生理予定日 鮮血 少量。 着床出血が生理予定日後にくることはある?妊娠可能性は?【医師監修】

生理予定日後 少量出血 その後生理がこない

生理予定日 鮮血 少量

15883] こんにちは。 先週の土曜日に10日ほど遅れて生理があり、昨日には、茶色の出血はうっすらあるだけで、おりものシートにもうっすらつくだけだったのに、今日は、おりものシートにはほとんどつかないのですが、トイレの後トイレットペーパーに鮮血がつきます。 透明なおりものに鮮血が混ざっている感じです。 今は生理6日目なのですが、いつもは、茶色のおりものがでるので、鮮血は病気なのでしょうか?それとも生理の残りなのでしょうか?子宮がんとかではないかと心配です。 子宮がんの検査は2年前に受けて以来受けていません。 生理が続いているのか、不正出血なのかわかりません。 16214] 結論的に言います。 妊娠の可能性はありません。 時期的にも量的にも自然な生理で良いと思います。 コンドームの着用はなかったのでしょうか? 確実な避妊は、女性が服用する低用量ピル以外一切信用してはいけません。 コンドームをきちんと着用していても妊娠するときはするのです。 コンドームはHIVや癌の原因のHPVから守る為に使用します。 全ての患者さん、掲示板ご利用の方々にお伝えしているメッセージです。 今回反応が陽性に出ていたら・・・という事を考えて良い機会ですから是非ご検討下さい。 28530] 去年の10月に子宮がん検診を受けた後から不正出血が何ヶ月か続き、性行為した後は必ず出血してました。 びらんがあると言われてたんですが、その出血も1ヶ月ほどで止まり、性行為しても出血することもなくなりました。 しかし、止まってから3ヶ月たってまた出血するようになりました。 こんな頻繁に出血しても大丈夫なんでしょうか? ホルモンバランスが崩れる副作用のあるドグマチールを去年4月から11月まで飲んでました。 31590] おととしから、生理が終わった後一週間後に微量出血があり、二年前子宮頸がん検査をしました。 排卵出血なので心配ないと言われましたが、去年の6月に生理の後、出血が止まらなくなり子宮頸がん、体がん検査もしました。 検査結果は陰性で、心配ないとのことでした。 実は去年の年末より仕事を始め、ストレスも大きかったので関係あるのか分かりませんが、今年から生理一週間の後に微量に5,6日続く出血(排卵?)の後、次の生理の10日くらい前からさらさらした生理よりもすくない出血が一週間続き、その何にちか後に生理だと思われるものがきています。 それがここ2,3ヶ月続いています。 実はパニック障害という病気があり、ここのところ落ち着いてはいたのですが、仕事ではすごくストレスがありました。 51760] 生理が終わった一週間後に40度近く熱が出て風邪だと思いますが、その後排卵期になり、お腹が痛いと思ってトイレに行きほとんど何も出ないまま、ティッシュで拭くと鮮血がつきました、2日目の夜胃が痛くてトイレに行ってティッシュティッシュで拭くときたくさん鮮血がつきました、パニックになりました。 最近ストレスやキャパオーバーだと感じる事が沢山ありそのせいでしょうか?今お腹が痛いです。 どうなってしまってるのか不安です。 ちなみに子宮内膜症で、先月も同じ様な事があり病院で見てもらいましたが特に何にもなっていませんよ、と言われましたが、鮮血とお腹の痛みが気になります。 お腹や胃の痛みは、風邪で壊してしまったのかな?とおもいますがアドバイスよろしくお願いします。

次の

生理予定日後に出血がある?5日後に着床出血?

