服 を 着る なら こんなふうに 打ち切り。 『服を着るならこんなふうに』・メンズバイヤーMBさんについて。

服を着るならこんなふうに(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

服 を 着る なら こんなふうに 打ち切り

こんにちは、シンです。 「服を着るならこんなふうに」というマンガをご存知でしょうか。 ファッション初心者に対してユニクロなど手を出しやすいブランドの服を使ったファッション指南をしてくれるマンガなんですが、マンガとしても面白く、 ファッション指南も具体的な商品名まで紹介してくれていて非常にわかり安いです。 1巻では「最小限のお金とアイテムでオシャレする」というのをテーマに手に取りやすいアイテムとして下記が紹介されています。 黒パンツ• 黒スニーカー• イージージャケット• 白Tシャツ ただ、漫画で見てもイメージがわかない!ということで 全部買ってみました。 ジーンズというカジュアル着ながら、「黒」かつ「細身」でドレスよりなので非常に使い勝手が良いボトムスだそうです。 というわけでユニクロで買ってきました。 (ちなみに実際に買ったのは半年以上前ですが、まだ一度も履いていません…) お値段は3000円ほど。 この靴と先程の黒のスキニージーンズと合わせることで、 下半身の色を同系色で揃えて足が長く見えるというすぐた効果を発揮します。 マンガでおすすめされているのはコンバースのスニーカーですが、 黒だったらなんでも良いということだったのでadidasの真っ黒スニーカーを買ってみました。 コンバースのスニーカーでも良かったんですが、コンバースはスニーカーの「ベロ」の部分に紐通しがついていなくてずれるのが嫌いなのでやめました。 今回買ったアディダスのスニーカーは お値段7000円ほど。 コンバースが5000円位なのでちょっとアディダスのほうが高かったけど、紐通し代だと思えばこんなもんでしょう。 が、、、ここで問題が。 イージージャケットってなんだ??? ……何なんでしょうね? 何がイージージャケットなのかはいまだによくわかっていませんが、とりあえずユニクロに行ったら「コンフォートジャケット」なるものが売っていました。 「イージー」と「コンフォート」。 というわけで購入。 お値段6000円。 色はよくわからんのでグレーにしときました。 マンガではユニクロの「スーピマコットンTシャツ」とヘインズの「ジャパンフィットクルーネックTシャツ」が紹介されていますが、今回はヘインズのほうがオススメだそうなのでヘインズのTシャツを購入しました。 お値段は 2枚で2000円也。 (例のごとくコレも買ってから一度も着てません。 タンスの中でシワだけついてた) 全部着てみた グレージャケット というわけで「服を着るならこんなふうに」の1巻で紹介されている服を全部そろえましたので、 これでコーディネートが完成するはずです。 全部着てみるとこんな感じに! ………あーたしかにこんなカッコの人たまに見かけるかも。 ……けど 個人的には好きじゃない! とりあえずヘインズのTシャツの下着感が半端なくて、若干肌が透けて見える気がする。 これで外には出たくないなーと思いました。 他の気に入らないポイントとしては• 黒ズボンがそんな好きじゃない。 濃紺ジーンズの方が好き• グレージャケットが安っぽく見える気がする くらいでしょうか。 まあジャケットはマンガで銘柄指定がなかったので、私のチョイスがまずかっただけかもしれません。 というわけでこのコーディネートに使ったお金は• ユニクロ コンフォートジャケット 6000円• hanes ジャパンフィットTシャツ 1000円• ユニクロ スキニーフィットテーパードジーンズ 3000円• アディダス 黒スニーカー 7000円 合計1万7千円! 黒スニーカーは一応使いますが、他の3点は全く使っていないのでバッチリ1万円を無駄にしています。 紺ジャケット ちなみに、ユニクロのコンフォートジャケット以外にも、ビジネスカジュアルで使おうと思って買った(けど結局まだ一度も使っていない)United arrows green label relaxingの紺ジャケットも持ってるのでこちらも合わせてみました。 グレーより紺色のほうが落ち着いている気がしますね。 (こっちのほうが高かったので値段フィルターがかかってるだけかも) ただやはりヘインズTシャツがすけてるのは気になるので、もうちょっとぶ厚目のTシャツにすれば外を歩けるようになる気がします。 まとめ 服を着るならこんなふうに(1巻)の服を全部揃えてみましたが、個人的にはあまり好みではなかったです。 私は好みと違いましたが、こんな感じの格好の人は確かに見かける気がするので無難なスタイルであることは間違いないんじゃないでしょうか。 私もせっかく買ったので、たまには着るようにしたいと思います!.

