できるかな ノッポ さん。 高見のっぽ(ノッポさん)の家族や妻は!?現在はエッセイで活動

ノッポさんが喋った! 「できるかな」最終回に稲垣吾郎も感動

できるかな ノッポ さん

この記事の目次• ノッポさん(高見のっぽ)のプロフィール 出典: 生年月日:1934年5月10日 出身地: 日本京都府京都市右京区太秦 本名:高見 嘉明 別名義:高見 映 ノッポさんは、 俳優や作家などとして活動しています。 30代半ばの頃に、NHK教育番組で工作番組である 「なにしてあそぼう(後の「できるかな」)」のノッポさん役に抜擢されて、一躍有名になりました。 それ以降、24年間 全くしゃべらない、ジェスチャーだけのキャラクターを演じ続け、国民的な知名度を得るまでの人気を獲得しました。 「できるかな」の最終回では、ノッポさんが番組内で初めて子供たちに語りかけたことも有名で、当時の子供たちに衝撃を与えたと言われています。 また、この最終回でのノッポさんの台詞はすべてノッポさんのアドリブだったそう。 放送終了後にノッポさんが街を歩いていると、いきなり大人が高見さんを見て泣き出してしまうこともあったようで、「 ノッポさんロス」が幅広い世代で起こっていたことがうかがえます。 そんな高見さんは、子供のことを「子供」と呼ぶのではなく、「小さい人」と呼んでいたことでも知られています。 常に子供に対して、敬意を払って接していることが好印象でした。 ノッポさんは、相手の年齢や立場などに一切とらわれず、その優しすぎる人柄などから、多くの人から今でも愛され続けています。 放送作家として活躍 出典: また、放送作家としても活動をしてきており、約10年以上に渡って「 ひらけ! ポンキッキ」 などの筆頭構成作家として台本を手掛けていました。 また、最初期のオリジナルソング、「ぼくわるかった」「傷だらけのぼく」「シャワシャワシャワー」「雨のふる日はぼくゴリラ」「しんぞうのうた」などの楽曲を提供したことでも知られています。 2010年9月7日になると、森永製菓の森永ホットケーキミックスのホームページ上にて、 期間限定の同商品のイメージキャラクターを務めることが発表され、話題を呼びました。 また、ここではパパやママたちのお悩み相談室も毎月更新していました。 ノッポさん(高見のっぽ)の身長について 出典: そもそも「ノッポ」とは、背丈の高い人や、細くてスラッとした人などを指す言葉です。 そうなってくると、やはりノッポさんも、細くて背の高いイメージですよね。 では、ノッポさんの身長は実際何cmなのか、とても気になりますよね。 ノッポさんの身長は 181cmとなっています。 足が長く、体型も細くてスラッとしていることから、やはり「ノッポさん」という名前がぴったりマッチしていますよね。 日本人男性の平均身長は、170. 7cmであることから、 平均よりも約10cmも高いノッポさんは、かなりの高身長だと言えるのではないでしょうか。 ノッポさん(高見のっぽ)の嫁とは 出典: やはりあれだけ優しくて、人間味溢れる性格をしているノッポさんですから、もちろん 結婚しています。 では、ノッポさんの嫁となった女性は、どのような方なのでしょうか。 調べてみたところ、ノッポさんの 嫁についての情報は一切出回っていないんです。 このことから、芸能界で活躍している方ではない可能性が高いと言えます。 また、世間的に広まっている情報の中では、 薬局に勤務している女性とも言われています。 しかしながら、現在ノッポさん自身も既に還暦を迎えていて、かなりのお年であることから、嫁である女性も同じぐらいの年齢だと思われます。 