ぶどう 狩り 神戸。 関西のぶどう狩りで食べ放題があるおすすめ穴場農園9選!

ぶどう狩りでピオーネを食べよう!<兵庫県>

ぶどう 狩り 神戸

関西地方で、「 ぶどう狩り」&「 食べ放題」のできる観光農園の情報をまとめていきたいと思います。 量が多いので、2回に分けてご紹介! 今回は、第2回目となります。 スポンサードリンク サンシャイン牧場果樹園(和歌山県印南町) ぶどう狩りのほか、バーベキュー 食材持込み制 なども楽しめます。 牧場では馬、やぎ、ビーグル犬たちが元気に迎えてくれる。 自家製ジャムの販売も行っています。 お弁当など食べ物の持ち込み可能。 ぶどう直売所などもあります。 5km 5分 岩岡。 神出へは、第二神明道路玉津ICから国道175号経由で8km 15分 駐車場 あり。 神出:10台以上 大型バス3台可 、岩岡:100台/無料 飲食物の持ち込み お弁当の持ち込み:可能 雨天時対応施設 なし その他 おみやげ販売:あり/時価 公式サイト 神戸フルーツ・フラワーパーク(兵庫県神戸市) 花とフルーツをテーマにしたガーデンリゾート施設。 広い園内にホテル、温泉、遊園地、バーベキュー場などがある。 秋はぶどう、梨などの味覚狩りが楽しめます。 入園料無料 フルーツ狩りは別途料金必要。 1500台/普通車500円、バス2000円/1時間までは無料 飲食物の持ち込み お弁当の持ち込み:可能 雨天時対応施設 なし その他 おみやげ販売:あり/キングデラ1kg 800円、ハニーレッド1kg 1,100円、紫玉、ピオーネ1kg 1,200円 公式サイト みとろ観光果樹園(兵庫県加古川市) ぶどう狩り、栗拾い、柿狩りなどが楽しめます。 ぶどう狩りは大人900円、栗拾いの入園料は1人500円、柿狩りは大人600円。 期間 8月上旬~9月中旬 営業時間 9時00分~16時30分 定休日 期間中無休 品種 デラウェア、ベリーA 食べ放題 時間無制限 料金 時間無制限食べ放題 大人:900円、小人:700円 所在地・住所 兵庫県加古川市上荘町見土呂835-4 問合せ先 電話番号:079-428-2133 予約 予約不要 30名以上の団体は要予約 アクセス(電車) JR加古川線 厄神駅から車で5分。 または徒歩20分 アクセス(車) 山陽道 三木小野ICから国道175号、県道20号経由7km 15分 駐車場 あり。 期間 6月上旬~10月下旬 営業時間 9時00分~15時00分 定休日 期間中無休 品種 巨峰、ゴルビー、藤稔、赤嶺、翠峰、ロザリオロッソ、リザマート、バラデイー、黄玉 食べ放題 40分 料金 40分食べ放題 6月上旬~8月中旬 大人 小学生以上 :1,650円、幼児 2歳以上 :1,030円 8月中旬~10月末 大人 小学生以上 :1,350円、幼児 2歳以上 :930円 所在地・住所 兵庫県淡路市上河合173 問合せ先 電話番号:0799-85-2696 予約 予約優先 アクセス(電車) JR山陽本線 舞子駅から高速バス30分、バス停:津名一宮IC下車、送迎あり 平日のみ、要確認 アクセス(車) 神戸淡路鳴門道 津名一宮ICから一般道経由1. 気候や生育状況、混雑状況などにより情報は変更になる場合があります。 お出かけ前には必ずご自身で農園にご確認ください。 料金や営業時間の変更等があった場合は、記載料金が実際と異なる事がありますので予めご了承ください。

