浦和 競馬 場。 5/27(水) 浦和競馬場の全レース予想(無料軸馬)です♡|地方競馬予想

浦和競馬場コースまとめ&考察

浦和 競馬 場

0 24. 0 24. 0 24. 0 24. 0 24. 0 23. 5 23. 5 23. 0 22. 0 21. 0 21. 0 21. 0 21. 0 21. 0 21. 0 20. 5 20. 5 20. 3 20. 0 20. 0 20. 0 20. 1 20. 4 19. 5 19. 5 19. 5 19. 7 20. 3 20. 8 21. 0 20. 9 20. 5 20. 0 19. 7 20. 0 20. 1 20. 5 20. 8 22. 2 22. 1 21. 7 22. 2 22. 4 22. 1 22. 0 22. 2 22. 9 22. 1 21. 4 21. 3 21. 9 23. 2 25. 4 27. 6 30. 0 32. 0 33. 6 34. 9 34. 7 34. 3 33. 8 32. 4 30. 2 28. 3 27. 2 26. 2 25. 5 25. 1 24. おすすめ情報•

次の

【浦和競馬場】アクセス・営業時間・料金情報

浦和 競馬 場

距離差は少なくともスタート位置で大きく違うのが浦和競馬の特徴だ。 直線が短いので、仕掛けは3コーナーあたりになる。 追い込み馬は厳しく、大井や川崎で逃げ切れなかった馬が浦和で圧勝することも珍しくはない。 ネットのライブで状態を確認しよう。 急な馬体重の増減にも注意。 急なコーナーをうまく立ち回れる上位騎手を中心に馬券を組み立てるのがいい。 リーディング上位の騎手は頭に入れておこう。 森泰斗 船橋 2. 左海誠二 船橋 3. 福原杏 浦和 4. 繁田健一 浦和 4. 保園翔也 浦和 2018年と変わらず2019年も森騎手と左海騎手が上位のワンツー。 森騎手は去年より勝ち星を伸ばし連対率は43. 外すことは考えられない。 また左海騎手も小久保厩舎とのコンビで勝ち星を伸ばしている。 注目はリーディング3位の若手の福原杏騎手、2019年は南関東62勝中41勝を挙げている。 負担減量の軽減がなくなっても成績を落とさないようなら本物だろう。 内枠からの逃げ切りも多く、戦略的に強引な逃げを打つ騎手もいるので、的を絞りにくさもある。 逆に中央からの遠征馬に地元騎手が乗るときはチャンスだ。 続いてパイロ産、ゴールドアリュール産、スマートファルコンさん、ヘニーヒューズ産と続く。 中央でも活躍するダート血統馬はそのまま南関東でも活躍が目立つ。 浦和での狙い目は、メイショウボーラー産も勝ち星が多いが、プリサイスエンド産、スターリングローズ産の連対率が異常に高くねらい目だ。 降級や昇級により着順に変化が現れるのは中央競馬と同じ。