そうなってくると、現在は薬局には勤めておらず、自宅にてノッポさんと2人で、好きなようにゆったりと時間を過ごしているのかもしれませんね。 ノッポさん(高見のっぽ)の息子とは 出典: 結婚をしていて嫁のいるノッポさんですが、そうなってくるとやはり子供がいてもおかしくありませんよね。 では、ノッポさんの息子は、一体誰なのでしょう。 ノッポさんの息子ではないか?と疑惑の1人として名前が挙がっているのが、同じくNHK教育番組 「みいつけた!」にオフロスキーとして出演をしている、小林顕作さんとなっています。 確かに雰囲気が少々似ているような…? 出典: しかしながら、よくよく調べてみたところ、 小林顕作さんの父親は童謡の作詞家となっていることから、小林顕作さんはノッポさんの息子ではないようです。 ノッポさんは、芸能界にて活動されていますが、嫁は一般人の方ですので、ノッポさんの息子も芸能界で活動している可能性は低いかもしれません。 でも、本当に一生懸命にやりました。 病気をしても、1回も休まずに。 保育者や父や母、子供たちから支持されても、とても不安だったんです。 もっと上手な人が現れて、自分自身の仕事を奪われてしまうのではないかと。 ノッポさんという名前が重荷で捨てようとしたこともありました。 それでも今、こうして当時のノッポさんの帽子をかぶっているのは、 ノッポさんとして伝えるべきことが今あると思うからです。 人間の根本が壊れていくようで、私はとても悲しい。 もっと、皆さん 人を好きになってください。 もっと、小さい人 こども に敬意を払ってください。 みんなが愛せる国を造るためには、一生懸命人間が人間に対して優しくしていく以外には何もないのですから。 小さい人 こども は、すべてをお見通しです。 大人たちは、相手が3歳や4歳児であったとしても、名前を聞く時には「 恐れ入りますが、お名前をお聞かせ願えませんでしょうかなどと言うくらいの敬意を払ったほうがいい。 小さい人は、たとえ言葉が分からなくても、自分よりもずっと大きな人間が敬意を払っていることくらいはしっかりと分かります。 わざと無礼な振る舞いをするような場合は、容赦しません。 先日も、近所の小さい人 こども に対して、私は「この野郎、ふざけてるんじゃねえぞ」と徹底的に言ってやりました。 当時83歳だった老人が小さい人 こども を道の真ん中で罵倒している姿は、周りからすればかなりの異様な姿へと見えたでしょう。 でも、それでいいんですよ。 その小さい人 こども にとって私は、正面からぶつかってきた初めての大人だったんでしょうから。 周囲の大人をあんたと小ばかにしていた小さい人 こども が、その翌日から私のことをおじいちゃんと呼んで、ニコニコと慕ってくるようになったのですから。 戦時中に鬼畜米英と叫んできていた先生たちの一部が、終戦後わずか1か月もたたないうちに、民主主義とは本当にいいものだなと恥ずかしげもなく言うようになりました。 卑怯ですよね大人は。 自分に、そうした記憶があったからこそ、私はそうなるまいと 小さい人 こども に常に敬意を払ってくるようにしていました。 人間として対等というよりはむしろ、大人よりも賢くて感性も汚れていない、そして自分よりも上の存在だと考えるようにして接してきました。 僕はノッポです。 今、大きくなった皆さんにお会いできてとても嬉しいです。 お父さん・お母さんになられてみて、今いかがでしょうか? ご自分が小さかった頃、僕と一緒にもの作りを楽しんだことを覚えていらっしゃいますか? そうです。 一緒にものを作るという楽しさを今度は是非、ご自分のそばに居るお子さんと一緒に試してみてください。 