ビルゲイツ シェルター。 スヴァールバル世界種子貯蔵庫

凄い情報です!ビル・ゲイツの軽井沢別荘について: あほうどりのひとりごと 幸福への近道

ビルゲイツ シェルター

経歴 [ ] 幼少時代 [ ] ゲイツは、10月28日にで(1925年 - )ととの間に生まれた。 裕福な家庭だったが、自分のことには一切お金を使おうとしなかった。 そしてのに通い、で歌い、にも入っていた。 また、の物や物を読みあさる一方、や、偉大ななどの伝記を耽読した。 彼は小学校を優秀な成績で卒業した。 は160。 学生時代 [ ] 1967年、シアトルの私立レイクサイド中学・高校に入学した。 1968年秋、レイクサイド校は社のに接続されたテレタイプ端末を導入した。 これを通じてコンピュータに興味を持つようになった。 このころ、ワシントン大学の近くにコンピュータ・センター・コーポレーション CCC という会社が設立され 、のへの接続サービスを開始する予定であった。 正式運用の前に負荷耐性テストを行う必要があったCCCは、1968年11月にゲイツらに夜間と週末にコンピュータを無料で使用させた。 この経験を通じてゲイツはDECのPDP-10に詳しくなった。 CCCは、1970年2月に不渡手形を出し、実質的に倒産する。 これにより、ゲイツはコンピュータに触れる機会を失う。 1970年11月にあったインフォメーション・サイエンス・インク ISI という会社から、での給与計算システムの作成を請け負い、開発費の代わりとして無料でPDP-10を使う権利を手に入れた が、COBOLに習熟していなかったため、この作成は難航した。 高校在学当時、先輩でありワシントン州立大学の学生であったとともに、 ()という名称で 、交通量計測システムを作成しようとした。 アレンによると、このトラフォデータは私的につけられたチーム名にすぎず 、法人として設立されてはいないため、トラフォデータ社とは言えない。 最終的に、このビジネスはゲイツが大学生になっても続けられたが、大きな利益をあげることはできなかった。 このころのゲイツに関して、以下のような逸話があるが、いずれも当事者が否定しているか、確認が取れない状況である。 これらは、はじめは冗談で言われていた作り話が、徐々に尾ひれがついて大きくなったもので、事実ではないと思われる。 副大統領候補のバッジを買い占め、後にプレミアム商品として高く売りつけた。 ワシントン大学に潜入して不正なプログラムを動かし、ネットワークを止めた。 CCCの会計ファイルを改ざんし、自身への請求額を減らした。 大学生のとき、デモに失敗し、近くにいた母親に加勢を求めて、「ママ、この人たちに昨日は確かに動いたって言ってあげてよ」と叫んだ。 1973年に、に入学した。 ハーバード大学では、応用数学を専攻したが、成績は必ずしも良くなかった。 1974年に2年生になると、ポーカーゲームに熱中することが多くなった。 このころ同じ寮に住んでいた学生に、後にゲイツの後任としてマイクロソフトのCEOになるがいた。 BASICの移植 [ ] 詳細は「」を参照 1974年12月、ゲイツはアレンから、誌にの記事が載っているのを教えられた。 これを読んだゲイツとアレンはアルテア8800用にBASICインタプリタを作成することを考えた。 ゲイツは、アレンの名前を騙って、アルテア8800を販売していたハードメーカーに電話をかけ、実際には未だ何も作成していないについて「現在開発中であり、間もなく完成する。 御社に伺ってお見せしましょうか。 」と言って鎌をかけた。 電話に応対したMITS社長は、「動作するBASICを最初に持ってきたものと契約する。 」と答えた。 これを受けて、彼らはBASICインタプリタの開発を開始した。 彼らはアルテア8800の実物を持っていなかった。 そこで、アレンはハーバード大学にあったPDP-10上でアルテア8800をエミュレートするプログラムを作成し、これを用いてBASICインタプリタを作成した。 8週間後、ゲイツとアレンの寝食を忘れたプログラミングの結果、BASICインタプリタが完成した。 1975年3月、デモのため、アレンがのにあるMITSへ向かった。 この際、アレンがBASICのの開発を忘れていたことに気がつき、移動中の飛行機中で完成させた。 こうして作られたBASICはMITSでのデモに成功し動作した(このときゲイツはの大学寮でアレンの帰りを待っており、同席はしていない)。 ゲイツらが作ったBASICインタプリタは、として販売された。 1975年4月、アレンはMITSの社員となった。 