生理予定日 鮮血 少量

不正出血の鮮血は注意が必要な場合も 不正出血とは、生理予定日以外のタイミングで性器から出血が発生する症状のことを言います。 少量で気づかないうちに終わるものもあれば、ナプキンで処理できないほど大量に鮮血が出てくる場合もあります。 不正出血が起きる原因としてはいろんなことが関係しているため、たとえ少量であっても原因を突き止める必要があります。 特に不正出血の中でも鮮血の場合はより注意するようにしましょう。 不正出血が鮮血だったからといって、すぐに病気と断定されるわけではありませんが、不正出血の原因や鮮血になるのにはどんな理由があるのか、ひとつひとつ詳しくご説明していきましょう。 排卵での不正出血の鮮血 不正出血の中には、病気ではなく自然の作用として不正出血が起きることがあります。 それが、排卵で引き起こされる不正出血です。 排卵時にホルモンバランスが変化したことにより生じるものです。 排卵により不正出血が引き起こされるのは、卵子の成長をコントロールしている卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少したことが関係しています。 排卵による不正出血は、おりものに少量の血が混じる位のものですが、場合によっては鮮血が出るケースもあります。 排卵予定日に、鮮血の不正出血があったとしても1日~3日ほどで治まるのであれば深刻になる必要はありません。 全ての人が排卵により不正出血が起きるわけではありませんが、生理周期が安定していて、生理が終わってから2週間ほど経ったタイミングで不正出血が発生したら、排卵にが原因である可能性が高いと言えるでしょう。 女性ホルモンの乱れから鮮血 不正出血が引き起こされる原因のひとつに、女性ホルモンの乱れが関係していることがあります。 女性の身体に、定期的に排卵や生理が発生するのは、女性ホルモンの作用によるものです。 排卵や生理を発生させる女性ホルモンには2つの種類があり、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)と呼ばれています。 それぞれがきちんと作用することから、女性の身体に定期的に排卵や生理が起きるようになっているのです。 卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)、は活発に分泌される時期が異なり、作用する内容も違います。 そのため、女性ホルモンの分泌量が増減することで、不正出血が発生する可能性も高くなってしまうので注意が必要です。 これらの女性ホルモンは身体にどのような作用を生み出しているのか、分泌量が増減することにより身体にどんな変化が生じて、不正出血に繋がるのか、詳しく見ていきましょう。 卵胞ホルモンの作用について 女性ホルモンのひとつに、卵胞ホルモン(エストロゲン)というものがありますが、卵巣にいる卵子を成長させて排卵させる作用があります。 また、もうひとつの作用として、卵子が受精したときに着床しやすくするために子宮内膜を厚くする作用があります。 卵胞ホルモン(エストロゲン)が活発に分泌される時期は、生理が終了してから排卵が発生するまでの期間です。 卵子が無事に排卵されると、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量は徐々に下がっていき、代わりに黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が上がってきます。 生理前になると卵胞ホルモン(エストロゲン)は黄体ホルモン(プロゲステロン)と一緒にさらに分泌量が下がるため、生理が引き起こします。 卵胞ホルモンの増減による影響での鮮血 卵胞ホルモン(エストロゲン)には、卵巣にいる卵子を成長させて排卵させる作用や、子宮内膜を厚くさせる作用があります。 そのため、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が上がりすぎると、子宮内膜が厚くなりすぎて不正出血が発生しやすくなることがあります。 また、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が一定にならず、活発に分泌されるべき時期に急に下がってしまうと、生理と同じような作用が働き、不正出血が起きやすくなってしまいます。 卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量の下がり方が大きければ大きいほど、不正出血の量も多くなり、鮮血になりやすいので注意が必要です。 黄体ホルモンの作用について 女性ホルモンには2つの種類がありますが、黄体ホルモン(プロゲステロン)は身体にどのような作用を引き起こしているのでしょうか。 黄体ホルモン(プロゲステロン)には、卵子が排卵されるスイッチをいれる作用と、卵子を受精させやすくする作用、受精卵を子宮内膜に着床させる作用があります。 