おチビさんと一緒にものを作るということは、とても楽しい!いや、楽しいということ以上に、それは とても大事なことなんだということだと思っています。 「 デキる? じゃねえよ、ヤルんだよ!」などと、かなり冷酷な目で言い放っており、「 壊すために作るんだよ!」と不敵な笑みを浮かべたりもしていました。 約20年以上も続いてきていた、「できるかな」という番組を全否定するようなセリフを、数多く放ってきているのです。 無口で優しいイメージのあったノッポさんさんは、実はかなりの黒い一面があったことをうかがうことができますね。 新しい需要がある予感がします! ノッポさん(高見のっぽ)の現在 絵本や児童文学を執筆、そして歌手デビュー 出典: そんなノッポさんの現在の活動ですが、「できるかな」という番組が放送終了後には、 絵本や児童文学などの作家を主として活動しています。 そして、これまでに 約50冊近くの著書を上梓してきています。 これらの著書は、「ノッポ」やと本名ではなく、「高見ノッポ」という名義にて著作されていることが多いようです。 また、根強いノッポさんファンも、未だに本当に多いことから、その声に応えてテレビ番組や企画に出ることも多いようです。 2005年12月からは、NHKの番組「みんなのうた」において、初の短編ミュージカル映画形式で「 グラスホッパー物語」を歌っていました。 自ら脚本・作詞・歌唱・振付などを手掛けたこの作品は、翌年の2006年にはDVDやCDをリリースし、ノッポさんは 71歳にして歌手デビューを果たしています。 さらに、異例の10ヶ月ロングラン放送も記録しただけでなく、海外の映像祭でも高い評価を得ています。 また、文化庁メディア芸術祭にて受賞をしており、2006年の第57回NHK紅白歌合戦にも特別出演するなど、かなり話題になりました。 そんなノッポさんは、幼児や児童教育などの分野を中心とした長年の功績が称えられ、 第58回放送文化賞を受賞しています。 トーク会やサイン会も開催 出典: 2017年11月には、自身の半生を描いた「 夕暮れもとぼけて見れば朝まだき~ノッポさん自伝〜」という自伝本を出版しています。 そして、2017年12月にはトークショーやサイン会を行っているなど、かなり元気に活動しているようです。 2018年2月になると、 村上信夫さんのトークライブにノッポさんが参加しており、トーク内容は、子ども達に向けて語りかけるようなものだったと言われています。 昔と変わらず、今でも子供対して本当に優しくて思いやりのある人物であることをうかがわせるエピソードですよね。 ノッポさんは、表舞台というよりは、裏方として活動していることが多いことから、一時死亡説が流れたこともありました。 しかしながら、このようにノッポさんは現在もなお元気に活躍していることから、死亡説は全くのデマであることが明らかです。 今後も、小さい人のため、そして昔小さい人だった大人のため、手腕を振るってくれることを期待したいですね。 まとめ 23年間の長きに渡り、「できるかな」のノッポさんとして愛された高見ノッポさんについて、プロフィールや身長、嫁や息子などの家族、名言集と現在をまとめてみました。 「できるかな」終了後は、「ひらけ!ポンキッキ」の楽曲を手掛けていたことをご存知ない方も多かったのではないでしょうか。 そして、現在でも、その人柄を慕っているファンが多いことがお分かりいただけたと思います。 俳優としてだけでなく、作家や作詞家、そしてトークショーにも出るなど、「できるかな」以降もますます活躍しているノッポさん。 今後のノッポさんの活躍にも、注目していきましょう。

