君 が くれ た もの 歌詞 意味。 欅坂46「二人セゾン」歌詞を徹底解釈!歌詞の意味が深くて切ない。MVロケ地も調べてみた

合唱曲「大切なもの」(山崎朋子)歌詞&プチ研究

君 が くれ た もの 歌詞 意味

歌詞の意味 私なりに歌詞の意味を少し考えてみたいと思います。 また楽しい、嬉しいなど感情に関する言葉がそのまま表現されているので、聴いていると子供らしい印象の歌だと分かります。 この意味は、太陽と月が両方見られる日は天気が良い=天気が良くなって欲しいという意味だと言えます。 太陽が日中に出ていれば晴れていますし、夜に月が見えれば雨は振っていることはないでしょう。 残りの夏休みを大切に過ごしたい気持ちを面白い表現をした歌詞です。 もし現代なら「テレビ電話するよ」「Lineで無料通話するよ」になるかもしれません。 しかし、携帯が無くお互いに満足する連絡を取れない時代は不便でもある一方、男女の世界には良さもありました。 歌を聴くと「将来の夢」と「大きな希望」について出てきません。 しかし、この部分で夏の終わりに夕日を見ながら星が見える時間までずっと話していたことがわかります。 だいたい小学〜中学くらいの男女が2人で話すことは将来の夢や未来のことです。 ここでは直接将来の夢や大きな希望と歌詞にはありませんが、この年頃で夕日を見ながら星を眺める夜まで話していたと考えると、これらについて語り合ったのではと思います。 secret baseは直訳で「秘密基地」ですが、子供が誰もいない山で布団やテレビを集めて作る秘密基地のことでは無いと思います。 君が最後まで大きく手を振ってくれたこときっと忘れない ちなみ「キッズウォー3」の前作である「キッズウォー2」の最終話では恋心を持っていた茜役 井上真央 と翼役 斉藤祥太 が離ればなれになる時に、茜が翼の乗った車を大きく手を振りながら見送るというシーンがあります。 こういったドラマ内容とのシンクロもこの主題歌がヒットした要因だと思います。 ヒットの理由は「secret base 〜君がくれたもの〜」が「キッズウォー3」に重なるから? この「secret base 〜君がくれたもの〜」はCBC放送の「キッズウォー3」の主題歌でした。 この「キッズウォー3」は花より団子の「井上真央」、金八先生の「斉藤祥太」、コードブルーなど「浅利陽介」が当時出演していた作品です。 このキッズウォー3の主題歌だったことが「secret base 〜君がくれたもの〜」がヒットした1つの要因にもなったと思います。 理由はキッズウォー3と「secret base 〜君がくれたもの〜」の内容に似ている部分が多く、キッズウォー3と歌がシンクロしやすいからです。 「キッズウォー3」とは キッズウォー3のあらすじは中学生だった今井茜 井上真央 と紺野翼 斉藤祥太 の恋の話で、この2人は小学生の時 キッズウォー2 からすでに両想いの関係です。 途中で浅利陽介が出て来て、翼のライバル関係になりますが、最終的に今井茜と紺野翼が結ばれます。 このキッズウォー3のあらすじと「secret base 〜君がくれたもの〜」は共通することが多いです。 実際に見た人しかわかりませんが、例えば、 :の左がキッズウォー、:の右がsecret base 〜君がくれたもの〜の歌詞• 舞台が夏であること:夏休み・夏の終わり• オープニングの線香花火:あぁ花火が夜空キレイに咲いて• 翼が長野へ帰ることが決まる:10年後の8月また出会えるの信じて• 翼と茜がお互いに心を寄せながらもすれ違うシーンが多い:悲しくって寂しくって喧嘩もいろいろしたね• 告白した翼を学校を飛び出して追いかけた茜が手を取り合う:最高の思い出を• 茜が学校を飛び出し、引越してしまう翼の元へ。 翼の乗った車を大きく手を振って見送る。 キッズウォー2の最終話のシーン :君が最後まで大きく手を振ってくれたこときっと忘れない と「キッズウォー3」を見ていた人は自然とこの歌詞とシンクロしやすい箇所が多くあります。 ドラマを知っているだけでこの歌の情景が浮かびやすいですし、キッズウォー3の主題歌としてはピッタリです。 つまり、この「secret base 〜君がくれたもの〜」と「キッズウォー3」の記憶が重なりやすいんです。 「10年後の8月また出会えるの信じて」と聴くと翼と茜の関係がイメージされますし、「悲しくって寂しくって喧嘩もいろいろしたね」と聴くとドラマの中での恋のすれ違いの描写が浮かびやすい。 キッズウォー3は特に多かった どこか歌とドラマが入れ替わりに頭の中でイメージされるわけです。 この「ドラマの内容とシンクロした主題歌」という要素もこの「secret base 〜君がくれたもの〜」がヒットした理由の1つだと思います。 「secret base 〜君がくれたもの〜」は「zone」だからこそ響くのでは? もう1つ当時の「zone」が歌ったことが良かったと思います。 この歌は歌詞を聴くと、小学生〜中学生くらいが歌っていると分かる歌ですから、若かったzoneにはピッタリな曲です。 この歌は若い声で歌うことや、全てのパートをボーカルが担当せずにそれぞれのメンバーが各所で歌ったからこそ響きやすい歌だと思います。 zoneは解散してしまい、再結成されましたが再度解散してしまいました。 とても良いヒット曲を出したグループだけに、こういった貴重なグループが歌の世界からいなくなってしまうことは本当に残念ですね。 のページへ戻る カテゴリー一覧•