黄体ホルモン(プロゲステロン)が活発に分泌される時期は、卵子が排卵されてからから生理が始まる前までです。 ただ、卵子が受精せず着床しなかった場合は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と共に分泌量が下がっていき、生理を引き起こします。 しかし、卵子が受精し着床した場合、分泌量は一定に保たれるため生理は引き起こされません。 黄体ホルモンの増減による影響で鮮血 黄体ホルモン(プロゲステロン)には、卵子が排卵されるスイッチをいれる作用と、卵子を受精させやすくする作用、受精卵を子宮内膜に着床させる作用があります。 しかし、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌期間が短いと、受精しにくくなり着床しても成長しづらくなってしまうため、生理が早く引き起こされることがあります。 また、活発に分泌されるべき時期に一時的に分泌量が下がると、生理に似た現象が起きやすくなるため、不正出血が起きやすくなり、場合によっては鮮血になることもあります。 子宮内膜の組織が剥がれ鮮血 排卵と生理が定期的に発生するのは、女性ホルモンの作用があるからです。 女性ホルモンの分泌量が増減することで、生理に似た症状が起き、不正出血が出やすくなるとご紹介しましたが、生理のメカニズムについても簡単にご紹介しておきましょう。 生理とは、卵子が受精しなかったり、着床しなかったりしたときに、子宮内膜の組織が剥がれおち経血と共に膣の外に出される現象のことを言います。 子宮内膜の組織は、女性ホルモンの作用により受精卵が着床しやすいために厚くされていますが、受精や着床が実現しなかった場合は不要になります。 女性ホルモンの分泌量が下がっていけば、自動的に子宮内膜の組織が剥がれ始めるため、生理が引き起こされるようになるのです。 ただ、女性ホルモンの分泌量が一時的に下がった場合にも、子宮内膜の組織は自動的に剥がれ始めてしまいます。 そのため、不正出血が発生してしまうのです。 分泌量が下がる幅が大きければ大きいほど、出血量は多くなり鮮血になることもあります。 しかし、再び分泌量が上がれば子宮内膜の剥がれは止まるため、数日で不正出血が止まる仕組みとなっているのです。 安定しない生理周期と不正出血の頻度 不正出血が起きる原因として、女性ホルモンの分泌量が増減することをご紹介しましたが、生理周期が安定していない人ほど不正出血は起きやすいので注意が必要です。 特に、初潮を迎えてから数年の間は無排卵になりやすいため、生理周期が安定しにくくなり不正出血も起きやすくなります。 また、閉経が近づいてくると女性ホルモンの分泌量は安定しなくなってくるため、生理周期は乱れ不正出血の頻度も増してきます。 日頃から生理周期が安定しにくいという方は、女性ホルモンを不安定にさせる要素を見直していきましょう。 女性ホルモンの分泌は、生活習慣やストレスで簡単に狂ってしまいます。 だからこそ、それらを見直すことで女性ホルモンの分泌を安定させ、不正出血を未然に防いでいきましょう。 生理後の残っていた経血・鮮血 生理が終わった後なのに、再び鮮血が出る場合があります。 鮮血を見るとびっくりしてしまいますが、生理終了後日をおかずに出血した時は、子宮の中に残っていた経血が排出されたケースが多いです。 経血が排出しきれないのは、骨盤がゆがんで子宮に影響し排出されない部分が出来てしまうのが原因の可能性があります。 足を組まないと座れないような方は骨盤がゆがんでいるので、このような不正出血が現れる可能性があるでしょう。 放置すれば強い月経前症候群や生理痛にもつながりますので、骨盤を回す体操をしたり座り方・立ち方を変えるなど、骨盤を正しい位置に戻すよう意識しましょう。 妊娠でも発生する不正出血 女性の身体に不正出血が起きるのは、女性ホルモンの作用が関係しています。 しかし、それ以外の原因でも不正出血が起きることがあるのでご紹介しておきましょう。 まずは、妊娠で引き起こされる不正出血についてご説明していきたいと思います。 妊娠は、卵子と精子が結びついて受精卵となり、子宮内膜に着床した状態のことを言います。 じつは、受精卵が子宮内膜に着床する時に不正出血が起きることがあるのです。 受精卵が着床する時、絨毛が子宮内膜の組織に根を張るため、その刺激で内膜の組織が傷ついてしまいます。 傷ついた範囲が広いほど、出血の量は多くなり、鮮血になることもあるのでビックリすることもあるでしょう。 妊娠により引き起こされる不正出血は、排卵日と生理予定日の間に置きます。 平均的な日数としては、生理予定日の3日~7日の間に起きることが多いとされています。 人によっては鮮血で量も多いことがあるため、生理と勘違いしてしまう場合もありますが、短い日数で治まることが多いため、いつもより早く生理が終わってしまったと感じたら、一度妊娠の有無を検査した方が良いかもしれません。 