黒竜江省 イナゴ。 長江大洪水(三峡ダム決壊!?)中国を襲う大災害~【科学では解明できない「最大の奇跡」とは】

中国でイナゴ被害が確認 食糧危機への懸念が浮上

黒竜江省 イナゴ

com 《本記事のポイント》• 中国の少なくとも3つの地域で、イナゴ被害が確認される• イナゴは7月には爆発的に増える可能性も• 中国で起きるバッタの被害は、日本にとって無関係ではない サバクトビバッタの大群が中東やアフリカ、南アジアで猛威を振るう中、中国でも、違う種類と見られるイナゴが発生していると、中国のインターネット上で話題となっている。 イナゴの被害が確認された地域は、中国東北部の吉林省や黒竜江省に加え、南部の湖南省。 黒竜江省はこのほど、「イナゴの予防強化に関する緊急通知」を発し、対策を促した。 専門家は、今後気温が高くなると、イナゴの成長スピードが早まり、7月には被害が爆発的に広がる恐れがあると指摘する。 すでに雲南省は、サバクトビバッタの襲来に備え、駆除の技術を技術者に普及させるなどして力を入れてきた。 そうした中、中国で自生したイナゴが繁殖する恐れが出ているのだ。 世界の脅威となっているサバクトビバッタはもともと、アラビア半島を襲ったサイクロンによって大発生した。 中国の歴史でも、黄河が氾濫した後、大繁殖した例が繰り返し起きている。 乾燥地帯と事情は異なるが、今回、湖南省を襲った大規模な豪雨のダメージを受けた植生において、イナゴが繁殖する可能性もあると考えられる。 イナゴ被害は日本にとって無関係ではない 中国政府は14億人の胃袋を満たすため、食糧の増産・備蓄を進めてきたが、それでもなお足りず、大豆の供給などを外国からの輸入に依存している。 アメリカとの貿易戦争がし烈になっても、大豆の輸入を制限しづらいのはそのためだ。 また中国国内の一部地域では、サバクトビバッタの影響により、食料の買い溜めが相次いで起きた。 毛沢東が1958年に進めた「大躍進政策」で3000万人以上が餓死したトラウマから、中国人は食糧危機に敏感に反応する面もある。 今後予想される最悪なケースは、中国で自生したイナゴと、サバクトビバッタの中国襲来のダブルパンチを受けることだ。 サバクトビバッタの大群はインド中部に達し、モンスーン 雨季 により、まだまだ繁殖する可能性がある。 もし中国でバッタが大量発生し、穀物を食い荒らせば、他国からの輸入を増やし、国際価格に影響を与えるだろう。 そうなれば、日本の食品価格の高騰も予想される。 つまり、中国での被害は、食料自給率が主要先進国で最低の日本にとって、無関係ではない、というわけだ。 日本を襲う食糧危機の可能性については、最新号の「ザ・リバティ」 2020年7月号 に詳述している。 どこのメディアも報じていない、食糧危機のシミュレーションにも注目していただきたい。 山本慧 【関連書籍】 『ザ・リバティ』2020年7月号 幸福の科学出版 幸福の科学出版にて購入 Amazonにて購入 【関連記事】 2020年6月 習近平に第2の天罰 サバクトビバッタが中国を襲う!

