デスクトップ 整理 壁紙。 ミニマリスト直伝!パソコンのデスクトップのアイコン整理術

【無料】仕事効率化するパソコンのデスクトップ壁紙7選!整理整頓デザイン・ビジネス向け棚デザイン

デスクトップ 整理 壁紙

デスクトップとはその名の通り、PC上でのデスク(机)の役割を果たすもので、その上に作業資料やインターネットを展開して作業をしているようなイメージです。 なんだかそう考えると今自分はとってもかっこいいことをしているのでは!? なんて気分になりますね! しかしそのデスクがぱらぱらと散らかっていては、せっかくかっこいいことをしているのに何だかもったいない様には感じませんか? 今あなたのデスクトップをちらりと確認してみてください。 もう使わない作業終了済みの資料が置きっぱなし、最近使わないショートカットも置き去りになっていて何だか最近立ち上がりが遅くなった気がする……実にスマートではないですね。 デスクトップ上のショートカットで一番増えやすいものの定番といえば、ワードやエクセル等で作業中のファイルのショートカットでしょうからまずはそこから処理していきましょう。 たとえば改訂前の資料のファイルがまだデスクトップに置いてあるということは、もう使わない資料の山がデスクの上にどっさり置いてあって、新しいものや必要なものがどこに置いてあるのか探さなければ分からないということです。 もう使わない、改訂前の資料なんかは最新版があれば十分かと思われますので、「いつか要るかも・・・・・・」という意識は払拭し、必要です! と瞬時に断言できるような物でなければまずは削除して持ち物を減らしていくことから始めましょう。 デスクトップ上フォルダを最小限に! 資料がある程度まで片づいたら今度はそれらを箱(フォルダ)の中にしまっていきましょう。 ここでも基準が大切で、さらに持ち物を減らしていけます。 分けるポイントはフォルダの名前につけていきます。 例を挙げるとすれば「作業中」「保存(資料等)」「不要」でしょうか。 ここで最終ジャッジを下し、不要のフォルダはそのままゴミ箱へぽい。 これでまずは必要なものだけがデスクトップおよびPC内に残っていることになります。 この作業だけでかなりすっきりする方も多いのではないでしょうか。 次に起動したときに以前よりもさくっと立ち上がるのを感じる方も居るはずです。 ファイル名も侮りがたし! もうひとつなまけてはいけないのがファイルの名前。 以外と侮れません。 というのも、ここで作業ファイルを保存する際には自分がファイルを開く前にしっかり分かる名前を付けておかなければ、今から必要なものを呼び出したり、ファイルを整理するときにもいちいちファイルを開いて確認しているものといらないものを読みながら選別しなければならないので、作業効率ががくっと落ちます。 作業した順に番号を振ったり、誰かに渡さなければならないファイルで似たようなタイトルのものであれば渡す相手の名前を明記など、デスクトップにおいているときでも外側からみて分かりやすいタイトルを付けておくことが欠かせません。 