ブラック でも 作れる etc カード。 ブラックでも作れるクレジットカード9選

鬼ブラックでも作れるクレジットカード【2019年】誰でも必ず審査に通る方法はある?

ブラック でも 作れる etc カード

超ブラックの方のクレジットカード作り方 超ブラックの方のクレジットカード作り方 インターネット等では「必ず審査が通るクレジットカード」、「誰でも審査が通るクレジットカード」、「絶対審査の通るクレジットカード」と題して、 楽天カードやヤフーカード、アメックスカードなどはブラックリストに載っている方でも審査に通過できると紹介しているWEBサイトが多くあります。 しかし、 実際にはブラックリストに載っている方は、楽天カードやヤフーカード、アメックスカードの審査に通過することは困難です。 「超ブラックでも作れるクレジットカード」は存在しません。 例えば、借りたお金を一度も返したことない他人から「今度は絶対に返すから、お金を貸してくれ」と言われても、説得力がありませんよね。 カード会社の場合も同じです。 借りたお金を踏み倒している方に、カード会社がクレジットカードを発行することはありえません。 そこで、この記事では、超ブラックの方が、債務整理(自己破産)をしてクレジットカードを作るまでのプロセスを解説していきます。 ブラックでも審査に通過できた事例がある理由 インターネットで「ブラックリストに載っていたけれど、クレジットカードを発行できた」という内容の口コミを見たことがある方も多いと思います。 ブラックでも審査に通過できた事例がある理由は、 実は申し込み者がブラックリストに登録されていないからです。 クレジットカードが作れないブラックリストの方は、基本的に下記の項目に該当する方です。 無断でカード料金の返済を61日以上滞納した• 無断でキャッシングの返済を61日以上滞納した• 無断でカードローンの返済を61日以上滞納した• 数年前に債務整理(自己破産や任意整理)を行った 「消費者金融の借金が少し残っている」「カード利用代金の振り込みを数日忘れた」などの理由では、クレジットカードが作れないブラックリストになることはありません。 Web診断でカード申込前に審査通過の可否が分かる! 自分が ブラックに登録されているか心配でクレジットカードを作るのを迷っている方は、マスタカードの Web診断を利用しましょう。 マスタカードのWeb診断は、カード申込前に必要事項を入力するだけで審査通過の可否が分かります。 仮に、 発行不可と診断された場合は、借り入れがあってブラックリストに登録されている可能性があるのでクレジットカードの発行は諦めましょう。 超ブラックの方が自己破産をしてクレジットカードを作るまでの流れ 超ブラックの方は下記の手順に沿ってクレジットカードを作りましょう。 弁護士に相談して自己破産する• 安定した収入を得る(定職に就く)• 自己破産から10年経過するのを待つ• 審査の甘いクレジットカードに申し込む カードローンやカード料金、借金を滞納して、 超ブラックになっている方がクレジットカードを作るには、債務整理が必要です。 債務整理(自己破産や任意整理)を終えて現在、安定した収入がある人ならばクレジットカード審査に通過することは可能です。 弁護士に相談して自己破産する カードローンやカード料金、借金を滞納・延滞している方は、弁護士に依頼して自己破産をしましょう。 自己破産とは、裁判所で債務を免除してもらう手続きです。 自己破産をすると、原則としてすべての財産を手放すことになります。 (20万円以下の預貯金などは残せます) 自己破産は最寄りの弁護士事務所で手続きできます。 債務整理費用は20~30万円と高額ですが、 自己破産をする場合は「民事法律扶助」を利用すれば司法書士費用を一時的に国が立て替えてくれます。 そのため、現金を持っていない超ブラックの方でも債務整理をすることは可能です。 自己破産が会社に知られても解雇されることはない 自己破産をすると勤めている会社に自己破産したことがバレます。 しかし、会社に自己破産がバレても解雇されることはありません。 自己破産を理由に従業員を解雇することは、「労働基準法の不当解雇」に当たります。 しかし、 弁護士や警備員などの職業は法律で自己破産者が就けない職業と決められています。 そのため、弁護士会社や警備会社で働いている方は、仕事をクビになる可能性があります。 安定した収入を得る(定職に就く) 自己破産をした超ブラックの方は、安定した収入を得られる定職に就くことをおすすめします。 カード会社は、クレジットカードの審査の際に、無職やニート、フリーターよりも会社員や公務員などの安定した収入を得られている方を優遇します。 自己破産者が就けない職業 自己破産は下記の職業には就けないと各省庁の権限で決められています。 建築業• 警備員• 旅行行業者• 生命保険員• 弁護士や税理士……etc なお、上記の職業は自己破産が解除されると、再び就けるようになります。 自己破産から10年経過するのを待つ 自己破産をした超ブラックの方は、自己破産から10年経過するのを待ちましょう。 ブラックリストの情報は、個人信用情報機関(CIC、JICC、KSC)に登録されます。 自己破産の情報は個人信用情報機関に5~10年の間残り続けます。 たとえば、2018年に自己破産すると2028年まではブラックリストに登録された状態になります。 そのため、自己破産をした超ブラックの方は、自己破産の情報が消える 10年を待ってからクレジットカードに申し込んだ方が審査に通過できる確率が高くなります。 審査の甘いクレジットカードに申し込む クレジットカードの審査基準は、カード毎に異なります。 自己破産を経験した超ブラックの方は、信用力が低いため審査基準の厳しいクレジットカードに申し込むと審査に落ちる確率が高くなります。 そのため、 超ブラックの方は、審査の甘いクレジットカードに申し込むと良いでしょう。 なお、審査が甘いクレジットカードが知りたい方はのページを参照ください。 審査に通過しやすくなるコツ 自己破産明けの方は、クレジットカードの審査に通過できるか不安な方も多いと思います。 そこで、審査に通過しやすくなるコツについて解説していきます。 キャッシング枠を設定しない キャッシング枠を設定しないと審査通過の確率が上がります。 キャッシングとは、クレジットカードを利用してコンビニや銀行ATMから現金を借りるサービスのことです。 超ブラックの方がキャッシング枠を設定すると、カード会社に「また、カード料金を踏み倒すのか」と思われます。 そのため、自己破産をした超ブラックの方は、クレジットカードに申し込む際には、絶対にキャッシング枠を設定しないことをおすすめします。 超ブラックでも借りられるキャッシングサービスはありません。 固定電話の電話番号も書く クレジットカードに申し込む際は、携帯電話と共に固定電話の電話番号も、記入すると審査に通過しやすくなります。 固定電話があるとカード社は、超ブラックでも定まった住所を持っており、公共料金も払えている人だと認識します。 また、 定まった住所があるとカード会社は、借金を踏み倒して、夜逃げしてしまう可能が低いと考えます。