次の

神戸市観光園芸協会/ぶどう狩り/岩岡観光ぶどう園

ぶどう 狩り 神戸

神戸ぶどう狩り 神戸ぶどう狩りガイド!神戸でぶどう狩りが出来る遊び場所を紹介します!ぶどう狩り農場一覧以外にもおいしい「ぶどう」の見分け方や選び方も伝授!神戸ぶどう狩りガイドで最適なぶどう狩りが出来る農場を探そう! >神戸ぶどう狩り 神戸ブドウ狩り ぶどう狩りに行ってみませんか? ぶどう狩りには特に時間制限がないので、お弁当を持って家族連れでゆっくりとピクニック気分で有意義な時間を満喫できます。 葡萄狩りの楽しみ方ですが、とれたてのブドウはそのままでもおいしいのですが、クーラーボックスに氷を入れて持っていって冷やして食べればおいしさが倍増しますよ! おいしいぶどうは、びっしりと実が付いた房は見栄えが良いのですが、「実がまばらに付いて隙間のある房」のほうが、光が当たりやすく甘くておいしいのです。 白い系統のブドウは、少し黄色くなっているほうが熟しています。 赤や黒い系統のぶどうは、色が濃いほうが熟しています。 ぶどうの房は、一番下の粒が熟すのが遅いので、一番下の粒を味見して甘ければ全体が熟していると判断できます。 しかし、一番下の粒を味見することは、商品価値の低下となるので、ぶどう園では嫌われることがありますので、味見ができるか確認しましょう。 軸(茎)は、なるべく長くなるように切ると、日持ちが長くなります。 あと、ブドウ園の周囲はとにかく自然がいっぱいです。 ぶどう狩りだけでなく虫捕りも出来ちゃいます。 ぶどう狩りに行くときは虫かご・網なども持って行くいいですよ。 神戸市北区 神戸市から車で30分程の場所にある神戸フルーツフラワーパークでは、ハニーレッド、ピオーネ、紫玉、キングデラといった種類のぶどう狩りが楽しめます。 駐車場も広めですし、ぶどう狩り以外にも遊園地やバーベキューなどお遊び要素もいっぱいの施設です。 兵庫県三木市 このぶどう園は低農薬で自然のままのブドウ作りが評判となったぶどう園で、毎年、夏休みになると、ファミリーやグループにとても人気のあるぶどう園です。 三木平井山観光ぶどう園のぶどうの木は低木もあるので、小さな子供さんでも手が届きやすいので、小さな子供さんでも直接収穫が出来るファミリーにお勧めのぶどう園です。 兵庫県加古川市 農業と豊かな自然に親しむ機会を提供し、都市と農村の交流を図ると共に農業の振興と地域の活性化を図ることを目的にみとろフルーツパークが設置されました。 パーク内には、クリスタルアーチ、観光農園、バーベキューガーデンなど、家族や仲間と楽しめる施設がいっぱいです。 男性的でダイナミックな味のピオーネは紫黒の大粒の実はしまっていて,歯触りが良く,ジューシーで,適度に酸味がきいていてとても人気があります アダチ観光農園はぶどう狩りが楽しめる雨よけビニールハウス約40アール完備の、雨の日でも楽しめる農園です。 ぶどう狩りは8月中旬〜9月中旬まで楽しめます。 ぶどう狩り以外にも桃狩り、さくらんぼ狩り、いちじく狩り、プラム狩りなども楽しめます。 アダチ観光農園は、完全予約制の為、混雑して食べられないってこともありません。 >神戸ぶどう狩り >神戸ぶどう狩り.