ショートカットもサクサク削除! 次に増えやすいのがインターネットのショートカット。 以前使って「またいつか使うかも・・・・・・」という意識からついついデスクトップに残っているままになっている方も多くいるのではないでしょうか。 とりあえずはここも断捨離。 最近使ってないな・・・・・・と思うショートカットは迷わず削除。 また使う、もしくは必ず使うときがくるというものはショートカットではなくクロームやインターネットエクスプローラなどのブックマーク(お気に入り)に登録しておきましょう。 背景を利用して優先度一目瞭然! ある程度までデスクトップ上のファイルを整理できたら、つぎはそれを配置していきましょう。 初期状態のように左端から詰めて並べていくのも良いかもしれませんが、おしゃれに楽しくスタイリッシュにデスクトップを楽しみたい方は背景をうまく使ってデスクトップにアイコンを配置していくというのもひとつの手です。 4色や6色に色分けされていてひと目でどこに何が置いてあるか自分で把握できたり、同じ色分けでもポストイット風のかわいらしい背景、さらには木目調にルーズリーフやメモパッドなどが置いてあるデザインの背景にアイコンを配置していけば、まさにデスク(机)風の使用感になるという発想です。 こういったデザインの素材を配布されているサイトさんも会りますのでぜひ好みのものを探してみてください! 整理する時間を決めて作業忘れも防止! 整理法のひとつとして時間を管理するというものもあります。 たとえば仕事を終えて帰宅準備の一環としてその日不要になったファイルはその都度削除して帰るということを日課にする。 たとえば朝出社して仕事を始める前に作業中のフォルダから今日作業を必ずしてしまわなければならないファイルとそれに必要な資料ファイルをデスクトップに引っ張りだしておく。 そうすることにより今日一日のタイムスケジュールや作業効率を上げることが出来ますし、作業漏れもなくすことが出来ます。 そして終わったら同じように不要なら削除。 まだまだ作業をするならば引き続き作業フォルダにしまって、きれいにして帰る。 ペンを使ったらペン立てに入れる。 デスク上のお片づけと同じで、毎日毎回使ったら仕舞うことが基本中の基本です。 便利ツールやアプリケーションを導入してサクサク! Mac・Windowsともにそれぞれデスクトップのアイコンを整理してくれる便利なツールが存在します。 ボタンひとつで「動画」「写真」など個別のフォルダにファイルをまとめてくれる「Clean My Desktop(Mac用)」、デスクトップ上に散らばるファイルを四角い「フェンス」をつくって分類することが出来る「Fances」、フォルダやショートカットをMacのランチャーのように収納する「RocketDock」などなど種類も様々ですので色々ためして自分にあったものを見つけてみるのも楽しいのではないでしょうか。 いかがでしたしょうか。 デスクトップがすっきりしただけでなんだか心もすっきりしたような感覚になりますね。

