シジュウカラ 飼育。 シジュウカラガン

シジュウカラの特徴は?生態や分布、鳴き声は?

シジュウカラ 飼育

美しい鳴き声 メジロはとても美しい鳴き声で鳴く小鳥として有名です。 なぜ、メジロは捕獲禁止になってしまったのでしょうか? 特徴 メジロはスズメ目メジロ科に属する黄緑色の体をした、全長11cmほどの小鳥です。 生息地は日本全国に渡って分布しています。 鳴き声は美しい声で鳴きます。 メジロ最大の特徴は、目の周りの白い縁です。 名前の由来にもなっています。 見た目、鶯と町這う人も多い様です。 夫婦仲が良い 雄雌一緒に行動している所をよく見かけます。 夫婦仲がとても良い鳥としても知られています。 スポンサードリンク メジロは飼うことが出来る? 見た目も可愛く、鳴き声も美しいメジロですが、メジロを飼うことはできるのでしょうか? 鳥獣保護法 メジロの捕獲や飼育は鳥獣保護法で原則禁止になっています。 もしも違反してメジロを捕獲すれば懲役1年以下または100万円以下の科せられます。 また許可なくメジロを飼育すれば、6か月以下の懲役または50万円以下の罰金という事もあります。 しかし、メジロを飼うことは、昔から日本の文化でもあったようです。 日本では古来からメジロの鳴き声の優劣を競う、「鳴き合わせ会」というものが開かれていました。 この鳴き合わせ会では、3分にメジロの鳴く回数の多さで勝敗を決めると言います。 次第に優秀な鳴き声を持つメジロを得るために乱獲され始めたのです。 飼ってもいいメジロ 捕獲が全面的に禁止される前のメジロか、中国から輸入されている「ヒメメジロ」になります。 このヒメメジロを飼うにしても、そもそも外来種ですので、日本に居る在来のメジロとの交雑や生態のバランスを崩す恐れも懸念されています。 絶対に逃がさない、という条件のみで飼育が許可されています。 まとめ メジロはとても可愛い姿をしています。 鳴き声も美しく人気のある小鳥です。 現在では野生のメジロを捕獲、飼育することは法律で禁止されてしまっています。 飼育可能な「ヒメメジロ」は中国から輸入され、絶対に逃がしてはいけないという心構えが必要です。 スポンサードリンク.

次の

人懐っこい!シジュウカラの生態♪鳴き声や子育て、餌について

シジュウカラ 飼育

エサは、やはりすり餌です。 すり餌は、夏場は匂ったり、傷んだりしますから、午前中に一度、午後になったらもう一度練り与えます。 これが出来なければ粉のまま与えます。 ミルワームを4つくらいに切り、粉のままのすり餌にまぶします。 ミルワームに釣られて食べれば、すり餌も自然と一緒に食べる事になります。 ミルワームは栄養価も少なく消化も良くありませんので、ぶどう虫の方が好いですね。 魚釣りのえさで、釣具屋さんに売っています。 シジュウカラはすり餌単体をあまり好みませんので、落花生を混ぜます。 生落花生を電子レンジで火を通し、包丁で粉状になるまで切ります。 これを粉のすり餌に1割混ぜてください。 生落花生が手に入らなければ、味付けをしていない落花生を使用してください。 ひまわりの種の場合は、雛が殻を割ることを知りませんので、ペンチで殻を割り、中身を半分くらい潰します。 割と雑食性なので何でも食べますが、おやつ程度にするのが賢明です。 又、いちばんのご馳走は蜘蛛です。 公園や里山で捕獲して与えてください。 ものすごく喜びますよ。 また桜の木の葉に付く虫も与えてください。 もう少し大きくなったら、水浴びをさせなければいけませんよ。 問題は、これからどうするのか? 野鳥は、原則として飼育できません。 違反をすると、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金になります。 お気をつけください。 普通はすり餌で飼います。 ご指摘のようにすり餌は生ものなので乾燥より暑いと腐敗しやすいので、毎日取り換えて与えます。 カビが生えるのは毎日取り換えなかった場合でしょうが、すり餌は毎日新しいものを与えないとダメです。 近年は乾燥したまま水を別に与えるものが売っていますが、わたしは使ったことがないのでわかりません。 あと、シジュウカラではなかったですがミールワームは私が与えた時は消化が悪く下痢しましたのでやめました。 ほかにカラ類はナッツ類を好むので与える人が多いみたいですが、脂肪が多く運動不足のかごの中であまり与えると「脂肪過多」という病気になる場合があります。 それより、一時保護なら問題がありませんが、勝手に永久飼育すると鳥獣保護法に触れて罰せられます。 最近は近所の人が見ていて通報で検挙される場合があります。

次の

シジュウカラの繁殖期の生態

シジュウカラ 飼育

シジュウカラ Parus major• 森林を主な生息地とするが、点在する緑地も利用することができるため、都市においても生息が可能な野鳥。 都市生態系の高次捕食者なので生態系の指標となる。 繁殖期に樹木の食葉性昆虫を多く消費するため、昆虫の個体数を制限している。 材料はコケ、毛糸、犬の毛など。 「産卵」(4月中旬~)・・・1腹卵数は4から12だが、8から10が普通。 「抱卵」・・・孵化日をそろえるために、全部の卵を産み終わってから抱卵。 「孵化」・・・抱卵から13日から14日で孵化。 数時間から1~2日で全て孵化する。 「巣立ち」・・・孵化後18日から20日で巣立ち。 孵化後も2週間から1ヶ月は親鳥と共に生活する。 1時間に親鳥は平均13. 5回給餌をしていた(調査箇所5箇所)雛1羽で換算すると、1時間に1. 5回餌をもらっていることになる 孵化後しばらくはメスは雛を暖めるために採餌行動には出ず、オスが多くの餌を運んできていた。 3日ぐらいするとメスも採餌をするようになり、メスの方がオスよりも多くの回数で餌を運んでくるようになった。 時刻による給餌回数の変化 森林のシジュウカラは朝に給餌回数が多く、昼になると少なくなるといわれているが、万博では時刻による給餌回数の変化はみられなかった。 孵化後の経過日数による給餌回数の変化 孵化してから日が経ち、雛が成長するにつれ、親鳥の給餌回数の増加がみられた。 また巣立ち間近になると、親鳥が雛の巣立ちを促すために餌をなかなか与えないという行動が見られた。 目的別でさがす• イベント• 自然に触れる• スポーツ• ご利用案内• 大阪万博• その他•

次の