舌 の 裏側 に 口内炎。 舌の裏、舌の先に出来た口内炎の治し方、原因 違いはある?

唇や舌の裏、奥に口内炎ができる原因は?病院は何科で治療?

舌 の 裏側 に 口内炎

口内炎ってどうしてできるの?下の裏にできる特別な理由ってあるの? 口内炎は誰しもが一度は経験したことがあるものですが、これは体が疲れていることのサインとかビタミン不足の状態を示しているとか、 体の抵抗力が弱まっていることを示しています。 そのため暴飲暴食を続けていたり、徹夜が多くなっているなどの無理が続いていると口内炎ができやすくなってしまうのです。 要するに自分の体が疲れているということを教えているもので、体からのSOSであるとも言えるでしょう。 そしてこの口内炎は舌にもできることがあり、舌の裏にできることすらあるのですが、これ自体はたまたまと考えて良いでしょう。 でももし 何回も何回も同じ個所に出来る時は注意が必要です。 口腔外科や歯医者さんに相談してみると安心できますね。 それではまず、口内炎の原因についてお伝えします。 ストレス 皆が大っ嫌いなストレスはここでも登場して皆さんの怒りの対象となってくれます。 ストレスが溜まる生活を繰り返していると、どうしても 免疫力が低下してしまい口内炎の発生率が上昇してしまうので、仕事があまりにもきついという方は口内炎に悩まされている人も多いのではないでしょうか。 免疫力低下 ストレスの項目でも書きましたが、免疫力が低下してしまうと口内炎ができやすくなってしまうので、ストレスの溜めすぎ以外にも、 夜更かしや偏った食生活も危険なものとなっています。 これらを積み重ねてしまうと確実に免疫力が低下してしまうので口内炎以外にもいろいろな病気にかかりやすくなってしまうでしょう。 栄養不足 食生活が乱れや食生活が偏っている場合は、栄養不足になってしまい口内炎ができやすくなってしまいます。 もともと口の中の組織はコラーゲンでできているのですが、コラーゲンを作るための タンパク質や鉄そしてビタミンCが不足してしまうとどうしても口内炎になりやすくなってしまうのです。 もともと口の中の粘膜は小さな傷がたくさんできる環境にあるので、コラーゲンが足りなくなってしまうと傷の修復量が低下して菌が付着しやすくなり口内炎になる確率は通常よりも格段に上昇します。 口内炎の治し方 舌の裏にできた場合でも通常の口内炎と一緒で発生原因は同じものです。 つまり、傷がついて直りが遅くなってしまい、菌が付着してしまうのが原因なので傷がついても治りやすい環境にして、 菌がいない状態を保てばよいということです。 それでは具体的な治し方を見ていきましょう。 サプリメントでビタミンB2やCを補う まず栄養不足によってコラーゲンができていないことを補うために、よく足りなくなるビタミンB2やCをサプリメントで補ってください。 ビタミン系のサプリメントはコンビニでも販売しているので、すぐ入手することができるでしょう。 免疫力を高めるために休む 身体がボロボロで疲れ切っていると免疫力が低下して口内炎になりやすくなるので、回復しやすくするためにも 休養と睡眠をとってください。 リラックスできる時間を確保することでストレス解消にもつながり免疫力が低下しにくくなるので、口内炎になり難くなって、回復も早まることでしょう。 口の中を清潔にする 極論になってしまいますが、口の中が傷ついてしまったり免疫力が低下してしまったとしても口の中に口内炎の原因となる菌さえいなければ、口内炎になることはないのです。 そのため口の中の細菌数を減らすために、歯磨きやデンタルフロス、または イソジンなどを使って口の中を清潔に保ちましょう。 ここで注意点 となるのがいつまでたっても治らないケースで、これは 舌癌の可能性があります。 舌癌は口内炎よりも 痛みが少なく、しびれが発生して動かしにくくなるといった症状が発生し、さらには舌の白い範囲が赤や白に変色してしまうので本人が気が付かなくても身近な人が気が付くことができるでしょう。 舌の裏にできた口内炎がいつまでたっても治らないorしびれなどの症状がある場合は舌癌を疑って検査してもらってください。 まとめ 今回は舌の裏の口内炎の治し方と治る期間、舌癌との見分け方についてお伝えしました。 舌の裏の口内炎も、口内炎の一種なのでできてしまう原因は同じものです。 清潔を保って免疫力が低下しないような生活を心がけましょうね。 口内炎は体の不調を訴えるSOSにもなっているので、できてしまった場合は無理をしていると判断してどこかで必ず休憩を入れるようにしましょう。