次の

体型に合った服を選ぶには!?モテる靴とアクセサリーのガイドライン。「服を着るならこんなふうに03」を読んで。

服 を 着る なら こんなふうに 打ち切り

「何を着れば良いのか分からない」。 そんなお悩みをわかりやすく漫画で説く「服を着るならこんなふうに」と、ファッションコンサルタントのティム・ガンが唱えるレディースファッション「10の法則」を参考に、今足りないもの、買い足すものを考えてみました。 理論的にお洒落を目指す漫画「服を着るならこんなふうに」 最近洋服が似合わなくなったと感じ、久々にファッション雑誌を買ってみたり、パーソナルカラー診断を受けようと思ったりする中で 「そういえば面白そうなファッション漫画があったな」と思い出し、タイトルを必死で思い出して読み始めたのが「服を着るならこんなふうに」です。 漫画のあらすじ 主人公祐介(27)はファッションに全く興味がなかったけれど同窓会がきっかけでファッションに興味を持つようになります。 「服を買いに行く服がないからだよ!!」と叫んじゃうくらい今までお洒落とは縁がなかった祐介に、妹の環が理論的に楽しくファッションコーディネートをレクチャーしてお洒落を楽しむようになっていくお話です。 「理論的に」ファッションを知ることが出来る 「何買っていいかもわからないし」 「それ(場に適した服を着る歳になった)がどんな服なのか皆わかってるかもしれないけど!俺には全然わからないんだよ!!」 「服を買いに行く服がないからだよ!!」 「試着ってなんか・・・しんどいだろ・・・試したら全部買わないといけない気がするだろ・・・!カーテン越しに店員が待ってるのに・・・試すだけ試して買わないと気まずいだろ・・・!!」 ___ 「服を着るならこんなふうに」 祐介のセリフが本当に共感出来ます。 「もうめっちゃ分かる!よく分かるわー」と思いながら妹の環ちゃんが理論的にファッションコーディネートしていってくれてふむふむ頷きながら読んでいます。 この 「理論的に」と言うのが大変わかりやすいです。 「センス」なんて感覚的なものはコーディネートに既に慣れてるお洒落さんなら問題ないのかもしれませんが、ファッションに興味を持ってこなかった、ファッションの基本の「き」もよく理解してない初心者さんにはなかなか難しい考え方です。 理論的に説明してくれるので理解しやすいです。 漫画としても面白いしね。 とは言え、この漫画はメンズファッションのお話です。 レディースファッションはメンズファッションの理論より複雑になってくるので、正直 「服着るのレディースファッション版出して欲しい」と強く思いますね。 とは言え、私がミニマリスト傾向にあるので、「服着る」のシンプルな男性ファッション向けの話も参考になります。 女性ファッションも基本的な大事な部分は共通していると思うので、この漫画で書かれていることはとても参考書になります。 ティム・ガンの10の法則 「服着る」の女性ファッション版出してくれー!って思ってしまったくらい内容が良かったのですが、男性ファッションのお話ですから「じゃあ女性ファッションは?」と何をお手本にしようかと考えてる時に思い出したのが ティム・ガンの10の法則です。 元々は昔NHKで放送されてた 「ティム・ガンのファッションチェック」をワクワクしながら見ていて、番組内に登場する10の基本アイテムが10の法則です。 ベーシックな黒のワンピース トレンチコート ドレスパンツ スカート ジャケット クラシックな白シャツ ワンピース 場を選ばないトップス ジーンズ リラックスウェア(ただし洗練されたもの) 番組を見てた頃はまだまだこれらのアイテムがなぜ基本の10点なのか理解出来ていませんでしたが、今なら確かにこれらは基本アイテムだ、と分かるようになりました。 ちょっと大人っぽいアイテムたちだなあって思っていたものが必要だと思うとは、年を重ねてきたんですかね。 また、ミニマリスト傾向にある私としては、これくらいの 最小限の物で揃える、と言う点が共感出来ます。 あまり色々たくさん買い揃えたくはありません。 10の法則は基本とは言え、これら全てが日本人向けではないのもまた確かなもの。 日本人体型や日本の気候など配慮されてるわけではないのである程度参考に、ワードローブを整えたいものです。 逆に言うとベースが整ってなかったらトップスもおしゃれに見えないんだからね」 「しかも黒ならカジュアルにもドレスにもなる有能な一品!」 「ドレスとカジュアルのバランスだよ この二つをうまく融合することでオシャレが生まれるんだよ でもそのスタイル(完璧な普段着)がカジュアルすぎるって気づけたらドレス要素と入れ替えればいいだけなの」 「日本人は胴長短足で童顔だから子供っぽく見られやすくてカジュアルに寄せるとおしゃれに見えにくいんだよね」 ___ 服を着るならこんなふうに 環ちゃんのアドバイスはとても心に響きます。 ふむふむ頷くことが出来ます。 ベーシックな黒のワンピース チェスターコート ドレスパンツ スカート ジャケット クラシックな白シャツ ワンピース 場を選ばないトップス ジーンズ リラックスウェア(ただし洗練されたもの) カーディガン 「ベーシックな黒のワンピース」と「ジーンズ」は持っています。 他は・・・持ってないな・・・。 今までどれだけカジュアル寄りだったのかと冷や汗たらり。 もうそろそろドレス寄りの服を揃えた方が良さそうですね。 ただ10の法則のアイテムを見ただけでは「どんなのだ?」って疑問があるので本を読みたいです(クラシックな白シャツってどんなや?!洗練されたリラックスウェアってどんなや?!)。 ティム・ガンが唱える10の法則ではトレンチコートが入ってるけど、春物のイメージがあるのでこれじゃあ日本の冬は越せないだろ、とツッコミ入れたのでチェスターコートの方が個人的にはマストアイテム。 春先にはカーディガンの方が予算的にも助かりそう(笑)。 これら10の法則は基本アイテムなので揃えたからと言って今手持ちの洋服を処分するつもりはありません。 必要な基本アイテムを持っていなかったので、これらを参考にしたい、と考えています。 とりあえず今年はコートが欲しい!カジュアルなパーカーとちょっと個性的なアウターしかないからちゃんとしたコートが欲しいです!.