次の

ノッポさんがゾンビになって『できるかな』29年ぶりに復活!? /2019年1月15日 1ページ目

できるかな ノッポ さん

キットカットの新CM「紙パッケージで、できるかな」篇に、ノッポさんと相棒のキャラクター・ゴン太くんが出演していますね! ノッポさんといえば、長年児童向けのTV番組にて身近な物を使った工作の楽しさを伝えてきたことで有名です。 その変わらぬパフォーマンスに、思わず「懐かしい!」と唸った視聴者も多いでしょう。 ただ私たちがリアルタイムでノッポさんの活躍を目にしていたのは、もうずいぶん前のことなんですよね…。 それにしては今回のCMで確認できるノッポさんの風貌が余りにも変わってなさ過ぎるので、昔の映像を合成してはめ込んでいるのかもしれません。 実際のところ、CMのノッポさんは合成なのでしょうか? ノッポさんの概略をチェック! ノッポさんは、本来の芸名を「高見 のっぽ」といいます。 そのネーミングどおり181cmの長身が特徴的で、1967年から20年以上にわたって放送されたNHKの教育番組「なにしてあそぼう」「できるかな」をきっかけに、国民的な知名度を得るに至りました。 そもそも「ノッポさん」という呼び方が、両番組に登場した一切しゃべらないキャラクターの名前に由来しますね。 そんなノッポさんは以外にも不遇の時代が長く、教育番組でブレイクした時点で既に30代半ばを迎えていました。 現在は、優に80歳を超えているとみて間違いありません。 それにも関わらずキットカットCMでみせた姿が余りに当時の記憶そのままなので、私以外にも多くの方が「合成」の可能性を考えているようではあります。 スポンサーリンク? ノッポさんの現在と合成説の真相! さて改めて今回のCMについて深掘りしてみると、登場するノッポさんは合成ではないことが分かりました! ノッポさんは現在85歳ながら、相変わらず俳優・作家・歌手として幅広く活躍されており、キットカットCMでも今現在の元気な姿を披露しているそうです^^ なおその近況に関しては、を通じても確認することができ、最新ニュースの欄には「ノッポさん、ゴン太くん テレビCM初登場!!」との情報が掲載されています。 続いてキットカットのプレスリリースを見てみると、ノッポさんの起用は商品のパッケージがプラスチックから紙へ変更されたことを契機に決まったことが読み取れました。 プラスチックごみの課題解決に向けた取組として紙のパッケージを採用し、それを「ノッポさんの折り紙」という表現に乗せかみ砕いて伝えることで、環境問題への理解を促すという趣旨のようです。 いずれにせよ、お元気そうなノッポさんの姿を拝見して嬉しかったですし、童心に帰ったようで、シンプルに楽しいCMだと感じましたね^^ もちろん今の子どもたちが見てもウキウキできる内容だと思うので、まさに世代を超えて愛される広告といえるでしょう。 スポンサーリンク?