次の

神戸から行く!兵庫県で食べ放題のある「ぶどう狩り」スポット

ぶどう 狩り 神戸

夏から秋にかけての味覚狩りはやっぱり「ぶどう狩り」ですね。 頭上に伸びた枝から、たわわにぶら下がる葡萄の姿は見事です。 せっかく「ぶどう狩り」に行くなら高級ぶどうである「ピオーネ」は外せません。 百貨店の「贈答用果物」でもよく見かけるピオーネは、粒が大きく濃厚な味。 一粒食べれば大人だけでなく子供も虜になりますよ。 ピオーネは、巨峰・マスカットを親に持つぶどう。 見た目・食感ともに優れ、糖度が高くて香りも非常に良いです。 巨峰の大きさを受け継ぎ、マスカットの優れた香気を持つ大変人気のある品種ですね。 最近は種の無いピオーネの栽培も増えてきました。 岡山県や山梨県で生産量の6割を占めますが、関西にもピオーネが食べられる農園が多く存在します。 ぶどう狩りでピオーネが食べられると贅沢ですね。 今回は、関西にある「ぶどう農園」の中から、ピオーネ狩りができるスポットを紹介します。 「農業庭園 たわわ」では、農地を借りることができ、作物を育てることができます。 さらに農作物の販売、「いちご狩り・ぶどう狩り」を始めとした味覚狩りも行われています。 こちらは食べ放題ではなく、 自分の好きな「ぶどう」を採って量り売りされるシステム。 時期によって採れるぶどうも違います。 粒の大きなピオーネは8月下旬頃。 たわわに実った葡萄の迫力に驚かされますよ。 収穫前には試食もできます。 8月中旬頃には、最近人気のある「シャインマスカット」も登場。 ただし 人気があるのですぐに完売してしまいます。 公式ページをチェックして、販売開始後すぐに訪れましょう。 他にも、デラウェア(7月末〜8月中旬)、ハニーシードレス(8月中旬)、サニールージュ(8月上旬)といった種の無い品種は、やっぱり子ども達に人気です。 ぶどう狩り可能時期 7月末〜9月中旬頃 営業時間 「土・日」9:00〜15:00 「火〜金曜」9:00〜12:00 定休日 月曜日(祝日の場合営業し、翌火曜日休み) ぶどう品種 デラウェア、ハニーシードレス、サニールージュ、ピオーネ、シャインマスカット 予約 要予約 食べ放題の有無 なし。 量り売り アクセス 電車 水間鉄道「水間観音駅」より徒歩約30分 自動車 阪和自動車道「貝塚IC」より約5分 駐車場 無料駐車場あり 一緒にやってみたい体験 同時期には「とうもろこし収穫体験」ができますよ。 新鮮なので生でも食べれちゃいます。 シーズン後半9月頃からは「さつまいも掘り・栗拾い」といった体験も。 直売所があるのが嬉しいポイント。 農薬の使用も最大限抑えられた、安心安全な新鮮な野菜。 幻の水なす「馬場なす」を見かけたらぜひGetしましょう。 今は、ハニーシードレスとピオーネがあった。 前者は、100gで100円で、少し大きめの房なら400g程度あって400円となる。 高めだが、店ではあまり見かけず、甘くて美味しい。 子供も大満足。 ぶどう農園の方々が心をこめて作ったぶどうが食べられますよ。 JAのアドバイスを受けて育つぶどうは、品質も安定していますよ。 実は「柏原ぶどう」を始めとした大阪のぶどうは、昭和3〜10年頃には全国で1位のぶどう産地でした。 100年以上の栽培歴史がある伝統の「甲州ぶどう」はおすすめです。 和菓子のように甘いぶどうを堪能して下さい。 ピオーネは8月中旬から9月中旬にかけて。 他にも、8月上旬〜中旬頃はデラウェア、8月中旬〜10月中旬にベリーA 、そして9月下旬〜10月中旬にかけて甲州が食べられますよ。 公式ページをプリントアウトして持っていくと割引をしてくれるサービスも。 公式ページをチェックしておきましょう。 