流産で発生する不正出血 不正出血は妊娠時の着床によって引き起こされることもありますが、妊娠が確認された後の不正出血はちょっと注意が必要です。 妊娠が判明した後に鮮血の不正出血が発生した場合、そのまま放置しておくと流産してしまう可能性があります。 働きすぎや、ストレスなどから身体に負荷がかかると、不正出血が起きてしまうことがあるので、早い段階で診察を受け、安静にするようにしましょう。 特に妊娠初期の頃は、身体も安定していないため流産しやすい時期となっています。 いつもと変わらないことをしていても身体には大きな負担になっていることもありますので、少量でも不正出血が確認された時は速やかに産婦人科を受診しましょう。 ピルによる不正出血 避妊目的でなく、自分の体調を整えるためにピルを服用している方も増えてきましたが、ピルを服用している時にも不正出血が起こる事があります。 特に服用開始から6ヶ月間は、体の生理周期とピルの作用がぶつかり合って不正出血する確率が高く、ピルが効いていないのかと勘違いしてしまう方もいます。 また、それ以降服用し続けていても飲み忘れがあったり、下痢や嘔吐などでピルの成分が吸収される前に排出されてしまった場合にも出血が起こる事があります。 いずれにせよ、きちんと服用していれば次第に不正出血はなくなっていきます。 ただ、ピルが原因ではない不正出血の可能性もあるので、一度検査を受けた方が安心して服用できるようになるでしょう。 感染で発生する不正出血 性器周辺にある菌が膣内に入ると、炎症を起こして出血する事があります。 原因菌によって出血する場所は異なりますが、全て出口に近い場所で出血するため、鮮血になりやすいのです。 例えば膣カンジダ症は外陰部付近から出血しますし、クラミジア膣炎は膣から子宮頸管から出血する事が多く、症状が進むと消化器官にまで影響が及びます。 また性交時にその他の菌が性器挿入によって感染し膣が炎症・出血を起こすのを、細菌性膣炎といいます。 これらは性交時だけでなく、ストレスや病気で免疫力が落ちている時に感染しやすいので、生活習慣の見直しと治療を同時に開始するのが良いでしょう。 病気で発生する不正出血 不正出血が鮮血出会った場合、病気が隠されていることがあります。 子宮のさまざまな場所に病気が発生していると、組織が傷つきやすくなり、不正出血が起きやすくなるからです。 不正出血により発見される病気としては、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、卵巣腫瘍、子宮内膜炎、子宮内膜ポリープ、子宮筋腫、子宮腟部のびらん、クラミジア頸管炎、などがあります。 鮮血の量が多い場合や、痛みも伴う場合は、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。 女性ホルモンを安定させる方法 不正出血が起きやすい人ほど、女性ホルモンの分泌量が安定していないため、生理周期も乱れてしまうことがほとんどです。 では、不正出血を招く女性ホルモンの乱れを安定させるためには、具体的にどのようなことに注意すればよいのでしょうか。 まずは、基本的な日常生活から見直していきましょう。 毎日深夜まで起きてスマートフォンやテレビなどの強い光を浴びている方や、スナック菓子や外食が多い方、運動はほとんどしない方は要注意と言えます。 不規則な生活習慣が続いてしまうと、女性ホルモンの分泌も不規則になってしまいますので、規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。 早寝早起き、決まった時間に3食食べる、ストレッチやウォーキングを習慣化するなど、できることから始めていきましょう。 毎日難しいという方は、週末だけでも意識して過ごすようにしていけば、徐々に身体も変わってきます。 ストレスに注意 不正出血が起きやすい方は、ストレスも溜まりがちです。 ストレスを強く感じると、脳が正常に作動しなくなり、女性ホルモンの分泌量を乱してしまうので、できるだけためすぎないようにしましょう。 軽い運動をすることでストレスを発散することができますが、カラオケに行ったり、お風呂にゆっくりつかったり、マッサージを受けることでも緩和することができます。 不正出血が起きるとストレスになりますし、それが鮮血なら不安要素も加わってさらにストレスは増幅してしまいます。 負の循環に陥らないよう、早めにストレスは発散できるようにしておきましょう。 まとめ 不正出血が鮮血の場合、何が原因でどのように対処すべきか幅広くご紹介しました。 さまざまな原因をご紹介しましたが、不正出血が起きたときはまず病院で診てもらい、きちんと診断してもらうようにしてください。

次の

生理前の気になる出血!!不正出血って危険なの??予定日前に早まる出血は「着床出血」かも?!

