臨月 眠れ ない。 臨月眠すぎる!眠い時は寝ちゃっていいの?夜もグッスリ眠るコツ

臨月(妊娠後期)に眠れない時の対策まとめ

臨月 眠れ ない

このページの目次• 臨月になると眠れなくなる4つの原因とは? 「臨月」とは妊娠36週0日~39週6日の妊娠10ヶ月をいいます。 出産予定日は40週0日です。 さらに臨月に入って1週間後の37週0日~41週0日の期間を「正産期」といい、出産するのに適した時期といわれています。 どうして臨月になってくると眠れなくなるのでしょうか?ここではその原因を解説します。 ホルモンバランスが崩れる 臨月に入ると、女性ホルモンのエストロゲン 卵胞ホルモン の分泌量が増えてきます。 このエストロゲン 卵胞ホルモン には出産準備として子宮を大きく広げたり、授乳に向けて乳腺の発達させます。 女性らしさを作るホルモンとして大切なホルモンですが 、 分泌量が変化することで眠気・倦怠感を引き起こす作用があります。 そのため分泌量が増える臨月に 質の良い睡眠が取れない、だるさや疲労感を感じる原因となります。 エストロゲン 卵胞ホルモン の作用• 出産準備として子宮を広げる、授乳に備えて乳腺の発達を促す• 眠気や倦怠感を招く 2. 精神的影響 出産が近づくと、「陣痛はいつくるのだろう?」「無事に元気な赤ちゃんが産めるかな?」と不安が募るばかりです。 特に初産婦さんに関しては初めての経験に、陣痛の痛さや恐さなどの未知なる恐怖心もあります。 ベッドに入ったとしても「大丈夫かな?」といった 不安が消えず、色々考えているうちに眠れないといったケースがあります。 不安やストレスが重なることが不眠の原因と繋がります。 不安やストレスが溜まる 里帰り出産する場合は、環境の変化や離れて生活する旦那さんの様子が心配など 慣れない環境に不安が募ることもあります。 また上の子がいる場合は「2人も育てられるかな?」と 産後の暮らしに自信が持てない方も多いかと思います。 不安がある場合は旦那さんや出産を経験した先輩ママに相談してみるのもおすすめです。 出産、出産後の暮らしに対する不安やストレスが溜まる• 里帰り出産の場合、旦那の様子が気になる• 寝不足が続くことで、不眠の悪循環をもたらす 3. 身体的影響 お腹が大きくなるなど 臨月にもなると、自分の足すら見えなくなるほど大きくお腹が前にせり出してきます。 そのため思うように行動できなくなり、睡眠したくても睡眠を遮るような状況に陥ります。 寝返りが打てない 大きなお腹では寝返りを打つのも一苦労になってきます。 一つ一つの動きが容易ではなくなるため、 寝苦しい、自然と目が覚めてしまうといった傾向があります。 また無理な姿勢で寝ようとすることで腰や背中を痛めたり、お腹の赤ちゃんの大きさに圧迫されて息苦しくなる場合もあります。 一つ一つの動きが容易に動けなくなる• 無理な姿勢を続けて体が痛む、しびれる• お腹が圧迫されて息苦しくなる 2. 胎動を感じる 臨月ではなり、動きもダイナミックになってきます。 お腹にいる胎児も大きく成長し、あまりの力強い動きに、寝ていたのにびっくりして起き上がった!ということも珍しくありません。 