トリプルプレー なんj。 【MLB】メジャーで106年ぶりの珍プレー 打者走者がアウトにならずトリプルプレー: みじかめっ!なんJ

与田剛さんが激怒「明らかにやってはいけないプレー」|プロ野球アンテナ

トリプルプレー なんj

前回書いたとおり、日本テレコムのBBフォン光からJ:COM PHONEへのナンバーポータビリティは番号の確保が保証できないということでできませんでした。 そのため、一度NTT回線を復活させる必要がありました。 ならば、わざわざJ:COM PHONEに乗り換えるのは無駄なので、そのままNTT回線を使い続けようという結論に達した経緯があります。 ところが、先日、J:COMからJ:COM PHONEの工事費無料のオファーがありました。 BBフォンの料金を知っている者からすると、J:COM PHONEの料金は安いとは言えませんし 安い部類ではあります 、電話会社が固定されてしまうのでマイラン等で選択することもできなくなります。 だから本当に乗り換えるのがお得なのか悩みどころではあったのですが、我が家ではそんなに電話を使用してはいません。 ならばと、この機会にJ:COM PHONEの追加契約をした次第です。 実は一番のネックは国際電話でした。 KDDIを経由しての国際電話しかできないため、例えば一番安いアメリカでも平日昼間で1分60円もかかってしまいます。 これはちょっとひどすぎます。 まあ、国際電話はPC等からIP電話でも使用すれば良いと落着させたのですが、これを書くために改めてJ:COM PHONEのサイトを見ると、なんとアメリカ1分9円の料金表が新しく表示されていました。 これはどうしたものかと、J:COMに電話で問い合わせてみたところ、9月18日からKDDI経由ではなくて直接海外へかけられるようになるとのことでした。 いやあ、これはうれしい誤算です。 大きなネックは自動消滅してくれました。 さて、工事です。 営業さんのお話では、J:COM PHONE用に設置する機器からNTTの保安器の場所まで回線を引き戻すので、既存屋内のモジュラージャックの電話回線がそのまま使えるということでした。 でも、実際に工事に来た方の話では、既存の配管を使っても戻し処理はできずに、どうしても引き戻したければ外壁に配線するとのことでした。 営業の方は最良の条件を提示し、現場の方は影響度の一番小さい堅実な方法を提示する、というのはどこの業界も同じようです。 結局、回線の戻しはせず、J:COM PHONE用のケーブルモデムから電話まで屋内を電話回線を這わせることにしました。 つまり、既存のモジュラージャックは使えなくなりました。 さらに、ちょっとショックだったのは、上の写真にある通り、また24時間通電が必要な機器が1台増えてしまった事です。 NECのCM6541TVというVoIPケーブルモデムです。 ケーブルモデムなので、PCに接続できるLAN端子もあるのですが、工事に来た方に聞いたところ、J:COM NETを一緒にこの機器1台に集約する事はできないそうです。 技術的になにか問題があるのかどうかわかりませんが、ネットと電話でそれぞれ別個にケーブルモデムを必要とするとは・・・。 この点だけは改善が期待されます。 ちなみに、このケーブルモデムの電源を切って10分以上経つとJ:COMの緊急班の人が飛んでくるそうです。 旅行などで長期不在するために電源を落とす時には事前に連絡が必要だそうです。 まあ、いろいろありますが、J:COMに限らずこれはいつもの事なので、しばらく様子を見ようと思っています。 コメント一覧 4• 2007年10月14日 10:33• こんにちは、初めまして。 J:COM PHONE で検索してこちらにたどり着きました。 初めましてなのにいきなりの質問で恐縮なのですが、我が家もJ:COMTVと、J:COMNETに加入 集合住宅です しているので、昨日、J:COM PHONEの説明を受けて、J:COM PHONEに加入の契約をしたのですが、一番気になっているのは通話の質なのですが、今までのNTTの時に比べたら聞こえにくいとか、雷で使えなくなるとか、そういった事はないのでしょうか? 我が家も一般電話は県外の実家にかける時に使用するくらいで使用頻度はひくいのですが、契約はしたものの後から気になってしまいネットでクレームとか調べましたがよくわからないので質問させていただきました。 いきなりで、ホントにすみませんが、ご利用者の本音を聞かせていただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 2007年10月14日 20:34• funwarinさん、こんにちは。 そうですか、J:COM PHONEにご契約されましたか。 J:COMのトリプルプレー完成ですね。 音質ですが、特に問題ありません。 IP電話なので何か時々悪くなる事があるかなと心配しておりましたが、そういうことは今のところ一切ありません。 普通に使っている分には特にNTTの回線と違いはないですよ。 ご心配なく。 私が気に入らないのは、J:COM NETとは別にJ:COM PHONE用のケーブルモデムが必要で24時間通電していないといけない点でしょうか。 停電になると電話は使えません。 NTTの回線は停電でも使える利点はあります。 ただ、今ではケータイもありますし、停電が長期間続くような災害が発生したら、他にも色々インフラに影響があるでしょうからと言い聞かせながら使っています。 もし、他にも気になるところがあれば遠慮なくコメントください。 2007年10月16日 11:06• Tobaさん、こんにちは。 早速のお返事ありがとうございます。 の際、ホントは点検よりも他のサービスのセールスが目当てなのでは? と思う事が。。。 まんまと、その企み? ありがとうございました。 2007年10月16日 22:50• funwarinさん、こんにちは。 いえいえ、どういたしまして。 乗換えが良い方向に向かうと良いですね。 Tobaと言います。 あまり役に立たない情報を公開させていただいています。 ブログの枠組みを使用してはいますが、その日の出来事を書くことはまずありませんので、鮮度についてはあまり期待しないでください。 無線関連の記述はに多くあります。 もやってますが、最近毎日くだらない発信をしているのはTwitterです。 お返事できない場合もありますがあらかじめご了承ください。 時々、サイト中の写真の利用についてお問い合わせをいただきます。 基本的にはご連絡いただければ商用利用も含めてOKとしています 著作権は放棄しません。 残っていればオリジナルのファイルをお送りすることも可能です。 まずはご連絡ください。