次の

ブラックでも作れるETCカード。クレジット契約なしで取得できるのはデポジット型

ブラック でも 作れる etc カード

年会費がかかる• 発行には多額のデポジット代が必要• ETC利用でのポイントは貯まらない• ネットから申し込みできない 【公式サイト】 こちらの ETCパーソナルカードはクレジットカード会社ではなく、NEXCO・首都高速・阪神高速などが共同で発行しています。 ここでいう審査なしとは、ETCカードを申し込んだときに信用情報をチェックしない... という意味を指します。 つまりブラックではないけど、色々な原因でクレジットカードの審査に通らない... という人にもおすすめです。 そして、クレジットカードなしでETCカードだけを持てるのは『ETCパーソナルカード』のみです。 ETCカードは欲しいけどクレジットカードはいらないなあ... という人にもおすすめできます。 利用違反さえしなければ途中でのETCカード解約もなし その他ETCパーソナルカードの特徴をまとめるとこんな感じ。 項目 内容 年会費 税込1,234円 締め日 毎月末 引き落とし日 毎月27日 引き落とし方法 口座引き落とし 発行審査 なし 保証金(デポジット) 毎月の利用金額の4倍 2019年6月現在の情報です。 「いやいやブラックでも作れるなら規約がきびしいんじゃないの... 」と心配されそうですが、 利用違反さえしなれば途中解約されることもありません。 つまり利用違反の大きな原因はETC料金の未払いですが、 「カード今すぐコム」さんの記事に具体的な内容が書かれていたので引用します。 利用規約第18条(会員資格の取消)に該当すると強制解約されてしまうことがあります。 例えば、 決済口座の設定手続きが完了しないケース、カードを第三者に貸与あるいは譲渡したケース、後納料金を支払わないケースなどがあります。 引用元: 強制解約というとなんだか怖いイメージがありますが、それを言ったら普通のクレジットカードでも長く支払いを延滞すれば同じく解約されます。 そこまでルールは大きく変わらないでしょう。 完済した人だけじゃなくて、お金を延滞中の人でも作れるチャンスがあるETCカードだね!申し込みは自己責任だけど 保証金を預けないとETCパーソナルカードは発行できない 注意点として、 ETCパーソナルカードを作るには「事前に保証金(デポジット)を預ける」という条件があります。 ここが普通のクレジットカードやETCカードと大きく違うところです。 年会費が必要なカードは多数ありますが、保証金が必要なカードなんてほとんど見かけません。 NEXCO西日本の公式サイトにて、ETCパーソナルカードの申し込み条件が書かれていたので引用しますね。 お申込みの際に、平均利用月額(有料道路の月平均利用額)をご申告いただきます。 平均利用月額を 5千円単位で切り上げた額を4倍した額をデポジットとして預託していただきます。 引用元: つまり、「ある程度のお金を預かって発行するよー」... ということ。 入会では審査がない代わり(?)に、お金を担保とした上でETCを利用した料金を口座から引き落とすという仕組みです。 間違えやすいですが、 引き落とすETCの利用料金と年会費はこの預けるお金とは別に必要なので気をつけてください。 間違い:ETC料金、年会費はデポジット金から払われる• 正解:ETC料金、年会費はデポジット金とは別に口座から引き落とされる もちろん月々の引き落としができなければETCパーソナルカードは利用停止します。 ここは他のETCカードでも一緒ですね。 ETCパーソナルカードのデポジット代はどんなに安くても2万円から ETCパーソナルカードのデポジット額の計算方法をリストにしてみました。 引用にもあったように、月の利用額の4倍を預けなければいけません。 平均ETC利用月額 デポジット額 平均利用月額の4倍 5,000円 20,000円 10,000円 40,000円 15,000円 60,000円 20,000円 80,000円 どんなに安くてもデポジットには2万円かかるので、かなり高いですね...。 このデポジット代をカード申し込み後に預けなければいけません。 