舌 ピ 安定。 米澤浩の質問・相談箱(大甲の出し方)

ピアスホールの安定を見極める7つのステップがこれだ!

舌 ピ 安定

舌ピを開けたい人用に、大まかな流れとかとか。 ボディピアスは14Gが多いので、キャッチで遊ぶなら14Gがオススメ?私は何故か間を取って16Gにしました。 密林で購入。 にもありました。 だいたい2mm刻みで売ってます。 12mm以下は1mm刻みだったりします ・or 舌の消毒用。 私はを買いました。 は刺激の小さい種類を ・保険証 ・1000円 施術料です、安いですね [病院編] ロブでも軟骨でも舌でもヘソでも1000円でピアスが開く皮膚科があると教えてもらい、その皮膚科を教えてくれた先輩と遊ぶ日に急遽舌ピを開ける予定をねじ込みました。 先輩も実際にその皮膚科でセンタータンを開けていたので、ネットの口コミ等の5000兆倍安心感がありました。 2月某日 午後診の始まる時間から少し遅れて病院に到着。 受付のおばさんに「初診なんですけど…」と言いながら保険証を提出すると「ピアスですか?」と聞かれました。 受付さんもピアス女に慣れてらっしゃる。 初診なので住所氏名電話番号やアレルギーの有無等を記入する紙を渡されました。 それとピアスを開ける位置をマークする用紙もありました、細かい位置ではなく、普通に人型の絵に丸をつけるだけ。 怪我で保健室に行った時怪我したところどこですか?って丸付ける記録用紙みたいなレベル。 私は口の部分に丸付けました。 提出するとカルテが登録されたのか保険証が返ってきます、普通の病院の初診の流れですね。 診察の順番を待っている間、待合室には6人ほど診察待ちの患者さんがいましたが、その中で皮膚科として来ているのは小学生くらいの男の子とおばあちゃんの2人だけ。 他は全員若い女性で、ピアスを開けに来てました。 ここでこの病院のピアスに対する信頼感が増しました。 私の順番が回ってきて診察室に呼ばれ、先生とご対面。 先生「はいこんにちは」 私「こんにちは」 「どこに開けるの?」 「あ、舌を…」 「親御さん知ってる?」 「あ、ピアス好きなの知ってるんで…耳も3連とか開いてますし… 別に親に舌を開けることは言っていない、嘘はついてない 」 「金属アレルギーは?」 「普通のファッションピアスはダメなんですけど、サージカルステンレスなら大丈夫です」 「仕事とかしてるの?」 「バイトを少々…」 みたいな世間話をしてから 「ピアス持ってきた?」 と聞かれたので 「これで開けてください 持ってきた18mmのストレートバーベルを渡す 」 持ってきたピアスを先生に渡すと更に看護師さんに渡してました。 看護師さんが消毒してくれるみたいです。 この後鏡を見ながら舌にペンでマークして貰います。 この時きちんと自分の開けたい場所を伝えることが大切そうです。 マークした後は舌に麻酔を注射、強いて言うならこの注射がちょっとチクッとしました。 施術で痛いのはそれくらいです。 麻酔した部分にガーゼを当てて、ガーゼを持っておくように言われました。 この時マークした所をガーゼで強くつまむとマークが消えるかもなのであまり力を入れない方がいいと思います。 麻酔が回るまで診察室の奥の施術台で寝転びながらボーッと待ちます。 麻酔が回るのを待っている間に先生は次の患者さんの診察してました。 効率がいい。 その患者さんの診察が終わると施術開始です。 私「麻酔回ってるんですかね…」 先生「回ってる回ってる、大丈夫」 「そうですか〜」 「はい舌出して〜」 麻酔が効いているか不安だったので聞いたりしました。 ベーーーーってして、先生が舌の裏側からニードルを刺します 舌の裏側の筋や血管を傷付けると危ないので、裏側から刺すんですね 麻酔はバッチリ効いてました 何も痛くない 何も痛くないです 何も痛くないんですけど、私はアホなのでめっちゃ目を開けていたんですね、なので舌の裏から表に出てくるニードルの針が見えました。 