手足 唇 病 と は。 手足口病の症状と対処、予防―手足や口に発疹が現れたら?

手足口病とは

手足 唇 病 と は

手足口病の症状 手足口病は、手のひら、足のうら、口の中に小さな水疱ができる病気です。 (写真1~6)乳幼児や学童の間に流行しますが、大人もかかることがあります。 主に夏に流行しますが、春や秋にも見られます。 写真をクリックすると拡大します (写真1 手足口病の口の中の水疱) (写真2 手足口病の口の中の水疱) (写真3 手足口病の口の中の水疱) 口の中の水疱は、小さなものが多発することもありますが、舌先に白みがかった大きな口内炎になることがあります。 口内炎が多いと痛みのために食事が取れなくなることがあります。 (写真4 手足口病の手の水疱) (写真5 手足口病の手の水疱) (写真6 手足口病の足の裏の水疱) 腕やひざ、おしりにできることもあります。 (写真7 手足口病の肘の水疱) (写真8 手足口病のひざの水疱) 普通、熱は微熱ですが、流行の強いときには高熱が出ることがあります。 高熱が2、3日続いてから水疱ができ、手足口病と診断されることもあります。 手足の水ほうは、よく見ると楕円形のことが多く、治ると褐色のしみのようになり消えていきます。 (写真7 手足口病の治りかけ) 保育所・学校は 行ってよいかどうかは症状次第です。 口内炎は4~5日で自然に治りますが、口内炎が強いときには休ませましょう。 こんな時は要注意• 口の中の痛みが強く、水分をあまり取らないとき• 高い熱が3日以上続くとき• 元気がなくぐったりしているとき 手足口病の詳しい説明 手足口病の詳しい説明と他の写真は、こちらのページをご覧ください。

