宝島 吹奏楽。 『オーメンズ・オブ・ラブ』~長く愛される吹奏楽ポップスの名曲~

【吹奏楽の名曲・名演】『宝島』の解説とおすすめ演奏動画まとめ

宝島 吹奏楽

最高のパフォーマンスならこの動画!吹奏楽オールスターによる『宝島』って? 吹奏楽オールスターによる『宝島』音源 指揮:編曲者 真島俊夫(吹奏楽オールスター動画)は、 日本三大楽団と呼び声の高い「東京佼成ウインドオーケストラ」「大阪市音楽団」「シエナ・ウインド」の楽団員で構成された まさしく「吹奏楽オールスター」による演奏です。 編曲者である真島俊夫先生の指揮にも注目です! 吹奏楽部の学生たちが目を輝かしながら演奏に耳を傾けている姿が微笑ましいですよね。 みんなは知ってた?『宝島』の元ネタはT-SQUAREの同名曲なんです オリジナルはフュージョングループのT-SQUARE(旧ザ・スクエア)による楽曲が元ネタ。 初出は1986年3月5日リリースのTHE SQUAREの11個のアルバム 「S・P・O・R・T・S」に収録されています。 オリジナルは時代とともに少し忘れられた感がありますが、それでも根強い人気を誇っていて、メンバーの和泉宏隆を 代表する曲の一つと言えます。 今では真島俊夫編曲の吹奏楽アレンジバージョンが全国の吹奏楽バンドで演奏されていて、むしろ吹奏楽アレンジのほうが 知名度だけでいうと高いのかもしれません。 作曲者である岩井直薄が「いまでも日本中で演奏されているロング・ヒット・スコアで、聞いたところによると、真島くんのオリジナル曲だと錯覚している若い人たちもいるらしい」とコメントを残しているレベルです。 同様のTHE SQUARE楽曲でおなじみの吹奏楽アレンジ『OMENS OF LOVE』と並び、真島俊夫のアレンジャーとしての知名度が飛躍的に上がった楽曲ではないでしょうか。 T-SQUAREによるインスト演奏。 吹奏楽とは違った良さがありますよね。 「TAKARAJIMA 2008」YouTubeで上がっている中では最も最近の演奏です まさかテレビで見る日が来るとは・・・!アニメ「響けユーフォニアム!」の『宝島』のフル演奏 全国の吹奏楽部やサークルの人のみならず、深夜アニメを見る層にも『宝島』の良さが伝わってしまったようです。 ちょうど私の所属していたサークルでもこの話題でもちきりになっていました笑 アニメ「響けユーフォニアム」のエピソードの中で、実演奏の音による『宝島』のフル演奏がアニメ化されています。 実際に吹奏楽の演奏をした方なら、再現度の高さに驚くはずです。 私自身、「これは作るの大変だったろうな・・・」 と思うレベルの完成度の高さでした。 吹奏楽ファンのみならず、たくさんの方に認知される機会もある名曲だと思わされました。 吹奏楽以外のアレンジ演奏の『宝島』も違った楽しみがあります 吹奏楽の演奏もとってもいいのですが、他のアレンジでも原曲の良さが光っています。 インターネットで人気の動画を3つ厳選してみました! 吹奏楽アレンジ、原曲オリジナル、他のアレンジで聴き比べてみるのも面白いとおもいます。 吹奏楽で演奏するときに、「こんな表現の仕方もあるんだ!」といった発見があるかもしれません。 オーケストラ編成での『宝島』。 吹奏楽アレンジに比べて音が増えて全体的な爽やかさが失われるかと思いきや オーケストラ演奏での音の多さが迫力のある演奏になっています。 こちらはサックス奏者のYUCCO MILLERさんの演奏。 これはかっこよすぎます。 吹奏楽アレンジでもサックスがかなり大事な曲でしたが、想像以上の良さでした。 夜のバーでしれっと流れていそうです。 街なかで路上ライブがあったらかなりの人が立ち止まりそう笑 こちらはエレクトーンによる吹奏楽風のアレンジです。 エレクトーンによるライン撮りですが リズムラインとサックスのリズムが柔軟でソロエレクトーンの良さがあります。 シンセサイザーの バスメロディーがやっぱりかっこいいですね。 吹奏楽アレンジ以外にも様々なアレンジが!『宝島』の楽譜 吹奏楽アレンジが有名ですが、他の種類のバンドでもやってみたくなりますよね。 ここでは、吹奏楽の楽譜、少人数バンド向けの編成、器楽演奏むけのアレンジの 楽譜音源をまとめてみました! ミュージックエイトの楽譜です。 「いつもの」とは少し違いますね。 宮川成治編曲による20人むけのバンドスコア。 音が少ないながら、構成がかなりしっかりしています。 少人数だからこその演奏ができそうです。 こちらは器楽むけのアレンジです。 鍵盤ハーモニカの音色も悪くないですよね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 YouTubeの動画を調べていても、たくさんの演奏やアレンジがあって、 『宝島』の人気の高さをうかがい知ることができました。 ぜひ、演奏の際のヒントとなりましたら幸いです。 わたしたちのサービス「プロの撮影」では、吹奏楽向けの撮影サービスを提供しています。 もし、吹奏楽むけの撮影をお探しでしたら、一度ご検討いただければと思います。 最後までお付き合いいただきありがとうございました! よく読まれている記事• たった一度の思い出をきちんと残してあげたい。 幼稚園や保育園の行事は一度しかありません。 それをなるべくキ……• ダンスしているところの写真やビデオの撮影依頼をして、満足できなかったことはありませんか? 特にコンテスト……• 日本国内には200以上のピアノコンクールがあるんです。 ピアノの練習をする際に、「コンクール」という目標……• コロナウィルスの影響によって、全国の卒業式に大きな影響が出ています。 弊社では「保護者が参加できない卒業……• 友人に頼んでも難しいのではないか。 結婚式の撮影でお悩みの方は多いです。 他にもこんなお声が聞かれ……• 結婚式のオプションで頼むと高い。 自分の結婚式や2次会はどんな様子だったのか。