普通のETCカード:無料もしくは年会費が数百〜数千円かかる程度• ETCパーソナルカード:数万円のデポジット代+年会費が必要 一般的なETCカードが作れない人は、おそらく金銭的にも余裕がないことが多いでしょう。 その上でこのデポジット代の出費はかなりきついですね...。 ただ上でも書きましたが、 こうして預託金を収めてもらうことでETC代が延滞されるリスクを抑えているからこそ、ほぼ審査なしで発行できてるともいえますね。 デポジット以外のまだ引き落とししていない利用料金がデポジット代の80%を超えると、 ETCパーソナルカードが利用停止になってしまいます。 カードが停止になってしまったら、当然ですがETCのゲートを利用することはできません。 アメックスの中では年会費は安いが一般的には高額• ポイント還元率が低い• ETCカードの発行手数料がかかる 次に紹介するのは、 『アメリカン・エキスプレス・カード』です。 ステータス性が高いイメージがありますが、意外とブラックリストでも審査に通りやすかったりします。 【公式サイト】 アメックスはまずクレジットカードを作って 追加オプションでETCカードを発行できます。 他のクレジットカードと発行手順は一緒ですね。 なお、アメックスにはいくつか種類がありますが、 私のおすすめは「ANAアメックス」。 上で載せた画像のカードになります。 自社発行以外のアメックスカードはブラックだと審査がきびしい アメックスブランドのカードはいくつかのカード会社が発行していますが、 この記事では国際ブランドのアメックス社が自社発行しているクレジットカード(プロパーカード)全般を指します。 自社発行以外のカードはアメックスがブランド名を貸しているだけです。 入会審査はそれぞれのカード会社が行います たとえば他社ではクレディセゾンもアメックスカードを出していますが、ブラックリストで申し込んでもまず審査には通りません。 私もブラックリスト状態で何度か申し込みましたが作れませんでした。 ANAアメックスはアメックスの中では年会費が安い では、なぜANAアメックスがおすすめかというと、 シンプルに 年会費が1番安いから。 他のアメックスのプロパーカードは年会費が1万円以上かかるので、ETC目的ならコストパフォーマンスはよくありません。 ANAアメックスの詳細はコチラ。 項目 内容 本会員年会費 税抜7,000円 家族カード年会費 税抜2,500円 発行条件 20歳以上で定職がある人 国際ブランド アメリカン・エキスプレス ポイント還元率 0. ETCカードは発行手数料がかかるものの、年会費無料なのは嬉しいですね。 またETCカードとは直接は関係ないですが、ANAと提携しているだけあって旅行に関するサービスが充実しています。 超ブラックでも作れるがお金には余裕を持っておこう アメックスって高級そうだけど、ブラックでも作れるの?... という人もいるでしょうが、作れます。 アメックスは 外資系カード会社で独自の審査基準なのでブラックでもチャンスがあるんですね。 年会費が高い• 保証金10万円をを納める必要がある• 利用限度額=保証金の額なのでそれ以外は選べない• 分割、リボ払い、キャッシングができない 最後に紹介するのは 『ライフカードデポジット』です。 「デポジット型ライフカード」「デポライフ」とも呼ばれていますが、この記事内での呼び名は「ライフカードデポジット」で統一します。 【公式サイト】 ライフカードデポジットとは2018年12月に登場した保証金10万円を納めてから発行するクレジットカードで、 借金延滞中、無職、自己破産の免責中という人たちにもチャンスがあるというすさまじい1枚。 保証金が必要ということで「信用力が低い人用ってバレるんじゃないの?」... と思うかも知れませんが、普通のライフカードと付帯ブランド(Mastercard)、デザインはそれぞれ同じなので安心してください。 こちらもまずカード到着後に1週間ほどしてからライフカードデポジットのコールセンター(カード裏面に番号あり)から申し込むことができます。 残念ながらクレジットカードと同時に作ることはできません。 ライフカードデポジットはETC利用でポイントは付かない ライフカードデポジットの詳細はこちらです。 