スモーク ツリー 挿し木。 スモークツリー(煙の木)の育て方!剪定や挿し木の時期と方法は?

【楽天市場】スモークツリー ( カスミの木 ) 13.5cmポット苗:花と緑の専門店 土っ子倶楽部

スモーク ツリー 挿し木

スモークツリー基本情報 科名:ウルシ科 学名:Cotinus coggygria 別名:ケムリノキ 煙の木 、ハグマノキ 白熊の木 樹高:3m~4m 開花期:5月 スモークの花状になるのは6~7月 スモークツリーの特徴 スモークツリーは、ヨーロッパからアジアにかけて分布する、 ウルシ科ハグマノキ属の落葉樹です。 スモークツリーは、名前からも分かるように花を咲かせた後にフワフワとした煙のような不稔花(ふねんか)を見せるのが特徴の植物です。 ただ、スモークツリーはイチョウなどと同じように 雌雄異株で、花後に煙のようになるのは雌花のついている雌株だけです。 (雌株の花の中心には雌しべ、雄株の花の中心には5本の雄しべがあります) また、スモークツリーの花期は6月~7月。 花期になると、枝先に円錐状の花序を出し、花径3~5㎜程度の小さな花を多数咲かせます。 花は5枚の花弁を持ち、淡い黄色をしています。 スモークツリー|育て方と管理方法は? 環境・日当たり 耐寒性、耐暑性共に強く育てやすいのが利点です。 成長が早く、枝が横に張るので、庭植え向きです。 ある程度の広さを確保できる場所を選んで植えつけます。 日当たりと水はけがよく、腐植質に富んだ場所が適しています。 高さの割に根が浅く、風で折れることがあるので、強風が当たらない場所が良いでしょう。 大雪や強風の恐れのある地域では支柱を添えると安心です。 水やり 植えつけ後しばらくは乾いたら与えますが、その後は必要ありません。 地植えの場合は放っておいても枯れることは滅多にありませんが、湿度に弱いので乾燥した水はけの良い土に植える必要があります。 病気と害虫 スモークツリーは害虫に強いので、対策は特に必要ありません。 枝が良く成長しますが、伸びすぎると風通しが悪くなり、虫が発生することもあるので理想は毎年剪定をして、通気性を保つことをを望ましいです。 病気は、うどんこ病が発生すると、葉が粉を吹いたようになります。 植えつけ、 植え替え 11月~3月上旬の根が落ち着いている落葉期に行います。 ふやし方 タネまき: タネでふやします。 さし木やつぎ木も可能ですが、湿度を維持することが出来ないと困難です。 雌木でもほとんど結実しませんが、結実していれば9月~10月に採種し、鉢にまきます。 しかし開花するまで、雄雌の区別は難しいです。 普通は取り除くのですが、1m程度まで伸ばしてから、根をつけるように切り離してふやすこともできます。 太い幹に対して、孫(ひこ)に見立てて「ひこばえ(孫生え)」という。 春から夏にかけて多く見られる 剪定の時期は? 剪定: 基本は 落葉期に伸びすぎた枝を好みの位置で剪定します。 その後に複数の枝が伸びるので、 花後に不要な枝を基部から切り取ります。 また剪定は周年可能ですが、冬の落葉期が適期です。 晩秋から枝先に花芽を持っているので、冬にすべての枝を切ると花が咲かなくなります。 しかしながら生育が早く枝が横張りし、枝の中間からは枝が出にくいため、放任にすると徒長して木の先だけに葉が茂り、姿が悪くなりますので、大きく育ったら毎年剪定を行います。 (若木の剪定は不要です) コツは短い枝をなるべく残し、伸びすぎた枝を短く剪定することで、ある程度花芽を残し樹形を抑えることができます。 (節に関係なく切った位置から春に新枝が数本出て分岐します) このような点から花後の晩夏、来年の花芽ができる前に切れば良いように感じますが、花後は樹勢が弱っており、暑い季節でもありますので、新しい枝が出にくいです。 花後に出る新枝は落葉までしっかりと伸ばし、冬に切る方がお勧めです。 敏感な方は樹液が衣類や皮膚に付かないよう注意しましょう。 最後に・・・ いかがだったでしょうか? スモークツリーの大きな特徴として、花の後のフワフワした不稔花が可愛く人気の樹木ですが、花だけでなく葉色も品種によって様々なのでカラーリーフとしても楽しめます。 葉色は緑葉のものから銅葉、黄金葉の品種があります。 そして、 暑さにも寒さにも比較的に強いスモークツリーは、初心者の方でも育てやすいので庭木のシンボルツリーとしてもおすすめの樹木です。 それでは以上になります。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の

