多発 性 骨髄 腫 末期 症状。 ゆっくりと進行する多発性骨髄腫の治療法

[医師監修・作成]多発性骨髄腫の症状について

多発 性 骨髄 腫 末期 症状

多発性骨髄腫(MM:Multiple Myeloma)は、これら血液細胞の1つである「形質細胞(けいしつさいぼう)」のがんです。 形質細胞は、と呼ばれる「血液の工場」でつくられる血液細胞のうち、白血球の一種であるB細胞から分かれてできる細胞です。 この細胞は、体内に侵入した細菌やウイルスなどの異物から体を守ってくれる「」をつくる働きをもっています。 この形質細胞ががん化して骨髄腫細胞になり、多発性骨髄腫を発症します。 骨髄腫細胞は骨髄の中で増加し、異物を攻撃する能力がなく、役に立たない抗体(これをMタンパクと呼びます)をつくり続けます。 これらの骨髄腫細胞やMタンパクが、さまざまな症状を引き起こします。 多発性骨髄腫では、骨髄の中で増殖した骨髄腫細胞によって、正常な血液細胞をつくり出す過程(造血)が妨げられるために、による息切れ・だるさや、に伴う感染症、による出血傾向などが生じます。 また、骨髄腫細胞が正常な形質細胞の居場所を占拠してしまうために、免疫機能の低下(正常な抗体産生の減少)を来します。 さらに骨髄腫細胞が無制限に産生するMタンパク(異常免疫グロブリン)による症状として、腎障害や血液循環の障害(過粘稠度症候群:かねんちょうどしょうこうぐん)が起こります。 免疫機能が低下すれば肺炎や尿路感染症などの感染症が起こりやすくなります。 また、骨髄腫細胞によって刺激された破骨細胞(はこつさいぼう:骨を溶かす細胞)が骨の組織を破壊してしまい、骨痛や病的な骨折、脊髄(せきずい)圧迫による麻痺(まひ)などに加えて、血液中にカルシウムが溶け出すことにより高カルシウム血症が起こることがあります。 さらに、各臓器の機能も低下するなど、さまざまな症状を引き起こします。 図2は主な症状をまとめたものです。 しかし、多発性骨髄腫は無症状の場合もあり、血液検査、尿検査で異常を指摘されてはじめて発見されることも少なくありません。 一般的には慢性の経過をたどりますが、まれに急激に進行する場合もあります。 また、症状についても個人差が大きく、個々の患者さんの病状に合った適切な治療を選択することがとても重要になります。

次の

父65歳の多発性骨髄腫|家族の足跡

多発 性 骨髄 腫 末期 症状

末期になると、骨髄腫細胞(がん細胞)は末梢神経や中枢神経にまで浸潤することが報告されています。 最近、造血幹細胞移植や新規薬剤などにより長期生存が可能になった反面、末期に中枢神経を含む様々な臓器へ骨髄腫細胞が浸潤するケースが増えているようです。 背中や腰に痛みがあったり、わずかな力を加えただけで骨折してしまうなどの症状が現れます。 このほか、原因不明の発熱や、造血機能に生じた障害によって倦怠感や動悸などの貧血症状や出血が起きやすくなるなどの症状がみられるようになります。 スポンサーリンク 免疫細胞療法は、自分の細胞を使うので、抗がん剤と違い身体に負担が少ないのが特徴です。 他にも、10数種類の免疫細胞療法がありますが、最近は殺傷能力の高いNK細胞を利用するケースが増えています。 がん性疼痛の治療にはモルヒネなどの医療用麻薬の積極的使用が推奨されていますが,日本での使用量は先進諸国に比較するとかなり少ないのが現状です。 余命半年未満の末期がん患者におけるリハビリの役割は,患者の要望(Demands)を尊重しながら,ADLを維持,改善することにより,できる限り最高のQOLを実現するべくかかわることにあります。 がんは骨転移しやすいがんでもありますが、骨修復しやすいがんでもあります。 どうぞご安心ください。 スポンサーリンク おすすめ記事• スポンサーリンク.

次の

多発性骨髄腫 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

多発 性 骨髄 腫 末期 症状

病気が発覚したときは、すでにステージ3以上の末期。 肺炎を起こして水が溜まりとても危険な状態でしたが、一時退院できるようになりました。 今この瞬間は居間でテレビを観ています。 多発性骨髄腫について 多発性骨髄腫という病気は血液の癌です。 免疫を作る役目の血液細胞が癌化して、体の組織を壊す役目の血液細胞を作ります。 血液は骨髄で作られるので骨髄腫となるわけですね。 詳しい説明は、こちらのサイトにわかりやすく書かれています。 しかし、高齢化に伴い今後の患者の数は増えると私は予想しています。 この病気は完治不可能な病とされていますので、日本よりも患者数の多い海外では新薬が次々に登場しているようです。 日本でも年々新薬の認可が進んでいます。 将来は完全に治せる病になるのではないでしょうか。 癌化した血液細胞()自体が原因で死に至ることはないとされています。 多発性骨髄腫による死因の多くは、肺炎、腎不全など、体の機能が低下して起こる合併症によるもののようです。 余命はお医者様にも判らないことが多く、患者の家族にとっても不安は大きくなります。 私たち自身が今まさに不安を抱えて暮らしています。 父の症状や経過を中心に詳しく綴ることで、同じ病気で不安に過ごしている人に、少しでも情報を提供できればと思います。 父の症状 昨年末にひいた風邪が長引き、完治せず、変な咳がずっと続いていました。 声はガラガラで咳を出しつつも、普通に生活していたのです。 背中や腰が痛くなる 今年に入ってから、背中が痛い・腰が痛いと言って、鎮痛湿布剤のモーラステープやロキソニンテープを毎日3~4枚貼っていました。 貼る場所はその日によって違います。 今日は腰、別の日は背中の左というふうに。 鼻血が止まらない 救急車を呼ぶ前日の夕方は「鼻血が止まらない」と言って、鼻にティッシュで栓をして、夜勤の仕事へ出かけました。 肺炎 3年前に一度、ウイルス性の肺炎にかかっています。 その時の血液検査では、多発性骨髄腫と判明できるような結果は出ていなかったことを、後になって検査をした病院の先生に確認しました。 ですので、それ以降に発症したことになります。 治らない風邪 今年1月頃に同じ病院(消化器・内科の町医者)で、治らない風邪を訴えましたが、ただの風邪という診断でした。 同月、少し大きな病院の整形外科でレントゲンを撮ってもらいましたが、そのときも異常無しで、湿布剤を処方されただけでした。 肺のレントゲンでは発見できない病気で、 必要なのは血液検査だったのです。 錯覚 思い返すと昨年から今年にかけて数回、父は錯覚を起こしています。 家族が気に留めないほど些細な錯覚も、症状のひとつだったのかもしれません。

次の