菊の紋ニュース 評判。 【菊の紋ニュースとは】最近皇室バッシングとも取れるニュースを見ますが...

知ってましたか? 歌舞伎界・梨園の「格付けと格差」(週刊現代)

菊の紋ニュース 評判

菊ノ紋ニュースはデマサイトです。 新聞社やテレビ局などマスコミは全く関係ありません。 あれほど細かくプライベートな会話や行動が流出しているとすればとっくに大問題になっています。 秋篠宮殿下が福島に公務に行かれた際に農家の方に「安全性は大丈夫ですか?」、「最近柿を献上されていませんよね?柿と酒は合うんですよ。 (暗に柿をくれというアピール?)」などと失礼な発言をされたとありましたが、殿下が公務先でそんな奇行を実際にされていたら今の時代SNSに載せられるか、他の週刊誌等のメディアにも取り上げられて話題になるはずです。 このサイトでは天皇皇后両陛下や愛子内親王殿下を称賛する記事が多く、秋篠宮家の方々や上皇上皇后両陛下には批判的な記事が目立つことから、天皇ご一家の評判を上げて秋篠宮家と上皇上皇后両陛下を貶めたいという思想を持った人が執筆しているのだと思います。 どれも捏造なので天皇ご一家にも秋篠宮家にも上皇上皇后両陛下、ほかの皇族方にもただただ失礼な話です。 週刊誌等でも行き過ぎた取材から間違った報道もありますが、このサイトは捏造しかありません。 盛っているなんて可愛らしい言葉でもなく、捏造です。 このサイトの記事に書かれている皇族方が公務で実際に行かれた場所や大まかな公務や行事の内容などは合っているので恐らく新聞や週刊誌の記事、宮内庁のサイトなどを参考にして捏造しているのだと思います。 このサイトを運営している会社の住所は公開されていましたが、賃貸マンションの一室でした。 編集長は『文藝春秋』や『創』『週刊現代』にも寄稿しているとありますが、名前を検索してもこのサイトしか出てきません。 また、このサイトの運営自体何をしている会社なのか分からず、設立も1年未満、ホームページもないので実際に会社が存在しているか不明です。 少なくとも信頼ができる会社ではないことは確かでしょう。 一般人の場合、名誉毀損の原告は自分ですが、皇室の方々の名誉毀損は総理大臣が訴えることになっているので多少の名誉毀損レベルでは裁判など起こさないでしょう。 本来であれば名誉毀損で裁判を起こされても仕方ないくらいの捏造です。

次の

大沢池と嵯峨菊

菊の紋ニュース 評判

Contents• 文/編集部 今春、愛子さまが学習院大学文学部日本語日本文学化に進学されることを、宮内庁が明らかにした。 当サイト【菊ノ紋ニュース】の昨年8月の記事を再掲したい。 愛子さま学習院内部進学 幼い頃からその聡明さが知られ、成績は常にオール5でトップをキープしていたという愛子さま。 進学先として、これまで東大をはじめとして、一橋大学、上智大学など様々な名門大学が挙げられてきたが、どうやら、学習院大学に内部進学するご意志を固められたようである。 内部進学を決定した要因として、「慣れ親しんだ学び舎で、腰を据えて学問に取り組んでほしい」という雅子さまのご意向があったことが関係者の証言等により明らかにされている。 文武両道の愛子さま 大変な学業成績の優秀さで知られる愛子さまであるが、勉強以外にもスポーツでのご活躍や、音楽など芸術方面での才能もたびたび報じられている。 小学生時代には、何度もリレーの選手に選ばれ、中学生時代には、球技大会などで大変な活躍をしていた。 また、学習院初等科4年生で管弦楽部に入部したときからチェロの演奏を続けており、学習院の演奏会などでも素晴らしい演奏を披露されているようだ。 また佳子さまの後に続きダンス活動もされており、学内でのその評判は佳子さま超えだという。 「名は体を表す」という言葉が意味する通り、愛子さまは、級友たちからも、国民からも愛されるプリンセスに成長された。 毎年開催される「オール学習院の集い」の演奏会で、 楽しそうに チェロを演奏される愛子さま 学習院の各サークルが愛子さま争奪戦を繰り広げる? そんな文武両道の愛子さまであるが、どうやら、学習院大学の各サークルでは愛子さまの入会を巡り、勧誘合戦の準備を進めているという。 ある学習院大学関係者は次のように述べる。 「皇族方の学ばれることの多い学習院大学ですが、近年では、眞子さまはICUに進学され、佳子さまも学習院大学を中途退学し、ICUへ再入学されてしまいました。 そのため、学習院大学の各サークルは、佳子さまのご入会を逃しているだけに、今度こそ皇族である愛子さまを入会させようと必死で勧誘の準備を進めているようです」(学習院大学関係者) すでに愛子さま争奪戦は既に水面下で動いている。 ある学習院大学のとある公認サークルのメンバーは 「愛子さまにぜひサークルに入っていただきたく、今からイベントなどの企画準備をしています」と語った。 眞子さま佳子さまの時以上に激しい争奪戦が繰り広げられると予想されるため、勧誘方法などについては大学側から「厳しいお達し」が出る見込みだ。 先の学習院関係者も次のように気を揉む。 「問題が起きないよう、非公認サークルの学内ビラ配り禁止など、例年以上に勧誘ルールの順守を徹底させる予定です。 警備員の増強なども検討しています」(学習院大学関係者) 大学進学で愛子さまブームは頂点に 以前は、眞子さまや佳子さまも大学進学を機に注目を集めた。 しかし、天皇陛下と雅子さまの愛娘である愛子さまが入学した際には、その盛り上がりと注目度は、前の二人の入学時とは比較にならないほどの規模になるであろうと、ある皇室ジャーナリストは語る。 「高等科時代の佳子さまも可愛らしく学内でとても人気がありました。 ですが、今の愛子さまの人気ぶりはもはや、当時の佳子さまを遥かに上回っており、 特に下級生からの人気は絶大です。 愛子さまがダンスチームを結成し、高校2年次に学園祭『八重桜祭』で、ステージに立った際には、生徒たちがどんどん会場に集まってきて、開演が遅れる事態となってしまったほどです。 では、果たして、愛子さまご本人はどんなサークルへの入会を希望されているのだろうか。 「現在、愛子さまが最も入会を希望しているのはダンスサークルだそうです。 また、学習院初等科時代から、チェロの演奏を続けておりますから、音楽サークルへの入会についてもお考えでしょう。 もちろん、スポーツや音楽と様々な方面に才能を発揮されている愛子さまですから、どのようなサークルや部活に入会されても、ご活躍されることは間違いありません。 現在、サークルに入会している学生たちだけでなく、学習院大学の学長等の関係者も、大変期待しながら愛子さまのご入学を待ち焦がれているようです」(同ジャーナリスト) きっと来年には、学習院大学での様々な活動でご活躍される愛子さまの姿が見れることだろう。