次の

【トリプルスリー】 山田哲人、30盗塁到達キタ━(゚∀゚)━!! : なんJ(まとめては)いかんのか?

トリプルプレー なんj

前回書いたとおり、日本テレコムのBBフォン光からJ:COM PHONEへのナンバーポータビリティは番号の確保が保証できないということでできませんでした。 そのため、一度NTT回線を復活させる必要がありました。 ならば、わざわざJ:COM PHONEに乗り換えるのは無駄なので、そのままNTT回線を使い続けようという結論に達した経緯があります。 ところが、先日、J:COMからJ:COM PHONEの工事費無料のオファーがありました。 BBフォンの料金を知っている者からすると、J:COM PHONEの料金は安いとは言えませんし 安い部類ではあります 、電話会社が固定されてしまうのでマイラン等で選択することもできなくなります。 だから本当に乗り換えるのがお得なのか悩みどころではあったのですが、我が家ではそんなに電話を使用してはいません。 ならばと、この機会にJ:COM PHONEの追加契約をした次第です。 実は一番のネックは国際電話でした。 KDDIを経由しての国際電話しかできないため、例えば一番安いアメリカでも平日昼間で1分60円もかかってしまいます。 これはちょっとひどすぎます。 まあ、国際電話はPC等からIP電話でも使用すれば良いと落着させたのですが、これを書くために改めてJ:COM PHONEのサイトを見ると、なんとアメリカ1分9円の料金表が新しく表示されていました。 これはどうしたものかと、J:COMに電話で問い合わせてみたところ、9月18日からKDDI経由ではなくて直接海外へかけられるようになるとのことでした。 いやあ、これはうれしい誤算です。 大きなネックは自動消滅してくれました。 さて、工事です。 営業さんのお話では、J:COM PHONE用に設置する機器からNTTの保安器の場所まで回線を引き戻すので、既存屋内のモジュラージャックの電話回線がそのまま使えるということでした。 でも、実際に工事に来た方の話では、既存の配管を使っても戻し処理はできずに、どうしても引き戻したければ外壁に配線するとのことでした。 営業の方は最良の条件を提示し、現場の方は影響度の一番小さい堅実な方法を提示する、というのはどこの業界も同じようです。 結局、回線の戻しはせず、J:COM PHONE用のケーブルモデムから電話まで屋内を電話回線を這わせることにしました。 つまり、既存のモジュラージャックは使えなくなりました。 さらに、ちょっとショックだったのは、上の写真にある通り、また24時間通電が必要な機器が1台増えてしまった事です。 NECのCM6541TVというVoIPケーブルモデムです。 ケーブルモデムなので、PCに接続できるLAN端子もあるのですが、工事に来た方に聞いたところ、J:COM NETを一緒にこの機器1台に集約する事はできないそうです。 技術的になにか問題があるのかどうかわかりませんが、ネットと電話でそれぞれ別個にケーブルモデムを必要とするとは・・・。 この点だけは改善が期待されます。 ちなみに、このケーブルモデムの電源を切って10分以上経つとJ:COMの緊急班の人が飛んでくるそうです。 旅行などで長期不在するために電源を落とす時には事前に連絡が必要だそうです。 まあ、いろいろありますが、J:COMに限らずこれはいつもの事なので、しばらく様子を見ようと思っています。 コメント一覧 4• 2007年10月14日 10:33• こんにちは、初めまして。 J:COM PHONE で検索してこちらにたどり着きました。 初めましてなのにいきなりの質問で恐縮なのですが、我が家もJ:COMTVと、J:COMNETに加入 集合住宅です しているので、昨日、J:COM PHONEの説明を受けて、J:COM PHONEに加入の契約をしたのですが、一番気になっているのは通話の質なのですが、今までのNTTの時に比べたら聞こえにくいとか、雷で使えなくなるとか、そういった事はないのでしょうか? 我が家も一般電話は県外の実家にかける時に使用するくらいで使用頻度はひくいのですが、契約はしたものの後から気になってしまいネットでクレームとか調べましたがよくわからないので質問させていただきました。 いきなりで、ホントにすみませんが、ご利用者の本音を聞かせていただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 2007年10月14日 20:34• funwarinさん、こんにちは。 そうですか、J:COM PHONEにご契約されましたか。 J:COMのトリプルプレー完成ですね。 音質ですが、特に問題ありません。 IP電話なので何か時々悪くなる事があるかなと心配しておりましたが、そういうことは今のところ一切ありません。 普通に使っている分には特にNTTの回線と違いはないですよ。 ご心配なく。 私が気に入らないのは、J:COM NETとは別にJ:COM PHONE用のケーブルモデムが必要で24時間通電していないといけない点でしょうか。 停電になると電話は使えません。 NTTの回線は停電でも使える利点はあります。 ただ、今ではケータイもありますし、停電が長期間続くような災害が発生したら、他にも色々インフラに影響があるでしょうからと言い聞かせながら使っています。 もし、他にも気になるところがあれば遠慮なくコメントください。 2007年10月16日 11:06• Tobaさん、こんにちは。 早速のお返事ありがとうございます。 の際、ホントは点検よりも他のサービスのセールスが目当てなのでは? と思う事が。。。 まんまと、その企み? ありがとうございました。 2007年10月16日 22:50• funwarinさん、こんにちは。 いえいえ、どういたしまして。 乗換えが良い方向に向かうと良いですね。 Tobaと言います。 あまり役に立たない情報を公開させていただいています。 ブログの枠組みを使用してはいますが、その日の出来事を書くことはまずありませんので、鮮度についてはあまり期待しないでください。 無線関連の記述はに多くあります。 もやってますが、最近毎日くだらない発信をしているのはTwitterです。 お返事できない場合もありますがあらかじめご了承ください。 時々、サイト中の写真の利用についてお問い合わせをいただきます。 基本的にはご連絡いただければ商用利用も含めてOKとしています 著作権は放棄しません。 残っていればオリジナルのファイルをお送りすることも可能です。 まずはご連絡ください。

