ジョ ギラゴン アバレ ガン。 DMRP12 M1/M2 The ジョギラゴン・アバレガン(マスターレア)|デュエルマスターズ通販・販売|ガッチャJP

【デュエルマスターズ】コンボメモ:グロダルマチア龍終アバレガン|デネブログ デュエマの速報・環境

ジョ ギラゴン アバレ ガン

目次 【龍終アバレガン】とは 【龍終アバレガン】は《ジョギラゴン・アバレガン》のブレイク能力と 《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》のアンタップ能力を組み合わせ、手軽に無限アタックを成立させるコンボデッキです。 《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》の効果で相手クリーチャーをタップできるのでブロッカーで止めることができず、確定除去トリガーの採用がそれほど多くない現環境においてはこの攻撃を咎めることが意外なほどに難しいです。 この必殺コンボギミックだけでなく、 《MANGANO-CASTLE! 》と《無限合体ダンダルダBB》の連続攻撃など、強力なギミックを複数採用しており極めて強力なデッキだといえます。 (「ワールド・ブレイカー」を持つクリーチャーは、相手のシールドをすべてブレイクする) 2枚のメインカードが揃ったら、あとは無限攻撃を仕掛けるのみです。 使用した《天ニ煌ク龍終の裁キ》を《ジョギラゴン・アバレガン》で回収することで、自分のシールドがなくなるまで攻撃を続けられます。 お互いのシールドは5枚ずつなので、自分のシールドがなくなるタイミングで相手のシールドもすべて割り切ることができ、無事ダイレクトアタックが成立します。 試合の途中で相手クリーチャーによって自分のシールドが割られているなどすると《ジョギラゴン・アバレガン》だけでは打点が足りなくなるので注意してください。 もし最後の攻撃で《終末の時計ザ・クロック》を踏むなどすると即敗北してしまいます。 この問題は《ジョギラゴン・アバレガン》以外のマスター・ドラゴンがいればある程度はケアできます。 【龍終アバレガン】側も相手のトリガー発動に対して抵抗しないわけではありません。 見慣れないカードですが、このデッキにおいては非常に強力です。 選択したクリーチャーをブロックされなくし、相手によって選べなくします。 この効果が付与された《ジョギラゴン・アバレガン》を止めることは困難を極め、スパーク系統のトリガーや《終末の時計ザ・クロック》、あるいは無理やりループに入るくらいしか対抗手段がありません。 スパーク呪文や《終末の時計ザ・クロック》は環境的にあまり見かけず、トリガーからのループ突入はキルターン的にループ側に十分な用意ができていない場合が多いです。 これにより、《堕呪ルアグリ》まで使うことができれば勝利はほぼ確実だといえます。 何のための堕呪かわからないと【青魔道具】デッキでは見向きもされませんでしたが、ここにきて名誉回復を果たした1枚です。 そうしなければ、カードを1枚引く。 アタックチャンスにGR召喚、マスター必殺トルネードと【龍終アバレガン】はありとあらゆる手段でコストを踏み倒してきます。 それら踏み倒しギミックに強烈なカウンターを浴びせるのがこの 《百発人形マグナム》です。 このカードが場にある限り【龍終アバレガン】側はほとんどのアクションを行うことができません。 《ジョルネード・グランドライン》が対抗策になることは間違いないのですが、その呪文を唱えたことに対する破壊効果は発動し、現れたGRクリーチャーもしくは他のクリーチャーが破壊されてしまいます。 (コストを支払って 《ジョルネード・グランドライン》を唱えた場合を除く) かなりの働きが期待できる1枚です。 【龍終アバレガン】の対策プレイング 対【龍終アバレガン】において注意すべきは 《ジョルネード・グランドライン》の存在です。 相手の場にいるのは 《全能ゼンノー》《ジョラゴンGS》か、別に気にすることは無いな。 そう思って放置しておくとターン終了時に《ジョギラゴン・アバレガン》に化け、あなたの首を取りに来る可能性があります。 もちろん自分の動きを強めることも勝利のためには必要であり、逐一すべてのGRクリーチャーを破壊すべきとは言いませんが、他のGRクリーチャーになる可能性は頭に置いておき、 過小評価はしないようにしましょう。 まとめ たった2枚のコンボパーツで無限攻撃が成立する【龍終アバレガン】のギミックは非常に強力です。 使用者に対する入賞数の多さがその事実を証明しています。 》などサブプランも整備されており、非常に使いやすいデッキであるといえます。 あなたもこの【龍終アバレガン】を使って無限アタックの力を体感してください!!