次の

【医師監修】舌の裏にできる口内炎の症状と治し方

舌 の 裏側 に 口内炎

舌の裏に口内炎ができる原因はこの3つ!! こんばんは。 お正月からすでに20日近く経ち、 大多数の方は、お正月気分も抜けて、 通常モードになっているかと思います。 かく言う私も通常モードなのですが・・・、 1つだけお正月から抜け出せていないものがあります。 それは・・・、 『口内炎』です。 お正月のお休みをもそろそろ終わるという終盤に、 口内炎になってしまい、 それ以降、治っては出き、また治っては出きを繰り替えしてるんです。。。 しかも、口内炎ができている箇所は 『舌の裏側』で、 口の内側に出来た口内炎なら、 まだ物を食べる時に注意すれば良いのですが、 舌裏の口内炎は食べる時は勿論、 話したりする時も痛いのでかなり厄介です。。。 そんな私の舌裏にできる口内炎を早く完治させるため、 何故舌の裏に口内炎が出来てしまうのか、 その原因を調べてみましたよ。 もし、今まさに舌の裏に口内炎ができてしまい苦しんでる人、 または、一度できて、もう2度と同じ思いをしたくないと思っている人は、 是非参考にしてみてください。 舌の裏に口内炎ができる3つの原因 舌裏の口内炎について色々と調べてみたところ、 口内炎ができる原因として、以下の3つが考えられるようです。 (1)口の粘膜が弱っている (2)舌を傷ついている (3)口の中の細菌が増加している それぞれ詳しく説明します。 スポンサードリンク (1)口の粘膜が弱っている 口の中は、口腔粘膜(こうくうねんまく)と呼ばれる 粘膜での一種で覆われています。 もちろん舌もそんな口腔粘膜の一種なんですが、 そんな口腔粘膜が、 ・疲れ ・睡眠不足 ・過度なストレス etc… といった「生活習慣の乱れ」によって免疫力が弱まり、 その結果、炎症(=口内炎)ができやすくなるというわけです。 (2)舌が傷ついたため 基本的に突発的な事故が多いとは思うのですが、 ・熱いものを食べて舌をやけどする ・歯で舌を噛んでしまう ・歯ブラシで舌に打撃を与える etc… といったことで、舌に傷をつけてしまい、 その傷から細菌が侵入し、 炎症(=口内炎)を引き起こす原因になります。 (3)口の中の細菌が増加している 口の中を不潔・乾燥した状態にすると細菌が繁殖し易くなり、 例えば、 ・物を食べた後に歯を磨かない ・口で息をすることで、口の中を乾燥させる etc… といったことが続けていると、口の中に細菌が増殖し、 その細菌が(1)や(2)を組み合わさることで、 口内炎を引き起こす原因になります。 まとめ 上に挙げたことが3点が、 舌の裏に口内炎を作る原因となります。 因みに、私はお正月期間の生活習慣が乱れが原因で 口内炎になってしまったようです。。。 生活習慣を立て直して、 早く口内炎をおさらばできるように頑張りたいと思います。 もしあなたも『口内炎』で悩んでいるなら、 自分が3つの原因のうち、どの項目に当たるかチェックして、 その項目を改善してみてください。 是非、一緒に口内炎のない生活を目指しましょう! では、今回はこの辺で。 参考にしてみてください! (1)の改善方法 一般的に言われることですが、 「バランスのとれた食事」と「十分な睡眠」で バランスの悪くなった生活習慣を改善しましょう。 (2)の改善方法 突発的な事故で舌を傷つけてしまうことは防げないですが、 歯磨きの際、歯ブラシを舌に当てる様な磨き方をしているなら、 優しく歯を磨くように注意しましょう。 (3)の改善方法 口の中を清潔に保つ為に、食事の後の歯磨きを習慣にしましょう。 また、口の中を乾燥させないように、飲み物をこまめに取ったり、 ガムを噛んだり、アメちゃんを舐めて唾液を出すようにしましょう。 PS2. ちなみにかなりの荒技なんですが、 私は以前、炎症箇所に正露丸を塗り込むという方法で 口内炎を直したことがあります。 塗り込む時はかなり痛いのですが・・・、 翌日になると、あら不思議、痛みが消えてしまうんです! もちろん個人差があるので絶対に治るとは言えませんが、 勇気がある方は、是非1度試してみてください。

