インスタ ストーリーズ 背景色。 あの子のストーリーっておしゃれだよね♩実は簡単にできちゃう、ストーリーズの文字や背景色を変える方法!

インスタのストーリー機能をもっとおしゃれに!簡単かわいい3つの加工術

インスタ ストーリーズ 背景色

この記事のINDEX• 2016年に新機能として発表された「」も、今やインスタグラムをするのに欠かせない機能となっていますね。 その機能のひとつがテキスト。 フォントは現在5種類で、フォント変更は画面上の真ん中にある[クラシック]などの文字をタップすることで変更することができます。 文字背景がつけられる また 文字には背景をつけ、目立たせるようにすることも可能! 背景をつけるには画面の左上にある[A]をタップ。 テキストカラーの設定が自由自在! テキストのカラーは元々用意されているものがありますが、この色はちょっと違うかも…そう感じた人のために、 自分で自由に設定できる機能が2つあります。 1つ目は、画面から色をスポイトする方法。 この方法を使えば、文字が浮いてしまうようなことがありません。 2つ目が、既存のカラーを長押しすると現れるカラーパレットから選ぶ方法。 左から2番目、もしくは3番目のペンを選び、かぶせたい色も選択したら、画面を長押し。 すると画面全体に色がつきます。 ちょっとした手間をかけることで、何回も見たくなるようなストーリーが作れちゃう。

次の

【インスタグラム】ストーリーの背景を塗りつぶす方法 半透明塗りや消しゴムを使った加工テクなど

インスタ ストーリーズ 背景色

ただ、フォロワーが増えるとどうしても インスタグラムでの乗っ取り被害がちらほら出てきてしまいます。 乗っ取り被害を無くすためにも、まだ2段階認証を設定していない場合はインスタグラムの二段階認証は必ず設定しておきましょう。 関連記事 インスタのストーリーURLリンクの貼り方 では、インスタストーリーへURLリンクを貼り付ける方法を紹介します。 インスタストーリーへのURLリンク貼り付け手順はとっても簡単で、まず初めにストーリーを投稿する画面を開き、 URLリンクを貼り付けて投稿したい写真を選びます。 次に「鎖(くさり)マーク」をタップします。 「 +ウェブリンク」ボタンをタップし、最後にリンクさせたいURLをコピーして貼り付けます。 右下に表示されてある「 リンクをプレビュー」をタップするとブラウザ(Safari、Chrome等)が起動し、入力したURLにきちんと飛ぶのかを確認できます。 どちらの方法でも大丈夫ですよ! ストーリーのスワイプ機能を使うメリット• 簡単にアクセスできるので自社アピールに効果的!• 自分のYoutube動画にリンクさせたい• ホームページを見てもらいたい• おすすめできる商品やを紹介したい など、色々な使い方ができると思います。 他のSNSでも実装してもらいたい機能ですし、気軽に観れるストーリーだからこそ効果的なのではないかと思います。 インスタストーリーの背景を変える事で 相手への印象は大きく変わります。 おすすめ記事 ストーリーに貼り付けたリンクに飛んでもらいたい時に使いたい方法 ストーリーにURLを貼り付けたら出来るだけWEBサイトに来て欲しいですよね。 特に企業アカウントのアピールであれば、なおさらです。 そんな時は スタンプやストーリーを加工する事で効果的にWEBサイトに来てくれるはずですよ。 まとめ 今回はインスタストーリーへURLを貼り付ける方法とできない時の理由について紹介しました。 後者の方が現実的だと思いますので、ぜひ日頃からインスタグラムを利用してフォロワーを増やしてみて下さいね。 フォローを増やす際、あなたは無言フォローしていますか? 無言フォローに対するみんなの声を次の記事では集めてみましたので参考にしてみてください。

次の

【インスタグラム】文字だけでストーリーに投稿できるタイプモードの使い方

インスタ ストーリーズ 背景色

文字色を変えるには 文字の色も自由に変更することができます。 文字色を変えるには下にある色パレットをタップするとかわります。 画面を左にスワイプするとさらに色が出てきます。 文字の大きさを変更するには 文字を大きくしたり、小さくする方法は2通りあります。 文字編集中は横のスライドバーを上下させる 入力中に文字の大きさを変更するには左端にスライドバーが出てくるので文字を大きくしたり小さくしたり調整できます。 ピンチイン・ピンチアウトで文字の大きさを変更する 完了をタップした後で文字の大きさを変更するには文字を2本の指ではさんで広げたり狭めたりすることで大きくしたり小さくすることができます。 文字を斜めに配置するには ストーリの文字タイプ フォントは画面に表示されている上部の部分をタップする事で変更する事が可能です左上から順に タイプライター:タイプライターで打ったような文字。 他のフォントより小さめだけど使用頻度は一番多い クラシック:シンプルなフォントでタイプライターよりやや大きい 強: 太い大きいでかいフォント。 写真や動画が雑誌のようなテイストになる ネオン: 光るネオンサインみたいなフォント。 筆記体っぽい文字でおしゃれな モダン:モダンテイストなフォント。 英字になると細身な感じに。 日本語ではあまり文字の違いはわかりませんね、アルファベットになると字体の違いが一目瞭然なんですけど。 フォントを変える手順.

次の