次の

話題の本「服を着るならこんなふうに」を読みました

服 を 着る なら こんなふうに 打ち切り

読んだ率直な感想を申し上げますと、• (この書籍自体が)高い• 環ちゃんが可愛い• 自分はこの本のターゲットではないっぽい こんな感じでしょうか。 ちなみに、マンガのノリとしては、「進研ゼミ」感が漂う、ライトな感じのサクセス?ストーリーです。 「環ちゃんが可愛い」とはいえ、僕個人が受け取った諸々の情報、感情を鑑みて、やはり高いと言わざるを得ません。 残念ですが、この値段ですと、続刊は買わないです。 環ちゃんが可愛い(大事なことなので2回言いました) 環ちゃんとは、ファッションに悩む主人公、佐藤祐介の妹であり、祐介のファッションアドバイザーです。 実在の人物だとすると、趣味がファッション、という時点で、僕は、気が合わない、関わるべきでない人間に認定して速攻でフェードアウトしますが、二次元妹ちゃんなので問題なく愛でられます。 環ちゃんは、自己満足、自己肯定に肯定的な、好きなものに素直ないい女子大生です。 ファッション下手な兄に対する上から目線感がないのもポイントですね。 ある意味、お話の構成上仕方がないのかもしれませんが、世話焼きで、に弱く、なんだかんだで兄思いの、テンプレですがいい妹です。 「ファッションがよくわからない男性」に含まれない 正直、書籍購入はまとめタイトルにつられちゃった感があります。 「ファッションがよくわからない男性」というのは、「ファッションに金をかける意味を見出せない奴」という意味ではなく、「オシャレしたいけど、どうしたらいいのかわからない人」という意味です。 必見、なんて煽りをまともに受けるなんて、僕はまだまだ未熟だなあ。 僕は、「ファッションに金をかける意味を見出せない奴」です。 あ、他の人のことはいいんです。 好きにしてください。 ただ、僕個人に限って言えば、「ファッションに金をかける意味を見出せない奴」です。 太っているだけでなく骨格的にがっちりしており、頭が大きく、手足が短い。 この身体でファッションにこだわってみても、とてもではないけれど、 僕の美意識が満足するデザインに僕自身が仕上がらないんです。 ファッション疲れしちゃった人、上のコピーはいついかなる時に使用しても構いませんよ?(ドヤァ 自分で言うのもなんですけども、僕は美しさとかセクシーさとか、デザインの良さとかに対する要求がめちゃめちゃ高いです。 オシャレなんてただの自己満足なんですが、この世でカッコいいものなんて、ほんの一握りです。 そんなカッコ良さを、ブス・ブ男に求めるなんて、無謀の極みだと思ってます。 他人のことをダサいとか言いつつ、誰かと同じ格好をしているだけなのにオシャレ面する奴が一番嫌いですね。 流行のファッションにしておくと(他者からの視線に対して)安心できる、という人を馬鹿にはしませんが、お金がもったいないなあとは思います。 ……余談でしたね。 そろそろまともに内容を紹介してみる #01 主人公の佐藤祐介氏(以降めんどうなので兄と呼称する)は、• 俺は何着たって大体同じ• 地元で友達と飯食うだけなのにカッコつけてどうする というような感性の持ち主ですが、その一方で、• 俺だけ場違いな格好して来ちゃったかな• でもここは家じゃない などの、TPOに合わせたファッションをすべきであるという、そういう常識を持ち合わせている人物です。 俺にはファッションセンスがない。 それが俺を外に出るたびに苦しめるんだ くらいに他人の視線を気にする男です。 環ちゃん(以降面倒でも決して妹とは略さない)に「オシャレすれば」と言われたら、• 男が髭剃り以外で鏡を見るなんてナルシストみたいだろ? などと言ってしまう男です。 