次の

【医師監修】舌の裏にできる口内炎の症状と治し方

舌 の 裏側 に 口内炎

[目次]• 会話や唾を飲み込むだけでも痛みが起こる 基本的に他の部位にできる口内炎と症状や原因は同じです。 しかし、食事や会話など生活するにあたり、舌はとても重要な役割を担っています。 舌は動かすことが多いため、強い痛みが起こりやすく、治りにくいことがあります。 症状 口内炎にもいくつか種類がありますが、一般的によくみられる口内炎は「アフタ性口内炎」といわれるものです。 白くくぼんだような病変が特徴です。 口の中のどの部位にも発症し、頬・唇の内側・歯茎に多くみられます。 舌の裏にできてしまった場合、他の部位に比べ、痛みを頻繁に感じることがあります。 その痛みから食欲の低下や嚥下困難といった症状があらわれることがあります。 だいたい、1~2週間で完治することがほとんどです。 原因 口内炎は、口の中にできた傷や刺激、栄養の偏り、生活習慣の乱れなどが発症のリスクとなるといわれています。 このことから、舌裏にできた傷が炎症を起こしたり、免疫力が低下したときに、口の中で細菌が増殖したりすることなどが原因と考えられます。 硬い食べ物や刺激の強い食べ物、虫歯などによる歯の変形には気をつける必要があります。 舌の裏にできた口内炎を早く治すためには 2週間ほどで自然に完治が期待できる口内炎ですが、舌裏の口内炎は少々治りにくいといわれています。 できるだけ早く治すために考えられる改善方法は以下になります。 生活習慣の改善 睡眠不足や過労、過度のストレスも口内炎の発症リスクのため、これらの改善を試みましょう。 生活リズムを整え、睡眠や休養は十分にとることが大切です。 ストレスはためないように、原因をなるべく解決し、解消に努めましょう。 ビタミン類の摂取 口内炎に効果があるとされている栄養素はビタミン類です。 とくにビタミンB2がよいとされています。 ビタミンB2には粘膜を守り再生を促す働きがあるため、積極的に摂るようにしましょう。 ビタミンB2はレバー・うなぎ・納豆に豊富に含まれており、乳製品や卵類からも摂取できます。 また、ビタミンB2だけでなく、ビタミンAやビタミンCなどできるだけ多くの栄養素を一緒に摂ることが理想です。 ビタミン剤やサプリメントを利用して補うのもよいでしょう。 市販薬の利用 痛みが激しい場合には、市販薬を利用することで症状の軽減が期待できます。 しかし、舌は動かすことが多く、唾液により、塗り薬や貼り薬では十分な効果が発揮できにくいといえます。 舌裏の口内炎にはスプレータイプの薬をおすすめします。 できるだけこまめにスプレーするようにしましょう。 口腔内を清潔に保つ 歯磨きが困難で十分にできないと細菌が増殖してしまい、治りにくくなることがあります。 うがい薬やマウスウォッシュを使用して口の中を清潔に保つことも大事です。 一日数回行い、常に清潔にして細菌の増殖を防ぐように心がけましょう。 2週間以上治らず違和感があるときは病院へ 口内炎は、一般的に2週間もあれば完治することが期待できます。 しかし、2週間以上治らない、何度も再発するといったことがあれば、別の病気の可能性が疑われます。 口内炎とよく似ている症状に舌癌があげられます。 口内炎と勘違いしたまま放置していると、進行する可能性があるため、違和感があればすみやかに病院を受診しましょう。 口内炎の受診は、一般的に耳鼻咽喉科で受けることができます。 その他、歯科や口腔外科、皮膚科などでも診てもらうことができます。 事前に電話などで口内炎に対応しているか確認すると安心できるでしょう。

次の