次の

手足口病

手足 唇 病 と は

【水疱・発疹のでる部位】 手掌(てのひら) 足底 ひざの裏 足の付け根(臀部) おしり 口周り 口の中や喉の奥(口内炎) 子供の場合、手足の水疱は痛みもかゆみもありません。 大人の場合は痛みが強いケースが多く「足裏が痛くて歩けない!」とひどくなる方も。 【食欲低下】 口の中の水疱(口内炎)や喉の痛みのため、食欲が落ちます。 お腹が空いてるのに食べられないので食事の度に泣き叫ぶお子さんも多いです。 赤ちゃん、乳児幼児など小さいお子さんは「飲まない・食べない・むずかる」という事が多いです。 一週間ほどの辛抱と覚悟して乗り切りましょう! 【下痢】 手足口病のウイルスは、胃腸かぜのウイルスの一種なので、下痢や嘔吐がみられる場合もあります。 【高熱】 姉妹菌の夏風邪「ヘルパンギーナ」のように高熱が出ることも。 【脱水症状】 症状がひどい時は水分も飲めなくなり脱水症になることもあり点滴が必要なこともあります。 【髄膜炎】 ごくまれに、髄膜炎を合併することがあるため、頭痛・嘔吐がひどい場合には早めの受診をお勧めします。 手足口病の原因 手足口病の原因はエンテロウイルス群によるウイルス感染です。 コクサッキーウイルスをはじめとし、10種類以上のウイルスがいます。 10種類以上もウイルスがいるため、一度かかってもまたかかることがあります。 経口感染 感染者の分泌物や排泄物 2. 飛沫感染 ツバや咳 3. 接触感染 集団生活に手足口病は付きものと考えたほうが良さそうですね…。 手足口病 大人でもかかる? 看病するおうちの方は大人にも移るのかどうか気になる所ですよね。 保育士さんなどが職場で同僚や子供から移るケースも多いです。 ところで昔は手足口病といえば子供の病気でしたよね?! 仮に大人がかかった場合でも「症状は軽いことが多く、熱や発疹もあまり出ません。 」と言われていました。 しかし、ここ数年で状況は変化しているようです。 「水疱の痛みがひどい。 」 「強い倦怠感でだるくで動けない。 」など 大人の手足口病の症状が重症化するケースが増えています。 昨年、姉の旦那さんが手足口病にかかったときは足裏の水疱が痛くて歩けない!と本当に大変だったようです。 では、治療方法・対処方法を見てみましょう。 手足口病が治るまでは7日から10日。 その間、各症状にあわせて 対処方法をすることが治療になります。 手足口病の水泡に効く塗り薬はありません。 発疹があるというだけで塗り薬は出ません。 掻きこわして細菌感染が起こった水疱には、抗生物質の軟膏が処方されます。 かゆみのある水疱には、水疱を乾燥させるためにカチリとよばれる亜鉛軟膏が出る場合もあります。 痒みがひどい場合や掻きむしって皮膚がただれている場合など抗生物質の軟膏が処方されることも。 抗ヒスタミン剤を内服する方法もあります。 ~ママパパ 愛のお手当て~ かゆみがひどく辛そうな時は保冷剤などで冷やしてあげましょう。 自宅で水風呂につかるのもおすすめです。 ~ママパパ 愛のお手当て~ 発熱のときも冷えピタや保冷剤などで 首、手首、足首、足の付け根などを冷やしてあげましょう。 元気があれば水風呂もOK。 発熱は自力でウイルスと戦っているサイン。 免疫力を高めるチャンスとも言われています。 自力で回復する力を押さえ込まないためにも解熱剤を安易に使用するのはやめたいもの。 しかし自分で判断が出来ない時や水分がとれずに「ぐったり」している場合には、すぐに病院を受診してください。 我が家での解熱剤使用の目安は 「ぐったりしていて、眠れないほど辛そうかどうか」です。 そして以前、小児科医に言われた 「高熱でもスヤスヤ眠れていれば解熱剤を飲まなくて大丈夫!」 「38. 5度以上で、フーフー辛そうなら飲ませましょう」の言葉をいつも頭に入れて判断しています。 ~ママパパ 愛のお手当て~ 冷えピタや水枕で脳を保護するのも忘れずに。 解熱剤を飲んだら30分から1時間くらいで熱が下がってきます。 今度は冷やし過ぎに注意しましょう。 ハチミツは喉にも口内炎にも効きます!(一歳未満はNGです) 喉の痛みに効く食べ物を紹介しています。 手足口病 「生活のポイント」 【食事】 口の中を刺激しないように 薄味の物、やわらかい物、水分を多く含んだものにします。 塩味や酸味の強いもの、熱いもの、かたいものはNGです。 うどんやゼりー、豆腐などがおすすめ。 詳しいメニューはこちら 水分も摂れない、ぐったり衰弱しているときは、脱水症になっている可能性が高いので病院で点滴してもらいましょう。 うちの子の友達も気が付いたら脱水症になっていて慌てて病院にいったそうです。 【シャワー・お風呂】 元気があれば、多少の熱があっても 汗を流す程度のシャワー・お風呂は大丈夫。 ただし長湯は体力消耗するので控えます。 【歯磨き】 口内炎に歯ブラシが刺さって痛いので歯磨きを嫌がる子もいます。 どうしても磨けないときはどうする?! 私が集めたママ達の知恵は…• お茶でブクブクうがい• 重曹水でブクブクうがい• ガーゼでふき取る• 水疱の所を指で隠して磨く• フロスだけする 上記はやらないよりはやる方がいい。 特に重曹水とフロスは有効ですよ! 「せめて軽くでも磨かせて~(><)」くれる事を祈っております! 【お部屋は…】 夏場の手足口病はつらく看病する側もイライラしがち。 クーラーや扇風機を上手に使って過ごしやすくしてあげましょう。 寝るときの扇風機は風が直接あたらないように遠くから風を送り、お子さんが寝入ったら止めてくださいね。 【プール・登園はいつから?】 プールや登園、登校はいつから? 登園許可証はいるの? いつまでうつる? あわせてお読みください。 自己判断せず受診しましょう!• 口の中が痛くて水分をあまり飲まない時• 高熱が3日以上続くとき• 吐いてぐったりしているとき お大事になさってください いつ,どこからもらってくるか わからない手足口病。 再びかからないようにするため日頃から 免疫力を高めておくのは大切なんですね! つらい症状が早く良くなりますようにどうぞお大事になさってください… 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

手足口病とは?