次の

Zoneのsecret base君がくれたものと言う曲はかなり前の曲ですが今でも時々な...

君 が くれ た もの 歌詞 意味

歌詞の意味 私なりに歌詞の意味を少し考えてみたいと思います。 また楽しい、嬉しいなど感情に関する言葉がそのまま表現されているので、聴いていると子供らしい印象の歌だと分かります。 この意味は、太陽と月が両方見られる日は天気が良い=天気が良くなって欲しいという意味だと言えます。 太陽が日中に出ていれば晴れていますし、夜に月が見えれば雨は振っていることはないでしょう。 残りの夏休みを大切に過ごしたい気持ちを面白い表現をした歌詞です。 もし現代なら「テレビ電話するよ」「Lineで無料通話するよ」になるかもしれません。 しかし、携帯が無くお互いに満足する連絡を取れない時代は不便でもある一方、男女の世界には良さもありました。 歌を聴くと「将来の夢」と「大きな希望」について出てきません。 しかし、この部分で夏の終わりに夕日を見ながら星が見える時間までずっと話していたことがわかります。 だいたい小学〜中学くらいの男女が2人で話すことは将来の夢や未来のことです。 ここでは直接将来の夢や大きな希望と歌詞にはありませんが、この年頃で夕日を見ながら星を眺める夜まで話していたと考えると、これらについて語り合ったのではと思います。 secret baseは直訳で「秘密基地」ですが、子供が誰もいない山で布団やテレビを集めて作る秘密基地のことでは無いと思います。 君が最後まで大きく手を振ってくれたこときっと忘れない ちなみ「キッズウォー3」の前作である「キッズウォー2」の最終話では恋心を持っていた茜役 井上真央 と翼役 斉藤祥太 が離ればなれになる時に、茜が翼の乗った車を大きく手を振りながら見送るというシーンがあります。 こういったドラマ内容とのシンクロもこの主題歌がヒットした要因だと思います。 ヒットの理由は「secret base 〜君がくれたもの〜」が「キッズウォー3」に重なるから? この「secret base 〜君がくれたもの〜」はCBC放送の「キッズウォー3」の主題歌でした。 この「キッズウォー3」は花より団子の「井上真央」、金八先生の「斉藤祥太」、コードブルーなど「浅利陽介」が当時出演していた作品です。 このキッズウォー3の主題歌だったことが「secret base 〜君がくれたもの〜」がヒットした1つの要因にもなったと思います。 理由はキッズウォー3と「secret base 〜君がくれたもの〜」の内容に似ている部分が多く、キッズウォー3と歌がシンクロしやすいからです。 「キッズウォー3」とは キッズウォー3のあらすじは中学生だった今井茜 井上真央 と紺野翼 斉藤祥太 の恋の話で、この2人は小学生の時 キッズウォー2 からすでに両想いの関係です。 途中で浅利陽介が出て来て、翼のライバル関係になりますが、最終的に今井茜と紺野翼が結ばれます。 このキッズウォー3のあらすじと「secret base 〜君がくれたもの〜」は共通することが多いです。 実際に見た人しかわかりませんが、例えば、 :の左がキッズウォー、:の右がsecret base 〜君がくれたもの〜の歌詞• 舞台が夏であること:夏休み・夏の終わり• オープニングの線香花火:あぁ花火が夜空キレイに咲いて• 翼が長野へ帰ることが決まる:10年後の8月また出会えるの信じて• 翼と茜がお互いに心を寄せながらもすれ違うシーンが多い:悲しくって寂しくって喧嘩もいろいろしたね• 告白した翼を学校を飛び出して追いかけた茜が手を取り合う:最高の思い出を• 茜が学校を飛び出し、引越してしまう翼の元へ。 翼の乗った車を大きく手を振って見送る。 キッズウォー2の最終話のシーン :君が最後まで大きく手を振ってくれたこときっと忘れない と「キッズウォー3」を見ていた人は自然とこの歌詞とシンクロしやすい箇所が多くあります。 ドラマを知っているだけでこの歌の情景が浮かびやすいですし、キッズウォー3の主題歌としてはピッタリです。 つまり、この「secret base 〜君がくれたもの〜」と「キッズウォー3」の記憶が重なりやすいんです。 「10年後の8月また出会えるの信じて」と聴くと翼と茜の関係がイメージされますし、「悲しくって寂しくって喧嘩もいろいろしたね」と聴くとドラマの中での恋のすれ違いの描写が浮かびやすい。 キッズウォー3は特に多かった どこか歌とドラマが入れ替わりに頭の中でイメージされるわけです。 この「ドラマの内容とシンクロした主題歌」という要素もこの「secret base 〜君がくれたもの〜」がヒットした理由の1つだと思います。 「secret base 〜君がくれたもの〜」は「zone」だからこそ響くのでは? もう1つ当時の「zone」が歌ったことが良かったと思います。 この歌は歌詞を聴くと、小学生〜中学生くらいが歌っていると分かる歌ですから、若かったzoneにはピッタリな曲です。 この歌は若い声で歌うことや、全てのパートをボーカルが担当せずにそれぞれのメンバーが各所で歌ったからこそ響きやすい歌だと思います。 zoneは解散してしまい、再結成されましたが再度解散してしまいました。 とても良いヒット曲を出したグループだけに、こういった貴重なグループが歌の世界からいなくなってしまうことは本当に残念ですね。 のページへ戻る カテゴリー一覧•