次の

学習院大学で「愛子さまサークル勧誘」が既に勃発 争奪戦は眞子さま佳子さまより激しく|菊ノ紋ニュース

菊の紋ニュース 評判

「宮内庁スイーツ」をご存じだろうか? 「宮内庁スイーツ」とは、天皇が住まわれている皇居(こうきょ)や、皇居のまわりで売っているお菓子のこと。 きっと天皇や佳子さま、眞子さまも召し上がったに違いない。 そう考えるとがぜんテンションが上がってきた。 僕も「宮内庁スイーツ」で、皇族気分を味わいたい。 宮内庁スイーツ「菊最中」 二重橋駅を出てすぐの皇居外苑に、お目当ての売店「楠公レストハウス」がある。 売店の近くには「楠木正成」のイカす銅像が。 わくわくしながら売店に入る。 平日の昼間というのに、売店はお客さんで賑わっている。 それもそのはず、思った以上におみやげの種類が多いのだ。 定番の皇室カレンダーから、金箔入りの酒「皇泉」、皇居のほとりで取れた蜂蜜「皇薫蜜」、家紋入りのストラップなど、皇室の激レアアイテムが満載。 続いてお目当ての「宮内庁スイーツ」をチェック。 皇居にいる白鳥をイメージしたお菓子「皇居の白鳥」、菊のご紋が入った「瓦せんべい」に「栗どらやき」など、かなりの充実ぶり。 テンションがマックスになったところで目に入った「菊最中」を迷わずゲット。 値段は1050円。 さっそく「菊最中」をすみずみまでチェック。 箱は水色の菊の模様に包まれており、箱だけですでに上品。 「皇室銘菓」の文字に心躍る。 箱を開けると、菊のご紋の紙に包まれた「菊最中」が並んでいる。 紙をそっとはがすと、「菊最中」本体があらわれた。 美しいっっっ!!! これほど美しい最中があるだろうか。 花びらひとつひとつまで、みごとに菊の花が再現されている。 この「菊最中」は元宮内庁の和菓子職人が開発し、今もすべて手づくりで仕上げているそうだ。 これぞ伝統の技。 グッジョブ。 食べるのがもったいない美しさだが、僕は食べる。 さっくりした皮に、こくのあるつぶあんがよく合っている。 上品な甘さが口の中に広がり、幸せな気分になる。 一瞬皇族になった気がした。 宮内庁スイーツの「菊最中」は見た目が美しく、美味だった。 1050円で皇室の優雅な気分を味わえるのでおすすめだ。 おみやげとしてプレゼントしても驚かれ、喜ばれるはずだ。

次の