トレース ルート windows。 tracert(トレースルート)で応答速度や経路確認、及びマルチ対戦の接続方式について

TCP/IP

トレース ルート windows

本ページ作成時の環境は Windows 98SE,Me TNTmips 6. 5 このページ内の 目 次 フィールドでの調査は、 事前の準備が欠かせません。 まずはじめに、GPSのルート・トレースに必要な ものについて説明します。 その際、測地基準(Datum)の設定は Bessel1841 もしくは WGS1984 を使用することをお勧めします。 詳しい測地基準(Datum)の解説についてはを御覧ください。 加えて、フィールドへ運ぶ際には、当然重量の軽い薄型のノートパソコンを使用するため、TNTmipsのハードウェアキーもまたUSBとなることが多いと思います。 そこで、今回はUSBのハブとUSB-シリアル変換アダプターを使用しました。 また、フィールドへ持っていく為のチェックも忘れずに行ってください。 ディスクの空き容量はもちろん、とくにバッテリーのチェックは重要です。 これを図にすると下のようになります。 さあ、いよいよ機材を持って、フィールドへ出かけましょう。 ここでは機材の接続後、TNTmipsが立ち上がった後での 画像表示、GPSデバイスの設定、現在位置の表示方法 について解説します。 続いて New 2D Group を選択します。 を選択します。 ボタンを押します。 ボタンを押してください。 また、NMEA0183ではなくTrimbleのASCIIフォーマットを用いる場合は、Protocolの設定を変更してください。 Baud Rate: 4800 (NMEA 0183は標準で4800bpsまでしか対応していないそうです。 ) Data bits: 8 Parity: None Stop Bits: 1 Flow Control: Hardware 以上が標準的な設定です。 また必要に応じて転送速度などの詳細を変更するときはこちらで行います。 設定が終わったら、OKボタンを押してください。

次の

ネットワーク入門サイト

トレース ルート windows

本ページ作成時の環境は Windows 98SE,Me TNTmips 6. 5 このページ内の 目 次 フィールドでの調査は、 事前の準備が欠かせません。 まずはじめに、GPSのルート・トレースに必要な ものについて説明します。 その際、測地基準(Datum)の設定は Bessel1841 もしくは WGS1984 を使用することをお勧めします。 詳しい測地基準(Datum)の解説についてはを御覧ください。 加えて、フィールドへ運ぶ際には、当然重量の軽い薄型のノートパソコンを使用するため、TNTmipsのハードウェアキーもまたUSBとなることが多いと思います。 そこで、今回はUSBのハブとUSB-シリアル変換アダプターを使用しました。 また、フィールドへ持っていく為のチェックも忘れずに行ってください。 ディスクの空き容量はもちろん、とくにバッテリーのチェックは重要です。 これを図にすると下のようになります。 さあ、いよいよ機材を持って、フィールドへ出かけましょう。 ここでは機材の接続後、TNTmipsが立ち上がった後での 画像表示、GPSデバイスの設定、現在位置の表示方法 について解説します。 続いて New 2D Group を選択します。 を選択します。 ボタンを押します。 ボタンを押してください。 また、NMEA0183ではなくTrimbleのASCIIフォーマットを用いる場合は、Protocolの設定を変更してください。 Baud Rate: 4800 (NMEA 0183は標準で4800bpsまでしか対応していないそうです。 ) Data bits: 8 Parity: None Stop Bits: 1 Flow Control: Hardware 以上が標準的な設定です。 また必要に応じて転送速度などの詳細を変更するときはこちらで行います。 設定が終わったら、OKボタンを押してください。

次の

tracertコマンド(Windows OS)