臨月になると胎動が減るように感じる方もおられますが、個人差があるため臨月に差し掛かっても激しい胎動がおさまらないこともあります。 胎動が痛くて眠れない• 胎動の衝撃に驚いて起きる 3. トイレが近くなる 赤ちゃんが大きくなることで子宮の大きさも通常の倍以上の大きさになります。 そのため子宮の近くにある膀胱を圧迫し、尿をためることができなくなり、 夜でも頻繁にトイレに行きたい気持ちになります。 子宮が大きくなり、膀胱が圧迫される• 何度もトイレに行きたくなる 4. 産後の育児に向けた予行演習 筆者本人は病院で妊娠後期に入ってから寝不足になったと話をしたところ、助産師さんより「 産後、赤ちゃんのお世話に向けた予行演習を行っているんですよ」と言われたことがあります。 産後は赤ちゃんの授乳やおむつ替えに2~3時間おきに起きる生活になります。 確かに過去の臨月の時期を思い出してみると、 3時間おきぐらいで目が覚めるような感覚でした。 臨月に眠れなくなるのは「産後の育児に向けた練習」という考えがあります。 寝れないときにおすすめ!4つの解決策 ぐっすり眠って一日の疲れや不安から解放されたい!と思う妊婦さんも多いかと思います。 ここでは 「寝たいのに寝れない!」というお腹の大きい臨月の妊婦さんにおすすめの解決策を紹介します。 自分に合った解決策を知ることで産後の授乳やおむつ替えなど、赤ちゃんのお世話で寝不足になりがちな時にもきっと役に立ちますよ。 リラックスする イライラ・モヤモヤした不安な気持ちを取り除き、リラックスできれば不眠の解消に繋がります。 好きなアロマを焚く、好きな音楽を聴く、読書を楽しむなど 自分の好きなことに囲まれながらゆったりとした時間を過ごしてみましょう。 また 人は体温が下がるときに眠気を感じる性質があるため体を温めるのも大事なポイントです。 アロマオイル アロマオイルの香りには脳を刺激し、脳や体をリラックスさせる効果があります。 安眠効果が期待できるものとして最も有名なのが ラベンダーです。 他にも オレンジスイートやベルガモットのような柑橘系のアロマもおすすめです。 すぐ出来る簡単な方法としては、アロマオイルをコットンに1. 2滴ほどたらしたものを枕元に置いてみましょう。 アロマオイルの効果を高めるためにアロマオイルは100%天然の成分で作られたものを使いましょう。 ラベンダー・オレンジスイート・ベルガモットの香りがおすすめ• ハンカチやコットンなどにアロマオイルを1,2滴ほどたらして香りを楽しむ• アロマ加湿器を利用してみるのもおすすめ 音楽を聴く クラッシクやヒーリング音楽がおすすめです。 例えば森の音、川の音などゆったりと流れる自然の音にはリラックス効果が期待できます。 音楽を聴くときは目を閉じて音楽に浸ることで、より強いリラックス効果を高めることができます。 クラシック音楽を聴く• ヒーリング音楽を聴く• 聴くときは 目を閉じて音楽の世界観に浸るとリラックス効果がアップする 体を温める 寝る3時間前ほどに 湯船にゆっくり浸かって体を芯から温めましょう。 寝るときには体温が下がり、眠りにつきやすくなります。 