旭川 市 コロナ。 新型コロナウイルス感染症の市内発生状況(8月13日現在)

新型コロナ:道内の発生状況 | 保健福祉部健康安全局地域保健課

旭川 市 コロナ

東京在住の20代女性歯科医師が旭川市にコロナ疎開 東京在住の20代女性歯科医師が旭川市にコロナ帰省してから新型コロナウイルス陽性になりました。 しかし、この東京在住の20代女性歯科医師は東京都にいる時点で新型コロナウイルスの症状があったようで、ネットでは批判されています。 女性の症状は以下の通りです。 4月2日 発熱、市販薬を服用• 4月4日 倦怠感• 4月6日 味覚障害、嗅覚障害、都内から旭川へ移動• 4月7日 市内の指定医療機関Aを受診、陽性確認 日本では緊急事態宣言が出た後も海外のように移動制限はされていません。 また、東京ではベッドがいっぱいで、軽症者はホテルへなどと言われていますよね。 そのため、「症状があったからこそ東京から逃げたのでは」などと批判の対象になっているようです。 スポンサーリンク 東京在住の20代女性歯科医師は誰? 東京在住の20代女性歯科医師の方について、詳しい情報は発表されていません。 歯科医の方なので、どこの歯科か発表がないのかな…と思いましたが、まだないですね。 東京都の4月9日の感染者の発表はまだですが、旭川市で陽性なので、東京都からは何も発表は無いのかもしれません。 症状が出てからも歯科医で働いていらっしゃったのだとしたら、関係者の方には連絡がいくかもしれませんね。 3月25日 東京都内の歯科医院に勤務(マスク、手袋着用)• 3月27日 10人程度で会食• 4月6日 旭川へマスク着用で移動(実家へ) とのこと。 東京都内の歯科医院はどこなんでしょうね。 さすがにこれは誰も擁護出来んわ。 完璧に東京から北海道にコロナ持ちこんでるやん。 しかも医者。 実名報道はダメだと思いますが、歯科医師さんということで、東京のどこの歯科か分からないと受診したかもしれない方が不安になるのではないでしょうか…。 ベッドがいっぱいで不安だったのかもしれませんが、お医者さんがコロナに感染したのがおそらく分かっていたのに北海道へ帰省したのは批判されても仕方ないかもしれませんね。 スポンサーリンク.

次の

東京在住の20代女性歯科医師は誰?旭川市にコロナ帰省で批判殺到?

旭川 市 コロナ

東京から北海道なので、自家用車でというのはあまり考えられないですよね。 やはり飛行機でしょうか。 飛行機の便や席などについての情報はまだありませんが、もし飛行機などの公共交通手段を使ったのであれば、濃厚接触者が出る恐れがありますので、一刻も早く公表してほしいです。 4月9日現在、この女性歯科医師は旭川の病院に入院しているそうですが、症状は比較的軽いそうです。 調べたところ、北海道の指定医療機関のうち 旭川市にあるのは「市立旭川病院」だけだったので、この女性が入院しているのは市立旭川病院なのかもしれませんね。 それにしても、発熱や倦怠感に加え、味覚嗅覚障害があったのにも関わらず、なぜ旭川に行ってしまったのでしょうか…。 ネットでは、予想通り批判が殺到していました。 今の時代、ネットで叩かれるのは目に見えていますし、軽率な行動は控えたいものです。 旭川のコロナに感染東京在住の女性歯科医師まとめ 東京から旭川に帰省し、コロナに感染した女性歯科医師についてお話ししました。 まとめると、• この女性は東京在住の歯科医師• 3月の末にはクリニックは退職していた• 4月2日から症状が出ていたのにも関わらず、4月6日に旭川に移動した となります。 コロナが蔓延する東京から出たい、逃げたいという気持ちも、分からなくはありません。 しかしこれ以上コロナの感染を広げないためには、私たち一人一人の正しい行動が欠かせません。 今一度、自分自身の行動を見直してみてください。

次の

旭川のコロナ感染女性歯科医師は誰で名前は特定?感染経路と東京の勤務先/居住地はどこ?

旭川 市 コロナ

新型コロナウイルス感染症 感染拡大防止に係る登園回避について 保護者への登園回避の要請について 旭川市こども育成課より、下記の期間の登園回避を要請しています。 また、やむを得ない事情により、家庭での保育が困難な保護者に対しては、保育の必要性を考慮し、預かり時間を短縮するなどの協力を依頼しています。 要請期間について 令和2年2月28日(金)~3月7日(土) 今後、臨時休園や開園時間の変更等で対応をする可能性もあります。 お手数ですが、上記期間において、お休み出来る日にち・登園する場合は必要な時間を記入して東栄保育園宛にメールをいただきたいと思います。 touei-30 potato. 鬼は外・福は内ゲームをし、勝ち残ったお友達を一生懸命応援したり、勝って喜びました。 そしていよいよ、鬼の登場! 泣いたり逃げたり、果敢に豆をぶつけに行ったり・・・と様々でしたが、みんな一生懸命頑張りました! 頑張った後は職員によるお楽しみ。 ここでも一生懸命「鬼は外ー!福は内ー!」と鬼を退治しました。 全てのクラス、一人一人にプレゼントを手渡してくれたサンタさんに、お礼の気持ちを込めて「ジングルベル」を歌いました。 サンタさんに好きな食べ物・果物を聞くと、「なんでも大好き」と返事が。 好き嫌いせず食べると、サンタさんみたいに大きくなれると教えてもらいました。 12月26日、おもちつき会を行いました。 杵と臼を使ってつく本格的なおもちつき。 杵と臼のサイズは子供用ですが、それでもずっしり重みがあり、すみれ組・ゆり組の子どもたちもついてみると「重い!」「疲れた~」とその重さにびっくり。 先生たちも協力して、無事立派な鏡餅が出来上がりました。 (右下の写真) 各クラスで作った帽子を紹介し合いました 職員によるお楽しみ ハンドベル 2019-12-27 消火避難訓練 10月1日、消火避難訓練がありました。 避難訓練を行った後、消防士さんのお話を真剣に聞き、先生が消火訓練をしている様子もじっと見ていた子ども達。 園庭には消防車も来ていて、「すごい!」「かっこいい!」と大興奮。 一緒に写真を撮って、消防車にはどんな設備があるのかな?とじっくり観察したり、「これはどうやって使うの?」とたくさん質問したりしました。 消防車を見送り、実際に動いている所も見たこともあり、大きくなったら消防士になりたい!と夢を持つ子もいました。 消防士さんの話を聞く様子 職員による消火訓練 消防車とパシャリ あれは何?これは何?と興味津々な子ども達 2019-10-28•

次の