ぶどう狩り可能時期 8月上旬〜10月中旬 営業時間 「土・日・祝」9:00~15:00 「平日」9:00~13:00 定休日 期間中無休 ぶどう品種 デラウェア、ピオーネ、ベリーA、甲州 予約 不要 食べ放題 あり 入園料 大人 1,100円 小学生 800円 園児 600円 ピオーネ等大粒品種の場合 大人 1,700円 小学生 1,300円 園児 900円 アクセス 電車 JR大和路線「柏原駅」・近鉄大阪線「安堂駅」より、ぶどう園まで送迎あり 自動車 柏原市観光ぶどうセンターまで、西名阪自動車道「藤井寺IC」より約15分。 その後、ぶどう園まで先導してもらえる。 そして一番嬉しいのは「ちびっこゲレンデ」。 そり遊びは楽しいですよね。 そりも無料で借りれるので気軽に遊びに行けます。 きっと何度も滑っては登り、滑っては登りと夢中で遊ぶことでしょう。 今日は好天に誘われ、シンママ大阪応援団のぶどう狩りに参加、柏原のぶどう園でただいま2房目に挑戦中! いやあ、ホントに甘い完熟です。 — 日本機関紙出版センター kikanshibooks ぶどう狩りのスポットは夏号にたくさん載せてますよ〜。 山の上にあるので見晴らしのいい観光農場。 予約制ですが、時間無制限で食べ放題。 お腹いっぱい食べちゃいましょう。 栽培されている「ぶどうの品種」も多く、デラウェア、ピオーネ、紅瑞宝、スチューベン、瀬戸ジャイアンツ、赤嶺、ロザリオビアンコ、マスカットベリーAなど多数。 時期により食べられるぶどうは変わりますが、 色んな種類を食べ比べられるのは嬉しいですね。 東園・西園と、自然にふれあいながら甘いぶどうを食べられますよ。 ぶどうの時期は「虫採り」にもちょうどよい季節。 大自然の中都会では見れない虫採りに勤しんでも楽しそうですね。 10月中旬〜11月中旬には「みかん狩り」も可能。 こちらも時間無制限・食べ放題なので秋が深まった頃にもう一度訪れたいですね。 ぶどう狩り可能時期 8月〜10月下旬 営業時間 9:00~16:00 定休日 不定休 ぶどう品種 デラウェア、ピオーネ、紅瑞宝、スチューベン、瀬戸ジャイアンツ、赤嶺、ロザリオビアンコ、マスカットベリーAなど 予約 要予約 食べ放題 あり 料金 大人 1700円 小人 1300円 幼児 900円 アクセス 自動車 西名阪自動車道「藤井寺IC」より約20分 駐車場 あり ぶどう狩りと一緒に楽しむ こちらの農園では、BBQも楽しめます。 持ち込みにはなりますが、 家族みんなでバーベキューをして、デザートは自分で採ったぶどうを頂く。 贅沢なデザートになりますね。 また、9月中旬からはザリガニ釣りもできます。 パパが子供の頃は近所の小さな川でザリガニ釣りをしたって人も多いと思いますが、最近ではそんな川って無くなってきましたよね。 この機会に子どもに「ザリガニ釣り」にチャレンジさせてみましょう。 最初は怖がるけど、すぐに慣れて手でザリガニを掴めるようになりますよ。 BBQ後に遊べることがあるのは重要ですね。 身が大きくてすげー!ピオーネも食べ放題なんて幸せ。 夕日の丘観光農場 — ひとぅ hitoxu 柏原市の夕日の丘観光農場でピオーネやスチューベンを堪能しました。 2017年春に 「道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢」としてリニューアルしました。 新たに地元農家の新鮮な野菜や神戸ビーフが並ぶ農産物の販売所、地元食材を使用したレストランなどが設けられ、雰囲気も一気におしゃれになっています。 フルーツフラワーパークでは以前と変わらず「味覚狩り」を楽しむことができ、8月上旬頃からぶどう狩りができます。 時期により採れるぶどうが違い、濃い紫色の紫玉からスタート。 厚めの果皮で剥がれやすく、甘みが高いのに適度な酸味がある葡萄です。 