また湯船に浸かることでストレスを和らげ、リラックスできる効果もあります。 体を温めたいときに出来る手軽な方法として 温かいものを飲むことも安眠の秘訣です。 体をぽかぽか温めてくれるホットミルク、ジンジャーティーやハーブティーがおすすめです。 湯船に浸かる 就寝3時間前あたりがおすすめ• 温かいものを飲む ホットミルク、ジンジャーティーやハーブティー 3. 適度な運動を行う 出産には体力も必要です。 臨月に入ってもウォーキングやストレッチなどで体をしっかり動かすように意識しましょう。 無理は禁物ですが 一日30分以上の運動をすれば 、 適度な疲労感が生まれることで眠りやすくなります。 寝る体勢に工夫する 寝苦しいときにぜひ試して欲しいのが 「抱き枕」です。 また体が楽になる寝方としておすすめなのが「 シムスの体位」です。 こちらについては後半で詳しく紹介します。 抱き枕を使う• 「寝なくてはいけない」と思えば思うほど ストレスが増して、快眠が遠ざかってしまいます。 気分転換をしてみよう!• 寝ようと強く思わず、寝ることを諦めてみる• 寝室から思い切って出てみる 体が楽に感じられる寝方「シムスの体位」を実践してみよう! 1. シムスの体位とは? 「シムスの体位」とは、19世紀ごろにアメリカで産婦人科医であるJ・マリオン・シムズが考案した寝方です。 もともとは直腸検査や昏睡状態の患者の気道を確保するときの姿勢でした。 その後、 妊婦さんにも「 血流が良くなる、リラックスできる、体や気分が楽になれる」といった効果があると分かり、 妊娠初期から臨月までの多くの妊婦さんに勧められています。 シムスの体位の効果• 血流が良くなる• むくみ防止になる• 体や気分が楽になる 2. 左側を下にして横向きに寝ます。 下になる左足と左腕は体の後ろに引きます。 足首は伸ばしても曲げてもどちらでも構いません。 左手は自然に伸ばしましょう。 上になる右足と右腕は体の前に出して曲げます。 足首は伸ばしても曲げてもどちらでも構いませんが、両足が重ならないようにしましょう。 顔は横向きです。 上の写真のようなうつ伏せの体勢になります。 シムスの体位を試してやりにくい場合は? 左足と右足の間にクッションや抱き枕を挟んでみましょう。 クッションや抱き枕の柔らかさ・形には好みがありますが、通気性の良いもの・お腹に負荷がかからない適度な弾力があるものが使いやすいでしょう。 また 実践してみて違和感や居心地が悪い場合はすぐに中止をし、健診のときに医師に相談してみましょう。 クッションや抱き枕を使ってみる• お腹の圧迫感を感じる場合は、うつ伏せの状態を少し戻してみる まとめ 臨月は不眠になりやすい時期といえますが、赤ちゃんの胎動を感じながら暮らす日々もあと少しです。 出産を終えると、赤ちゃんのお世話にバタバタする日々が続きます。 出産に対する不安や焦る気持ちはあるかと思いますが、パートナーや上の子とゆっくり過ごせる今しかない時間を大切にしましょう。 「眠れない=悪いこと」と捉えず、ゆったりとした気持ちで受け止め、自分に合ったリラックスする方法や快眠方法を見つけてみてくださいね。