モフモフ花、スモークツリー8種類!紫葉や黄金葉の品種も人気

スモーク ツリー 挿し木

スモークツリーは上に伸びるよりも横への葉張りが強いので庭木として良いですが、ある程度場所が必要なので狭い場所ではお手入れが必要ですね。 スモークツリーは落葉樹ですので、剪定時期は葉が落ちてからの11月~2月が適期になります。 成長したスモークツリーは落ち着いた樹形に整いますが、若木の内は好き放題に枝が出てきて樹形が乱れるので、剪定は毎年必要です。 スモークツリーはどこを切っても芽が吹くので、バツバツと切ってしまいがちです。 しかし、1月~2月になると花芽も付いているので切りすぎると花も咲かなくなってしまいますし、切ったところからたくさん芽が吹いてどうしようもなくなります。 まずは、適度な大きさで剪定して、来年の花後に不要な枝を基幹から剪定してしまうという繰り返しが1番綺麗な形を保てるでしょう。 古い枝と新しい枝の区別がつかないのであれば、花後に花がついている枝を落として行けば簡単です。 スモークツリーの花が咲く時期 スモークツリーの開花時期は6月~8月です。 スモークツリーは比較的に花が開花している時期が長いのが嬉しいですね。 スモークツリーには雄株と雌株があり、大きな綿のような花が付くのは雌株だけで、雄株は大きな花は咲きません。 スモークツリーを苗から育てる スモークツリーは耐暑性も耐寒性も高く、成長スピードも早いので非常に育てやすい木と言えます。 スモークツリーの植え付け時期は3月と11月~12月で、厳寒期に植えるのは避けた方が良いですね。 植え替えの時期も同じような時期となります。 日当たりが良い場所で、水はけの良い土壌を好みますので、植える場所を掘ってみて水がにじむような湿り気が多い場所は止めておきましょう。 しっかりと育ってしまえば雨の水だけで大丈夫ですが、しっかりと根が張るまでの2年~3年は水やりを忘れないで下さい。 スモークツリーは根が浅いので台風で倒れやすい スモークツリーは成長が早く3年もすれば3mから4mほどの大きさに成長します。 しかし、スモークツリーは根が浅いので、強い風や台風が頻繁に来るような地域の場合は倒れやすい傾向にあります。 植え付ける際に日当たりがよく、強い風が直接当たらない場所を選ぶようにしましょう。 スモークツリーを植えるのであれば、最初からしっかりと杭を打って補強しておくのが1番ですね。 スモークツリーの花が咲かない スモークツリーの花が咲かない原因の多くは剪定の時期と剪定方法の間違いです。 スモークツリーの花芽は新芽に付くので、伸びてくるからと古い枝ではなく新芽をバツバツと切っていると花が咲きません。 また、植えてから2年~3年は花が咲かないこともありますし、水はけが悪く湿気が多い環境に植えていても花が咲きませんので移動が必要ですね。 もちろん、日当たりが悪い場所でも花付きには関係するので、スモークツリーは必ず日当たりが良い場所に植えるようにしましょう。 全国展開している見積り無料の植木屋さん すでに大きくなった木や自分ではどうしようもない場合は、一本からでもお手入れに来てくれる植木屋さんにお願いしてみるのも良いですね。 たくさん庭木がある中で1本だけという指定も可能ですし、新しく植えたい木の相談にものってくれますよ。