一方ゲイツはハーバード大学の学生のままであり、学期が終わって夏休みになるとアルバカーキにやってきてBASICインタプリタの改良を手伝った。 その後、9月になるとゲイツはハーバード大学に帰っていった。 以降、1976年の春期、1976年の秋期、のいずれもゲイツはハーバード大学におり 、大学が休みの間にアルバカーキにやって来るという状態を続けていた。 1977年2月に至って 日本でいえば大学4年生の前期終了時に相当 、ゲイツはハーバード大学を休学し、以降は大学に戻ることはなかった。 このとき 1977年2月 、ゲイツとアレンの間で、に関する合意書がかわされた。 BASICインタプリタ事業が開始された1975年4月をもってマイクロソフト社の創業とされることがあるが、上記のように、実際には1975年4月時点ではマイクロソフトという法人は存在せず、そもそもマイクロソフトという名称自体も存在していない。 また、上述のように、BASICインタプリタ事業が始まってからも、ゲイツはその後の約2年間は、実質的にもハーバード大学の学生であり続けている。 パートナーシップ形成に関してゲイツとアレンの間で合意書が交わされ、パートナーシップによる経営としてマイクロソフトが正式にスタートするのは、1977年2月である。 (ただし、この時点でもパートナーシップによる経営であるので、正確には、マイクロソフト「社」ではない。 ) マイクロソフトという名前自体は、1975年7月にアレンが考え出した。 アレンによると、その時点では、マイクロソフトという名前は、ゲイツとアレンの活動を表す私的なチーム名に過ぎなかった。 なお、チーム名という形にせよ、文書でマイクロソフトの名前が確認できるのは、1975年10月にMITSの社長であったエド・ロバーツが書いた記事が初出である。 このころはMicro-softとハイフンを含む名前であった。 1976年、ホビイストたちの多くが自社のBASICを違法にコピーして使っていたことを非難する『』を書いた。 MS-DOSの開発 [ ] 、は、の成功を見て、市場への本格参入をはかることにし、の開発に乗り出した。 短期に開発することを目指していたため、OSについては自社開発をあきらめ、既存のOSを採用・改良することにした。 当時、多くのパーソナルコンピュータのOSとして普及していたのは、によって創業された Digital Research が開発しただったが、OS採用をめぐるIBMとデジタルリサーチとの交渉は不調に終わった。 そこで、IBMはマイクロソフトにOSの開発を要請した。 5万ドルを支払っている。 Windowsの開発 [ ] MS-DOSの普及に尽力する一方、を導入する必要性も理解していた。 1982年の秋、COMDEXでビジコープ社のVisiOnがMS-DOS上でGUIを実現するデモを見て焦りを感じたゲイツは 、インタフェース・マネジャーという名称で、同様の機能を持つソフトウェアを発売する予定であると発表した。 しかし、実際には何も開発しておらず、その後の開発も難航し、製品発売予定は守られずに何度も延期された。 実現の見通しがないままで製品発売のアナウンスを行ったことは、同時期にGUIを実現するパソコンを実際に開発中であったApple社を無用に刺激することになった。 結局、紆余曲折を経たうえでという名称に変更されて最初の製品が発売されたときには1985年になっていた。 この時期には、既にGUIを有するが販売されており、機能的にWindowsはMacintoshに大きく見劣りするものであった。 Windowsが現実的に使えるシステムになるのは、1990年のWindows 3. 0の時である。 1995年にマイクロソフト社の開発したMicrosoft Windows 95に至って、ようやくMacintoshと比肩しうるレベルに達した。 2000年以降の活躍 [ ] ビル・ゲイツ(右)と(左) 2000年1月に職をバルマーに譲る。 2006年6月15日、2008年7月にゲイツは第一線から身を退き、での活動を重視すると発表、CSA(Chief Software Architect、主席ソフトウェア設計者)職をに移譲した。 そしてその発表通り、をもって会長職にはとどまるものの、フルタイムの仕事からは引退、、会長職から退いて「」となり、後任にはが就任した。 2016年、を妻とともに受章。 2017年5月19日 自身出身のシアトルとの姉妹都市・栄誉市民の称号を獲得。 ビデオメッセージを送った。 2020年3月13日、マイクロソフト取締役を退任。 