次の

【T

宝島 吹奏楽

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

吹奏楽の「宝島」ってジャズですか?

宝島 吹奏楽

吹奏楽曲『宝島』の原曲は? 吹奏楽では定番曲になりすぎて、今の中高生は原曲の『宝島』ではなく吹奏楽の『宝島』から入ることも多いでしょう(笑) 『宝島』は元々は 日本を代表するインストゥルメンタルバンドT-SQUARE(ティー・スクェア)の曲です。 作曲者はバンドメンバーでもある和泉宏隆さん。 T-SQUAREは1976年~現在に至るまでメンバーを入れ替えながら活躍するバンド。 ジャズやフュージョンバンドとして人気を確立、伊東たけし(SAX 、本田雅人(SAX 、則竹裕之(DRUMS)など数々の名プレイヤーを輩出しています。 宝島以外にも同じく吹奏楽アレンジで 『TRUTH』・『オーメンズ・オブ・ラブ』なども吹奏楽民の間では馴染みが深いのではないでしょうか。 『宝島』はどんな曲? 吹奏楽版の『宝島』は1991年のNew Sounds in Brass(ニュー・サウンズ・イン・ブラス)第15集で登場します。 編曲は日本吹奏楽界の巨匠、真島俊夫さんです。 冒頭はパーカッション小物系のアンサンブルでスタート。 ドラムのリズムを皮切りに管楽器のテュッティでメロディーが開始されます。 この部分、 低音楽器が「タターン」を繰り返すリズムパートは超重要。 このノリが悪いと「やっぱり吹奏楽の宝島はね・・・」となってしまいます。 その後は、サックスを中心としたメロディーに突入。 メロディー二回目は金管楽器の合いの手が入ります。 フレーズ最後の決めの部分はバンド全体でバシっと揃えたいところです。 そして、この曲の主役でもあるアルトサックスのソロ。 この曲全体を通しの個人的な想いとしては、アルトサックスパート、せめてソロ奏者だけでも、是非 マウスピース、リードについては「ジャズセッティング」で吹いて欲しいところ(笑) もちろん、クラシックの透き通ったアルトサックスの音も大好きなのですが、この曲のソロでの音色は、原曲なども参考にして研究してみると、お客さんにも「おっ?」と感じてもらえる演奏になるのではないでしょうか。 アルトサックスのソロが終わると、再びバンド全体で、曲のサビの演奏へ。 アルトサックスパートはアンサンブル意識も大事ですが、、一人一人が個性全開の音でソロ奏者のつもりで吹いてもらいたいところ(笑)また ホルンが裏で吠える部分はこだわって響かせたいですね。 その後は、アルトサックスソロのアドリブを経て、パーカッションのアンサンブルへ。 この曲を演奏会などで聴いていつも 「重要だな」と思うのが「パーカションパートのテンション」です(笑) パーカッションパート、特に小物系のみなさんがノリノリで楽しく演奏していると、こちらも本当に楽しい気分になります。 パーカッションの小物系の奏者は直立不動・真顔で演奏しないこと、この曲においてはとても重要だなと思います! パーカションアンサンブルが終わると、この曲の 金管楽器最大の見せ場、トランペット・トロンボーンパートによるソリです。 ここはもう間違いなくスタンドで吹いてもらいたいところ。 その後はバンド全体でのサビの演奏に戻り終曲へ。 まずは、ニューサウンズの音源。

次の