次の

【デュエルマスターズ】コンボメモ:グロダルマチア龍終アバレガン|デネブログ デュエマの速報・環境

ジョ ギラゴン アバレ ガン

ポケットモンスター関連• 日本最強の男に学べ! ポケモンカード トレーナーズスクール!!• アニポケまであとちょっと! デュエル・マスターズ関連• 秘蔵イラストも公開!! イラストレーター 制作秘話リレー• デュエマ妄想構築録 イナズマイレブン関連• マル秘ネタ 電撃チラ見せ!! おおばあつし先生 電撃執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ゾイド関連• ゾイド生みの親徳山氏 5656万字!? 限界ロングインタビュー• 森茶先生本能執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ミニ四駆関連• 伝説マシン開発秘話 パズドラ関連• 大塚角満のモンスター美術館 マジック:ザ・ギャザリング関連• ドブフクロウのMtGブレイキングアカデミー フォートナイト関連• にゃんこ大戦争関連• まんがで!にゃんこ大戦争 もういっちょ!• 最新カードチラ見せ第10回! 人気TCG『デュエル・マスターズ』より、2019年12月20日発売予定の最新パック 超天篇第4弾『超超超天! 覚醒ジョギラゴンvs. 零龍卍誕 ゼーロンばんたん 』のカードを一部先行公開! 『月刊コロコロコミック』で紹介しきれなかったカードたちをピックアップして紹介していくぞ!! その後、カードを1枚引いてもよい。 その後、カードを2枚引いてもよい。 (「ワールド・ブレイカー」を持つクリーチャーは、相手のシールドをすべてブレイクする) 今週のチラ見せは不定期更新!見逃すな!! All Rights Reserved. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

【デュエマ】《オラオラ・スラッシュ》の付いた《The ジョギラゴン・アバレガン》について【裁定】

ジョ ギラゴン アバレ ガン

このクリーチャーが攻撃する時、可能なら相手プレイヤーを攻撃する。 (「ワールド・ブレイカー」を持つクリーチャーは、相手のシールドをすべてブレイクする) 主要カード [ ] / 、との組み合わせが このデッキの回し方 [ ] 以下は青赤型の主流の動きである。 序盤はでしながら必要パーツを集める。 準備が整ったらで動き始め、そのままとの組み合わせでが許す限り自軍とを繰り返す。 暴発した呪文やのJトルネードも活かしてを成立させよう。 長所 [ ] は相手全効果を持つため、序盤から展開して息切れしやすいデッキには効果的。 を使わないので序盤にで何が捲れても露骨なハズレを引くことが殆どない。 構築に幅があり相手に構築の詳細を特定させないことも十分できるため、相手のなどのを避けることが比較的しやすい。 が多いためが相手だと1ショットキル始動前にそこそこ盤面が並んで寧ろ助かることがしばしば。 短所 [ ] 構築をGR召喚呪文に寄せるため、には比較的弱い。 調子に乗って暴発を繰り返すと失敗時にで簡単に逆転負けされてしまう。 を必要としないが相手だと相手の攻撃を利用してフィニッシュの準備を進めることができず、勢いが付かないことも。 環境において [ ] で成立してからやの影に隠れながらポツポツとチャンピオンシップ4位以内入賞を果たしている。 【ダーツアバレガン】 [ ] デッキをに寄せてを1つの勝ち筋としつつ、により2ターン目にGR召喚呪文を早打ちして3ターン目にによりでの大量を狙うデッキ。 《オールデリート》は暴発だけでなくのでも唱えられるため、《オールデリート》がやにあっても使用できる。 こちらもで成立してから一定回数チャンピオンシップ4位以内入賞を果たしている。 主要カード [ ].

次の