次の

臨月の妊婦の眠れない夜の過ごし方!おすすめの不眠対策

臨月 眠れ ない

臨月になると、お腹は赤ちゃんでパンパン!寝る体制も定まらず、なかなか眠れなかったりします。 私は、仰向けで寝れなかったので、横をむいて寝ていましたが、寝返りしづらくて、そのタイミングで、 目が覚めてしまうことも多々ありました。 なかなか深い眠りにつけず、目が冴えてしまうと、何だか空腹感があることも、しばしば! この頃は、起きていても、臨月で体が 出産準備に入ったのか!?夜中にお腹が空くことがよくありました。 妊娠中は、食べた分、体重が増えていたので、余計に我慢我慢と布団の中で耐えていましたが、我慢出来ない日も…。 体重の増加も気になるけど、やめれない。 夜食は食べてよいのか?太らない夜食ってあるの?なんて悩みます。 臨月で眠れない!そんな時に夜食は??食べるべきか我慢するべきか、私の経験をまとめてみました。 スポンサードリンク 夜食は食べる?食べない? 私の周りに聞いても、臨月の時は眠れなかったり、眠りが浅くなったという人が結構います。 お腹が大きくて 寝返りできない、胎動が激しすぎて寝れない、何となく目が冴えてしまう、と理由は様々です。 この頃の私は、夜中に本当にお腹がよく空きました。 赤ちゃんが下がってきて 胃に余裕ができたのか、出産のために体力をつけようとしているのか…。 夕飯もしっかり食べているのに、です。 夜中に食べたらダメと思う自分がいても、葛藤に負けてしまい、食べてしまったこともあります。 しかもポテトチップスやアイスばっかり! でも食べたあとに、赤ちゃんに対して ごめんねって思ったり、何だか罪悪感がいっぱいでした。 次の日、体重をはかったら、プラス1㎏で、改めてかなりの後悔と反省…。 でもお腹が空いて、 ますます眠れない!なんて時もありますよね?そんな時、夜食は食べて良いのでしょうか??• 私は食べていました! 私の知る限り、「臨月夜食は食べる?」なんて事が、詳しく書かれている本や雑誌を知りません。 結局は 自分で判断ですね。 当たり前ですが、病院から食事に関して指示や注意がある場合は、控えた方が良いでしょう。 経験から言うと、私を含め、出産した周りの友人達も、夜中の空腹に負け、 臨月の時に、みんな何かしら食べています。 なので、私は「夜食は食べても良いか?」と聞かれれば「 良い。 」と答えるでしょう! だからと言って、好きな物を好きなだけ食べましょう、という事ではありませんよ。 出来れば体に良くて、 太らない夜食が良いですよね。 私が食べていた夜食を紹介します。 あと何となく体にも良さそうな果物!これも要注意です。 糖分が多いからか、私の経験上ですが、体重もあっという間に増えます。 そこで、私のおすすめは、 野菜スープです。 臨月に入り、夜眠れなかったりお腹の空く日が多かったころ、夜ご飯の準備の時に、夜食用としてたくさん作るようにしました。 野菜とお汁で、お腹も満足でしたし、あったかいスープを飲むと、寝つきも良くなったように思います。 ちょっと甘いものが…という時には、低カロリーの 一口ゼリーをプラスして食べることもありましたよ。 夜中に野菜スープを食べたことによる体重の増加は、感じませんでした。 夜中はあまり食べない方が良いとは思います。 けれど、どうしてもお腹が減って仕方がない!という時には、 胃に優しくヘルシーな夜食を試してみてください。 夜食食べたから!?体の浮腫! 夜食を食べてしまって、体重も増加して、 体が浮腫んだ!!なんて友人の話を聞きました。 臨月は様々な理由で浮腫みやすくなります。 しかし私は、夜食を食べて浮腫んだ事はないんです。 体質もあるかもしれません。 浮腫の原因の一つに、 塩分のとり過ぎがあります。 夜食も塩分の多い内容にすると、浮腫みやすくなる可能性があるので、注意が必要ですね。 あとは適度な運動も心がけましょう。 お腹も空きます。 夜食もたまには良いと思います。 けれど、やっぱり 食べ過ぎには注意!! ママの体と、お腹の中の赤ちゃんに相談しながら、どうしても!の夜は、 ヘルシーなメニューで乗り切りましょう。