長年取り組んできた途上国などの教育問題や気候変動対策に充てる時間を増やすことを退任の理由に挙げている。 役員を退任後も、マイクロソフトのCEOなどへの技術担当のアドバイザーを続ける。 2020年4月、受章。 世界長者番付 [ ] アメリカの雑誌ので、1994年から2006年まで13年連続の世界一となった。 2008年、推定資産400億ドルと世界的なで各々の総資産が減少する中、ゲイツの資産総額も前年度より180億ドル減少したが、結果的に再び第1位に返り咲いた。 2014年現在の推定資産810億ドルで、世界1位である。 長らくマイクロソフトの個人筆頭株主でありかつては資産の大半を同社株が占めていたが、定期的に売却を続けた影響で2014年には保有株数でスティーブ・バルマーに抜かれることとなった。 現在の同氏の資産は個人投資会社であるカスケード・インベストメント社の投資成果によるものであり、マイクロソフト株も同社を通じて保有している。 同社の投資資産としては、、、、などがある。 の世界長者番付2017で推定資産860億ドルで1年間で資産を90億ドル以上増やし、4年連続の首位に立った。 過去23年間では18回首位に輝いている。 家族 [ ] 一緒にいるのは妻の(2009年) 出身の(旧姓)と1994年1月1日に結婚した。 子供は3人いる。 シアトル郊外、キング郡マダイナに在住。 エピソード [ ] 研究家• 、、の研究家でもある。 が所有していた「」(の手稿)72枚をオークションで30億円で購入した。 2018年現在、唯一個人の所有者である。 手稿は世界の美術館を巡回して展示されており、一般市民でも「レスター手稿」を閲覧する事が可能になった。 2005年には日本で行われた「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」で展示された。 世界初の印刷であるを個人で所有している。 自著『ビル・ゲイツ未来を語る』などでは、・・・・・・・・・・・・、、、の普及による社会的な影響力をの大きさをのになぞらえるなど、グーテンベルクの研究にも熱心である。 倹約家• 資産家であると同時に、倹約家としても知られている。 仕事のため世界中を飛び回っているが、一般旅客機に乗る時には、極力に座るようにしている。 来日した際に、日本法人のスタッフからのを渡されると「はこんな無駄遣いをする会社なのか。 何だこのファーストクラスの搭乗券ってのは。 1時間ちょっとのフライトに、何故そんな無駄に会社の金を使うんだ!」と激怒したという(なお、このチケットは空席があったためファーストクラスに自動的にアップグレードされたものであった)。 マスコミのインタビューで、エコノミークラスを好む理由を質問された際には「会社の金でも個人の金でも、無駄なことに金を使うことは理解できない。 ファーストクラスの料金に(エコノミークラスの)何倍もお金を払ってみたところで、到着する時間は同じなのだから」と答えた。 自家用ジェット機も所有しているが、使用する際には、燃料代や整備費は会社側に一切請求せず、かかった経費は全て自前で支払っている。 に泊まる際も、部下がどこのホテルで、どのような部屋を用意しても「こんな大きな部屋はもったいない、寝る場所があり、にアクセスできればそれで良いのだから」と、たしなめる事が多かった。 小食として知られ、食事はが好物で、食生活はが中心だという。 その他• を休学し、が授与された。 から名誉博士号を授与されたときには、「大学を出ていない私が大学からこのような学位を得られて嬉しい」と語っている。 を拠点に活動している「」と呼ばれる集団にパイを顔面にぶつけられたことがある(1998年2月)。 地元の球団のファンである。 の年間指定席を購入しており、時折観戦に訪れる。 の歴代首脳陣と強い繋がりを持ち 、とは2度会見している。 機関紙のにもしばしば寄稿し 、中国政府の金融政策や検閲政策に肯定的な姿勢を見せており 、の外国人会員にも選ばれている。 同じシアトルに本社を置く関係から、の米国法人 Nintendo of America, NOA の首脳陣と交友がある。 中でもNOA初代社長のとは友達で、かつては同じ町に住んでいたこともある。 競合他社でもある、創業者のとは、ライバル同士でありながらも、お互いに尊敬し合っており、テレビでの公開対談もしていた。 のスマートフォンを使っている。 2017年11月13日、自身のブログで、の治療法開発を支援するために、研究基金『Dementia Discovery Fund 』に5000万ドル(約57億円)を提供することを明らかにした。 