次の

【トリプルスリー】 山田哲人、30盗塁到達キタ━(゚∀゚)━!! : なんJ(まとめては)いかんのか?

トリプルプレー なんj

エンゼルスの3点リードで迎えた4回。 無死満塁でフレッチャーは痛烈な三ゴロ。 これをプロファーが好捕した。 まず三塁ベースを踏んで二塁走者がアウト。 さらに、飛び出していた三塁走者のワードをタッチして2アウト。 そして、二塁にボールを送ってオドルがベースを踏み、トリプルプレーが完成した。 この場面では打者走者のフレッチャーはアウトにならず。 走者3人による三重殺となった。 地元テレビ局「FOXスポーツ・ウェスト」によると、打者走者がアウトにならずに三重殺が完成したのは、メジャーでは1912年のブルックリン・ドジャース(現ロサンゼルス・ドジャース)以来の珍事だったという。 「すごく珍しいプレーでしたが、感想は?」という質問に、マイク・ソーシア監督は試合後、「トリプルプレーだね。 奇妙だ。 最初に目の当たりにした時は奇妙な気分だったよ」と目を丸くしていた。 三重殺完成後、オドルが一塁走者のカルフーンにタッチに行き、レンジャーズの選手が一瞬の間の後に喜び始めるなど、このプレーに両軍は混乱状態となった。 カルフーンをはじめエンゼルスの選手たちもキョトンとして立ち尽くし、ソーシア監督もベンチから飛び出して審判に説明を求めた。 大チャンスが一瞬にして潰れた格好のエンゼルスは6点リードを逆転されて6-8で痛恨の一敗となった。 指揮官は「奇妙だけれど、素晴らしいリアクションだった。 最高のプレーだ」と相手を称えるしかない様子だった。

次の