次の

5/27(水) 浦和競馬場の全レース予想(無料軸馬)です♡|地方競馬予想

浦和 競馬 場

浦和競馬場ってどんな競馬場なの? 外コースのダートで左回り、1周距離1200mの小さな競馬場になります。 特に、アップダウンがあるわけでもない平坦なダートコースです。 直線の距離は300mです。 スタート位置で枠の有利不利が激しく変動する事が多くあります。 レースのほとんどは1400mと1500m戦、特別戦などで1600mのレースで行われています。 距離差は少なくともスタート位置で大きく違うのが浦和競馬の特徴でしょう。 浦和競馬必勝法のポイントは逃げ馬を積極的に買う事です。 理由としては、浦和競馬は南関東4競馬場の中では最も直線の短い競馬場です。 そのため逃げ馬の逃げ切りや逃げ粘りが多数発生する事が特徴的なので、差しと追い込みの馬はなかなか活躍出来ません。 つまり先行力のある強い馬に乗せてもらえるかどうかは騎手にとっても勝敗を分ける要因になりやすいと言う事です。 最後の直線が短いと言う事ももちろんですが、浦和競馬場のコースはどの距離設定もスタートゲートの位置から、最初コーナーまでの距離が短い事もあります。 逃げを打てるほどスタートやダッシュが他の馬より秀でている馬は良いポジションを確保しやすいのです。 浦和競馬場は、埼玉県さいたま市南区大谷場1丁目8-42に所在地を構えている南関東競馬です。 アクセス方法は、JR南浦和駅(JR京浜東北線、JR武蔵野線)東口より徒歩15分です。 もしくは、東口より無料送迎バス5分です。 JR浦和駅からは、東口より徒歩15分で到着します。 (JR京浜東北線、JR高崎線、JR東北本線、JR湘南新宿ライン) それでは、浦和競馬場の特徴に移りましょう。 浦和競馬場独特の騎手の特徴 南関東の競馬場は大井競馬場での開催では大井競馬所属の騎手が多く活躍し、川崎競馬の開催では川崎競馬所属の騎手が多く活躍します。 そして、船橋競馬の開催では船橋競馬所属の騎手が多く活躍するのですが、どういう訳か浦和競馬開催時でも浦和競馬所属の騎手はそれほど目立った活躍がありません。 他の競馬場所属のジョッキーがリーディング上位になる事が多いのです。 競走馬の方を見ても、浦和所属の競走馬よりも他の競馬場の所属馬の方がやはり馬券的にも信頼度が高く、浦和の馬はそれだけで軽視される事も多いです。 2008年に繁田騎手がリーディングを獲得して以降、8年間も浦和の騎手は浦和競馬のリーディング獲っていないですね。 船橋所属の森騎手や左海騎手が2018年はリーディングジョッキーになっています。 浦和の馬のレベルは低い!? 昔は浦和競馬所属の馬はお世辞にも強いとは言えませんでした。 事実、地方競馬の重賞勝ち馬を見てみると、南関4場の中では浦和競馬所属馬が最も勝率が低いのです。 しかし、最近の浦和競馬所属馬はかなり侮れない存在になっています。 少し考えてみれば、浦和競馬場は南関4場の中でもっとも開催日数が少ないうえ、さらに浦和競馬開催時にも他場の馬も出走して来るわけですよ。 地元浦和の開催日数が少なくて、さらに地元で他場の馬に勝ち星をさらわれていたのでは、調教師も騎手も馬主もやってられませんね。 他場で勝てなきゃいけないし、地元で他場の馬を負かさなければならないわけです。 もしかすると、そうした厳しい環境が、浦和競馬所属馬の能力の底上げにつながっているんじゃないでしょうか。 これからも少しずつレベル、騎手ともに能力は上がってくるのではないでしょうか。 距離別のレース傾向と特徴を掴もう! 浦和競馬場は左回りのダートコースで基本的には前に行った馬が有利です。 またダートなので、先行もそうですが砂に脚をとられない強い脚力があると良いですね。 まずは、距離別にデータがありますので、どんな傾向があるのかご紹介します。 データはデータは、nankankeiba. comのデータを参照しています。 800mについて 短い距離全般に言えますが、逃げ、先行馬が圧倒的に有利です。 距離が短い為、スタートは当然ながら一番重要になります。 また、特別内側が不利になるとも言えません。 ここは、スプリンター的な能力が重要になって来ると思います。 1枠 勝率9. 2% 連対率10. 1% 3枠 勝率6. このレースも同様に距離的に、前に行った馬が有利です。 さらに、枠順で見ると5枠が好走しているので、力関係にもよりますが、前に行きそうで、5枠に入っていたら買いですね。 1枠 勝率11. 浦和競馬場のダートコース1400mの特徴は、スタート地点はホームストレッチの4コーナー寄りからスタートし、最初の1コーナーまでの距離はおよそ300mで、直線の短いイメージのある人も多いかと思います。 ちなみにコース敷地内に川が流れているため、浦和競馬場のコースの一部は橋になっていますが、競走への影響は何らありません。 実は京都競馬場のダート1800mもゲート位置から最初のコーナーまでの距離は286mなので、京都競馬場を走る馬のレベルと浦和競馬場を走る馬のレベルの違いを考えると、馬のスピードが違うため体感的には浦和の方が長く感じる事さえあるかもしれません。 しかし、その京都競馬場と比較すると、浦和競馬のコーナー部は300mなのでおよそ100mコーナー部が短いです。 これはそれだけ小回りで急なカーブである事を意味し、当然そこでスピードは緩む傾向にあります。 その緩んだ1コーナー2コーナーを抜けると南関東の競馬場最短のバックストレッチが待っています。 差しと追い込みの馬としては、ここで仕掛けてある程度前を射程圏に入れておきたいが、直線が短いため、スピードが乗った頃にはまた3コーナーがやってきて、コーナーを曲がれるだけのスピードに抑えないと膨らみすぎてしまいます。 内と外どちらが有利なのでしょうか? 一般的に外が有利と思われがちですが、現在勝率が一番高いのは2枠です。 内側でも、前目に行く馬には注意したほうがよいでしょう。 1枠 勝率5. ここで先行争いに巻き込まれて脚を使うと後ろからくる馬に有利になります。 地方競馬の場合、馬群にのまれて外に騎手が振っても、砂で脚力がまさらず差せません。 1枠 勝率11. スタート位置がコーナーのすぐ手前ですのでスタートしてからすぐにコーナーを曲がることになります。 前に行ける馬は大きな距離ロスにはならないのですが、後ろから行く馬は外をまわることになりますので大きなロスがあります。 そのため、スタートからのレースの進め方、仕掛けるタイミングが難しいコースです。 先行馬が外に入った場合は少し厳しい展開になります。 1枠 勝率25. 向う正面からスタートします。 この距離も先行馬が有利です。 小回りコースですしコーナーの数も多いので、後ろから行く馬にはかなり厳しいです。 レースの数が少ないため内外の有利不利はなんとも言えませんが前に行く馬が有利なのは明白です。 1枠 勝率0. 南関東で川崎、大井、船橋、浦和と4つありますが、この中でも浦和は予想が難しいと思います。 平坦のダートなので、馬の力だけではなく、騎手の能力も存在します。 その事も踏まえて、予想すると良いでしょう。 基本的に地方のダートは差しではなく、先行と逃げで固めて行きましょう。

次の