毛じらみ 原因。 毛じらみってどんな病気?原因・感染ルート・症状など徹底解説!

毛じらみ症(ケジラミ)はどこからか……原因・症状・治療法 [性感染症・STD] All About

毛じらみ 原因

毛じらみ症は、吸血性の昆虫であるケジラミが寄生することでなどの症状を引き起こします。 このケジラミはどのような経路でヒトに寄生するのでしょうか。 そして、このケジラミの寄生を予防する方法はあるのでしょうか。 毛じらみ症の感染経路と予防方法について、引きつづき性感染症治療に長年携わってこられた尾上泰彦先生にお話を伺いました。 感染経路 たとえどんなに良い条件下であっても、宿主を離れたケジラミの寿命は48時間以内といわれています。 そしてケジラミ自身は、1日に10cm程度しか移動することができません。 そのため、性的交渉のときに陰毛から陰毛への直接感染が、毛じらみ症感染の主な原因とされています。 その一方で家庭内でも毛じらみ症が感染することもあります。 親子間の、特に密な接触がある母子間での感染が多いという報告があります。 このように人から人への感染するほかにも、タオルや毛布などの寝具、公衆浴場のロッカーや脱衣カゴなどを介して感染する「間接的感染経路」もあります。 予防方法 ケジラミはケジラミに寄生されている人とのスキンシップによってうつります。 そのためほかの性感染症とは異なり、コンドームの使用では防ぐことはできません。 毛じらみ症に感染しないためには、ケジラミに寄生されている人との性行為やスキンシップなどを控えることが大切です。 感染してから1~2月後になどの症状があらわれることが多いので、もし毛じらみ症と診断されたら1~2月前に性的交渉があった相手のケジラミの寄生の有無を調べることをおすすめします。 家庭内での感染の可能性もありますので、もし可能であれば家族全員の感染状況を調べるようにしましょう。 もし毛じらみ症と診断されたら いずれも市販薬ですが、0. また、フェノトリン耐性ケジラミの出現も危惧されていますが、現在のところ確認されていないようです。 性感染症はたとえ症状があらわれていたとしても、気恥ずかしさなどから受診が遅れがちです。 しかし性感染症をそのまま放置してしまうと症状を悪化させてしまうだけでなく、別の疾患を引き起こす原因となることもあります。 不安を抱えたままでは精神衛生上好ましくありません。 性感染症を放置していてもなにひとついいことはありません。 などの違和感があるときは、すみやかに性感染症科(性病科)・皮膚科・婦人科・泌尿器科など専門医による検査・治療を受けるようにしましょう。

次の

毛じらみの正体

毛じらみ 原因

毛じらみは肉眼で確認できる 毛じらみ症の原因となる虫(毛じらみ)は体長1mm程度で褐色がかった白色をしています。 人の毛に寄生する性質があり、そこから血液を吸って生きています。 毛じらみは肉眼でも確認することができます。 しかし、感染初期の段階では毛じらみの数が少ないため、見つけることが難しい場合もあります。 また、「毛じらみが感染するのは陰毛だけ」というイメージを持っている人も多いと思いますが、 実は毛じらみは陰毛以外の毛にも寄生することがあります。 それは、次のような場所です。 ・毛じらみが寄生する場所 ・陰毛 ・肛門周囲の毛 ・わき毛 ・すね毛 ・太ももの毛 ・胸毛 ・まつ毛 ・眉毛 ・ひげ ・頭髪 陰毛に限らず、体中のあらゆる毛に感染するというわけです。 30~40個の卵を産む 毛じらみは、寄生した毛の根元部分に卵を産み付けます。 卵は1週間程度で孵化して、その後3~4週間程度をかけて成虫になり、やがて死んでいきます。 生まれてから死ぬまでの1カ月程度の期間で、毛じらみ1匹につき30~40個の卵を産みます。 毛じらみに寄生されたまま1カ月程度放置していると、それはもう大変な数になってしまうことが分かりますよね。 毛じらみの症状は1~2カ月後にあらわれる 毛じらみに寄生されたとしても、すぐに症状があらわれるわけではありません。 感染後1~2カ月程度が過ぎると陰毛辺りにかゆみが出てきます。 そして、毛じらみの症状が酷くなると、皮膚に色素沈着が起こってそれが痕になってしまうことがあります。 また、毛じらみによるかゆみはかなり強烈なため(夜眠れないほどかゆくなることもあります)、 かゆみに耐え切れず患部をかきむしっていると、それが原因で湿疹やかぶれ、細菌性の二次感染を起こしてしまう可能性もあります。 そうならないためにも、症状が酷くなる前に病院に行き適切な治療を受けることが大切です。 まとめ このように毛じらみは、あらゆる毛に寄生して激しかゆみをもたらす怖い病気です。 かゆみを感じたり、付着している卵を見つけた場合は放置しないで病院に行くようにしてくださいね。 出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ].