同じ時期にはキングデラという、デラウェアに似た葡萄も。 デラウェアより一回り大きいので食べごたえがありますよ。 下旬からはハニーレッド、ピオーネが登場。 ピオーネは言わずとしれた高級葡萄。 風味が大変良いので口に含んだ瞬間幸せが広がりますよ。 ハニーレッドは粒の大きなうっすらと赤い葡萄。 甘みが非常に高く濃厚な味わいが楽しめます。 ぶどう狩りに出かける際、 氷を持っていくと美味しく食べられますよ。 もぎ取った葡萄を氷の張ったバケツに少し浸けておくことで、数倍美味しく食べることができます。 「ぶどう狩り」は暑い時期に行われるので、火照った身体に甘く冷たい葡萄が身に染みます。 常温の葡萄よりも冷たい方が、量も多く食べられてお得ですね。 返却時に返金。 予約 不要 アクセス 電車 神戸電鉄「岡場駅」からバスで約15分 土日祝は三宮駅から「イオン神戸北・アウトレット」まで無料シャトルバスあり JR「三田駅」からホテルの無料送迎バスあり 自動車 三宮から約30分 六甲北有料道路「大沢IC」よりすぐ 駐車場 無料 もっとフルーツフラワーパークを楽しむ 8月中旬頃からは「梨狩り」を同時に楽しむことができますよ。 シーズン序盤は「幸水」から。 サクッと歯ごたえがよく、やや硬めの食感。 柔らかい葡萄と比べて新鮮ですよね。 9月上旬頃には「豊水」が登場。 こちらはやや柔らかめの食感。 どちらの梨も甘みが強くファンの多い梨ですね。 敷地内にある遊園地も健在なので「ぶどう・梨狩り」の後は、乗り物に乗って遊んでも良いですね。 最後はファームサーカスにある足湯に浸かり、くつろいで帰りましょう。 素敵な1日が過ごせますね。 お腹が水分でたぷたぷです😂 — ムラカミユカ:a little yard alittleyard 昨日は車で15分程の神戸市立フルーツフラワーパークへぶどう狩りへ。 ハニーレッドとピオーネという品種を食べた。 二人で5房。 暑いけど、秋は確実に近づいているのですねぇ。 甘味が強く、山科で昔から栽培されている「マスカット・ベリーA」が8月中旬~9月中旬頃に、甘さと酸味のバランスがよく、粒が大きく果肉もしっかりした「ピオーネ」が8月下旬~9月下旬頃に食べられます。 ピオーネは土日祝のみなので注意。 どちらのぶどう狩りも可能な時期には、 受付で試食させてもらえるので、食べた上でどちらの葡萄にするかを決められます。 名神高速沿いの山の斜面が農園になっていて、スペースも広大。 ぶどうの房すべてが白い紙に包まれ、洗わずにそのまま食べることも可能です。 レンタルのバケツに水を張れるので、 氷を持参して行くと、ほどよく冷えたぶどうが食べられますよ。 案外すぐ冷えるのでおすすめです。 大人だと少しかがみながら移動しなくてはいけませんが、幼稚園年長さんにも手の届く高さに葡萄が成っているので、 背伸びをすれば自分だけで葡萄を収穫できます。 ゴザに座って食べる自分で採った葡萄は格別ですね。 お弁当を持っていくとピクニック気分でいけますよ。 ぶどう狩り時期 8月中旬~9月中旬 営業時間 9:00~16:00 定休日 シーズン中無休 ぶどう狩り品種 マスカット・ベリーA、ピオーネ 料金 ベリーA ピオーネ 大人(中学生以上) 1,100円 1,600円 小人(小学生以上) 800円 1,100円 幼児(3~5歳) 600円 600円 2歳以下 無料 無料 予約 不要 アクセス 電車 地下鉄東西線「小野駅」より京阪バス2系統竹田駅東口行き乗車、「中ノ茶屋観光農園前」下車すぐ 自動車 阪神高速8号京都線「山科IC」より約7分 駐車場 あり 山科・勧修寺ぶどうの直売所、はいから園さんで買ってきた、シャインマスカットとピオーネ。 京都中心部から近いところで「ぶどう狩り」ができますよ。 