次の

【切り抜き】「secret base ~君がくれたもの~」白雪みしろ 歌詞付き 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』【のりプロ】

君 が くれ た もの 歌詞 意味

『永遠』の冒頭で歌われる「朱い果実」とは、その「禁断の果実」を意味しているのではないでしょうか。 この一言で、不倫という禁断の果実を口にして、苦しみの世界が始まるドラマ『失楽園』の世界観が表現されているような気がします。 ところで、坂井泉水はなぜ「赤い果実」ではなく「朱い果実」と書いたのでしょう。 「赤色」よりも「朱色」は鮮やかな「黄色味がかった赤」。 その後に続く「私のことを思い出してください」というフレーズから考えて「赤」よりも鮮明で記憶に残る「朱」を選んだのかも知れませんね。 このフレーズは、意識が薄れ死へと向かっていく二人の姿を表現しているのではないでしょか。 この歌詞の「くに」という言葉も、歌を聞いているだけでは「国」と思ってしいまいがちですが、実は「楽園」なんですね。 坂井泉水が二人が向かう場所を「楽園」とした理由は、不倫をされた側から見ると二人は「地獄」へと向かってほしいと願うはずですが、愛し合う二人からすれば、死によって誰にも邪魔されない二人だけの「楽園」に行けるからでしょう。 17世紀の詩人ジョン・ミルトンは、叙事詩『失楽園』の中で「地獄を天国となすも、天国を地獄となすも心しだい」と書いています。 坂井泉水の歌詞にもこの言葉に通じるものを感じますね。 前後のフレーズから考えると、許されない恋の相手がふと呟いた疑問の答えを、頭の中で考え続けているようなイメージが湧いてきますね。 カギ括弧で表すことで、言葉にリアリティを持たせているような気がします。 また、思いついた言葉を常に書き留めていた坂井泉水にとって、この言葉は特別な存在だったのかも知れません。 それから改作され『永遠』バージョンが『失楽園』の主題歌に起用。 1970年代のアメリカンロックを彷彿とさせるサウンドは、ZARDの曲の中では珍しいタイプ。 今「この門をくぐり抜けると」というフレーズを聴くと、楽園への門をくぐる坂井泉水の姿を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 「永遠」とは時間を超えて存在するもの。 それは肉体が滅んでも残る、その人の生前の「想い」のような気がします。 坂井泉水と私たちの間には、彼女が綴った言葉という想いが、永遠に存在し続けるでしょう。 TEXT 岡倉綾子.

次の