生理予定日 鮮血 少量

不正出血には間違いないのですが、時期的に排卵出血ではないでしょうか。 予定日の2週間前が排卵期にあたります。 その頃出血することは珍しくありません。 時期的に排卵期にあたり、量が少量で、3日程度でおさまれば、心配いりません。 少々長引いているのが心配ですが・・・ あと3日ほどして出血が治まったとしたら、さらに2週間待ってみてください。 出血が止まって2週間後に、もし生理が来たら、今回の不正出血は、排卵出血の可能性が高いです。 私も若い頃は、婦人科の敷居が高く感じられましたが、 子供を2人産んだ今では、内科や歯科などと、感覚は同じです。 悪いところがあるから診てもらう、それだけです。 受付で問診票をもらって、生理の情報、性交・妊娠・出産経験等について記入します。 性交経験がない人には、内診はしません。 内診が嫌だからといって、嘘を書くのはダメですよw 性交が原因となる病気の可能性を知るための質問なので、正直に書いてくださいね。 あとは、必要に応じて採血します。 血中のホルモン値で、色々なことが分かるからです。 ベッドに横になって、お腹を押すこともあります。 先生は慣れていますから、リラックスして受けてくださいね。 Q 元々量は多いほうだったのに、今回の生理は茶褐色の(生理の終わりかけのような)ものでダラダラ9日続いています。 量は物凄く少なく、おりものシートを1日中交換なしでも大丈夫なくらいです。 気になって婦人科を受診し、内診・エコーをしてもらいましたが特に異常なし。 子宮ガン健診も先月しましたが異常なし。 先生はストレスやこの暑さのせいでしょう、と言われたのですが・・・。 こんなことは初めてのなので心配しています。 ちなみに周期的にも生理だと思うんです。 基礎体温を測っていればよかったのですが、仕事の関係で不規則な生活なので正しく検温できず測ってません。 いつごろまで様子をみていたらいいのでしょうか・・・。 また同じようなことがあった方、いらっしゃいませんか? A ベストアンサー 30歳女性です 私も去年、生理周期の乱れとダラダラ2週間の出血を経験しました その時いろいろ調べたのですが 私の場合、4日目頃から経血は減りおりものシートで大丈夫な程度の出血でしたので その場合はあまり心配する必要もないとのことで放置し、無事終わりました ただその時に知った知識では、経血の量がいつまでも多い場合は すぐに婦人科に行くようにアドバイスされていました 恐らくホルモンバランスの崩れによる無排卵月経だと思いますが 他の病気が潜んでいる場合もあるようですし なによりも貧血が問題ですので ぜひ診察してもらってください ご心配なようでしたら、電話で状況を伝え診察してもらえるかどうかをお聞きになってみると良いと思います 先延ばしは厳禁ですよ Q おりものに血が混じったようなのが続いてなかなか生理が始まらないのですが、 これってよくあることでしょうか? 生理は規則的にくるほうです。 以前から、たまにですが生理1日目はおりものに血が混じったような感じ(ネバネバしたような)で、ほとんど出血がなく、2日目から普通に生理がくることがありました。 そうかと思えば、1日目から普通に生理がくることもあります。 しかし、今月の生理予定日にまたおりものに血のような感じだったのです、 明日から普通になるパターンだなと思っていると、4日経っても同じ状態が続いて 生理がなかなか始まりません。 数日も続くのは初めてで少し不安になっています。 どういった原因が考えられるのでしょうか? A ベストアンサー 似たような質問に回答したばかりなのですが。 性交渉はされていないということですよね。 生理の始まりに、おりものに血が混じったような感じ。 今回はそのままが4日経っても本来の生理状態にならないってこと。 下腹辺りに違和感はないか? 痒みや傷み、熱はないですよね? 異臭をは放つこともないでしょう?(自分の独特の匂いは別) 専門家ではないので、安易なことは書いてはいけないので あくまでも参考程度に。 私もそういう感じが続いたことがありました。 若い頃何回か。 逆に生理は終わったのに、茶色っぽいおりものが長く続いたりも。 おそらくですが経験から、ホルモンバランスの関係だと思うのですが。 もしくはまだ初潮を迎えて数年くらいしか経ってなかったりすると 多量の生理にならずに、そのまま終わってしまうこともままあります。 出来れば、今の状態のままの方がよいですよ。 そのままおさまってしまったり、本来の生理状態になってからだと 医師も確実な判断が下せないと思うので。 女医先生が診てくれる婦人科だと恥ずかしくなく診察受けられます。 特に問題なしかもしれないし(私はそうでした)ホルモンのバランスを 整えたりの必要があったら投薬くらいのものだと、推測ですが。 今は医師もスタッフ全員若い女性ばかりでキレイなレディスクリニックが 増えてます。 