なお、資金提供は個人的なもので、を通じたものではないと説明している。 ゲイツは、「アルツハイマー病の治療が実現するには10年以上かかる可能性があり、恐らく最初は費用も極めて高額になるだろう」との見通しを示しており、治療法が確立したあかつきには、貧困国の患者にも治療を提供できるように、ビル&メリンダ・ゲイツ財団で取り組みを進める可能性についても言及している。 には国際団体「」に、民間としては最大規模の7億5000万ドルの寄付を発表した。 財産管理は主にメリンダが行っており、寄付をする際の検査は、厳格に調査していると公表している。 2006年12月1日には、夫妻の死後50年以内に財団の資産を使い切って活動を終えると発表した。 同基金は「我々が取り組んでいる問題を今世紀中にめざましく進展させるため」と、存続期間を限定した理由を説明している。 同基金は、途上国の、、の根絶や、、、、、、、、の水準の改善などに尽力しており、今後は更に寄付を拡大する方針も明らかにもしている。 同財団は東京にも事務所を置いている。 著作 [ ]• 『世界は考える ぼくたちの未来をつくるコンセプト集』ジョージ・ソロス、黒田東彦 ほかとの共著、野中邦子 訳、土曜社、2013年3月5日。。 『世界論 世界20名の要人に聞く、今年の論点』安倍晋三、朴槿恵 ほかとの共著、プロジェクトシンジケート叢書編集部 訳、土曜社、2014年1月17日。。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『』 2018年3月8日• 2012年6月19日閲覧。 William Addams Reitwiesner. wargs. com. 2016年11月5日閲覧。 albawest. com. 2008年5月11日時点のよりアーカイブ。 2009年4月29日閲覧。 Kids IQ Test Center. 2013年6月8日時点のよりアーカイブ。 2016年11月5日閲覧。 メイン&アンドリュー『帝王の誕生』三田出版会、1995年、38頁。 ポール・アレン『ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト』講談社、2013年、47頁。 2019年2月18日時点のよりアーカイブ。 2017年11月16日閲覧。 『ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト』、57頁。 『帝王の誕生』、53頁。 『帝王の誕生』、58頁。 『帝王の誕生』、59頁。 『帝王の誕生』、72頁。 『ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト』、93頁。 『帝王の誕生』、83頁。 『帝王の誕生』、68頁。 2017年11月16日閲覧。 『帝王の誕生』、80頁。 『帝王の誕生』、85頁。 『帝王の誕生』、86頁。 『ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト』、20頁。 『帝王の誕生』、93頁。 『ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト』、125頁。 『ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト』、138頁。 『ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト』、141頁。 『ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト』、148頁。 『帝王の誕生』、124頁。 『帝王の誕生』、135頁。 『帝王の誕生』、137頁。 『ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト』、165頁。 『帝王の誕生』、115頁。 『帝王の誕生』、225頁。 『帝王の誕生』、400頁。 『帝王の誕生』、277頁。 『帝王の誕生』、280頁。 2014年2月5日. ITmedia News アイティメディア. 2014年2月5日閲覧。 Microsoft マイクロソフト. 2014年2月14日. の2014年2月14日時点におけるアーカイブ。 2014年2月14日閲覧。 共同通信 47NEWS. 2016年11月17日. 2016年11月17日閲覧。 NHK WEB NEWS. 2020年3月14日閲覧。 NHKニュース 2020年4月29日配信• 『』 2017年3月21日• microsoft. com. 2014年2月10日閲覧。 