次の

毛じらみは目で見てわかる?見つけたらどうすればいいの?

毛じらみ 原因

毛じらみは小さな虫 感染する人はかなり多いよ 毛じらみ(ケジラミ)は陰部の毛に感染する小さな虫です。 陰部周辺の皮膚にかゆみをひきおこします。 毛じらみ自体は特に珍しいものではありません。 日本人の感染者もわりと多いです。 不特定多数の人と性行為を行う人であれば、誰でも感染する性感染症といえるでしょう。 この毛じらみですが、1990年代中ごろから増加傾向にあるといわれています。 しかし、詳しいデータが存在しないため、どのくらいの人が感染しているのかよくわかっていません。 ペットとシラミ 毛じらみはシラミの一種です。 シラミには数多くの種類があり、犬や猫などの動物に寄生するシラミもいます。 しかし、そのような犬や猫のシラミが人に感染することはありません。 シラミは種類によって、寄生する動物が決まっているからです。 逆に人間のシラミが犬や猫にはうつることもありません。 虫と卵 小さくて見つけにくいよ 毛じらみは1mmくらいの羽のない昆虫です。 非常に小さくて、かろうじて目で見えるくらい大きさです。 シラミといえば戦後のDDTの大量散布で駆除されたアタマジラミが有名ですが、毛じらみ(ケジラミ)はこのアタマジラミとは別の種類のシラミです。 大きさとしてはケジラミのほうが小さく、アタマジラミの半分ぐらいしかありません。 毛じらみの虫体はカニのような丸い形をしているのが特徴です。 体は白っぽい色ですが、血を吸うと茶色から黒のホクロのように見えます。 毛じらみの動き 毛じらみは1日のほとんどを毛の根元で静止したまま過ごします。 毛の根元をつかんだままあまり動かず、皮膚から血を吸います。 動く場合も普通は毛にしがみついて移動し、ノミのように跳んだり跳ねたりすることはありません。 毛がないところでは移動が苦手で自分ではほとんど動けません。 もし動いたとしても1日に移動可能な距離は最大で10cmくらいです。 また、人の体から離れても48時間ぐらいは生きていますが、それ以上だと餓死してしまいます。 毛じらみの卵 毛じらみは卵を毛の根元に産みます。 毛にセメントやセメダインのような半透明の物質でかたく固定されるため、簡単にはとれません。 卵は光沢のある茶褐色をした毛の付着物です。 メスが産んでから1週間くらいで卵はかえり幼虫になります。 この幼虫は卵を産みませんが、2週間くらいで成虫になって卵を産むようになります。 そして、成虫になった毛じらみは4週間くらい生きていて、その間にメスは30個くらいの卵を産みます。 感染する場所 陰部以外にに感染することも 毛じらみ(ケジラミ)は主に陰部や肛門周辺の陰毛に感染します。 アクロポリン汗腺の臭いを好むため、性器周辺に集まってきます。 感染するのは主に陰毛ですが、太もも周辺の毛にも感染することもあります。 それ以外にも胸毛、わき毛、ひげ、まゆ毛、まつ毛にも感染することがあります。 また、髪の毛には普通は感染しませんが、子どもなどでは髪の毛に感染することもまれにあります。 まつ毛の感染 毛じらみのまつ毛への感染は珍しいのですが、たまにあります。 症状としては目の周辺の違和感や、毛じらみが目やにのように見えたりします。 そして、この場合は治療が少し面倒になります。 毛じらみの治療に普通は薬が使われるのですが、まつ毛への感染では目に入るため薬は使えません。 このため、ピンセットで虫体と卵を1個ずつ除去する必要があります。 とても手間のかかる作業になってしまいます。 毛じらみの症状 潜伏期間 毛じらみ(ケジラミ)の潜伏期間は1~2ヶ月くらいです。 感染してから1ヶ月くらいで症状がでる人が多いです。 強くなっていくかゆみ 毛じらみの主な症状は激しいかゆみですが、これは毛じらみへのアレルギー反応によるものです。 毛じらみに感染しても最初はかゆみはありません。 