次の

中国の黄昏

黒竜江省 イナゴ

中国大陸は中共肺炎とに立て続けに見舞われていますが、各地での害も発生しています。 疫病、洪水災害、といった災害に次々と襲われる中共政権は、すでに行き詰っているのではないかと考える人もいます。 7月3日、あるネットユーザーが湖北省襄陽市(じょうようし)、雲南省普洱市(ふじし)江城区などに大量のイナゴが発生した様子の動画を投稿しました。 地面がイナゴに覆いつくされ、イナゴの大群が空を飛ぶ様子が撮影されています。 広西省桂林市の農業振興地域、全州県でもイナゴの被害が発生しています。 以前にネットユーザーが投稿した動画には、イナゴが農作物にびっしりと集まって作物を食い荒らし、農民の衣服にもイナゴがとまっている様子が撮影されています。 広西省桂林市全州県紹水鎮村の趙さん 「ここの畑の作物はすべてイナゴに食いつくされた。 作物の葉がすべて食べられ、大きな損失が出た。 今年はこの蝗害が起きた。 前はなかったのによりによって今年だ。 ここでは桑やトウモロコシ、コメ、大豆を作付けしているが、イナゴに食い尽くされた。 下に植えた木も食い尽くされた」 6月上旬、黒竜江省と吉林省はイナゴの駆除を求める緊急通知を通達しました。 通知には、ハルビン周辺の244ヘクタールの農地が被害を受け、ジャムス市近郊と樺川県でも蝗害が発生したと記されています。 吉林市では約13. 4ヘクタールの土地でイナゴが発生しました。 湖南省永州市寧遠県でも大量のイナゴが発生し、水田の稲や家屋の壁などいたるところにイナゴが密集している様子が投稿されています。 記者 「ここでは茶葉の作付けが多いのでしょうか?」 雲南省洱江城牛洛河村の張さん 「茶葉、トウモロコシ、コーヒーなど、何でも作付しています」 記者 「農薬散布は?」 張さん 「やります。 機械で散布します」 記者 「イナゴが大発生して何日くらいですか?」 張さん 「三日くらいでしょうか」 中国南部の洪水と広範囲にわたる蝗害が発生したことに対し中国政府が取った措置から、中国にの兆候があることが懸念されています。 四川省成都市の農業農村局は、村民に対し「畑を掘り返して穀物を作付けする」よう奨励する文書を通達しました。 そこには、「が発生する可能性があるため、全市の果樹園と植林地を水田に戻して作付するよう求める。 承諾する場合は1ムー(約666. 7平方メートル)あたり3000元の補償金が支払われる」と記されています。 湖北省孝感市の幹部もラジオ・フリーアジアに対し、孝感市が穀物の作付けに村民を動員し、水田1ムーに対し150元の補償金を支払うことになったと明かしました。 一方、作付けにかかる費用は見込まれる収益を上回るため、多くの農民が同意していません。 湖北省孝感市の于さん 「補償がある地域もある。 ここも補償があるが額は少ない。 実際のところよそで仕事している人たちにとっては、この補償金は少なすぎる。 別の場所では補償金はもっといいかもしれない。 だが補償金が高いのも作付面積が広いからだろう。 ここの補償金は少ない。 何も買えない。 補償金が少なすぎて農家の意欲をかき立てることができない」 四川省成都市農業農村局の幹部は、「畑を掘り返して穀物を作付けする」ことは全国的な任務で、補償金の基準は地方ごとに異なるといいます。 各政府が農家に対し果樹園を掘り起こして収益性の低い米を作付けするよう求めたことは、中国の穀物備蓄量が危機に直面している証拠ではないかと考える人もいます。 湖北省孝感市の于さん 「旧暦の下半期に何か問題が起きるのではないかと感じている。 上半期の水害は決定事項だ。 下半期に干ばつが来るかもしれない。 もし災害が続いたら、多くの農家はやっていけないだろう。 その時になって食糧が不足して奪い合いが起きたら、一番苦しむのは社会の最下層の人たちだ」 イナゴのほとんどは卵の状態で土の中で越冬し、越冬した卵は5月中旬から6月上旬に孵化します。 7月中旬が成虫の発生時期で、蝗害が最もひどくなる時期でもあります。 イナゴは成長するにつれて移動力も増し、徐々に農地へと広がっていきます。 駆除が間に合わなければ、ほとんどの農作物は食い尽くされ、農業生産に深刻な被害をもたらします。 深刻な蝗害の発生と同時に中国南部の26の省市が洪水に見舞われ、コメやトウモロコシなどの食糧生産に大きな影響を及ぼしました。 さらにベトナムやタイといった中国周辺の穀物輸出国の生産量が減ると穀物価格が上昇し、中国が深刻な食糧危機に見舞われる可能性があります。

次の

中国・広西チワン族自治区でイナゴが大量発生 世界的な食糧危機の恐れ近づく

黒竜江省 イナゴ

中国では、南部にもイナゴの大群襲来 広西チワン族自治区 で発生しているバッタの大群 今中国では北部と南部一帯がバッタやイナゴに襲われ、 中部は大雨が1カ月以上にわたって降り続き、洪水が発生している。 中国では、日本海に面した 北東部の黒竜江省や 吉林省で 6月に入ってから、バッタではなくイナゴの大群が発生し、農作物の被害が広がっていることは、 「」 でお伝えした通りである。 その後、 中南部の湖南省永州市でも蝗害が起きていることが伝えられていたが、 7月5日には 更に中国南部の 農業が盛んな広西チワン族自治区全州県の 桂林市 でも、同様な事態が発生したようである。 インターネットに投稿された 桂林市 の写真を見ると 農作物だけではなく、柵や住宅、生産者の服までもイナゴが隙間なく覆った状況が写されており、撮影者が「恐ろしい光景だ」と驚きの声を上げていた。 また、それを見た読者が ネットに 、「大規模襲来の前兆だ」「恐れたことが現実となった」「今から手を打たないと、制御不能になる」との書き込みを相次いでしている。 こうした状況を踏まえて、 四川省や湖北省では農家に対し果樹などの栽培を取りやめて、 稲や麦などへの植え替えを推奨しており、一畝あたりに 3000元(約 4万 5000円)の補助金を支払うなどして、「食糧生産用地」の確保を進めているようである。 また、それは四川省や湖北省だけでなく、全国区的規模で行われ始めているようでもあるようだ。 農家によると、小麦より果樹栽培の収益性の方が数十倍も大きいとのことである。 それなのに、政府が補助金を出してまで小麦栽培への切り替えを要求しているということは、 今中国において食糧備蓄がいかに厳しい状況に陥っているかを物語っているようである。 こうした状況下にも関わらず、中国当局は米国との対立が高まっていることから、今もなお、アメリカからの小麦などの食糧 品の輸入を停止した状態を続けているのである。 しかし、そうした状況の厳しさを米メディアのラジオ局・フリー・アジア( RFA) が次のように伝えていた。 それは「中国の重要な中心都市の一つである重慶市のある関係者が、 現地の倉庫に備蓄されている食糧は上の段だけで、下の段は砂で埋められており、粉飾工作を行っていると話し ていた」とするニュースである。 これが現在の共産党政権の実際の姿なのである。 全てがウソ、嘘で塗り固められているのである。 そして、だます相手は外国だけではないのだ。 自国民であっても、同じ省や州の人間であっても、平気でウソをついてごまかしているのだ。 なんともはや驚きである。 そんな国が今、世界の覇権国家を目指している というのだから、あきれてものが言えない。 実体は覇権国家を目指すどころか、国家破たんが起きる時が日に日に迫っているのが真相のようである。 私にはそう思えるのだがいかがだろうか。

次の