノイズ除去は「最高」、拡大率は「2x」を選択しました。 そして出力されたものがこちらです。 ブラウザのウインドウに到底収まり切らないサイズの画像が出力されて、一瞬焦りましたが成功です。 ダウンロードした 画像サイズは「3240x2160」。 4K放送、4Kディスプレイの4K UHDTV向け画像へとアップコンバートできました。 ただ、このままですとイマイチそのサイズ感が伝わりにくいので、大きさが分かりやすいように iMac 5kをDot by Dot(5120x2880)で表示。 レタッチソフトでフルHD版の壁紙とサイズを比較してみましたよ。 こちらです。 4Kコンバート版はフルHD4枚分の大きさですね。 ではどれだけ綺麗に処理できているのかを確かめるため、拡大してみましょう。 リコちゃんの目を拡大してみました。 確かに4Kアップコンバートは素晴らしい仕上がりです。 というわけで、最近流行りの4Kディスプレイをお使いのプリキュアファンの皆様は、ぜひご自身のお気に入りの壁紙を4K化して究極に美しいプリキュアデスクトップをご堪能ください。 幸せだけど、 すっごい目がチカチカします。 Tags :•

次の

フルHDから4Kへ! Webのちからでプリキュアの壁紙を超高解像度化する

プリキュア 壁紙

キュアップ・ラパパ! 高度に進化した科学は魔法と区分けがなんちゃらかんちゃら。 まぁ、一言で言うなれば、 「科学も理解できなきゃ魔法!」ということですね。 しかし、科学は日進月歩でその歩みを進めています。 たとえば、Googleが先月「」というリアルタイムで低解像度の画像を高画質化するテクノロジーを発表しました。 こちらがRAISRを使ってアップコンバートされた画像。 上が元の画像で、下がコンバート後の画像です。 解像度の向上によって、肌や毛の質感がよりリアルになっています。 詳しい高画質化のアプローチや仕組み、応用については「」で解説しているので、そちらをどうぞ。 さて、この高解像度化技術。 プリキュアとはまるで関係のないもののように感じた方も多いでしょう。 しかし……です。 これはまさに、 フルHDサイズまでしか用意されていない、プリキュアの公式壁紙を4Kモニター用にアップコンバートするために開発されたとしか言いようがないんです。 現在利用できる超高解像度化エンジンでプリキュア壁紙を4K化 美しく高解像度化処理ができる「RAISR」は、全プリキュアファンにとって期待の技術です。 しかし、それが利用できる日はまだ先のことでしょう。 そこで、 現在でも利用できる二次元画像のための超解像システム「」を使ってフルHD壁紙からの4K化にチャレンジしてみましょう。 まず東映の「魔法つかいプリキュア」ページから今月の壁紙をダウンロードします。 今月は絶対にサンタコスプレが見られるんだろうなぁ〜。 とウキウキしていたのですが、アテが外れて残念です。 ダウンロードした壁紙を「」でファイル指定して、変換設定や解像度を設定します。 ノイズ除去は「最高」、拡大率は「2x」を選択しました。 そして出力されたものがこちらです。 ブラウザのウインドウに到底収まり切らないサイズの画像が出力されて、一瞬焦りましたが成功です。 ダウンロードした 画像サイズは「3240x2160」。 4K放送、4Kディスプレイの4K UHDTV向け画像へとアップコンバートできました。 ただ、このままですとイマイチそのサイズ感が伝わりにくいので、大きさが分かりやすいように iMac 5kをDot by Dot(5120x2880)で表示。 レタッチソフトでフルHD版の壁紙とサイズを比較してみましたよ。 こちらです。 4Kコンバート版はフルHD4枚分の大きさですね。 ではどれだけ綺麗に処理できているのかを確かめるため、拡大してみましょう。 リコちゃんの目を拡大してみました。 確かに4Kアップコンバートは素晴らしい仕上がりです。 というわけで、最近流行りの4Kディスプレイをお使いのプリキュアファンの皆様は、ぜひご自身のお気に入りの壁紙を4K化して究極に美しいプリキュアデスクトップをご堪能ください。 幸せだけど、 すっごい目がチカチカします。 Tags :•

次の