買い取り制なので、食べ放題ではありませんが、6種類のぶどう狩りができるスポットです。 訪れる時期にもよりますが、様々な種類の葡萄が食べられるのは嬉しいですね。 ぶどうの香り漂う園内でピオーネを収穫できますよ。 なだらかな斜面にたくさんの葡萄が成っている様は圧巻。 一つ一つ紙袋に覆われ大切に育てられています。 展望台からは京都市内が一望でき、景色も大変美しいですよ。 予約しておけば、すき焼きや焼き肉も一緒に楽しむことができます。 甘酸っぱい葡萄にお肉、自然の爽やかな空気を楽しめる憩いのスポットですね。 ぶどう狩り時期 9月1日~9月下旬 営業時間 10:00~16:00 ぶどう品種 デラウェア、シャインマスカット、ベリーA、ピオーネ、ゴールドフィンガー、藤稔 料金 入園料 200円(3歳以上) ぶどう料金 「買い取り制」500円~1,500円(一房) アクセス 電車 阪急京都線「桂駅」西口より市バス「西8・西1・西5」系統、阪急京都線「洛西口駅」よりヤサカバス「1」桂坂方面行乗車、「新林センター前」下車、徒歩10分 阪急京都線「桂駅」東口より京阪京都交通バス「大原野長峰行き」乗車、「西長南口」下車、徒歩2分 自動車 京都縦貫自動車道「大原野IC」よりすぐ 駐車場 あり 家族でぶどう狩りまくってる 千弥農園 — テンクモ tenkumo とてもいいお天気の下、京都市内、といっても西のはずれにある千弥農園へ家族でブドウ狩りに行ってきました。 初めてといっていいブドウ狩りに、娘は大興奮! いくつものブドウの房を両手に持ち嬉しそう。 「採れたてのブドウは美味しいねー!」といってはどんどん食べていきます。 みどり農園では、半日〜1日かけて田舎を体験できる 「コース制」を採用。 野外バーベキューとキノコご飯の付いた、Aコースでぶどう狩りが体験できますよ。 要予約なので行きたい日が週末ならば早めの行動を。 山道をハイキングして、ぶどう狩りを体験したあとには、 川のせせらぎに耳を傾けながらバーベキューを楽しみましょう。 ぶどう狩りの時期はまだ暑さも残りますが、BBQにもピッタリの時期。 ゆったりと大自然を満喫できますよ。 40ヘクタールの敷地に30軒前後の農園が集まった、 巨大なぶどう狩りスポットです。 巨峰村内でも、ぶどうや梨の栽培面積・栽培品種数で一番大きな農園が「森園」です。 減農薬乳酸菌栽培を採用していて、肥料は国産材のチップや牛フンを使用。 ふかふかの土の中には、冬場カブトムシやクワガタの幼虫が好んで住んでいる、栄養価の高い土です。 この土壌で栽培されるぶどうは、美味しいに決まってますね。 ぶどう狩りのシーズンも長く、8月から10月中旬ごろまで様々な葡萄を楽しめます。 テレビや雑誌にも数多く取り上げられ、 皇室献上品として秋篠宮様に献上されている「ぶどう」を食べることができますよ。 量り売り、食べ放題と2つのパターンでぶどう狩りを楽しめます。 どちらも同じ時期に旬を迎える「梨狩り」もセットになっていてお得。 ピオーネの時期には「豊水・南水」が食べごろですよ。 シーズン前には、1日3組限定の「シャインマスカット食べ放題」というプランも販売されます。 こちらも完全予約制で、3組のみの受付で狭き門ですが、 高価なシャインマスカットの食べ放題は魅力的ですね。 公式サイトの「新着情報」をチェックしておきましょう。 ぶどう狩り時期 8月上旬〜10月中旬 営業時間 8:00〜18:00 定休日 期間中無休 ぶどう狩り品種 シャインマスカット、巨峰、種なしピオーネ、赤嶺、ロザリオビアンコ、ゴールドフィンガー、マニキュアフィンガー、サニールージュ、パイン、天山、リザマートなど 料金・制度 通常入園コース(ぶどう狩り・梨狩りセット) 大人 800円 小学生 600円 未就学児 無料 冷えたぶどう(巨峰)350g付き、摘み取ったぶどうはすべて買い取り 食べ放題コース(ぶどう狩り・梨狩りセット)(8月中旬〜) 大人 1,500円 小学生 1,000円 幼児 500円 3歳以下 無料 朝に採った冷えたぶどう(巨峰・その他)が60分食べ放題。 