次の

臨月で寝れない悩み、みんなどうしてる?不眠の原因と対策10選

臨月 眠れ ない

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 「妊娠初期は眠くてたまらなかったのに、妊娠後期に入ったら、夜に全く眠れなくなってしまった」という妊婦さんは多くいます。 眠れないことで体力が消耗し、ストレスを溜めてしまうのは避けたいですよね。 今回は、妊娠後期・臨月に眠れないときの原因と解消法をご紹介します。 妊娠後期・臨月に眠れない原因は? 妊娠後期は、さまざまな要因が働き、寝つきが悪くなる傾向にあります。 一日中眠れないわけではなく、昼間はすごく眠いのに、夜になったら眠れなくなってしまう人が多いようです。 妊娠後期・臨月に眠れない原因としては、次のようなことが考えられます。 お腹が大きくなるから 妊娠後期に入って時間が経つにつれて、お腹がどんどん大きくなります。 その結果、寝返りが打ちづらくなり、寝つきも悪くなります。 さらに、妊娠後期以降は大きくなった子宮によって膀胱が圧迫され、頻尿になって夜中に何度も目が覚めてしまうこともあります。 激しい胎動を感じるから 妊娠後期になると胎児も大きくなるため、安定期に比べると激しい胎動を感じる機会が増えます。 力も強いので、痛いと感じる人もいます。 それが原因で夜になかなか眠れなくなったり、目を覚ましてしまったりするのは珍しいことではありません。 一般的には、臨月に入ると胎児のダイナミックな動きが減り、胎動の回数が減ったように感じます。 ただし、人によっては、臨月に入ってからも激しい胎動が続くこともあります。 ストレスが溜まるから 出産予定日が近づいてくると、「無事に産めるかな?」「陣痛はどれくらい痛いのだろう?」と不安になり、ストレスを感じやすくなります。 ベッドに入っても、出産のことや産後の生活をふと考えてしまうかもしれませんね。 ストレスを溜めていると、寝つきが悪くなり、不眠につながります。 関連記事 臨月の不眠解消法は?妊娠後期から対策しよう! それでは、具体的に4つの不眠対策をご紹介します。 順に試して、自分に合った方法を見つけてみてくださいね。 楽に感じる寝方を見つける 一般的に、妊娠後期・臨月の妊婦さんにおすすめの寝方は、シムスの体位です。 シムスの体位では、横向きに寝て、上になった方の足を軽く曲げます。 この寝方が妊婦さんにとって楽だと感じやすい姿勢ですが、人によっては、シムスの体位が苦しいと感じることもあります。 また、安定期は楽だと感じていても、妊娠後期に入ってお腹が大きくなったら窮屈だと感じる人もいます。 そんなときは、抱き枕を使ってみましょう。 足の置き場が安定して気持ちよく眠れることもあります。 また、既に抱き枕を使っているという人は少しサイズを大きくしたり、長くしたりすると寝苦しさを感じにくいポジションが見つかる場合があります。 まずは布団を抱き枕代わりにしていろいろな寝方を試してみましょう。 自分が一番楽だと感じる姿勢を見つけてみてくださいね。 適度な運動をする 体が重いからといって、動くことを控えていませんか?運動をすることで、出産に備えて体力をつけられるだけでなく、体が疲れて、自然と眠れるようになりますよ。 また、適度に体を動かすことによって、気持ちをリフレッシュさせることもできます。 ただし、妊娠8~9ヶ月頃に切迫早産と診断されている妊婦さんは無理をするのは禁物です。 妊娠37週の正期産の時期に入るまでは安静にしておく必要があります。 医師の指示に従いながら、できる範囲で運動をしていきましょう。 関連記事 好きなことをしてリラックスする 眠れないのなら、いっそのこと好きなことをして、リラックスしてみるのもいいですよ。 本を読んでいるうちに、いつの間にか眠っていたということもあります。 ただし、スマホやテレビなどブルーライトを発する物は、脳を覚醒させる効果があるので、眠れないときはあまり見すぎないようにしてくださいね。 眠る前の1時間はブルーライトに接しないようにすると、寝つきが良くなりやすくなりますよ。 マイペースに睡眠をとる 妊娠後期・臨月に眠れないのはしかたのないことだと考え、心の負担を取り除くことも大切です。 間もなく出産だと思うと、不安な気持ちになるかもしれませんが、あまり思いつめないようにしましょう。 むしろ今は、お腹の赤ちゃんと穏やかに過ごせる時間だと、前向きに考えられるといいですね。 どうしても妊娠後期・臨月に眠れないときの対処法は? 昼夜が逆転した生活になると、「胎児の生活リズムに影響を与えるのでは」と心配になるかもしれませんが、医学的に証明されているわけではないので、心配しすぎる必要はありません。 寝ないよりは昼寝でもいいので睡眠をとったほうが心の負担が軽くなるし、体力もつきます。 夜に眠れないときは、昼間の眠くなったときに1~3時間の昼寝をするのも、一つの不眠対策です。 夜に眠れなかったとしても、ベッドに入って寝転んでおくだけでも、体の疲れがとれますよ。

次の