禅宗 仏壇。 お仏壇の最適な向きが分かる!宗派や部屋に合った方角の決め方

仏壇の飾り方 曹洞宗

禅宗 仏壇

お支払いについて• 送料について• まとめ買いなどの詳細はこちらをご覧下さい。 納期について• ただし、郵便振替等入金確認の必要がある場合には確認後1週間以内になります。 個人情報の取り扱いについて• 各種調査に利用したり、第三者に使用させたりすることは一切ございません。 安心してお買い物をお楽しみください。 商品について• ご注文の受付• 返品について• 商品到着後、当店にメール又は電話で連絡の上、7日以内に下記住所へご返送下さい。 送料・手数料ともに弊社負担で早急に新品をご送付致します。 お問い合わせ先 仏壇職人関工作所 楽天市場店 運営会社:有限会社関工作所 店舗担当者 近藤 〒522-0031 滋賀県彦根市芹中町30番地 電話番号:0749-23-0487 FAX番号:0749-23-0477 メールでのお問い合わせは まで (メールのリンクが表示されていない場合は、お手数ですが 電話 0749-23-0487 までお問い合わせください。

次の

ご宗派別の飾り方:曹洞宗(禅宗)|お仏壇の浜屋

禅宗 仏壇

曹洞宗のお仏壇選びは、特にどのお仏壇という決まりはありません。 唐木仏壇、モダン仏壇でもどの仏壇でもお選びいただいけますが、金仏壇はあまり使用される事はありません。 お仏壇をお探しの方は、下記より確認できます。 お仏壇のデザインについて 宗派によってどういった造りがといった事は特にございません。 ご予算と、後は好みでお選びいただいて問題ございません。 お仏壇のサイズについて お仏壇には、大きく分けて、上置き(棚などの上に置くタイプ)と下台付き(床に直接置くタイプ)の2種がございます。 お仏壇を置く部屋のサイズや間取りなどにあわせて、適したサイズのお仏壇をお選びいただいて全く問題ございません。 仏教の開祖でもある「釈迦如来」が本尊となります。 ただし、曹洞宗など禅宗系でのお仏壇の本尊は、決まっておらず、各寺の由緒によって阿弥陀如来であったり、観世音菩薩や地蔵菩薩であったりします。 あくまでも仏心の象徴になりますので、既に縁のある仏様を祀っていれば、それでよいとされています。 一般家庭のお仏壇では一仏両祖の三尊仏といい、中央に「釈迦牟尼仏」、両脇の向かって右に「承陽大師」を、向かって左に「常済大師」の掛け軸を祀るのが一般的です。 ご本尊・脇侍をお探しの方は、下記より確認できます。 ご本尊と脇侍のサイズの選び方 それぞれのお仏壇に、最適となるサイズを記載しておりますので、そちらを参考にお選び下さい。 一般的には上段から天井までの長さと掛け軸の長さで選びます。 掛け軸の紐の部分等余裕をもったサイズでお選びください。 ご本尊様を仏像にし、脇侍を掛け軸にする際には、掛け軸がご本尊様よりも高くならないようにご注意ください。 ご本尊様よりも少し低くなるように掛け軸の高さを選ぶのが一般的です。 仏具の基本は三具足(花立・火立・香炉)になります。 続いて、五具足(花立・火立・香炉・仏器・茶湯器)になりますが、それぞれ三具足や五具足をセットにしたもの、三具足や五具足に線香差しやマッチ消しやおりんを付けた仏具を祀るのが基本的な形となります。 