年会費は翌年以降は口座引落しです。 ライフカードはポイント還元率がいいカードとしても有名で、毎年誕生日月にはLIFEサンクスポイントがなんと3倍(1. さらにカード入会の初年度は常にポイントが1. 5倍です。 まとめるとポイントの還元率は以下のようになります。 通常のライフカードも2017年7月よりETCカード利用でのポイントは付かなくなりました。 旅行サービスに強いANAアメックスと、ETC以外ならポイントが貯まりやすいライフカードデポジット。 クレジットカードとETCカードが一緒に欲しい人は、自分に合ったカードを選びましょう。 カードを延滞したら保証金からお金が差し引かれる ライフカードデポジットを使うときのクレジットカードやETC料金の支払いでは保証金、年会費とは別にお金が必要です。 もしもライフカードデポジットで延滞をしてしまった場合、納めている保証金から不足したお金が補填されます。 上記のETCパーソナルカードは保証金の額に応じて限度額が変わってきますが、 ライフカードデポジットは限度額もカード上限額も10万円と一律です(ゴールドカードは除く)。 無料ライフカード:公式サイトから申し込んで発行• ライフカードデポジット:審査落ち後のメールから申し込んで完了 メールは誰でも届くわけではないですが、 届きさえすれば ブラックリストの人でも審査に通る可能性があります。 なお、現在は後から説明するように専用の公式サイトから招待メールなしで申し込むことができるようになっています。 専用サイトから直接申し込みができるようになった くり返しますが、ライフカードデポジットは招待メールが誰にでも届くわけではないということと、 届いたとしても必ずカードの審査に通るわけではありません。 気をつけてくださいね。 また上でも書いたように、最近では専用の公式サイトからライフカードデポジットの直接申し込みができるようになりました。 時間の短縮ですね。 もちろん直接申し込んでも落ちるときはおちますし、無料のライフカードが作れるチャンスはなくなりますが、 どうしてもクレジットカードやETCカードが必要だという人におすすめです。 サイトのリンクは下にあります。 配偶者、親御さんに本カードを作ってもらう• 家族カードを申し込む• 家族カードのオプションでETCカードを作る 家族カードの申込みでは家族が 審査されることはありません。 引き落とし請求はすべて本カード会員に届くからです。 ただし本カード会員の情報を元にして作るのでいくつかデメリットもあります。 以下、 「クレジットカード大学」さんの記事がわかりやすかったので引用します。 【家族カードの注意点】 ・家族カードの利用額は本会員に請求される ・明細書は本会員が一括管理する ・家族カード利用で貯まったポイントは本カードに合算される 引用元: つまりまとめると「どこで」「何を」「いくらで買ったか」は本カード会員に丸わかりだということ。 家族に隠れてコソコソ使う... なんてことはまずできないと考えておきましょう。 さらに追加すると、 新しく家族カードを作るときは 本カードの会員の「再審査」が行われます(追加で家族カードを作っても支払いができるかの確認)。 ここで落ちると家族カードをつくることはできません。 また、楽天カード、ライフカード、Yahoo! JAPANカードのように家族カード会員がETCカードを持てないカード会社もあります。 申し込むときは公式サイトにある「Q&A」などで事前に作れるか確認しておいてくださいね。 おわりに:超ブラックでもETCカードは作れる!... と記事でした。 優先順位として、 まず 最初は日常生活でも使いやすいANAアメックスか、ライフカードデポジットにチャレンジすることをおすすめします。 ETCパーソナルカードは条件さえ満たせば審査なしで作れるので、最終手段として残しておいた方がいいでしょう。 審査に落ちる可能性もふまえて申し込んでくださいね。 家族が協力的な人は、家族カードからETCカードを作ることも検討してみてください。 関連リンク:キャッシングサイトくらべる君 キャッシングでお金を借りたいけど、どこの消費者金融がいいかわからない... という人のために、 『くらべる君』というオススメの比較サイトがあります。

