コロナ 家賃補助。 コロナ救済策「家賃支援給付金」が閣議決定!法人最大600万円、個人最大300万円の家賃補助

今だからこそ知っておきたいコロナの家賃補助の概要!家賃補助の対象条件や必要となる書類は?

コロナ 家賃補助

申請受付開始:令和2年6月5日(金曜日) 市では新型コロナウィルス感染症の影響により大きな影響を受けている事業者に対して、事業の用に供している建物及び土地に係る賃借料の一部を補助し、事業の継続を支援します。 本補助制度の詳細や申請方法等については、次のとおりです 補助制度について 補助事業名称 奥州市地域企業経営継続臨時支援事業(家賃補助) 補助金額及び対象となる事業者について 中小企業基本法に規定する中小企業者で、市内に事業用の建物及び土地を賃借しており、次に示す全ての条件を満たす事業者が対象となります。 暴力団関係では無い者 5. 風営法第2条第5項に規定する性風俗関連特殊営業を行っていない者 6. 下記、「補助対象となる業種」「日本標準産業分類URL」を参照 ・期間内で創業1年未満の者は、創業日から申請日の直近の月までのいずれか1月の売上を比較します。 ・売上が減少した月から3か月分の補助となります。 なお補助対象月が8月であれば2か月間、9月であれば1か月間の補助となります。 ・申請日の属する月に休業した場合で、その月の売上が20%以上減少する見込みである事業者も対象となります。 ・1,000円未満の端数がある場合は切り捨てとなります。 ・家賃の消費税(地方消費税含む)及び水道光熱費等の変動する経費は除きます。 奥州市地域企業経営継続臨時支援補助金交付申請書(家賃補助用)〈様式第1号〉 2. 家賃の額を確認できる書類の写し 賃貸借契約書、利用契約書等 3. 売上の減少を確認できる書類の写し 帳簿等 4. 申請日時点で市内にて事業を行っていたことを確認できる書類の写し 登記事項証明書等 5. 暴力団排除に関する誓約書〈様式第3号〉 6. 交付申請の方法 感染症拡大防止の観点から郵送受付としています。 必要書類をご記入の上、必要書類一式を 下記 の宛先に郵送してください。 交付申請書類配置場所 本ホームページからダウンロード、または次の窓口にて申請に必要な書類を配置しています。 ・市役所(本庁5階商業観光課、各総合支所地域支援グループ) ・奥州商工会議所(本所、各支所) ・前沢商工会 申請様式(ダウンロード用) 本補助金申請に必要な様式は次のとおりです。

次の

【新型コロナウイルス感染症対策】町田市中小企業者家賃補助事業/町田市ホームページ

コロナ 家賃補助

家賃支援給付金とは?• 対象者は?• 条件は?• 給付額は?• 必要書類は?• 申請方法は?• いつからいつまで申請できるの?• 複数店舗じゃないと上限が上がらないの?• 地代は対象?• 自己保有の土地・建物でローンの支払中の場合は対象?• 管理費や共益費も対象なの?• 地方自治体から賃料支援を受けている場合も対象なの?• 自宅兼店舗の場合はどうなるの?• 家賃が変更になった場合はどうなるの?• 不動産所得で収入得ている個人事業主は対象になるの?• 今年(2020年)に開業した人は対象になるの?• 契約に条件はあるの?• 対象外になる賃貸借契約書は?• 家賃は消費税込みの金額で計算される?• 賃貸借契約の名義が違う場合は対象となるの?• 引越した場合はどうなるの?• 地方自治体の家賃支援金を受け取った場合はどうなるの?• 社宅の賃料は対象?• レンタルスペースやコワーキングスペースは対象?• 申請の流れを教えてください• 問い合わせ先は? 1つ1つ解説していきます。 1.家賃支援給付金とは? 新型コロナウイルスの影響で売上が急激に減収した事業主に対して家賃補助として支給される給付金です。 給付金額は、家賃の3分の2相当を「6ヵ月分」を支給。 2020年7月14日(火)から受付を開始する予定です。 2.対象者は? 下記の者が対象となります。 賃貸借契約の存在を証明する書類(賃貸借契約書など)• 申請時の直近3ヵ月分の賃料支払実績を証明する書類(銀行通帳の写し、振込明細書など)• 本人確認書類(運転免許証など)• また今後、追加・変更の可能性があります。 6.申請方法は? WEB上で手続きを行います。 7月7日現在、ホームページはまだできていません。 後日、申請サポート会場が設置される予定です。 確定次第更新します。 7.いつからいつまで申請できるの? 2020年7月14日~2021年1月15日までの間、いつでも申請できます。 なお、給付額は申請時の直近1ヵ月における支払賃料に基づき算定されます。 8.複数店舗じゃないと上限が上がらないの? 支払賃料が高額な事業者であれば、店舗数が1つであっても適用されます。 9.地代は対象? 対象です。 なお、借地上に賃借している建物が存在するか否かは問いません。 例えば、駐車場、資材置場等として事業に用している土地の賃料なども対象になります。 10.自己保有の土地・建物でローンの支払中の場合は対象? 残念ながら自己保有のものは対象外です。 11.管理費や共益費も対象なの? 賃貸借契約において賃料と一体的に取り扱われているなど、一定の場合には対象となります。 12.地方自治体から賃料支援を受けている場合も対象なの? 対象ですが、給付額の算定に際して考慮される場合があります。 13.自宅兼店舗の場合はどうなるの? 仕事で使っている部分だけ対象になります。 持ち家の場合は残念ながら対象外です。 14.家賃が変更になった場合はどうなるの? 2020年4月1日以降家賃に変更があった場合は、2020年3月31日時点の家賃と比較して「低い方」を給付金の金額として計算されてしまいます。 ただし、新型コロナの影響で家賃を減免されている場合は、元の水準に戻ったタイミングで申請すれば、元の金額で給付金が計算されます。 15.不動産所得で収入得ている個人事業主は対象になるの? 残念ながら、対象になりません。 16.今年(2020年)に開業した人は対象になるの? 2020年1月~3月に開業、または法人化した場合も対象となる予定です。 17.契約に条件はあるの? 下記の条件があります。 転貸・又貸しを目的としたもの• 賃借人と賃貸人が実質同じ場合• 19.家賃は消費税込みの金額で計算される? 消費税込みの金額で給付金が計算されます。 20.賃貸借契約の名義が違う場合は対象となるの? 対象です。 ただし、別途証明書が必要になります。 (証明書の詳細はまだ不明) 21.引越した場合はどうなるの? 2020年3月31日で有効な賃貸借契約書と、申請日現在で有効な賃貸借契約書の両方を提出すれば対象となります。 22.地方自治体の家賃支援金を受け取った場合はどうなるの? 地方自治体からの給付額と今回の国からの給付額の合計額が、申請者の1ヵ月分の6倍までが限度です。 23.社宅の賃料は対象? 対象になる予定です。 ただし、自社の社員や役員以外に貸している場合は対象外になると思われます。 24.レンタルスペースやコワーキングスペースは対象? 業界団体がガイドラインを作成し、事務局に提出すれば対象となる可能性があります。 25.申請の流れを教えてください 申請の大まかな流れは下記の通り。