仏膳椀は、ご先祖の命日に位牌を本尊の前に祀って供えます。 このページの上にある「」でも解説しておりますので、そちらもご確認ください。 各種仏具をお探しの方は、下記より確認できます。 仏具のサイズについて それぞれのお仏壇に、最適なサイズを記載しておりますので、そちらを参考にお選び下さい。 一般的に、仏具のセットなどの場合は、花立の高さを基準にして表記されています。 おおよその目安として、上置きタイプのお仏壇なら、高さ65cm程まで、台付なら高さ130cm程までなら、花立の高さが7. 5cm~12. 0cmのものを選びます。 仏壇の高さが165cm以上ある大型のお仏壇の場合は、花立の高さが12~15cm程の仏具を選ぶのが良いとされています。 塗位牌・唐木位牌ともにお選びいただけます。 宗派でどういった形や色のお位牌を用いるといった決まりは特にございませんので、ご予算とデザインの好みなどでお選びいただいて問題ございません。 複数のお位牌を1つにまとめる用に回出位牌を、2名分以上の3名や4名などの名入れをご希望の方向けに巾広位牌もご用意しております。 お位牌をお探しの方は、下記より確認できます。 お位牌のサイズについて 位牌の標準サイズは4. 0寸になり、総高さでだいたい20cm程になります。 この時の注意点として、掛け軸や仏像よりも大きくならないようにしなければなりません。 また、ご先祖様の位牌が既にある場合、ご先祖様のお位牌よりも小さくなるようにしましょう。 だいたいの目安としては、掛け軸の長さに対して、7~8割ほどのサイズの高さのお位牌がバランスが良いとされます 現在のご注文状況(最新30件)- 07月16日 20:59 更新 ご注文日 ご注文いただいた商品 都道府県 合計金額 07月16日 佐賀県 13,070円 07月16日 群馬県 19,800円 07月16日 愛知県 13,180円 07月16日 宮崎県 98,000円 07月16日 千葉県 20,930円 07月16日 千葉県 1,190円 07月16日 千葉県 1,080円 07月16日 岩手県 6,150円 07月16日 茨城県 7,360円 07月16日 東京都 14,630円 07月16日 東京都 49,800円 07月16日 福岡県 17,800円 07月16日 山形県 14,720円 07月16日 神奈川県 47,800円 07月16日 神奈川県 27,800円 07月16日 福岡県 23,800円 07月16日 宮城県 4,810円 07月16日 大阪府 3,030円 07月16日 東京都 8,290円 07月16日 大阪府 14,010円 07月16日 東京都 7,690円 07月16日 福岡県 10,370円 07月16日 愛知県 3,300円 07月16日 長崎県 37,090円 07月16日 大阪府 7,770円 07月16日 北海道 1,780円 07月16日 大阪府 3,400円 07月16日 埼玉県 17,880円 07月16日 広島県 19,630円 07月16日 岡山県 14,400円.