うお〜突き刺さってくる〜!とか呑気に思いました 後でこの事を付き添ってくれた先輩に言うと「何で目開けてたん?ww怖いやろ普通ww」と笑われました ニードルとピアスが接続されて、先生はめっちゃキツくピアスのキャッチを締めます。 キュウウウウウウッと締めます。 安定するまでに外れたら大変なんで当然なんですけど、これがピアスに変える時に外しにくいのなんの 「はい、綺麗に開いたよ」 「わ〜ありがとうございます〜」 みたいな会話をして診察室を出ました 出ると名前を呼ばれ、受付の横の会計スペースでお金を払います。 受付さん「1000円になります」 私「はい ホンマに1000円なんか… 」 を1枚払いました この時まで1000円なのを疑ってました 本当に1000円でした 疑ってすみませんでした 私は付き添いの先輩に預けていた手荷物を受け取り病院を出ました [術後当日編] 病院を出た私はコンビニにアイスを買いに行きました。 何故か、 開けてすぐ冷やすといいらしいみたいな謎の理論があるそうです 私は一口サイズで食べやすそうなを買いました、でもぶっちゃけ舌ピアスが邪魔で食べにくかったです、というかアイス食べなくてもいいと思います、舌を冷やしたいなら冷たいドリンクをオススメします アイスを食べてもいいし食べられるのは確かなんですけど、食べやすいか食べにくいかで言うと食べにくいの一択でした あとコンビニのイートインコーナーで舌ピアスの自撮りをしました。 に載せました このタイミングで撮影しないと、次の日からはパンパンに腫れて写真どころではないので、開けたての腫れる前に写真を撮っておきましょう この後私は友達の働いているキャバクラに遊びに行くため大阪に向かいました、元々の予定は夜からキャバクラ行く予定でした この後キャバクラでンを飲んだり、キャストの子が買ってきてくれたチーズケーキを食べたりしました 何故か当日いきなり食ったり飲んだりしてますが勿論オススメはしません。 でも私は普通に生きてるので。 の場合はのペットボトルに入れておくと自然に擬態ができます。 これを机の上に置いておくと誰かが飲みます。 はしていません。 [舌の変遷編] 1日目 施術当日 少し腫れていますが、完全に腫れきるまではいきません 会話も割と喋れました。 ちょっと滑舌悪い子だな?くらいです 2日目〜6日目 2日目の時点でパンパンに腫れます、 18mmのピアスのシャフトが全部埋まる舌の厚みになります 滑舌は歯が全部抜けたみたいな滑舌です、でも頑張れば会話はできるレベルです、1度だけ滑舌を父に指摘されましたが!で乗り切れました 7日目 ピアスを見ると少し腫れが引きシャフトに余裕があるように見えました 18mmから16mmに替えようかと試みましたが、まだ少し余裕が足りなかったのか、うまく外せなかったので諦めました 滑舌は少しマシになってきました 8日目 シャフトを16mmに替えることに成功しました 1週間ちょいでピアスに替えても良い、口の中は驚異の治癒力です ピアスを外す時、素手で外そうとして唾液で滑る時は、でキャッチを摘むと滑り止めになって外しやすかったです ちなみに腫れが引く度にこまめにシャフトの長さを替えるのは、シャフトが余っていると、口のなかで暴れてキャッチを歯で噛んでしまう等の危険があるからです 滑舌はかなり普通に近付いてきました 10日目 14mmに替えました もう普通に喋れます 14日目 12mmに替えました 15日目 11mmのストレートバーベルに替えてみましたが、少し窮屈だったので12mmに戻しました 寝起きは舌も浮腫むので、11mmだとピッタリすぎて朝キャッチのボールが舌に埋まり跡が付くので、12で終わりとしました 現在 12mmに替えて以降1度も舌ピアスを外していません、万年付けっ放しです。