次の

「デスクトップに重いファイルを多数置くと起動が遅くなる」はホント?

デスクトップ 整理 壁紙

パソコンで作成した書類を保存するのに「とりあえずデスクトップに保存」をしてしまいませんか?そして気付くとデスクトップがファイルだらけでなにがなんだかよくわからない状態。 よくありますよね。 非常によくわかります。 確かに、デスクトップに保存すると制作途中のファイルを起動させやすいので便利ですよね。 その反面、デスクトップがごちゃごちゃしてお目当てのファイルが探しにくくて困ってしまいませんか? そんなお悩みを抱える方に、デスクトップをスッキリした画面に保つ裏技を7つお伝えします。 デスクトップの整理法! スッキリした画面を保つ7つの裏ワザ その1:4つのフォルダに集約する デスクトップを整理するためには、もちろん細かくフォルダ分けされているのが一番ですが、もっと簡単にフォルダ分けする整理法をお伝えします。 それは、デスクトップには4つのフォルダのみ置いておく方法です。 「INBOX」フォルダ、「OUTBOX」フォルダ、「作業中」フォルダ、「保管庫」フォルダです。 「INBOX」フォルダにはダウンロードしたファイルや新しく作成したファイルを保管するとりあえずフォルダです。 「OUTBOX」フォルダには、一時的に別名保存したファイルや、PDF化したファイルなどを保管します。 このフォルダに保存したファイルは削除可能なものです。 「作業中」フォルダ、「保管庫」フォルダは読んで字のごとくです。 その2:デスクトップ背景をメッセージボード風にする デスクトップの背景をメッセージボードのようにして活用しましょう。 今日やらなければいけないエリア、とりあえず保管するエリア、のようにデスクトップを本当の仕事机のように使ってみましょう。 すると自ずと整理整頓するくせがついてきますし、必要な資料がどこにあるのか探す手間が省けます。 メッセージボードの背景はコルク調、木目調など色々なデザインがネットで無料でダウンロード可能なのでぜひ探してみてください。 その3:デスクトップ整理ソフトを使う デスクトップ整理用のツールは様々出ています。 例えば「ViPad」や「Fences」はジャンルごとにデスクトップに囲いを設けてくれるので、目的別にまとめることができます。 ドラッグ&ドロップするだけという非常に楽な方法です。 グループごとにカラーリングして視覚的に見やすくする「Sideslide」というソフトもあります。 Macチックにアイコン整理ができる「ObjectDock」も人気が高いです。 自分に合った整理ソフトを探してみてはいかがでしょうか。 その4:デスクトップのクリーンアップを行う ウィンドウズですが、デスクトップ上の使っていないアイコンをクリーンアップしてくれる機能があります。 デスクトップから右クリックでプロパティを選択します。 画面のプロパティからデスクトップのカスタマイズをクリック。 すると「デスクトップをクリーンアップする」という機能が使えます。 この機能は単純に使っていないファイルをひとまとめにするものなのですが、デスクトップ上に1つファイルを作って、あまり使っていないファイルをそこにまとめてしまうのも1つの方法です。 そして、時間があるときに使われていないファイルフォルダを定期的に整理しましょう。 その5:外付けハードディスクを活用する デスクトップにファイルを溜め込むと、パソコン本体の起動が遅くなるというデメリットがあります。 あまり使っていないファイルをフォルダにまとめて保管するだけでは本当に整理したことにはなりません。 とは言え、忙しいし細かく整理する暇なんてない、という方は外付けハードディスクを活用することをおすすめします。 コンパクトなものでも1TB以上の容量を持つハードディスクが主流です。 そこにまとめてデータを移してしまいましょう。 パソコンが整理され、動作も良好になるはずです。 その6:アイコンの配置は決めた場所に アイコンを置く場所を決めておきましょう。 常にデスクトップに配置しておくフォルダのアイコンの置き場所を決めておくと、決められた場所に目的外のファイルが配置されると気になってきます。 デスクトップへの保存を行う際の自動的な配置では、新しいファイルは隙間に勝手に配置されてしまいます。 これが気になってしまうので、決められた配置に置きたくなってきます。 デスクトップを少しずつ整理するコツの1つです。 その7:壁紙をモチベーションにする デスクトップの壁紙をカッコいい車、バイク、好きなアイドル、子どもなど好きな写真を使っている人をよく見かけます。 デスクトップが整理できていなければ、それらの写真を楽しむことができませんよね。 好きな写真を眺めることをモチベーションにデスクトップの整理を行いましょう。 一方、好きな写真なんて特にないという方は、適当な写真を使うのではなく、なるべくノイズの少ない壁紙を使うようにしましょう。 シンプルな背景を用いることでごちゃごちゃするとすぐ目立つようになります。 デスクトップをスッキリとした画面に保つ方法を7つお伝えしましたがいかがでしょうか。 細かいフォルダ分けはかえって時間もメモリも食ってしまうので、出来るだけシンプルな整理方法を実践することをオススメします。 まとめ デスクトップの整理法!スッキリした画面を保つ7つの裏ワザ その1:4つのフォルダに集約する その2:デスクトップ背景をメッセージボード風にする その3:デスクトップ整理ソフトを使う その4:デスクトップのクリーンアップを行う その5:外付けハードディスクを活用する その6:アイコンの配置は決めた場所に その7:壁紙をモチベーションにする.