次の

【ノッポさん】高見のっぽ(NHK「できるかな」)の現在

できるかな ノッポ さん

この記事の目次• ノッポさん(高見のっぽ)のプロフィール 出典: 生年月日:1934年5月10日 出身地: 日本京都府京都市右京区太秦 本名:高見 嘉明 別名義:高見 映 ノッポさんは、 俳優や作家などとして活動しています。 30代半ばの頃に、NHK教育番組で工作番組である 「なにしてあそぼう(後の「できるかな」)」のノッポさん役に抜擢されて、一躍有名になりました。 それ以降、24年間 全くしゃべらない、ジェスチャーだけのキャラクターを演じ続け、国民的な知名度を得るまでの人気を獲得しました。 「できるかな」の最終回では、ノッポさんが番組内で初めて子供たちに語りかけたことも有名で、当時の子供たちに衝撃を与えたと言われています。 また、この最終回でのノッポさんの台詞はすべてノッポさんのアドリブだったそう。 放送終了後にノッポさんが街を歩いていると、いきなり大人が高見さんを見て泣き出してしまうこともあったようで、「 ノッポさんロス」が幅広い世代で起こっていたことがうかがえます。 そんな高見さんは、子供のことを「子供」と呼ぶのではなく、「小さい人」と呼んでいたことでも知られています。 常に子供に対して、敬意を払って接していることが好印象でした。 ノッポさんは、相手の年齢や立場などに一切とらわれず、その優しすぎる人柄などから、多くの人から今でも愛され続けています。 放送作家として活躍 出典: また、放送作家としても活動をしてきており、約10年以上に渡って「 ひらけ! ポンキッキ」 などの筆頭構成作家として台本を手掛けていました。 また、最初期のオリジナルソング、「ぼくわるかった」「傷だらけのぼく」「シャワシャワシャワー」「雨のふる日はぼくゴリラ」「しんぞうのうた」などの楽曲を提供したことでも知られています。 2010年9月7日になると、森永製菓の森永ホットケーキミックスのホームページ上にて、 期間限定の同商品のイメージキャラクターを務めることが発表され、話題を呼びました。 また、ここではパパやママたちのお悩み相談室も毎月更新していました。 ノッポさん(高見のっぽ)の身長について 出典: そもそも「ノッポ」とは、背丈の高い人や、細くてスラッとした人などを指す言葉です。 そうなってくると、やはりノッポさんも、細くて背の高いイメージですよね。 では、ノッポさんの身長は実際何cmなのか、とても気になりますよね。 ノッポさんの身長は 181cmとなっています。 足が長く、体型も細くてスラッとしていることから、やはり「ノッポさん」という名前がぴったりマッチしていますよね。 日本人男性の平均身長は、170. 7cmであることから、 平均よりも約10cmも高いノッポさんは、かなりの高身長だと言えるのではないでしょうか。 ノッポさん(高見のっぽ)の嫁とは 出典: やはりあれだけ優しくて、人間味溢れる性格をしているノッポさんですから、もちろん 結婚しています。 では、ノッポさんの嫁となった女性は、どのような方なのでしょうか。 調べてみたところ、ノッポさんの 嫁についての情報は一切出回っていないんです。 このことから、芸能界で活躍している方ではない可能性が高いと言えます。 また、世間的に広まっている情報の中では、 薬局に勤務している女性とも言われています。 しかしながら、現在ノッポさん自身も既に還暦を迎えていて、かなりのお年であることから、嫁である女性も同じぐらいの年齢だと思われます。 そうなってくると、現在は薬局には勤めておらず、自宅にてノッポさんと2人で、好きなようにゆったりと時間を過ごしているのかもしれませんね。 ノッポさん(高見のっぽ)の息子とは 出典: 結婚をしていて嫁のいるノッポさんですが、そうなってくるとやはり子供がいてもおかしくありませんよね。 では、ノッポさんの息子は、一体誰なのでしょう。 ノッポさんの息子ではないか?と疑惑の1人として名前が挙がっているのが、同じくNHK教育番組 「みいつけた!」にオフロスキーとして出演をしている、小林顕作さんとなっています。 確かに雰囲気が少々似ているような…? 出典: しかしながら、よくよく調べてみたところ、 小林顕作さんの父親は童謡の作詞家となっていることから、小林顕作さんはノッポさんの息子ではないようです。 ノッポさんは、芸能界にて活動されていますが、嫁は一般人の方ですので、ノッポさんの息子も芸能界で活動している可能性は低いかもしれません。 でも、本当に一生懸命にやりました。 病気をしても、1回も休まずに。 保育者や父や母、子供たちから支持されても、とても不安だったんです。 もっと上手な人が現れて、自分自身の仕事を奪われてしまうのではないかと。 ノッポさんという名前が重荷で捨てようとしたこともありました。 それでも今、こうして当時のノッポさんの帽子をかぶっているのは、 ノッポさんとして伝えるべきことが今あると思うからです。 人間の根本が壊れていくようで、私はとても悲しい。 もっと、皆さん 人を好きになってください。 もっと、小さい人 こども に敬意を払ってください。 みんなが愛せる国を造るためには、一生懸命人間が人間に対して優しくしていく以外には何もないのですから。 小さい人 こども は、すべてをお見通しです。 大人たちは、相手が3歳や4歳児であったとしても、名前を聞く時には「 恐れ入りますが、お名前をお聞かせ願えませんでしょうかなどと言うくらいの敬意を払ったほうがいい。 