David Schepp 2001年1月31日. BBC News BBC. 2016年11月5日閲覧。 古川 享 ブログ. 2006年11月5日時点のよりアーカイブ。 2016年11月5日閲覧。 2008年7月1日. ITmedia News アイティメディア. 2016年11月5日閲覧。 YouTube• 日本経済新聞. 2015年7月31日. 2015年9月25日閲覧。 WIRED. 2007年9月26日. 2015年9月25日閲覧。 The Telegraph. 2015年9月22日. 2015年9月25日閲覧。 Record China. 2015年9月19日. 2015年9月25日閲覧。 ロイター. 2014年4月28日. 2015年9月25日閲覧。 iProfesional. 2015年5月7日. 2015年9月25日閲覧。 イランラジオ. 2015年5月9日. 2015年9月25日閲覧。 サーチナ. 2010年1月27日. 2015年9月25日閲覧。 2017年11月27日. 2018年1月5日閲覧。 , p. 202• 2017年9月28日. 2018年1月23日閲覧。 2017年11月14日. 2018年1月25日閲覧。 参考文献 [ ]• 『』第4巻 ビデオゲーム・巨富の攻防 、〈〉、1997年1月。 スティーヴン・メインズ、ポール・アンドルーズ、1995、『帝王の誕生』、三田出版会• 『世界を変えた6人の企業家』第1巻 マイクロソフト ビル・ゲイツ 、 訳、、1997年4月。 - 原タイトル: Bill Gates and Microsoft. ポール・アレン、2013、『ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト アイデア・マンの軌跡と夢』、講談社• Andy Hertzfeld『』 訳、 出版 発売 、2005年9月。 - 原タイトル: Revolution in the Valley. Daniel Ichbiah、Susan L. Knepper『マイクロソフト ソフトウェア帝国誕生の奇跡』 訳、アスキー〈ASCII books〉、1992年7月。 - 原タイトル: The making of Microsoft. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキニュースに関連記事があります。 ウィキニュースに関連記事があります。 - (2008年3月12日アーカイブ分)• BillGates -• の講演映像 - 、2009年2月、20分14秒。 の講演映像 - 、2010年2月、27分43秒。 の講演映像 - 、2011年3月、10分09秒。 の講演映像 - 、2013年5月、10分18秒。 の講演映像 - 、2014年3月、24分58秒。 の講演映像 - 、2015年3月、8分33秒。

次の

【新型コロナウイルス】の超ヤバイ正体!!あの男は全てを知っている。|非常識な投資家M|note

ビルゲイツ シェルター

アメリカにTEDというショート講演の番組がある。 これに当時、ビル・ゲイツとそのゲイツの後見人として後押しした大投資家のウォーレン・バフェットが出たことがある。 ビジネスの巨匠たち バフェットとゲイツ 【字】 ところが、このバフェットさんが最近どういうわけか、株投資ではなく現金を大量に持っているという話がリークされたのである。 すでに昨年10月前には株を売り12兆円の現金を持っていたのである。 一方、「計画的に進める人を尊敬するようになった」と言っていたビル・ゲイツは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の研究支援で、コロナウィルスの中国からのアウトブレイクについて、研究者にシミュレーションさせていた。 米経済界の長老ウォレン・バフェットと新進気鋭のビジネスマンのビル・ゲイツが友情で結ばれている。 しかも、バフェットが中国が金融界株式市場に君臨し始めたことを警戒している。 そして、バフェットが12兆円の現金保有に変える。 さらに、一部で大規模不動産を買い漁る。 ゲイツが武漢コロナのアウトブレイクのシミュレーション研究に金を出す。 そして、実際に武漢コロナがアウトブレイクする。 その結果、世界中の株が大暴落する。 中国経済が崩壊。 バッタの食糧危機が来る。 この一連の流れを見ていると、どうやらウォーレン・バフェットは武漢コロナのことを知っていたか、あるいは、それを促す方の役割にあったと想像できるのである。 