トレース ルート windows

今やコンピュータは現代社会の情報通信をつかさどるインフラの一つです。 Windows PCやスマートフォンなどのコンピュータがなければ、私たちの生活は成り立たないと言っても過言ではありません。 人間がコンピュータを効率的に操作するためには、インターフェイス(画面)の仕様が非常に重要です。 コンピュータのインターフェイスは「CUI」と「GUI」に大別され、それぞれ以下の表のような特徴があります。 CUI (Character User Interface) キーボードを使って文字を打ち込みながらコンピュータを論理的に操作するコマンド入力方式のインターフェイス GUI (Graphical User Interface) キーボードやマウスなどの入力機器を使ってウィンドウ・アイコン等をクリックしながらコンピュータを感覚的に操作できるインターフェイス route addの理解を深めるために、ネットワークの仕組みについて簡単に説明しておきます。 あるコンピュータから別のコンピュータにデータを送信するためには、転送する情報を細かく分割した「パケット」を何らかのルートで伝送しなければなりません。 このルートの決め方にはいろいろな方法がありますが、特別な理由がない場合、「デフォルトゲートウェイ」を経由したデフォルトルートが選ばれます。 ちなみにデフォルトゲートウェイとは、簡単に言えば異なるネットワークへ繋ぐルータのことです。 情報受信側のIPアドレス(ネットワーク上の住所のようなもの)が送信端末側と異なるネットワークに所属するものであっても、デフォルトゲートウェイのおかげでデータを届けることが可能です。 基本的にデフォルトゲートウェイのIPアドレスはWindowsによって自動的に設定されていますが、ネットワーク接続のプロパティから手動で設定することも可能です。 (ただしデフォルトゲートウェイの設定を間違えると通信不能に陥るリスクがあるので要注意。 ) また、コンピュータはデフォルトゲートウェイとは異なるIPアドレスのゲートウェイを指定した転送ルート情報を複数持つことができます。 これを「スタティックルート(Static Route)」または「固定ルート」と呼びます。 デフォルトゲートウェイもスタティックルートの一種であり、 スタティックルートの追加・変更・確認等の操作を行う際に用いられるのがroute系のコマンドというわけです。 データを目的地まで確実に送信するためには、ネットワーク上のデータ伝送ルートをコントロールする「ルーティング(経路制御)」が欠かせません。 Windows PCやサーバはルーティング情報を格納した「ルーティングテーブル」という表データを保存しており、データ転送はこのルーティングテーブルに沿って実行されます。 デフォルトゲートウェイだけでは通信要件を満たせない• デフォルトゲートウェイのルータが一時的に制御不能に陥っている• 同時に2か所以上のネットワークに接続する必要がある 上記のようなルーティングに起因したネットワークの問題がある場合にのみ、コマンドプロンプトからroute addを実行してルーティングテーブルの調整を行うことになります。 ルーティングテーブルとは、PCやルーターなどネットワークに接続されたコンピュータに保管されているルーティング(経路制御)情報のデータベースです。 データを送信する宛先への経路一覧が記録されています。 ルーティングテーブルのエントリ(情報)を参照し、パケットの宛先IPアドレスと合致するものがあれば指定ルートのネットワークインターフェイスにパケットを送信する• どのエントリにも合致しなければ、デフォルトゲートウェイとして指定されているルータにパケットを送信する• route addコマンドを実行してコンピュータのルーティングテーブルに新規ルートを追加すれば、デフォルトゲートウェイを介さない別のネットワークで情報を送信できるようになる いわば、 ルーティングテーブルはコンピュータネットワークをつかさどる「地図」のようなものだと考えれば良いでしょう。 難解な専門用語が並んでいて意味が分からないという方もいることでしょう。 route printコマンドを使って表示したルーティングテーブルの見方を簡単にまとめると、以下の表のようになります。 Interface List (インターフェイス一覧) データの送信に使用されるインターフェイス一覧• ローカルループバックインターフェイス• 有線LANのインターフェイス(NIC=Network Interface Card)• 無線LANのインターフェイス などが表示される Network Destination (ネットワーク宛先) 送信先ネットワークのIPアドレス Netmask (ネットマスク) 送信先ネットワークのサブネットマスク(ネットワークの範囲を定義したもの) Gateway (ゲートウェイ) ゲートウェイのIPアドレス Interface (インターフェイス) パケットを送信するインターフェイスのIPアドレス Metric (メトリック) メトリック値(同じ経路が複数ある場合、メトリック値の低いルートが優先される) 上記のroute addコマンドを例に、route addコマンドの書式について見ていきましょう。 route addコマンドは、「 route [オプション] add [ネットワーク] mask [マスク] [ゲートウェイ] [オプション]」という構文になっています。 route -p add• route addの間に「-p」を挿入すると、OSの再起動後も追加したルートの設定が保持される• 「-f」を挿入した場合、現在ルーティングテーブルに設定されているルート情報を全て削除した上で新規ルートを追加できる ネットワーク (172. 0) 宛先ネットワークのIPアドレス マスク (255. 255. 255. 0) 宛先ネットワークのサブネットマスク ゲートウェイ (192. 168. 1) ゲートウェイのIPアドレス metric 1 メトリック値が1のルートを追加するオプション設定(省略可能) if 4 パケットを送信するインターフェイス番号を指定するオプション設定(省略可能) これはWindowsのコンピュータでは出来ない機能ですが、Linuxではroute addコマンドで「拒否経路」を追加することが可能です。 拒否経路に設定したルートは、そのホストでルーティングされなくなります。 ここでは例として、宛先ネットワーク(IPアドレス:172. 0、サブネットマスク:255. 255. 255. 0)に対して拒否経路を追加してみましょう。 「route add -net 172. 0 netmask 255. 255. 255. 0 reject」と入力してコマンドを実行すれば設定が完了します。 Linuxで「route」コマンドを実行した際、「Flags」の欄に「!」と表示されていれば拒否経路が設定されています。 今回は、route addコマンドの使い方やルーティングテーブルの操作方法、ネットワーク障害発生時の対処方法などをご紹介いたしました。 最後に本記事の要点をまとめると、以下の5点が挙げられます。 route addは、クライアントPCやサーバーなどに新規通信ルートを追加設定するコマンド• route addコマンドを使用することで、デフォルトゲートウェイの不具合時などに別のスタティックルートを利用できるようになる• route addに「-p」や「-f」などのオプションコマンドを付けることで、システム再起動後もルート情報を保持させたり他のルート情報を一括消去させたりすることが出来る• 「route print」は現在のルーティングテーブルの確認、「route delete」は不要なスタティックルートの削除に使われるコマンド• ネットワーク障害発生時には、「traceroute(tracert)」コマンドを使うと簡単にネットワークのボトルネックを探し出せる.

次の