小さい人は、たとえ言葉が分からなくても、自分よりもずっと大きな人間が敬意を払っていることくらいはしっかりと分かります。 わざと無礼な振る舞いをするような場合は、容赦しません。 先日も、近所の小さい人 こども に対して、私は「この野郎、ふざけてるんじゃねえぞ」と徹底的に言ってやりました。 当時83歳だった老人が小さい人 こども を道の真ん中で罵倒している姿は、周りからすればかなりの異様な姿へと見えたでしょう。 でも、それでいいんですよ。 その小さい人 こども にとって私は、正面からぶつかってきた初めての大人だったんでしょうから。 周囲の大人をあんたと小ばかにしていた小さい人 こども が、その翌日から私のことをおじいちゃんと呼んで、ニコニコと慕ってくるようになったのですから。 戦時中に鬼畜米英と叫んできていた先生たちの一部が、終戦後わずか1か月もたたないうちに、民主主義とは本当にいいものだなと恥ずかしげもなく言うようになりました。 卑怯ですよね大人は。 自分に、そうした記憶があったからこそ、私はそうなるまいと 小さい人 こども に常に敬意を払ってくるようにしていました。 人間として対等というよりはむしろ、大人よりも賢くて感性も汚れていない、そして自分よりも上の存在だと考えるようにして接してきました。 僕はノッポです。 今、大きくなった皆さんにお会いできてとても嬉しいです。 お父さん・お母さんになられてみて、今いかがでしょうか? ご自分が小さかった頃、僕と一緒にもの作りを楽しんだことを覚えていらっしゃいますか? そうです。 一緒にものを作るという楽しさを今度は是非、ご自分のそばに居るお子さんと一緒に試してみてください。 おチビさんと一緒にものを作るということは、とても楽しい!いや、楽しいということ以上に、それは とても大事なことなんだということだと思っています。 「 デキる? じゃねえよ、ヤルんだよ!」などと、かなり冷酷な目で言い放っており、「 壊すために作るんだよ!」と不敵な笑みを浮かべたりもしていました。 約20年以上も続いてきていた、「できるかな」という番組を全否定するようなセリフを、数多く放ってきているのです。 無口で優しいイメージのあったノッポさんさんは、実はかなりの黒い一面があったことをうかがうことができますね。 新しい需要がある予感がします! ノッポさん(高見のっぽ)の現在 絵本や児童文学を執筆、そして歌手デビュー 出典: そんなノッポさんの現在の活動ですが、「できるかな」という番組が放送終了後には、 絵本や児童文学などの作家を主として活動しています。 そして、これまでに 約50冊近くの著書を上梓してきています。 これらの著書は、「ノッポ」やと本名ではなく、「高見ノッポ」という名義にて著作されていることが多いようです。 また、根強いノッポさんファンも、未だに本当に多いことから、その声に応えてテレビ番組や企画に出ることも多いようです。 2005年12月からは、NHKの番組「みんなのうた」において、初の短編ミュージカル映画形式で「 グラスホッパー物語」を歌っていました。 自ら脚本・作詞・歌唱・振付などを手掛けたこの作品は、翌年の2006年にはDVDやCDをリリースし、ノッポさんは 71歳にして歌手デビューを果たしています。 さらに、異例の10ヶ月ロングラン放送も記録しただけでなく、海外の映像祭でも高い評価を得ています。 また、文化庁メディア芸術祭にて受賞をしており、2006年の第57回NHK紅白歌合戦にも特別出演するなど、かなり話題になりました。 そんなノッポさんは、幼児や児童教育などの分野を中心とした長年の功績が称えられ、 第58回放送文化賞を受賞しています。 トーク会やサイン会も開催 出典: 2017年11月には、自身の半生を描いた「 夕暮れもとぼけて見れば朝まだき~ノッポさん自伝〜」という自伝本を出版しています。 そして、2017年12月にはトークショーやサイン会を行っているなど、かなり元気に活動しているようです。 2018年2月になると、 村上信夫さんのトークライブにノッポさんが参加しており、トーク内容は、子ども達に向けて語りかけるようなものだったと言われています。 昔と変わらず、今でも子供対して本当に優しくて思いやりのある人物であることをうかがわせるエピソードですよね。 ノッポさんは、表舞台というよりは、裏方として活動していることが多いことから、一時死亡説が流れたこともありました。 しかしながら、このようにノッポさんは現在もなお元気に活躍していることから、死亡説は全くのデマであることが明らかです。 今後も、小さい人のため、そして昔小さい人だった大人のため、手腕を振るってくれることを期待したいですね。 まとめ 23年間の長きに渡り、「できるかな」のノッポさんとして愛された高見ノッポさんについて、プロフィールや身長、嫁や息子などの家族、名言集と現在をまとめてみました。 「できるかな」終了後は、「ひらけ!ポンキッキ」の楽曲を手掛けていたことをご存知ない方も多かったのではないでしょうか。 そして、現在でも、その人柄を慕っているファンが多いことがお分かりいただけたと思います。 俳優としてだけでなく、作家や作詞家、そしてトークショーにも出るなど、「できるかな」以降もますます活躍しているノッポさん。 今後のノッポさんの活躍にも、注目していきましょう。

次の