しかし、毛じらみが増えてくるとかゆみがではじめます。 最初は軽いかゆみですが、毛じらみの数が増えるのに従ってだんだんとかゆみが強くなっていきます。 また、かゆみだけでなく、軽い痛みを伴うこともあります。 かゆみの程度 強いかゆみが特徴の毛じらみですが かゆみの程度にはかなりの個人差があります。 アレルギーの反応は人によって異なるからです。 普通だとかなり毛じらみが増えないとかゆくはなりません。 しかし、たまに数匹の毛じらみがいるだけで激しいかゆみを感じるような人もいます。 このような人の場合、潜伏期間が4~5日ぐらいと非常に短くなる可能性もあります。 逆に、たくさん毛じらみがいるのに、全然かゆみを感じない人もまれにいます。 皮膚症状がない 毛じらみに感染しても、皮膚に発疹などがでないのも毛じらみの特徴です。 しかし、激しいかゆみのために皮膚をかきむしり、皮膚に傷ができて湿疹ができることはあります。 毛じらみの虫体 毛じらみは毛の根元で、小さなホクロやかさぶたのように見えます。 そのままずっと静止していることが多いですが、しばらく見ているとたまに動くのがわかります。 もしくは、細い棒のようなものでつついても、反応して動く様子が観察できます。 ただ、毛じらみは肉眼でなんとか見えるくらいの大きさなので、発見するのはかなり難しいです。 虫眼鏡などがあると見やすいでしょう。 感染初期ではさらに発見は困難になります。 毛じらみの数が少ないからです。 ある程度の数まで毛じらみが増えないと、普通は見つからないでしょう。 また、血を吸っていない毛じらみの虫体は白っぽい色をしているためフケにしか見えず、皮膚と区別がつかず更に見つけにくいです。 毛じらみの卵 卵は茶褐色をしていて毛に付着しています。 しかし、毛にしっかりと固定されているため、手で払っても落ちません。 また、虫体の場合はたまに動きますが、卵は一切動きません。 毛じらみの虫体が非常に見つけにくいのに比べれば、黒い毛に対して卵は目立つため、わりと見つけやすいです。 爪先などを使えば毛じらみの卵はつぶすことができ、抜け殻でない生きている卵ではプチッと破裂した音がします。 白い下着 毛じらみの糞からも感染を発見することができます。 毛じらみの糞は目で確認することができるからです。 白っぽい下着だと、毛じらみの糞が茶色い粉となって付着するのがわかります。 普通はこのようなことはありませんから、何かの異常には気付くはずです。 また、毛じらみは皮膚からの吸血するため、出血が赤い点々となって白い下着に付着し、血尿と間違えることもあります。 感染経路・原因 性行為 毛じらみ(ケジラミ)に感染する原因は、陰毛と陰毛との直接的な接触がほとんどです。 これは毛じらみが移動できる距離が短く、自力で動くことはあまりできないからです。 このため、毛じらみの感染経路のほとんどは性行為での感染といえます。 感染力も非常に強く、感染者との接触で簡単にうつります。 また、性感染症の予防には有効なコンドームも、毛じらみでは全く意味がありません。 ただ、普通だと感染には陰部同士の直接的な接触が必要なため、毛じらみの集団感染が発生することはありません。 お風呂・プール 毛じらみはお風呂・プールのかご・ロッカーや共用した布団からうつることもあります。 しかし、浴槽やプールのような水の中では感染することはありません。 毛じらみは水の中では毛から離れずに、逆にしっかりと毛にしがみつくからです。 乳幼児 乳幼児では母親との接触が多くなります。 このため、母親が毛じらみを持っている場合には、乳幼児にもうつることもあります。 毛じらみの主な治療法・薬 毛じらみは自分で治せるよ 毛じらみ(ケジラミ)は病院へいかなくても、感染していることさえわかれば、市販薬などで治療も可能です。 ただ、毛じらみは見つけるのが難しいことも多いです。 