入園料込み。 摘み取った葡萄は全て買い取り シャインマスカット食べ放題コース(9月上旬〜) 大人 2,500円 小学生 2,000円 未就学児 無料 1日3組限定、完全予約制。 最初の一房は自分で収穫、2房目からは収穫済みの冷えた「シャインマスカット」おかわり自由の食べ放題。 予約 不要(シャインマスカット食べ放題コースは要予約) アクセス 電車 JR紀勢本線「藤並駅」より、有田鉄道バス乗車「巨峰村登り口バス停」下車、徒歩約10分(バス停から送迎あり。 藤並駅を出発する前に電話連絡) 自動車 大阪から約1時間40分 阪和自動車道「有田IC」より約20分 駐車場 無料 有田川で川遊び 有田川をもう少し上流に行くと「遠井(とい)キャンプ場」があります。 ここなら 魚釣りしている人たちの邪魔にならずに川遊びができますよ。 周囲に民家もなく、上流に位置するので水もきれい。 ぶどう狩りの後、川遊びで涼んで帰路につきましょう。 奥に進むと、1年中いろいろな果物・野菜の味覚狩りをする事ができます。 7月下旬から9月にかけては「ぶどう狩り」のシーズン。 棚からたわわにぶら下がった葡萄は圧巻です。 制限時間1時間の食べ放題になっているので、満足いくまで食べちゃいましょう! 他の農園と比べてもリーズナブルな設定。 はじめてのぶどう狩りに最適なスポットですね。 同時期には、ブルーベリー狩り、スイートコーンの収穫、トマトやきゅうり・スイカ・そら豆・なすび・ピーマンなどの農作物の収穫も可能。 食べごろの野菜を教えてもらいながら、実際に成っている野菜の収穫は勉強になりますね。 ほかにも、信貴山のどか村では、バーベキューをしたり、キャンプ場もあるのでデイキャンプはもちろん、泊まることも可能。 アスレチック、グラススキーでは絶えず子供が遊び回っています。 疲れたらパパと一緒に池釣りもいいですね。 季節ごとに様々な味覚狩り、旬の花々、体験教室、動物たちとのふれあいなど何度来ても飽きることがありません。 毎回新しい感動が待ち受けていますよ。 ぶどう狩り可能時期 7月下旬〜9月 営業時間 「3月~11月」9:30~17:00 「12月~2月」9:30~16:00 定休日 木曜日(祝日の場合は営業) 5月・10月は無休、12月~2月は水・木曜連休 ぶどう品種 デラウェア、ベリーA、ピオーネ 予約 不要 食べ放題 あり(1時間) 料金 入園料 大人(中学生以上)600円 子ども(4歳〜小学生)350円 *12月~2月は、大人300円・子ども100円 ぶどう狩り料金 大人 800円(1房おみやげ付き) 小人(4歳〜小学生)500円 アクセス 電車・バス 近鉄生駒線「信貴山下駅」・JR「王子駅」より奈良交通バス乗車、「信貴山門バス停」下車、送迎バスで約5分 自動車 西名阪国道「法隆寺IC」または「香芝IC」より約30分 駐車場 あり 入園とぶどう狩りがセットになった割引 日本全国の遊びを、ネットで予約・購入できる「」では、信貴山のどか村の 「入園とぶどう狩りがセット」になったお得なチケットが販売されています。 家族で行く際は割引額も大きくなるのでぜひ利用したいですね。 入園料だけの割引チケットもあるので、信貴山のどか村に行くなら事前に購入してから行きましょう。 ぶどう狩りを始め、さくらんぼ狩り、りんご狩り、栗拾いなど様々な味覚狩りができるスポットです。 シーズン初めはすっきりとした甘さの「ヒムロッドシードレス」からスタート。 小ぶりで種が無いので食べやすい品種です。 