内診は絶対にヤダ! と大泣きだったのでいかにも病院ではない、女医さんの クリニックを探して行かせました。 20代半ばになっても、度々ホルモンバランス崩すことがありますが 自分で行きつけ(笑)になったクリニックにサクサク行ってます。 ついでに(?)子宮癌検診やその他も診てもらえるので安心だそうです。 たぶん、ほとんど、病気ではないと思われますが今後のためにも ちゃんと医師に診てもらって下さい、ね。 似たような質問に回答したばかりなのですが。 性交渉はされていないということですよね。 生理の始まりに、おりものに血が混じったような感じ。 今回はそのままが4日経っても本来の生理状態にならないってこと。 下腹辺りに違和感はないか? 痒みや傷み、熱はないですよね? 異臭をは放つこともないでしょう?(自分の独特の匂いは別) 専門家ではないので、安易なことは書いてはいけないので あくまでも参考程度に。 私もそういう感じが続いたことがありました。 若い頃何回か。 逆に生理は終わったのに、... A ベストアンサー 2週間位遅れる方も多々いらっしゃるようでしたが 私の場合、1週間遅れて生理のような出血(少量)があり 普通に生理が来たんだと思っていたら無排卵でした。 (出血があった時点で内膜が7mm程あったので) 体温も高いまま。 病院行かなければ気付架なかったと思います。 ベビ待ちということもあり、こちらで何度か質問させていただき 病院へ行ってきました。 基礎体温を持って行きましたが、この月だけたまたま無排卵だったようです。 生理前のような症状が続くのも気分的にすっきりしないと思うので リセットする意味で病院へ行くのも手だと思います。 私のようなケースもあると思うので、ご参考までに。 Q 一通りの、婦人科の検査は受けています・・・ 異常はなかったようで、安心していたいのですが、とはいえ。 ずっと上記のような症状がもう、4か月 続くと、やっぱり不安です。 医師は、ホルモン異常だと、言っていました。 が続くようなら、来月、また、検査をしましょうか? みたいなことを言われました。 医師を。 信頼して言うと売りにしていれば、いいのかと思いますが・・・ きちんと来てほしいんなら、「ピル」もすすめられましたが 私には、年齢的にも、私生活にも必要ないので、ことわりました。 ピルに、抵抗もあるので・・・ 古い考え方なのでしょうか? 本当に、信じていいのでしょうか? 「ナプキンは、2~3回」変えています。 A ベストアンサー 私も同じような経験があります。 月に3度1週間くらいづつ不正出血があったり、1か月不正出血が止まらない事も・・・両方とも何度もありました。 ガンや性病も無く、ホルモンもやや高いけどそんなに心配いらないでしょう。 原因不明です。 と同じ診断が18歳から24歳くらいまでに3度程くだりました。 24で結婚し2年子供ができず、基礎体温を計って病院にいくと 排卵障害と発覚。 不正出血は無排卵月経からきていたようです。 しばらく排卵誘発剤の薬を飲んだり、注射を打ったりと治療を続けやっと現在妊娠中です。 治療中は不正出血はぴたっとおさまりましたょ。 質問者様のお年や状況が分かりませんが、基礎体温をつけて再度受診することもお勧めします。 また、うちの母も不正出血が続いた事があり、ガンも無く更年期障害からと診断されました。 ピルに関してですが、私の周りは服用経験がある人が何人かいます。 本当に生理が安定し不正出血も無くなり、生理痛も軽くなるようです。 私も勧められましたが、何となく気が引けて断ってしまった事があるので質問者様の気持ちは分かります。 が、やはり今は昔より抵抗なく飲める薬になってきているようですね。 回答になっていなかったらスミマセン。 不安もあると思いますが、あまり考えすぎず、どうしてもと思うならまた受診してみるのが一番だと思います。 私も同じような経験があります。 月に3度1週間くらいづつ不正出血があったり、1か月不正出血が止まらない事も・・・両方とも何度もありました。 ガンや性病も無く、ホルモンもやや高いけどそんなに心配いらないでしょう。 原因不明です。 と同じ診断が18歳から24歳くらいまでに3度程くだりました。 24で結婚し2年子供ができず、基礎体温を計って病院にいくと 排卵障害と発覚。 不正出血は無排卵月経からきていたようです。 しばらく排卵誘発剤の薬を飲んだり、注射を打ったりと治療を続けやっと現在妊娠中です。 Q おしえてgooでは、励みに、力になるような返答を頂いたりと、 いつもいつもお世話になっています。 今回も少し質問をさせてください。 先月11月27日が生理予定日だったのですが、量が極端に少ないまま終わってしまいました。 11月29日から、おりものに血が混じったようなものが4、5日続いただけで、血が混ざるというか、 ピンク色だったり、こいえんじ色のおりものだったり、どろっとした感じです。 (生理終わりのようなおりもの) 先々月の生理は10月20日開始でした。 ここ数ヶ月の生理は、約37~40日位の周期で毎月ちゃんときています。 11月14~16日には、少量の出血がありました。 時期的にも排卵出血だと判断していたのですが、排卵出血自体がめったに無いので、少し気になっていました。 ちなみに、11月中、彼と仲良くしたのは、11月4日、11月25日です。 生理予定日付近の少量の出血は着床出血、とも言いますし、 今現在、下腹部の痛み(生理痛のような)胸の張りや乳首の痛みだったり、おりものが多いなど ずっと生理前のような、憂鬱な体調、気持ちが続いている状態で、 (想像妊娠ですかね?)さらに気になってしまいます。 ただ、ホルモンバランスが崩れただけなのでしょうか? それとも、他になにか要因があるのでしょうか、、、 今回のような、着床出血のような量の少ない生理ははじめてなので 気になってしまっています。 病院に行く事が確実なのは解っていますが、その前に皆さんの 経験談でも、思い当たることでもよいので、 返答いただけると、気持ち助かります。 どうぞよろしくお願い致します。 おしえてgooでは、励みに、力になるような返答を頂いたりと、 いつもいつもお世話になっています。 今回も少し質問をさせてください。 先月11月27日が生理予定日だったのですが、量が極端に少ないまま終わってしまいました。 11月29日から、おりものに血が混じったようなものが4、5日続いただけで、血が混ざるというか、 ピンク色だったり、こいえんじ色のおりものだったり、どろっとした感じです。 (生理終わりのようなおりもの) 先々月の生理は10月20日開始でした。 ここ数ヶ月の生理は、約37~... 私の場合はこの状態が3日続き、数日前の風邪が原因かとおもっていました。 (38度も熱があったので) おりものはいつもよりかなり多く、水ぽかったです。 胸の張りもありました。 妊娠していました。 生理と勘違いしていたので、そのまま気にしないで放置してたら、 腹痛に悩まされ、集中力がなく、イライラしていました。 この時、妊娠8週目です。 次の生理予定日に、なんだか怖くなり妊娠検査薬を使い陽性でした。 4日続き5、6目ナプキンからはみでる位の多量の血がでました。 生理予定日前、5に間腹痛に悩まされました。 排卵腹痛に非常ににています。 胸の張りもありました。 妊娠してなかったです。 非常によくにてて見分けがつかないんですよ。 確かなことは生理予定日の前に、妊娠Hしてるひとは風邪の症状とにたようなことがおきるみたいです。 (おきないひともいます) こんな例もあります。 仲良した、そのあとの生理として流れます。 これは医師の判断では流産とよばないです。 ほとんどの女性は気づかず、そのまま生理だと思っています。 判断しにくいですが、腹痛はあります。 100人が排卵日あたりに性行為して妊娠した場合、54人はきづかなく子供が流れてしまうというデータがあります。 私の場合はこの状態が3日続き、数日前の風邪が原因かとおもっていました。 (38度も熱があったので) おりものはいつもよりかなり多く、水ぽかったです。 胸の張りもありました。 妊娠していました。 生理と勘違いしていたので、そのまま気にしないで放置してたら、 腹痛に悩まされ、集中力がなく、イライラしていました。 この時、妊娠8週目です。 次の生理予定日に、なんだか怖くなり妊娠検査薬を使い陽性でした... Q 2ヶ月近く、こげ茶色の出血が続いています。 かれこれ2ヶ月近くこげ茶色の出血が続いています。 不正出血?無排卵月経? 前回の生理が終わって10日後くらいに、下着にこげ茶色の血(おりもの?)が付いていました。 それからダラダラと続いています。 これまで何度か、生理以外の時にこげ茶色の出血をすることがありましたが、続いても1週間程度で終わり、こんなに長く続くのは初めてです。 量は1日に1回ナプキンを取り替えればいい程度だったり、おりものシートで事足りる時もあります。 用を足して、トイレットペーパーでふき取ると、こげ茶色に混ざって赤っぽい血が付くこともあります。 そんななか生理予定日がきて、通常の生理とは少し違いましたが、赤黒いドロっとした出血が1週間ありました。 生理らしきものは終わったのですが、相変わらずこげ茶色の血が出ます。 ・腹痛などの痛みはありません。 ・性交経験あり。 一番最近で去年の9月20日です。 ・出血が始まった少し前から、仕事が忙しくなりました。 (ストレス?) ・この1ヶ月、基礎体温を測ってみたところ、低温期が続いています。 近々産婦人科に行ってみようと思いますが、何の可能性が高いと考えられますか? 2ヶ月近く、こげ茶色の出血が続いています。 かれこれ2ヶ月近くこげ茶色の出血が続いています。 不正出血?無排卵月経? 