次の

【切花】スモークツリーを長持ちさせる方法

スモーク ツリー 挿し木

>> スモークツリー スモークツリー 別名:ケムリノキ(けむりの木)、カスミノキ(霞の木)、ハグマノキ(白熊の木) 科・属名:ウルシ科・コティヌス属/ 原産地:ヨーロッパ南部〜中国南部/ 学名:Cotinus coggygria 分類: 落葉小高木 寒さ: 強い 暑さ: 強い 樹高: 3m〜5m 花径: 約 0. 5cm 羽毛: 15cm〜20cm 花色: 緑、白、茶、赤など 場所: 日向 増やし方: 挿し木、取り木、種まき 花芽分化: 7月頃〜(前年枝につく) 用途: 庭木、シンボルツリー、切り花、ドライフラワー 通販店: はじめて見た時は何と変わった花だろうと思いましたが、実際には花ではなく、タンポポのような綿毛のようなもののようです。 花は0. 5cmほどの小さな花が咲き、やがて細い毛のようなものが密集して先に小さな実をつけます。 綿毛がフワフワとやわらかい姿になっているので、それが煙や霞のようなので、別名ケムリノキ、カスミノキとも呼ばれています。 スモークツリーは雌雄異株なので雌株だけスモークのような綿毛ができます。 写真の薄い桃色のは切り花用にもらったのを挿し木したもので、元は真っ白だったのですが、ややピンク色になりました。 挿し木は着きやすい品種と着きにくい品種があるようで、特に昔の品種は着きにくいようです。 綿毛の色は緑、白、茶、赤などがあります。 作業カレンダー(暖地基準) 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 開花時期 開花 場所 日向 植え付け 植え付け 植え付け 挿し木 挿し木 剪定 不要枝の剪定 不要枝 肥料 寒肥 肥料 スモークツリー 5月下旬、植物園 スモークツリーの全体 5月下旬、植物園 スモークツリー2 5月下旬、自宅の庭 スモークツリーのアップ 5月下旬、自宅の庭 スモークツリーの切り花 6月上旬、自宅 スモークツリーの花序 5月中旬、自宅の庭 スモークツリーの育て方 場所 日当たりを好むので、日当たりのよい所で育てます。 高温多湿を嫌うので、鉢植えは梅雨時期に軒下の日当たりのよい所に移すとよいです。 水やり 過湿を嫌います。 鉢植えでは鉢土の表面が白く乾けば与えます。 庭木は植え付け後はしばらく乾かしすぎないように注意しますが、その後は特に与える必要はありません。 植え付け 植え付け時期は落葉期の11月〜3月頃に植え付けるのが理想的です。 寒い地域は厳寒期は避けるようにします。 苗なら春や秋の植え付けも可能です。 日当たりがよく水はけのよい所に腐葉土などを混ぜ込んで植え付けます。 その他はのページを参考にしてください。 増やし方 挿し木 挿し木は品種によって着きやすい種類と着きにくい種類があるそうで、特に昔の品種は着きにくいようです。 自分がもらったスモークツリーの切り花は着きやすい種類だったようで着きましたが、それでも容易な印象はなかったので、沢山挿しておくとよいと思います。 着かない場合は7月頃に実を取って種まきして育てる事もできますが、雌株だけしか花が咲きません。 挿し木の時期は春の芽吹きの頃か梅雨頃に行うのがよいと思います。 20分ほど水揚げして、あれば発根促進剤をつけ挿します。 下は2007年の梅雨頃にポットに挿して、仮植えしないまま秋に植え付けましたが、少し苗が小さ過ぎたので、鉢に仮植えして少し大きくしてから定植した方がよいと思います。 開花までには丁度3年かかり、白花だったのがやや桃色がかった花になりました。 その他はのページを参考にしてください。 剪定 前年枝の先端に花芽がつきます。 枝の途中を切ると花芽を切ってしまうので、不要な枝を元から切ったり、枝の分かれ目で切るようにします。 時期は落葉期や花後に行います。 関連リンク.

次の