次の

御霊供膳(おりくぜん)

禅宗 仏壇

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ 仏壇の向きが持つ意味 宗教によって仏壇を置く方向が変わるのは、宗教の歴史上の意味があるためです。 仏教では、あらゆる方角に仏がいるという考え方があり、仏壇を置く向きに吉凶はありませんが、北に向けて置くことは避けられます。 ここでは仏壇の向きとして主である「東」と「南」の理由をお伝えします。 東向き(東面西座説) 東向きの東面西座説は、インドの慣習からきており、東は日の出の方角で立身出世の象徴とされています。 そのため、インドでは主人は東向きに座るのが良いといわれています。 これが日本にも伝わり、仏壇を東向きに置くようになりました。 また、極楽浄土は西方浄土とも呼ばれ、西にあるとされています。 その極楽浄土の方角を向いて祈るために、仏壇は東向きになっているという説もあります。 これを西方浄土説といいます。 南向き(南面北座説) 仏壇は南向きがよいとする南面北座説は、中国の慣習からきているといわれています。 王などの高貴な人は南を向いて座る習慣があったため、家来は北を向いて座ります。 古代中国ではこれが一般的で、日本でもこれに倣って敬う人は南向きに座るようになりました。 それ故に、敬うべき仏も南を向くのです。 宗派ごとの仏壇の向き 各宗派では、どの向きに置かれているのでしょうか。 曹洞宗・臨済宗 曹洞宗と臨済宗では、仏壇を 南向きに置くことが多いです。 これには、先ほど紹介した中国の習慣とは別に、釈迦が説法をするときに南向きに座っていたといわれていることも関係しています。 曹洞宗では実際に、場所条件さえ合えば南向きに置くことを推奨しています。 浄土真宗・浄土宗・天台宗 浄土真宗、浄土宗、天台宗の3つの宗派は、仏壇を 東向きに置くことが多いです。 この3つの宗派は、本尊として阿弥陀如来を祀っています。 阿弥陀如来は西方浄土にいるとされているため、その方角に向かって祈るために仏壇は東向きになっています。 真言宗 真言宗は、ここまででご紹介した説に当てはまらない、本山中心説です。 本山中心説とは、拝む方向の延長線上に総本山がくるように仏壇を置くため、 方角が決まっているわけではありません。 仏壇を置く部屋と本山との位置関係により、方角は変わるのです。 日蓮宗 日蓮宗では、特別どの方角に向けて置くというものはありません。 そういったことは気にせず、自由に置いても良いとされています。 しかし、それでも他の宗派の話などを聞くと、仏壇を置く向きについて気になることもあるでしょう。 そういった場合は、祈祷によって置く方角を占ってもらうこともできます。 置き場所を決めるときに注意すること 仏壇を置く方角は、宗派によりある程度決まっていますが、置く場所によってはいくつか気を付けなければならないことがあります。 直射日光などの環境に注意 これは特に、本山中心説の場合に注意が必要です。 太陽は東からのぼるため、東側に窓がある部屋では直射日光が差し込みます。 そのような環境で、西側に本山があるからと東側に仏壇をおいては、仏壇が直射日光を浴びてしまうことになります。 ほかには多湿など、仏壇を置くのに適さないこともあります。 このような場合、置く部屋や向きを変える必要があります。 神棚と向かい合わせにしない 神棚と仏壇が同じ部屋にある家も珍しくはありません。 日本では神仏習合(しんぶつしゅうごう)によって、神道と仏教が同一視された時期があったためです。 しかし、 同じ部屋にあること自体には問題がないものの、向かい合わせに置かれていればそれは問題となります。 向かい合わせに置いた場合、神棚に祈っているときは仏壇に、仏壇に祈っているときは神棚にお尻を向けてしまうことになります。 神仏両方にとって大変失礼なことですので、向かい合わせにしないようにしましょう。 床の間と向かい合わせにしない 向かい合わせについては、床の間と仏壇を向かい合わせにすることもいけないとされています。 床の間は、その家でも 最高の上座になります。 そのため、これに向かい合うように置かれた仏壇は、下座の扱いとなってしまいます。 逆に、床の間に仏壇を置くことは最上であるともいわれているので、床の間に仏壇を置くのは良い事とされています。 現代の住宅事情に合った仏壇 置き場所の注意点をお伝えしましたが、マンションやアパートに住んでいる方は、スペースが手狭で置きたい場所に仏壇を置けない場合もあるでしょう。 現代の住宅事情に合った、どのお部屋のインテリアにも合わせられる、小型の仏壇もございます。 参考: 仏壇への供物にも正しい向きがある 仏壇にお供え物をするとき、そのお供え物に掛紙や包み紙がついていることがあります。 お供え物には名前などが書かれていますが、その文字が自分たちに向くように置くのが良いとされています。 仏にお供えするものであるから仏に向けるべきだという意見もありますが、お供え物は仏に差し上げるという意味ではなく、仏から下されたものだと受け止めます。 受け取るのが自分たちであるため、文字も自分たちの方を向くようにして置くのです。 まとめ 仏壇やそれに関係するものは、置くときの向きについても理由があり、決められています。 必ずその通りにしなければいけないわけではありませんが、より深い信仰と供養をするために、考慮して決めるようにしましょう。 「小さなお葬式」では、どのお部屋にも合うコンパクトな仏壇を、低価格でご用意いたしております。 和室にも洋室にもマッチする仏壇や、伝統的で本格的な作りの仏壇など、お手頃価格で購入いただけます。

次の