原因不明のかゆみがある場合は、病院で診察してもらうほうがいいかもしれません。 早期に発見して治療することが大切だからです。 毛じらみで病院に行く場合は皮膚科になります。 女性の場合は原因がわからなければ婦人科のほうがいいでしょう。 それでも、毛じらみで病院へいったからといって、特別な検査方法は存在しません。 虫や卵を顕微鏡などで直接確認するだけです。 また、毛じらみの潜伏期間は長いため、家族やパートナーにも感染することがあります。 感染がわかった場合は、家族やパートナーも同時に治療したほうがいいでしょう。 治療薬 毛じらみの治療薬としては、スミスリンシャンプー(スミスリンL)やスミスリンパウダーが主に使われます。 毛じらみなどのシラミに対する薬としては、日本では唯一の治療薬です。 楽天市場ではスミスリンシャンプー(スミスリンL)が2500円くらい、スミスリンパウダーが1800円くらいです。 少し高いですがシャンプーのほうが使いやすいのでオススメです。 スミスリンシャンプーで毛を洗って5分後に洗い流します。 しかし、このスミスリンという薬は、幼虫や成虫などの虫体にはよく効きますが、卵には効果が弱いです。 このため、3日に1度ずつのシャンプーを3~4回繰り返します。 この方法で10日くらいで治ります。 スミスリンパウダーの場合は、布団や畳、床などに散布し、数時間してから洗濯したり、はたいたりして除去します。 体にスミスリンパウダーを使用する場合には、毛の周辺に散布してから、1時間後に石鹸を使って洗い流します。 このようなやり方で毛じらみを薬を使って治療することが可能です。 しかし、死んだ卵だけはシャンプーやパウダーなどの薬をつかっても残ったままです。 特に気にならなければ取り除く必要はありませんが、できればくしを使ってとってしまったほうがいいでしょう。 くし 毛じらみは専用の目の細かいくしで根元からすくと、卵や虫を駆除できます。 スミスリンシャンプー(スミスリンL)には、くしも付属しています。 スミスリンをつかって死んだ卵は普通に洗うだけではとれないため、くしですいてとりのぞくといいでしょう。 また、くしだけでも毛じらみを治療することは可能ですが、薬を使わずにくしだけでの駆除するのはなかなか難しいかもしれません。 毛をそる 毛じらみの治療法には毛をそるという方法もあります。 最も安上がりで確実な方法です。 毛じらみは陰毛にしがみついて血を吸っているため、毛がなくなると血を吸えなくなり生きてはいけません。 ただ、毛じらみに感染しても毛をそる必要はあまりなく、むしろそらずに治療するほうが一般的です。 また、そってしまうと毛じらみが新しい毛を捜して、別の部分へと移動してしまう可能性もあります。 清潔に 毛じらみは人間の体から離れると長くは生きれません。 それでも、完全に治るまでは床や布団、畳、衣服を丁寧に掃除・洗濯したほうがいいでしょう。 熱に弱いのでドライクリーニングなども効果的ですが、そこまでする必要はあまりなく、普通の洗濯で大丈夫です。 毛じらみ以外の他のシラミ アタマジラミ アタマジラミは髪の毛に感染するシラミです。 ケジラミとは違い、陰毛には普通は感染しません。 髪と髪との直接的な接触や帽子などの共用で感染します。 特に子どもや長髪の人に感染しやすいです。 また、ケジラミと違って、集団感染することがあります。 コロモジラミ コロモジラミは衣服の縫い目に感染するシラミです。 衣服を定期的に洗濯していれば感染する心配はありません。 コロモジラミが感染するのは、入浴する習慣の無い民族や服を着替えることができない難民などです。 日本でもホームレスの人に感染していることがたまにあります。 トコジラミ トコジラミ(南京虫)といわれる虫もいます。 ただ、トコジラミはカメムシの仲間で、シラミとは全く関係が無い別の虫です。 大きさもシラミに比べて一回り以上大きいため、簡単に見分けがつきます。

次の