次の

超ブラックでもクレジットカード作れた方法暴露!審査に通るカードの選び方講座|クレジットカード審査

ブラック でも 作れる etc カード

過去に金融事故を起こした人、いわゆるブラックな人はカードがほしくても(一部のカード会社を除いて)審査に通らない。 ブラックの人は新しくカードを持つのが厳しいのだ。 しかし、 「私はブラックだ」と思いこんでいる人には本当にブラックリストに登録されているか確認してほしい。 ブラックなのかは信用情報機関のCICに情報開示申請をすれば簡単に確認できる(ただし有料)ので心配なら申請しよう。 また、クレ達的には自分がブラックだと思い込んでいる人が多い気がする。 ブラックだと勘違いしてる人はもったいない。 ブラックでなければ、自信をもっておすすめのカードに入会すれば良い。 また、ブラックだったならデビッドカードへの入会をおすすめしたい。 ブラックではない人:自信を持ってほしいカードに申込む ()• 本当にブラックな人:ブラックOKのデビットカードに入会する() 短期間の未払いや延滞ではブラックリストに登録されない 少しの支払遅れなどではブラックリストには登録されない。 このページでは、そのあたりの理解を深めてほしい。 まず、「引き落とし口座の残高が足りず引き落とされなかった」などのうっかりミスの場合は、すぐにブラックリストに登録されない。 クレジットカード会社は、CICなどのクレジット情報を管理する個人信用情報機関に対して 61日以上または3か月以上の延滞があった場合に、異動情報を登録する(これがいわゆるブラックリスト)。 言い換えれば延滞が発生して61日未満で返済すればブラックリストへの登録を回避できる。 従って、うっかり払い忘れた場合は直ちに口座に入金すれば問題ない。 少し支払が遅れただけでブラック扱いになることはない。 延滞が解消して5年経てばブラックリストから解放される.

次の