次の

≪大人可愛い≫ピアッサー 舌ピアス 14G ボディピアス 純チタン製セーフティーピアッサー(1個売り)◆オマケ革命◆の通販

舌 ピ 安定

舌ピアスを病院で開けようと思っても予算や麻酔のことなど、色々と不安な面が多いものです。 スポンサードリンク 舌ピアスを病院で開けるメリット 病院で開けるメリットですが、これは 良い技術を持っている病院を受診した場合に限ります。 病院でピアスを開ける際は 施術経験が豊富な病院を選ぶようにしましょう。 というのも、いくら病院といえども実際のところは ピアッシングに慣れていない医師も大勢いるのです。 ネットの口コミ等も参考にし選ぶようにするのが良いでしょう。 それでは舌ピアスを病院で開ける技術的なメリットについてみていきます。 穴がまっすぐ綺麗に開く 自分で穴を開けるとまっすぐにニードルをさすのは、思ったより難しいものです。 技術がある病院で開けてもらえば綺麗な穴を開けてもらうことができます。 衛生面で感染等の不安が少ない 病院でピアスを開けるメリットとして、感染症などのリスクが少ないという点があります。 自分で開ける場合、清潔でない可能性もあるため、化膿などを引き起こしやすいです。 安全で適切なピアッシング位置を把握している 鏡をみながらピアッシングすると適切な位置がわかりづらいです。 穴を開けるのがはじめてなら尚更です。 そういった意味で適切な位置を把握している施術者に行ってもらえるなら安心です。 ピアッシングに慣れているので安心して任せることができる やっぱり自分で開けるのは不安だったり怖いものです、病院に行くことでピアッシングに対する不安を和らげ安心感を得ることができます。 自分で開けるのに比べて他の部位を傷つける恐れが少ない 自分でピアスを開けると勢い余って他の部位を傷つけてしまう恐れもあります。 病院であればそういったリスクを少なくすることができます。 もしピアッシング後に舌にトラブルがあっても相談できる 経験豊かな病院であればトラブルがあった場合でも、適切な対象方法を教えてくれます。 またピアッシングした後いつでも相談することができるという点も心強いですね。 舌ピアスを病院で開けた場合の値段 ピアスは皮膚科や美容外科等であけることができます。 値段は病院によってまちまちですが、初診料なども含めると概ね 1万円程度の料金というところが多いです。 ちなみにこれは、ピアスと麻酔をして穴を開ける料金を全て含んだ料金になります。 この値段を高いとみるか安いとみるかですが、 自分でフォーセプスやニードル等の器材を全て揃えた場合、6,000円から7,000円程度の値段がかかります。 それにプラス数千円で安心と安全が買えると思えば安いのではないでしょうか? スポンサードリンク 舌ピアスを病院で開けると痛いのか? 局所麻酔をするので麻酔をする際の痛みはありますが、ピアッシングする際に 舌の痛みというのはほとんど感じません。 ですが、舌ピアスの場合ピアッシングしたあと、ほとんどの場合、 舌がかなり腫れます。 そして大体 1〜3週間程度は腫れたり、ジンジンと痛む状態が続きます。 この時ピアスを外してしまうと、舌の穴は閉じやすいので、1時間程度外しただけでも穴が狭くなってしまいます。 そのためこの期間は我慢してつけたままにしなければなりません。 1ヶ月程度経つと腫れも引き、ある程度安定してきます。 ピアッシングの際の麻酔について ボディピアスをピアッシングする際ほとんど全ての医療機関では麻酔をし、穴を開けていきます。 ちなみにピアッシングスタジオなどでは麻酔をおこなわずにピアッシングするところも多いようですね。 数時間もすれば麻酔は切れますが、ピアッシングしたあとは舌が腫れるので、しびれた感じや、痛みが続きます。 まとめ ここまで舌ピアスを病院で開けるメリットについてまとめてきました。 大切なのはピアッシングの実績やスキルがどの程度あるかどうかです。 良い病院を選びピアッシングされることを願っています。 それではありがとうございました。 スポンサードリンク.