手足 唇 病 と は

もっと見る ある日突然爪がはがれた…!なんてことがあると驚きますね。 その原因、手足口病かもしれません。 こちらの記事では、手足口病で爪がはがれる理由や、自宅でできる対処法を解説します。 手足口病で爪がはがれてしまうワケ 爪がはがれる原因は「コクサッキーA6型」ウイルス! 手足口病の原因となるウイルスは、現在わかっているものだと10種類あります。 そのなかでも、 『コクサッキーA6型』というウイルスに感染すると、爪がはがれてしまうことがあります。 なぜ爪がはがれるの? コクサッキーA6型ウイルスは爪の根元に入り、水ぶくれを作ります。 そのため爪を作る細胞がダメージを受け、正常に爪が作られなくなります。 この時に作られた爪が少しずつ伸び、そのうちはがれると考えられています。 爪がはがれる指は1本のこともあれば、複数本のこともあります。 手足の指すべての爪がはがれたケースもあるようです。 爪からのサイン 爪がはがれる前に、次のような兆候があります。 爪が不自然に浮いて白くなる 横に割れる 二枚爪になる 爪がはがれ始めるのは手足口病を発症してから数週間後です。 発症から2か月以上が経過してから、爪がはがれてきていると気づくこともあります。 手足口病にかかったことを忘れたころにはがれてくるので、手足口病のせいだと気がつかないこともあります。 コクサッキーA6型ウイルスによる手足口病は増えている! コクサッキーA6型ウイルスによる手足口病は近年増加しています。 2011年の流行期は、手足口病患者の半数近くが、このウイルスによるものでした。 コクサッキーA6型ウイルスによる手足口病は、全身に発疹が広がる傾向にあります。 発疹自体も大きくなりがちです。 そのため、初めて流行した年には新型の手足口病ともいわれました。 爪のはがれ方と原因の見分け方 爪甲脱落症(そうこう だつらくしょう) 爪の根本から徐々にはがれる 爪は通常爪の下の皮膚(爪床)とくっついており、ピンク色をしていますが、何らかの原因ではがれると白くなります。 この白い部分が広がり、完全にはがれ落ちるのが爪甲脱落症です。 原因は手足口病のほか、ストレスや外傷など 原因は外傷や微生物感染、ストレスなど多岐に渡ります。 手足口病で爪がはがれる場合もこちらにあたります。 手足口病を原因とする爪甲脱落症は、爪の根元からはがれ始めます。 はがれた爪の下からは新しい爪が生えてきて、新しい爪が伸びることで古い爪は完全にはがれます。 完全に生え変わるには数か月から半年くらいかかります。 爪甲剥離症(そうこうはくりしょう) ゆっくりと爪が浮いてくる 爪の先端から根元にかけてゆっくりと爪が浮いてくるのが、爪甲剥離症です。 だんだんと爪の先端の白い部分が広がってきます。 爪の先端から徐々にはがれていきますが、根元まで完全にはがれることはほとんどありません。 手足口病の可能性は低い 爪と爪床の間に異物が食い込むようなケガをした場合や、微生物感染、皮膚の病気などが原因です。 手足口病が原因の場合、ほとんどが根元からはがれてきます。 そのため爪の先端からはがれてきたら、手足口病が原因である可能性は低くなります。 爪がはがれた場合の対処法 自宅での対処法 自然にはがれるのを待つ 手足口病で爪がはがれるとき、多くの場合、 痛みはほとんどありません。 古い爪が浮いてきても無理やりはがさず、自然にはがれるのを待ちましょう。 浮いた爪が気になるようだったら、絆創膏などを貼ってもよいでしょう。 皮膚がむき出しになっていたら絆創膏などで保護 新しい爪が伸びてきてから、古い爪がはがれた場合は特に処置は必要ありません。 新しい爪が伸びる前に古い爪がはがれてしまった場合は、皮膚がむきだしになっている所に傷がつかないよう注意が必要です。 この場合も絆創膏などで保護するといいですね。 爪がなく皮膚がむき出しになった指先に傷がつくと、そこから菌が入りやすくなります。 浮いた状態の爪には保湿をする 爪床から浮いた状態の爪は割れやすくなります。 爪が割れる原因の多くは乾燥です。 保湿をして爪が割れるのを防ぎましょう。 保湿にはハンドクリームや、爪用のオイルを使用してください。 子供の場合、割れた爪をひっかけて痛みを感じることもあります。 しっかり保湿をして、割れた爪をひっかけないように指先用の絆創膏で保護してあげましょう。 こんな時は病院で診察を! 手足爪病が原因の爪のはがれは、新しい爪がはえて自然に治ることがほとんどです。 しかし、次のような場合は皮膚科を受診しましょう。 ・爪がはがれるときに強い痛みがある ・爪の根元や周りが赤く腫れ、痛みがある ・古い爪が早くはがれ、指先に化膿がみられる 病院では、痛みをやわらげる薬や、化膿していれば抗生物質などが処方されます。 まとめ 手足口病によって爪がダメージを受け、はがれてしまうことがあります。 手足口病の発疹がおさまっても、忘れたころに爪がはがれてくることを覚えておきましょう。 もし爪がはがれてしまっても、痛みや腫れなどがなければ、焦らず新しい爪が伸びるのを待つようにしてください。 その際、絆創膏などで指先を保護するのも忘れないようにしましょう。 それから、手足口病は子どもの感染が多い病気でもあります。 痛みがあまりなく、気づかないうちに子どもの爪が割れたり浮いて来たりしていることもあります。 発疹やその他の症状がおさまっても、しばらくは爪の状態を確認しましょう。 何か気になる症状があれば、病院で診察を受けてくださいね。

次の