はい、ここまでで一体何本の矢ががあなたの胸に刺さりましたか? 全弾命中? 目標の撃破を確認? そんな貴方に、天使な環ちゃんはこんなことを言ってくれます。 どんな人間にとっても一番大事なのは服じゃないよ• そんなことに足を引っ張られて楽しめないなんて、絶対損だよ 僕もそう思います。 そして、そう思った僕は今も服装に無頓着で過ごしていますが。 環ちゃんは悩める兄に言います。 大事なのはコーディネートだよ はあ……環ちゃん可愛い。 天使かよ。 #02 第2話は、兄妹でへ。 上手く使えば手軽にオシャレの基盤を作れるという環ちゃん。 ……まぢか。 僕、基本、全身なんだけどな。 大体3年目くらいの。 環ちゃん先生の大事な講義があるから、みんなよく聞いておけよ。 印象のベースはボトムにかかっている 下が決まってないと、上も格好良く見えないんだってさ。 ということで推されているスキニージーンズ。 じゃあ、下半身パンパンな奴はもうどうしたってダメってことだよね……。 はぁ……ボトムを味噌汁の出汁に例える環ちゃん、まぢ環ちゃん……。 #03 友達に服装を褒められて、ウキウキする兄。 乙女か。 褒められたことはないけど、たぶん僕は褒められたら、引く。 普段言われ慣れてないということもあるけど、それ以上に、そんなうわべを気にするような奴だったのか、と思ってしまう、と思う。 まあ、褒められたことないので、仮定の話だが。 どうやら、成人男性が目指すべきオシャレの方向は、大人っぽさ、らしい。 すでに成人してるのに、なんで大人、しかも「ぽさ」を演出せねばならんのだ? という疑問の答えは、マンガ各話の間ページに挿入されているコラムに書いてあります。 が、なんの説明にもなってないです。 男性は落ち着いた大人っぽさが、有史以来、人が魅力を感じる要素です。 あとがきのところでも触れますが、このマンガの企画協力しているMBなるものと、僕はソリが合わなさそうです。 04 靴まで含めて下半身の色を同一色で統一すると、胴長の日本人でも足が長く見えてカッコよく見える、という話。 のタイツがシューズまで来てるのと同じですね。 今回の環ちゃんの至言。 強制するものじゃないしね 街中で、電車の中で、友達と他人のファッションを笑いのネタにしている人は猛省してください。 あと、オシャレの目的が異性だと勝手に決めつけると、環ちゃんに噛みつかれます。 ……ただ、本当に自己満足で完結している人は、自分からはファッションの話題を出さないと思うんだよねー……。 異性同性問わず、 ちやほやされたい、っていう目的でファッションに力を入れる人、僕は個人的には好きになれません。 あ、僕に好かれたいかどうかは心の中にしまっておいてくださいね。 #05 が怖い兄の話。 あまり親しくない面子と一緒にいる時に、僕が流暢に女性店員と喋っていると意外そうな顔をされます。 そういえば、各話の季節感がいまいちよくわかりません(冬でないことは確か)が、そもそも太っている人間にとって、重ね着なんてものは悪臭の原因にしかならないですよね。 どこのお店でもそうですが、店員さんは相談相手であって、意思決定権は自分にあるということをお忘れなく。 人気、限定、便利。 だまされてはいけないぞ、と念頭に置いておくといいかもしれません。 #06 カットソー。 よく聞きますよね。 ……なんのことか、よくわかりませんけども。 布地を切って縫った服のことだそうですが、それってほとんどの衣服を含みませんか? 上だけじゃなくて下も。 まあ、Tシャツとかポロシャツとかのことだそうです。 無地で白くてシルエットが綺麗で細身なカットソーが大人っぽくてオススメらしいですが、僕が着た場合は、 巨乳が強調されていたたまれない感じになりますね。 #07 うん、ポケットに何から何まで詰め込んだらダサいシルエットになるっていうのは僕にもわかる。 カバンの類、大きさを制限しておかないといろんなものを詰め出す、っていうのは好きだけかな? 最近はバッグのことをっていうんですか……。 ファッション業界に限りませんが、本質は変わってないのに名前を変えただけで飛びつく人たちがいるの、僕は理解できませんねえ……。 あと、電車で移動するなら、横長トートバッグはぜひご遠慮願いたい。 デイバッグ、リュックサックと同じかそれ以上邪魔になるということが全くわかっていない人が多すぎ。 寸法見ればわかりそうなものなんだけどな。 #08 服装に左右される程度の印象で何かを変えてしまうのって軽薄だなあ、と思わない人の方が多いことに首を傾げてしまう今日この頃、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。 特に書いてこなかったんですけど、第1話からずっと、兄は、この8話で行われる同窓会の幹事として、ファッションに取り組んでいました。 で、本番です。 久しぶりにありがたい環ちゃんの講義があるから、みんなよく聞くように。 たったひとつの、一番大事な服を選ぶ基準、それは、• ドレスとカジュアルのバランス だそうで。 要するに、TPOに合わせて、要素を入れ替えて、フォーマル(ドレス)寄りかカジュアル寄りかにバランスをとればいいらしい。 お話的には続くで終わるので、マンガ的には気になりますが、「ファッションがよくわからない男性」が「オシャレしたいけど、どうしたらいいのかわからない人」というのがわかったので、ターゲットから外れた僕は、お値段のこともあり、ここでリタイアです。 あとがき 作者が服に無頓着な「ダメ子」になった経緯は、少しでも頑張って服を着ると、笑われたり情けない思いをして来たから、と語っています。 これをダメ子と思わせる奴らがいるから、ファッションに肯定的になれんのですよ、僕は。 せめて、ひとまず普通に服を着たいと思っていてもできない主人公(兄)と一緒に、服に親しみを持つ人が増えてくれたらいいなと思ってこの漫画を描いているそうです。 ……そうか、兄はオシャレしたいんじゃなかったのか……。 ファッションの楽しさを伝えたい 企画協力のMBが書いたページ。 Men in Black(黒尽くめの剣士)の略とは書いてないな。 センスなどといった感覚的なことばかりで論理的にわかりやすくオシャレを教えてくれる人が日本にはいないので、ファッションを論理化してオシャレの教科書となるサイトを作った。 その理論を漫画化する話が来たので、OKした、ということらしいです。 が、おいおい、どこが論理的なんだ? 〇〇ってしたらオシャレでしょ、しか書いとらんがな。 細身のボトム履いたら、モノトーンで統一したら、足が長く見えたら、大人っぽくしたら、オシャレでしょ? ってこれのどこが論理的なんだよ。 感覚でしか語ってないじゃん。 10人中7、8人がこれらをオシャレと思っていたとしようよ。 でも、その格好をすることがオシャレに見える原因、って特定できてないよね? 応用が利く理論のように見えてその実、ほとんど幅無いよね? 確かに日本は「洋服」の歴史が短いだけどもさ、「和服」の着こなしや小物との合わせ方が全く流用できないとでも? 日本がオシャレ? ヨーロッパのように感覚やセンスが研ぎ澄まされていない? だから論理に頼る? 吹くわ。 終わりに うん、なんか最後荒れたけど、ファッションに興味があるけど、どうしたらいいのかわかんないー、っていう男性諸君には、もしかしたらいい教科書になるのかもしんない。 ここに書いてある通りにしたからって、自己満足が得られる姿になれるかどうかはわからんけれども。

次の