前回の生理が終わって10日後くらいに、下着にこげ茶色の血(おりもの?)が付いていました。 それからダラダラと続いています。 これまで何度か、生理以外の時にこげ茶色の出血をすることがありましたが、続いても1週間程度で終わり、こんなに長く続くのは初めてです。 量は1日に1回ナプキンを取り替えればいい程度だったり、おりものシートで事足りる時もありま... 私の場合を説明すると、生理予定日の4日ほど前になると、トイレで用をたした後、トイレットペーパーで拭くと、茶色や薄ピンクの汚れが付きます。 ときどき下着にそれがちょっぴり付くこともありますが、出血というほどではありません。 それから生理までの間は、付いたり付かなかったりという状態が続きます。 私は婦人科に定期的に通っているので、担当医に聞いてみたところ、加齢により、びらんが少々さがってきているのだろうということでした。 これは病気とかではなく、気にすることではないそうです。 なぜ生理前に出血するかは、高温期は子宮の内膜が厚くなっていて、生理直前はインクを含ませたスポンジのような状態と考えるとわかりやすいといわれました。 スポンジを持ち上げても垂れてはこないけど、触るとインクが付くという状態ということです。 それが、加齢によりやや下に下がっているために、トイレットペーパーや、下着が触れると、色が付くということのようです。 でも質問者さんの症状が私と同じかは、わかりませんので、気になるのでしたら、一度診て貰うといいと思います。 私も30歳を過ぎたあたりから、同じような状態になりました。 私の場合を説明すると、生理予定日の4日ほど前になると、トイレで用をたした後、トイレットペーパーで拭くと、茶色や薄ピンクの汚れが付きます。 ときどき下着にそれがちょっぴり付くこともありますが、出血というほどではありません。 それから生理までの間は、付いたり付かなかったりという状態が続きます。 私は婦人科に定期的に通っているので、担当医に聞いてみたところ、加齢により、びらんが少々さがってきているのだろうということで... Q 不正出血に関して、御相談に乗って下さい。 宜しくお願い致します。 18~9. 23(周期29~35日) 3、不正出血10. 2~10. 8現在 初日の出血量は少量で3日目辺りから多くなってます。 塊りではなくサラサラした鮮血が8日間続いてます。 出血量は、普通の日用のナプキンを1日に2度かえる程度です。 痛みはありません。 少し下腹部が重い感じはありますが… 出血した翌日に産婦人科で受診(超音波検査のみ)しましたが、 「おそらく排卵期出血で、血も止まってきてるから大丈夫です。 子宮内膜の状態は良くないけど治療する程じゃない」との事でした。 しかし受診した翌日から出血量が増えてきたので、心配になり質問させて頂きました。 原因はストレスだろうという事でしたが、特に心当たりありません。 そこでお聞きしたいのですが、このような症状で考えられる病気はありますか? また、このまま様子を見た方がいいのか受診した方がいいのかで悩んでいます。 宜しくお願い致します。 不正出血に関して、御相談に乗って下さい。 宜しくお願い致します。 18~9. 23(周期29~35日) 3、不正出血10. 2~10. 8現在 初日の出血量は少量で3日目辺りから多くなってます。 塊りではなくサラサラした鮮血が8日間続いてます。 出血量は、普通の日用のナプキンを1日に2度かえる程度です。 痛みはありません。 少し下腹部が重い感じはありますが… 出血した翌日に産婦人科で受診(超音波検査のみ)しましたが、 「おそらく排... A ベストアンサー 誰も回答がないのでお邪魔します。。。 質問されて2日経過で、、、まだそのままの状態なのでしょうか??? 病院で診察受けて翌日から出血量が増えてきたんですね。。。 と思いますし。。。 病院へ行けばすぐ薬を貰えますのでもう一度行かれると良いですよ。。。 私も1ヶ月以上ダラダラを放置した事2回程あります。。。 なかなか産婦人科の門を潜るのは勇気がいりますし、来月もおかしかったら行こう。。。 なんてのん気な考えで、、、 さすが、2回目のダラダラ鮮血1ヶ月以上の大量出血の時は母に 「鮮血は怖いし死ぬよ!!」と言われ行きました。。。 出血中内診もあり^^;超音波、念の為の尿検査(私の場合は生理の上がりかけの年齢位ですが、^^;、、、ストレスでホルモンのバランス崩れで薬を10日間貰い出血も治まりその次からは毎月定期的に生理があります。 ) チビチビダラダラも精神衛生上ストレスになります。。。 勇気を持ちもう一度病院へ行きましょう! もう、、、止まる状態でしたら来月の状態で判断されても良いですが。。。 お大事に。。。 誰も回答がないのでお邪魔します。。。 質問されて2日経過で、、、まだそのままの状態なのでしょうか??? 病院で診察受けて翌日から出血量が増えてきたんですね。。。

次の