次の

舌ピアスを開ける心理!男性と女性の理由を徹底解説

舌 ピ 安定

最近では、ボディピアスとして、いろんな部分にピアスをしている人が増えています。 でも、そんなところに開けて痛くないの?など疑問も…。 ここでは、ピアスを開けた時の痛い場所ランキングを紹介します。 トラブルのないピアスホールを作って、ピアスをおもいっきり楽しみましょう! 1位:ダントツで「舌ピアス」 なんといっても、一番痛いと言われている部位は「舌ピアス」です。 でも、オシャレでかっこいいからと、開ける人が多い部分の一つでもありますよね。 では、舌に開けると、どのように痛いのでしょうか? まず、開ける時ですが、舌にピアスを開ける方法は、2種類あると言われています。 一つ目は、ピアッサーという方法です。 瞬間的に、一気に開けられるので、痛みも一瞬飛び上がるような痛みの後は穴が開いているという感じです。 二つ目は、ニードルです。 ニードルは、穴を開けるためにコツがいります。 初めての人などは、時間がかかってしまうため、相当痛みが強く感じられると思います。 また、開ける時より開けた後の方が痛みが強く、人それぞれですが1週間〜1ヶ月は痛みが続きます。 初めのうちは、食事などで食べ物があたったりしなくても、常に痛い状態が続きます。 それと、90%くらいの確率で腫れが起こります。 個人差がありますが、1週間〜3週間は腫れを覚悟しておいた方がいいでしょう。 クリニックで開けた時は、腫れている期間中の感染症を予防する為に、抗生物質薬を出してもらえることもあります。 2位:引っかけやすい「へそピアス」 舌ピアスが一番痛いと言われていますが、二番目に痛いのは、へそピアスです。 最近はへそピアスをしている人口も増えているので、とてもかわいいものから、かっこいいものまでいろんな種類のへそピアスがあり、人気があります。 おへそに穴を開けるのは、ニードルを使う事が多いようです。 Amazonの情報を掲載しています 穴を開ける習慣はとても痛い事は、舌の時とおんなじです。 開ける部位の脂肪や皮膚の状態によっては強い痛みを訴える人もいるようです。 へそに穴を開けると、引っ張られるような違和感や痛みが続くことがあるようです。 また、場所的に、服を着ているので、間違って服と一緒にピアスを引っ張ったりしてしまう事があるようです。 だいたいホールが落ち着くまでの期間は、半年以上かかります。 それまでは、服やベルトに引っかけたりしないように注意が必要です。 また、開け方が悪いと、開ける時の痛みも強く、バイ菌が入ったりして、腫れや痛みが長引くこともあります。 クリニックでやってもらうと、ニードルで一瞬で開けてもらうことができるので、麻酔なしでも開ける瞬間の痛みもなく、その後の治癒も早いようなので、無理に自分で開けようとしない事が大切です。 3位:安定するまで痛む「耳軟骨ピアス」 最近では、耳たぶ以外の骨の部分「耳軟骨」に、ピアスを開ける人が多いですよね。 芸能人やモデルも開けている人がたくさんいて、とってもオシャレに見える場所なので、開けてみたいと考えている人も多いのでは? Amazonの情報を掲載しています 一般的に、耳軟骨に開けるととても痛いと言われていますが、どうなんでしょうか?確かに耳たぶと比べると、痛みが強いようです。 そして、穴を開けた箇所は、触れるだけでも痛みを感じると言われています。 寝返りをするだけで、飛び起きるくらいつらい痛みが続くようで、不眠になってしまうと体調が崩れ、また傷の治りが悪くなったり免疫力も落ちてくるなど、いいことはありません。 また、着替えているときに、洋服と一緒に引っ張ってしまう事もあり、更に痛みが強くなってしまう事もあるようです。 だいたい痛みが引くまで個人差はありますが、数週間はかかるようです。 また、軟骨に開ける場合は、硬く分厚いため、ニードルで穴を開ける方が、確実に開けられるので、穴が安定しやすいといわれています。 自分で開ける自信がない場合は、無理にやるのは避けて、クリニックで開けてもらうのがオススメです。 4位:分厚い部分の「鼻ピアス」 鼻ピアスは、ピアスを開ける部位の中では硬くて力がいるので、とても難しい場所です。 鼻の内部はとても敏感で、他の箇所と比べて分厚いため、痛みを感じることが多いです。 医療機関のクリニックで開けてもらうと、麻酔をしてからピアッシングをしてもらえる事が多いので、痛みを感じることを避けたい人にオススメ。 また、鼻は肉厚の部分なだけに、自分で無理に開けるとホールが歪んだり、痛みが長引いたりする恐れがあるので、後々のトラブルを防ぎ、痛みを抑えてキレイなホールに仕上げたいなら、クリニックで開けた方が無難です。 5位:痛みが少ないのは「耳たぶピアス」 耳たぶのピアスは、男女ともに開けている人がもっとも多い場所で、ピアスの定番になっています。 痛みもそれほど感じることはなく、ピアスホールが安定するのも早い部分です。 でも、初めて開けるファーストピアスの時は、どれくらい痛いのか気になるところです。 耳たぶの場合は開けた瞬間、一瞬痛みを感じますが、その後は3日間ほど少し痛みを感じるくらいで、徐々に落ち着いていきます。 でも、耳たぶも他の部位と同じで開け方が悪いと、バイ菌が入ったりして炎症が長引くこともあり、いつまでもジュクジュクした状態が続いてしまうこともあるので注意が必要です。 Amazonの情報を掲載しています 自分が開けたい部位が痛い部位だった時は、痛みを抑える方法を実践することをオススメします。 その他:開け方が難しい「眉ピアス」 眉にピアスをする場合は、開け方によってかなり痛みが変わってくるようです。 当然、自分で開けるより、専門知識があるクリニックなどで開けてもらった方が、痛みが少なくすみますし、その後のホールの安定も早いです。 また、眉は骨が出ている場所なので、下手に開けてしまうと炎症などのトラブルが起こりやすくなる難しい場所です。 十分な深さを確保して、しっかりピアスをフィットさせることが必要です。 ピアスの選び方によっても、痛みの差がでてしまいます。 ストレートピアスを使用すると、骨に圧力がかかって痛みがでてしまうので、骨格とピアスホールに合わせた、カーブしているピアスを使用することが大切です。 その他:細菌に注意が必要「口元ピアス」 ボディピアスとして人気な部分「口元」。 下唇の下側「ラブレット」や、上唇の向かって左側「マドンナ」、右側「モンロー」など、開ける位置によって様々な名称があります。 口元のピアッシングの痛みは個人差がありますが、ほとんどは3日ほどで治まっていくようです。 しかし、ケアをきちんとしていないと、口の中は細菌が多いので化膿などトラブルが起きやすい為、アフターケアが重要です。 正しいケアを行ってお気に入りのピアスを楽しもう! 今では、ピアスはファッションの一部として、欠かせないものとなっています。 お気に入りのピアスを楽しむには、ケアに手を抜いてはいけませんね! 以下の記事で、ピアスを開けた方法のケア方法をまとめています。

次の