まさに、バフェットとゲイツのナイスコンビで中国を叩き潰した格好だ。 バフェットは不動産も所有し、食糧危機だから、次は農業だと事前予測していたフシがある。 しかも、相棒のゲイツはノルウェーに種子バンクを作って持っている。 ノアの箱舟計画である。 ということは、この2人は全面核戦争に備えていると考えられ、この計画についても事前に知っていた可能性が高い。 やはり、日本人も地下に2年程度生き延びられる設備を保つ必要がある。 いまよりちょっと若いゲイツが、 「計画的に物事を進める人を立派だと思うようになりました」 と言ったことは実に象徴的である。 ゲイツ君もいつしか、そのお仲間入りを果たしたのである。 こういう事情だったら、バフェットは絶対に損することはないのではなかろうか? 弥栄! by kikidoblog3 井口和基の公式ブログ 3 あほうどりのひとりごと 幸福への近道 世見を中心に未来予測災害、いろいろなことをお伝えさせていただきます。 ご自分がご自分のために奏でる音の心地の良いこと。 口笛も、ご自分のために一曲吹いて見ると、自分って凄いなぁ〜と思えます。 又、「国際政治の黒幕とのパイプ」なる動向を気にする方もおられるでしょう。 私は、こんなことを書いたからといって、全てのことを理解出来ているわけでもなく、 多分自分で書いたことすら忘れていることと思いますが、不思議なくらい、書いている最中は何かわかった気になっている自分がいるのです。 今、私の頭の中にユダヤの三文字が巨大化しているのです。 どちらがそうなのかはかなり「?」マークなのですが、ユダヤ民族主義者というのでしょうが、情報・通信業に何かを仕掛けた気がしているのです。 それと、株取引の策略も凄さを感じるのです。 近年に世界史の節目がやって来ます。 そのことを計画しているのか、それとも、もう計画が出来上がっているのか? ウ〜ンと唸りたくなるところです。 わからないが書いておきます。 「Fさん」、いえFってなんだろう? 「金融恐慌を仕掛けるネタが出来た」 「リーマンと違うやり方で」 ごめんなさい。 プレジデントによると以下のような内容で記事が掲載されていました。 住民大激怒! 「ビル・ゲイツの軽井沢別荘」噂検証 軽井沢……日本の先人たちが大切に守り育ててきた自然と文化が残る場所。 そんな場所で地域環境を蹂躙する巨大別荘の建設が進んでいる。 しかも、その別荘の主は……渾身の取材でお届けする怒りの告発である。 その年の1月、環境アドバイザーの鈴木美津子さんは 「木がすべて切られ、ひどいことになっている」 と知人から連絡を受けて、千ヶ滝西区の別荘地へ向かった。 小高い丘の約6000坪の土地に木が1本もなくなったことを悲しんだ。 鈴木さんは伐採予定の樹木を引き取って移植するボランティアを行っている。 それだけに、野鳥や小動物たちが暮らす林を簡単に伐採するということが許せなかった。 鈴木さんが、噂の別荘を建設する場所が、そこだと知ったのはそれからしばらく経ってからだった。 2月のある日、軽井沢町議会議員のMさんは軽井沢新聞社を訪れ、千ヶ滝西区に巨大な別荘ができるという話をした。 それはこんな内容だった。 大成建設の担当者が図面を持って千ヶ滝西区の区長の家を訪ね、丘の上に建設する別荘の計画を説明した。 建物の図面は回廊式になっているもので、IT関係にはよくある設計だという。 「中庭があるから電波が入りやすい。 別荘地なので夏以外はパソコンを使う人が少なく、 丘の上だから木を切ってしまえば、電波が入りにくいという問題はまったくない。 東日本大震災があってから東京も大地震がいつ起こるかわからないと心配されているが、軽井沢は岩盤が固く地震の可能性は低い。 しかも東京から新幹線で1時間という好アクセス」。 Mさんは、 「これはマイクロソフト社がアジアの本拠地にしようという計画ではないか」 と推測した。 不動産業者からのルートで聞いたという近隣の住民は 「ビル・ゲイツは日本好きで京都にも別荘を持っている。 孫正義さんと仲が良くて軽井沢も気に入った。 この場所を勧めたのは孫さんだよ」 と、まことしやかに話す。 噂は広がり、 「本当の施主はビル・ゲイツの妹だ」とか、 「息子の名前になっている」 などの情報が入ってきた。 建築申請が会社の山荘ではなく個人の別荘だったことから、マイクロソフトではなく、ビル・ゲイツの別荘だという臆測が強くなった。 春になると工事が開始された。 建築現場にある看板の建築主は、土地の所有者でもある 「株式会社ピーエムリゾート」 だった。 (一部引用、以下省略) プレジデントより 悪魔崇拝者、イルミナティ、人口削減計画推進者、ワクチン詐欺師のビル・ゲイツが軽井沢に巨大な建物を建てています。 別荘と言われていますが、別荘ではないでしょうね。 アメリカから多くのグローバル・エリートが日本に逃げてくるとも言われています。 彼等はアメリカで行ってきた悪事の数々により米国民に狙われていますから、 逮捕される前に日本に逃げてくるのでしょうか。 ビル・ゲイツの別荘と言ってもあまりにも巨大すぎますし、地下3階だそうですから、 地下で悪魔崇拝儀式が行われるのかもしれません。 日本に悪魔崇拝の悪者たちが集まるということは日本が悪魔に管理されそうです。 日本には怪しいカルト教団や新興宗教が星の数ほどあります。 それだけ、日本は悪魔に支配されやすいのでしょうかね。 既に日本にもイルミナティのメンバーがうじゃうじゃいるのでしょうけどね。 もしイルミナティが日本に集まってくるようになれば、日本の子供たちは益々危険にさらされることになります。 ディスニーランドでも誘拐事件が頻発しているそうですが、 街中で女の子だけでなく男の子も誘拐されるようになるのかもしれません。 ぞーっとします。 詳細はこちらのビデオからどうぞ! RAPTブログ【読み上げ】 軽井沢の「ビル・ゲイツの別荘」は悪魔崇拝のための宗教施設である可能性大。 あほうどりのひとりごと 幸福への近道 あほうどりのひとりごと. html あほうどりのひとりごと. html 夢日記 70 48 9 7 10 12 22 45 6 11 20 2 10 32 76 25 3 5 2 2 2 18 25 3 9 1 3 4 25 16 5 21 10 2 3 5 2 1 3 33 3 2 3 16 4 46 27 8 166 22 79 5 28 74 1 16 4 1 2 3 4 5 10 23 3 9 2 3 5 7 3 24 7 8 77 12 12 27 15 149 26 49 49 138 10 1 10 76 5 8 26 144 19 42 10 60 83 38 77 9 18 42 5 58 60 14 1 11 訪問者数.

次の

ビルゲイツ財団が軽井沢に建設中の家が完成!別荘の資産価値は?|yusuke's Free Life Style Design

ビルゲイツ シェルター

画像は「getty images」より 新型コロナウイルスの流行とともに注目度が高まっている人物がいる。 マイクロソフト創業者で世界最大の財団である「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」の会長を務める世界的大富豪ビル・ゲイツ氏だ。 よく知られているように、ビル・ゲイツ氏が慈善事業としてもっとも力を入れてきたのがワクチン開発である。 その功績は高く評価されているが、陰謀論者の間ではゲイツ氏はワクチンを悪用して人類の人口削減を狙っているとも言われており、黒い噂が絶えない。 まだ新型コロナウイルスに対する有効なワクチンは存在しないが、ゲイツ氏は最近のインタビューでワクチンだけが世界を救うと発言、これも波紋を広げている。 ビル・ゲイツ。 画像は「 」より 「人々は選択肢があるかのように振舞っていますが、選択の余地はありません。 (中略)世界が正常な状態に戻るのは、全世界の人口に大規模なワクチン接種を施してからです」(ビル・ゲイツ氏) ゲイツ氏は世界規模のワクチン接種しか新型コロナウイルスを克服する手段がないと指摘している。 確かにそれは正しいことかもしれないが、そもそも新型コロナウイルスの流行にゲイツ氏が一枚噛んでいたとしたらどうだろうか? 世界的UFO研究家であるスコット・ウェアリング氏が、新型コロナの流行がゲイツ財団と深い関係にあることを暴露しているのだ。 もちろん、今からウェアリング氏が語る内容はファクトではなく仮説にもとづく陰謀論だが、一読の価値はあるだろう。 ウェアリング氏によると、調査のきっかけになったのは、新型コロナウイルスがすでに世界的に流行し始めていた3月13日にゲイツ氏がマイクロソフトの取締役を辞任したことだったという。 この時、ウェアリング氏はゲイツ氏が新型コロナウイルスの流行の責任をとってマイクロソフトを辞任したと直感したという。 そして、調査によりそのことを裏付ける証拠が出てきたそうだ。 ビル&メリンダ・ゲイツ財団はいくつもの研究施設を所有しているが、そうした施設にコロナウイルスの特許を持つものも含まれていたという。 ウェアリング氏は、ここで作られた新型コロナウイルスが次の2つのいずれかの方法で中国に渡ったと考えているそうだ。

次の