後半からは甘みの強い竜宝、紅伊豆、そしてピオーネが仲間入り。 どれも大粒で食べ応えがありますよ。 60分食べ放題なので食べ比べながら楽しめますね。 枝から採ったぶどうは太陽光を浴びているので温いです。 氷とボウルなどを持っていけば、冷えたぶどうが食べられますよ。 同時期には、「ぶどう狩り園」の隣でブルーベリー狩りを楽しむこともできます。 甘いブルーベリーは子供の目の高さにも成っているので、抱っこすることなく摘み取ることができますよ。 ぶどう狩り時期 「中粒品種」8月上旬頃~ 「大粒品種」8月下旬頃~ 営業時間 9:00~16:00 定休日 水曜日休みが多いが変動あり。 要ホームページにて確認。 ぶどう品種 ヒムロッドシードレス、竜宝、紅伊豆、ピオーネ 料金 中粒品種(ヒムロッドシードレス) 中学生以上 1,200円 小学生 800円 3歳以上 500円 大粒品種(竜宝、紅伊豆、ピオーネ) 中学生以上 1,600円 小学生 1,200円 3歳以上 800円 予約 可能 食べ放題 60分食べ放題制 アクセス 電車 JR湖西線「マキノ駅」下車 高島市コミュニティバスマキノ高原線「マキノピックランド」下車すぐ 自動車 北陸自動車道「木ノ本IC」から約30分。 駐車場 無料 目の前の道路が絶景! マキノピックランド前の道路は、 紅葉の名所で有名な「メタセコイア並木」です。 まだまだ紅葉前ですが、生き生きと新緑が生い茂る時期もとても美しいですよ。 針葉樹「メタセコイア」が2. 4kmにわたって植えられている道をのんびり散歩しましょう。 写真映えするのでSNSに投稿するのにもピッタリですね! スケッチブックを持っていき、子供と一緒に絵を描いても面白そうです。 また、マキノピックランドではレンタサイクルもあるので、並木道を自転車で颯爽と走ってみるのも気持ちが良いですよ。 紅葉の時期ほど混雑していないので狙い目かもしれませんね。 初夏から秋の終わりまで味覚狩りのできる観光農園です。 フルーツ王国やさかのぶどう狩りは「ピオーネ・ベリーA・藤稔」が食べられます。 どれも大粒で食べごたえ抜群、 特に藤稔の大きさは必見です。 3種それぞれ特徴がありますが、糖度も高く、とっても甘いですよ。 食べ放題でなく「ぶどう狩りの体験1房に加え試食付き」というスタイルです。 京丹後市周辺は、若狭湾国定公園に指定される美しい海岸、夕日のきれいな夕日ヶ浦海岸、6km続くロングビーチに鳴き砂の浜と、見どころもたくさん。 日帰りもいいですが、泊まりで訪れるのも良いですね。 「京都北部へ小旅行」の際にも、旅行プランに組み込みやすいスポットですよ。 9月中順頃からは梨狩りもスタート。 果汁たっぷりの桃、みずみずしくサクサクとした食感の梨が収穫できます。 枝から切り離したばかりで、新鮮な果物の美味しさを味わえますよ。 ぶどうを愛でる男. フルーツ王国 やさか — h. 2 shilling16 まだある!関西圏でぶどう狩り ピオーネを堪能したら、次は違う品種を食べてみたいですね。 品種別に紹介しているのはこちら。 更に、関西でぶどう狩りできるスポットは、それぞれこちらで紹介しています。 県別なので家から近いところを選べますよ。 チェックしてみて下さい。 車がなくても「電車で行ける」から安心なスポット・夕立が心配な日など、雨が降っても安心なスポットはこちら。 「明日ぶどう狩りしたい」に答えてくれる「予約不要なスポット」はありがたいですよね。 思いついた際に行ける、予約無しでOKな農園はこちら。 ブドウだけでなく一緒にお肉も焼いて、プラスアルファで楽しめる農園はこちらで紹介。 自然豊かな環境で焼くお肉は抜群ですね。 さらに家族の一員「ワンちゃん」も一緒にお出かけできる農園も下記で紹介しています。

次の