クリスマス あいさつ。 子供会のクリスマス会で挨拶するならこう言う!気をつけることは?

幼稚園のクリスマス会 司会の挨拶と台本の注意点

クリスマス あいさつ

イブは前夜という意味ではなくて、英語の"evening"(夜、夕べ)に由来した語なのですが、ドイツ語でも同様に " Weihnachtsabend"といいます。 そしてドイツ語でメリークリスマスという挨拶は、 " Frohe Weihnachten" フローエ ヴァイナフテン 前回ちょっと触れたように、 ドイツのクリスマスは、大晦日" Silvester"(シルベスタ) よりもずっと大事なので新年の挨拶もこの時期にやっても問題はないようです。 Frohe Weihnachten und ein gutes neues Jahr! 「良いお年を」を意味する大晦日の挨拶は、 "Guten Rutsch! Rutschには 山崩れや地滑りという意味もあったりします。 ドイツ語では、 新年に滑りこむ... そんなイメージなのでしょうか。 おもしろいですね もう新年に入るまで会えないと分かっている人には、大晦日以前に"Guten Rutsch! "ということもあるようです。 新年に入るとすぐに受験などを控えている日本では 「良い滑りこみを」という挨拶は きっと流行らないでしょう。 それでは素敵なイブを。 Frohe Weihnachten!

次の

子供会のクリスマス会で挨拶するならこう言う!気をつけることは?

クリスマス あいさつ

Happy Christmas to you. 【訳】 クリスマスのひとときやいただいた宝物たちが、 やがて光輝く良き思い出となりますように。 Hopefully, Santa will be extra good to you. Enjoy your holidays! 喜びをわかちあえるからクリスマスって素敵なのかも。 ah nah, forget it, I'll get it for myself! 【訳】 親愛なるサンタ様 もう人からビッチと呼ばれるような真似は決してしません。 だから。。。 あぁ、やっぱり忘れてください 自分で 彼を Getしに行きます。 もし真夜中に太った大きな男の人があなたの部屋に入ってきて、あなたをさらおうとしても心配しないでね。 私がサンタに、クリスマスのプレゼントはあなたが欲しいってお願いしたの。 Merry Christmas Eve, darling. Merry Christmas Eve, darling. Think of joy, forget the fear. Hold the laugh, leave the pain. Life is beautiful, enjoy it. 【訳】 涙を拭いて微笑みを 恐れを忘れて、楽しいことに思いを馳せ 痛みを置き去りにして、笑顔を絶やさぬよう Life is beautiful, だからおもいっきり楽しまないと メリークリスマス&ハッピーニューイヤー!!

次の

エリザベス女王、2019年は「特にでこぼこ」 クリスマスのあいさつ

クリスマス あいさつ

We greatly appreciate your support and look forward to working together with you in 2018. (貴社のご支援に大変感謝しております。 2018年も一緒にお仕事をさせていただくことを楽しみにしています) 1月7日がクリスマスのところもある 日本ではクリスマスといえば一般的に12月25日を表すと思います。 これはあくまで、グレゴリオ暦のこよみを使用しているキリスト教においてイエス・キリストの誕生を祝う日付になります。 アメリカのとある取引先の担当者の方で、ロシア系の方がいたのですが、年末の挨拶メールを送ったところ、その方から自分は「Orthodox(オーソドックス)」だと教えてもらったことがありました。 Orthodox(オーソドックス、Oは大文字)とは、「正教会」のことで、キリスト教の一派のことです。 主にロシア、セルビア、グルジアといった東ヨーロッパの国で信仰されているキリスト教になりますが、正教会ではユリウス暦のこよみを使用しており、グレゴリオ暦と13日のずれがあるのです。 そのため、正教会では12月25日にクリスマスを祝うのではなく、1月7日にお祝いをすることになります。 日本ではお決まりのように12月25日だけがクリスマスだと思われがちですし、僕もそういった思い込みからクリスマスシーズンに何も気にせずにメールを送ってしまいました。 メールを送る相手の宗教観までを把握するのは難しいと思いますので、クリスマスに関する文言が入っていない挨拶メールを送ったほうが無難かもしれませんね。 以下、宗教に関係なく使える年末年始の挨拶フレーズになります。

次の