次の

センスありすぎ!発想が面白いPCのデスクトップ画面 15選

デスクトップ 整理 壁紙

あなたのデスクトップ、不要なファイルで溢れ返っていませんか? もしファイルで溢れ返っているのなら、今すぐデスクトップの掃除が必要です。 デスクトップのあらゆるファイルが、知らない間にあなたの頭を混乱させ、貴重な時間を奪い仕事の邪魔をしているのです。 デスクワーカーにとってパソコンのデスクトップとはあなたのオフィスのようなもの。 足の踏み場も無い程、モノで溢れ返った汚いオフィスでは良い仕事は出来ないのは当たり前です。 同僚はあなたのデスクトップを意外と見ています。 デスクトップが汚いだけでいろいろと損してしまうのです。 でもご安心を。 今回はデスクトップをすぐに整理する事が出来る、「 三階層デスクトップ整理術」をご紹介。 誰でも1時間程あれば、デスクトップのフォルダを一つにまとめてスッキリ整理する事が出来ます。 三階層デスクトップ整理術を実践して、作業効率を上げて良い仕事をスピーディーにこなせるデキるWebデザイナーを目指して欲しいと思います。 このページの目次• 三階層デスクトップ整理術とは?• これから紹介する整理術は、とにかくシンプル。 難しく考える必要は全くありません。 毎日、仕事や勉強に入る前に10分間だけ整理するだけで常にデスクトップをキレイに保つ事が出来ます。 頭がスッキリして、仕事や勉強への集中度が抜群に高まります。 普段1時間かかる様な仕事を、スピーディーに10分以内で終わらせる事が出来ます。 クリエイティブな気持ちになります。 それでは、早速三階層デスクトップ整理術をご紹介していきたいと思います。 【手順1】デスクトップ上の不要なファイルを徹底的に捨ててファイルの数を少なくする ファイルの整理が出来ない人のデスクトップの特徴は上記の様な状態でしょうか。 とりあえずデスクトップに保存して放置してほったらかしという感じですね。 これでは頭の中もぐちゃぐちゃで効率的に仕事を進めていく事が出来ません。 まずは不要ファイルをゴミ箱に捨てて、デスクトップ上のファイルの数を減らしていきましょう。 【手順2】デスクトップ上にprojectフォルダを新規作成する デスクトップにある不要ファイルの削除が完了後、デスクトップにProjectファイルを作成しましょう。 【手順3】projectフォルダ内 二階層目 に仕事別フォルダを作成します 三階層デスクトップ整理法では、すべてのファイルを仕事別に分けていきます。 自分が関わっている仕事をリストアップして、フォルダを作成していきましょう。 ファイルには、仕事以外で使用するプライベートファイルなどもあるかと思いますので、その他フォルダを作っておくと良いでしょう。 【手順3】各仕事フォルダの中にデータごとのフォルダを作成する 三階層目 次に各仕事フォルダの中に、その仕事でよく使用するファイルのフォルダを作成していきましょう。 Webデザイナーの場合は、以下のファイルを扱う事が多いので、今回は以下のフォルダを作成しました。 デザインデータフォルダ Photoshop,illustratorなどのファイル• 素材フォルダ jpg,gif,pngなどの写真画像ファイル・背景素材ファイルなど• これは仕事Aのデザインデータ、これは仕事Bのコーディングデータ、これは仕事Cに使った資料だなという具合にドラッグアンドドロップで分類をしていきます。 すべてを格納し終わったら、デスクトップは以下のような状態になっているはずです。 学校であればゆとり教育の見直しからきた「宿題の多さ」、会社であれば一人ひとりに課せられる「業務の多さ」によって多くの人々の脳の中に「空き地」がなくなり、やる気が生まれないのだと思います。 空き地を作らないと仕事に追い込まれ心がパンクしてやる気を失い、悪循環に陥ってしまうのです。 Webデザイナーという職業は、多くの情報を扱う仕事です。 その為デザイナーという仕事は必然的に整理力が求められます。 デザイナーとしてデキる人になる為には、あなたのワークスペースとなるパソコンのデスクトップに「 空き地」を作る必要があるのです。 もしあなたのデスクトップがファイルで溢れ返っているなら、今すぐ「 三階層デスクトップ整理術」をお試し下さい。 片付ける前と片付けた後の作業効率の変化・自分の気持ちの変化に驚かれる事でしょう。

次の