平行 四辺 形 に なる ため の 条件。 【平行四辺形の書き方】コンパスを使って作図する方法は?

先生のための数学通信

平行 四辺 形 に なる ため の 条件

Contents• 平行四辺形の性質を利用した合同の証明 まずは、平行四辺形の性質を利用しながら三角形の合同を証明していく問題を見ていきましょう。 ここでは、平行四辺形の性質をしっかりとおさえておく必要があります。 平行四辺形の性質 平行四辺形では、2組の対辺がそれぞれ平行。 平行であることを利用すると このように錯角が等しいということも分かります。 証明問題では、非常に重宝する性質です。 平行四辺形では、2組の対辺がそれぞれ等しい。 平行四辺形では、2組の対角がそれぞれ等しい。 平行四辺形では、対角線はそれぞれの中点で交わる。 問題に出てくる平行四辺形に対角線が引かれていれば、この性質を利用する可能性がぐっと高まりますね。 それでは、以上の性質を頭に入れた上で証明問題を見ていきましょう。 問題に挑戦! 下の図のように、平行四辺形ABCDの対角線の交点Oを通る直線が、DA、BCの延長と交わる点をそれぞれE、Fとするとき、EO=FOとなる。 このことを証明しなさい。 こちらでも書いていますが いきなり証明を書こうとするのではなく 注目する三角形、等しくなる辺や角などを見つけることからスタートしていきましょう。 まずは、平行四辺形の性質より 対角線がそれぞれの中点で交わるのでOA=OCということが見つかりますね。 次は、対頂角! 辺が交差するところには対頂角アリです。 最後に、錯角! 平行四辺形の対辺は平行になるので、錯角が等しくなります。 これで合同条件に必要な情報が揃いました。 それでは、これで証明の大まかな道筋が見えたので、ここから証明を書いていきます。 等しくなる辺や角を見つけるときに 平行四辺形の性質を利用していくだけなので しっかりと性質を覚えておけば大丈夫です^^ 記事の最後に演習問題を用意しているので そこで理解を深めていきましょう! 平行四辺形になるための証明 次は、平行四辺形になるための証明を見ていきましょう。 こちらの問題は今までのものとは少し違います。 今までは、辺の長さや角の大きさが等しくなることを証明してきましたが、今回は注目する四角形が平行四辺形になるかどうかを証明していくというものです。 平行四辺形かどうかを調べるためには これが言えたら平行四辺形だ!という 平行四辺形になるための条件というものがあります。 これを事前に知っておく必要があります。 平行四辺形になるための条件 平行四辺形になるための条件は以下の5つです。 このことを証明しなさい。 それでは、まず四角形AECFの辺の長さなどに注目していきましょう。 これはイメージが湧くかな? 長さが等しいモノから、同じ長さ分だけ取り除いたら 当然残っているモノどうしも長さは等しくなるよね。 よって、1組の対辺が平行でその長さが等しいので 四角形AECFは平行四辺形であることが証明できます。 では、これを証明にしていきましょう。

次の

先生のための数学通信

平行 四辺 形 に なる ため の 条件

教科書には、4つが「平行四辺形であるための条件」として取り上げられている。 そのうちの3つは平行四辺形の性質の逆として取り上げられているのに対して、「一組の辺が平行で長さが等しい」は突然加わるのである。 このことを説明するためには、四角形において、「対辺が平行・対辺の長さが等しい・対角の大きさが等しい・対角線が中点で交わる」の4つの要素のうち、2つを組み合わせ、全ての場合を考えることが必要になる。 そして、それぞれについて真偽を判定し、本当に必要な条件を洗い出すことになる。 これは、小学校のときに習ってわかっていると思っていることに論理のメスをいれることでもある。 これらのことから、本課題は、全ての条件の組み合わせを考え、真偽を判定するという活動を通して、自分で定理をつくるという体験ができる教材であるといえよう。 図形から見つけられる定理を既存の知識として与えるのではなく、図からいえる様々な性質を自分で見つけるという体験を大切にしたい。 その方が、論理の世界をより自分に引きつけることになり、次への意欲につながると思うからだ。 その際、先人たちがしたように、それらの性質が図形をある条件で動かしても成立するか考えたり、図形を分類・整理して考えたりして、より一般化された定理に高めさせたい。 先人の思考の道すじをたどり、それをヒントにして「分類して考える」「一般的に考える」「根拠をもって考える」などの論理の世界を形づくる力を身につけさせたい。 そこで、本時は、要素の組み合わせ64通りを全て考えさせる。 それらの中から不必要なものを取り除き、整理した命題の真偽を判定させる。 これらの中には間接証明法が必要なものもあるので、全てに取り組む必要はない。 自分で選んだ命題に取り組むという意欲のほうを大切にしたい。 また、小集団での活動を設定することで、自分とは違う級友の思考にも触れさせたい。

次の

先生のための数学通信

平行 四辺 形 に なる ため の 条件

平行四辺形とは?【定義】 平行四辺形とは、 2 組の向かい合う辺がそれぞれ平行な四角形のことです。 まずはこの定義をしっかり覚えておきましょう。 平行四辺形の【性質・条件】 次に、平行四辺形の性質と平行四辺形になるための条件を確認していきます。 平行四辺形の【性質】 はじめに、平行四辺形の 3 つの性質についてまとめていきますね。 言葉だけで覚えるのは難しいと思うので、図とともに理解しながら覚えておくようにしましょう。 平行四辺形の【条件】 次に、平行四辺形であるための条件、つまり判断材料をまとめていきます。 ある平面図形が平行四辺形になるためには、5 つの条件があります。 5 つも覚えるのは大変だな、と思ってしまいますね。 2 の公式では高校で習う三角比の知識を使います。 底辺と斜辺、そして 1 つの角度がわかっています。 以下の 4 つのステップを通して、すべての角度、そして対角線の長さを明らかにしていきましょう。 ステップ 1:垂線を下ろす まず最初に、上底(上の底辺)の頂点から垂線を下ろします。 ステップ 2:角度を求める 平行四辺形の 1 つの角度がわかっていれば、ほかのすべての角度を求めることができます。 ステップ 4:三平方の定理で対角線の長さを求める 対角線の長さは、三平方の定理で求めることができます。 これまで計算して出てきた値をどんどん図に書き込んでいきましょう。 証明終わり 以上で平行四辺形の内容はすべて終わりです! 覚えることが多く感じると思いますが、内容が重なり合う部分も多いです。 図と一緒に理解を深めて、さまざまな問題に対応できるようにしてくださいね。

次の