次の

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で業況悪化した小規模事業者の事業所賃借料を補助します

コロナ 家賃補助

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者に対する支援のうち、資金繰りについては「」や「制度融資(セーフティネット保証4号等)」があり、人件費についてはがありました。 その他、各地方公共団体ごとで行っている「休業要請協力金(例:、)」もあったものの、「全てテナント賃料の支払いに消えてしまう」という悲痛の声が多く、日本政府における支援として「テナント賃料(家賃)補助」が望まれておりました。 今回、自民党からの提言は、このような声を拾うもので、事業者向けの支援策を充実される極めて大きな意義を持つ支援策となっています。 と「雇用調整助成金」に加え、 「特別家賃支援給付金」が加わることで、多くの事業者が事業を継続しやすくなるのではないかと期待されています(もちろん今後の感染状況が悪化を続ければ、益々厳しくなることは否めません)。 売上が大幅に落ち込むなど特に厳しい状況にある(資本金10億円未満の)中堅企業・中小企業者・小規模事業者・個人事業主のテナントに対し、に加え、無利子・無担保融資(例: )の元本返済にも活用できる給付金(=家賃支援給付金)を給付するという当該制度ですが、以下の通り「支給要件(給付対象者要件)」が定められております。 中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、 令和2年5月~12月において以下のいずれかに該当する者に、給付金を支給。 もっとも、持続化給付金が「令和2年1月~12月」を対象としている一方で、 家賃支援給付金は「5月以降」が基準となっているため、この点では要件が厳しくなっています。 また、必須書類としては 「賃貸借契約書」になると思われます。 もし未整備の場合や、不備がありそうな場合は、制度開始前に前もって準備しておいても良いかもしれません。 また不動産の賃貸借契約書とあわせ、 「直近3カ月分の家賃支払いの振り込みがわかる資料(振込明細書の控えや通帳の写し等)」が必要になることが判明しました(6月21日追記)。 その他、家賃支援給付金に係る最新情報が入り次第、情報を更新して参ります。 【関連ブログ】 家賃支援給付金(家賃補助制度)は、土地や家屋、商業ビルの所有者が賃貸人ではないケース(不動産管理会社等が一括借り上げを行い、賃貸人が転貸人として転貸借契約を事業者と締結している場合)、つまり 契約内容が「転貸」契約である場合にも、自らの事業のために占有している物件に関する賃貸借契約である限りは、給付対象となると考えられます。 一方で、転貸借契約における、転貸人(原契約の賃借人)が家賃支援給付金を申請できるか否かについては、本ブログ執筆現在では明らかではありません。 仮に認められるにしても、このような場合に、 原契約(所有者からの賃貸借契約)での賃料と、転貸契約との賃料の差が実質的な賃料として判断されることなども考えられます。 情報が確定次第、ご案内致します。

次の