日大アメフト。 大学アメフト

日大アメフト、危険なタックル問題 : まとめ読み : ニュース : 読売新聞オンライン

日大アメフト

関西学院大との毎日甲子園ボウル第1クオーターでタッチダウンパスを決める日大QBの林大希(中央)=阪神甲子園球場で2017年12月17日、望月亮一撮影 新型コロナウイルスは自身3度目の大きな壁となる。 だが試練を乗り越える度に、その歩みは輝きを増してきた。 不死鳥こと「フェニックス」を愛称に持つ日大アメリカンフットボール部4年の司令塔、林大希(たいき)(21)は「逆境に燃える男」だ。 新型コロナ感染拡大に伴う活動自粛が解け、少人数ごとに分けての練習が再開された6月上旬、大学グラウンドのある東京都世田谷区で取材に応じた林が格言めいたことを口にした。 「人生は振り子と一緒だと思う。 上げ幅が大きければ、下げ幅も大きい。 逆に今ほどどん底を知れば、次の上げ幅は大きいと思っている」。 それは自らの歩みの中で確信を深めてきた人生訓ともいえる。 だから新型コロナの感染が広がっても前向きに次に備えてきた。 白いマスクが一層際立たせる真っ黒に日焼けした額が自粛期間中に重ねたトレーニングの量を物語る。 174センチ、78キロの肉体は細身に映るが、洋服の奥にはくっきりと割れた強じんな腹筋が潜んでいた。 大阪市で生まれ育った林は大学時代にアメフトをやっていた父義宜(よしのぶ)さん(50)の勧めで、小学生になると競技を始めた。 強肩と俊足を武器に、高校日本一を決める「クリスマスボウル」で優勝3度の強豪・関大一高(大阪)にスポーツ推薦で入学した。 ハードな練習に没頭し、二の次としていた授業にはついて行けなかった。 進級できず、2年から編入できる学校への転校を決めた。 突き当たった1度目の壁だった。 しばらくはふさぎ込んだ。 だが母早苗さん(49)は林を責めなかった。 「自分が価値があると思う人生を歩めばい….

次の

悪質タックル問題の「その後」 過熱報道で消費された日大アメフト部の現在(杉山孝)

日大アメフト

関西学院大との毎日甲子園ボウル第1クオーターでタッチダウンパスを決める日大QBの林大希(中央)=阪神甲子園球場で2017年12月17日、望月亮一撮影 新型コロナウイルスは自身3度目の大きな壁となる。 だが試練を乗り越える度に、その歩みは輝きを増してきた。 不死鳥こと「フェニックス」を愛称に持つ日大アメリカンフットボール部4年の司令塔、林大希(たいき)(21)は「逆境に燃える男」だ。 新型コロナ感染拡大に伴う活動自粛が解け、少人数ごとに分けての練習が再開された6月上旬、大学グラウンドのある東京都世田谷区で取材に応じた林が格言めいたことを口にした。 「人生は振り子と一緒だと思う。 上げ幅が大きければ、下げ幅も大きい。 逆に今ほどどん底を知れば、次の上げ幅は大きいと思っている」。 それは自らの歩みの中で確信を深めてきた人生訓ともいえる。 だから新型コロナの感染が広がっても前向きに次に備えてきた。 白いマスクが一層際立たせる真っ黒に日焼けした額が自粛期間中に重ねたトレーニングの量を物語る。 174センチ、78キロの肉体は細身に映るが、洋服の奥にはくっきりと割れた強じんな腹筋が潜んでいた。 大阪市で生まれ育った林は大学時代にアメフトをやっていた父義宜(よしのぶ)さん(50)の勧めで、小学生になると競技を始めた。 強肩と俊足を武器に、高校日本一を決める「クリスマスボウル」で優勝3度の強豪・関大一高(大阪)にスポーツ推薦で入学した。 ハードな練習に没頭し、二の次としていた授業にはついて行けなかった。 進級できず、2年から編入できる学校への転校を決めた。 突き当たった1度目の壁だった。 しばらくはふさぎ込んだ。 だが母早苗さん(49)は林を責めなかった。 「自分が価値があると思う人生を歩めばい….

次の

当初はコーチ、QBが拒絶反応も……。日大アメフト部と新監督の1年半。

日大アメフト

日大危険タックル問題の真相は?(写真はイメージ) 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。 記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。 今回は、日大アメフト部の危険タックルの映像に注目。 * * * 誰が見ても危険な反則行為である。 アメリカンフットボールの定期戦で、日本大学の選手が無防備な状態だった関西学院大学の選手に後からタックルした。 タックルされた選手は右ひざなどをケガし、関西学院大は日大に抗議文書を送付。 ところが、日大から届けられた回答書は、関西学院大の疑問や疑念を払しょくするものではなかった。 会見を開いた関西学院大の小野宏ディレクターは、終始、暗い表情で回答書の内容を話し始めた。 疑念となっていた反則行為が内田正人監督からの指示だったのかという点については、「指導者の教えと選手の理解にかい離があった」と回答され、指示は否定。 それでも疑念を解消できず、内田監督の「これぐらいやっていかないと勝てない」という試合後の発言も紹介しつつ、この発言が撤回されたことも明らかにした。 関西学院大の鳥内秀晃監督も、「私であれば」と質問者を見据えながら「1つ目のプレーで、(反則した選手を)ベンチに下げて、求めている厳しさはああいうことじゃないと、言いますね」と、自分の言葉や気持ちを強調するように、何度も頷いていた。 反則は、2度、3度と繰り返されたのだ。 危険なタックルについて聞かれると、「40年近くやっていて、ああいうプレーは初めて見ました。 絶対にありえない」と、質問者を見つめて語気を強めた。 そして「暴力ですよ」と口をへの字にして、瞬間的に頬を膨らませ、憤りを露わにする場面もあった。 「同じようなプレーが関西学院大で起きたら?」との質問には、身体を起こしてわずかに左肩を後に引いた。 胸を張ったようにも見えるその仕草で、「うちのチームでは絶対にありえません」と何度も首を横に振った。 そこから自身が安心安全を優先させ率いてきたチームへの自信と信頼が透けて見える。 それだけに、内田監督の責任について「現場の責任者は監督」と話す時の目に厳しさが増した。 ケガを負った選手に対して「まず謝罪に来るのが筋」と話す声も、ひと際、強く大きくなった。 「何で彼だけがああいうプレーをしたのか?」、「なぜ1つ目でベンチに下げなかったのか?」。 鳥内監督がそう話したように、日大は否定したものの、試合の映像で時折映る内田監督の後ろ姿を見ると、監督の指示は本当になかったのか疑問に思えてしまうのは確かだ。 というのも、反則行為が起きた時の映像を見てみると、アメフト経験者が信じがたい、見たことがないという行為が目の前で行われたというのに、立ったまま試合を見ている監督の身体には目立った動きが何も見られないのだ。 その後ろ姿からは、「何をやっているんだ!」でも「何が起きた?」でもなく、反則に対する瞬間的な反応や、驚き、怒り、焦りといった感情の動きは何も感じられない。

次の