クリスティン ハンビー。 洋画の激安商品一覧

YouTubeでトゥルーブラッド!│YouTubeで昔懐かしい海外ドラマ

クリスティン ハンビー

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年9月) トゥルーブラッド ジャンル 原作 監督 出演者 他 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 2010年7月 〜 現在 放送時間 月曜日 22:00〜 『 トゥルーブラッド』 True Blood は、の。 の小説のシリーズ ()を原作とするこのテレビドラマは、2008年ににて放送が開始され、2011年7月からシーズン4の放送が開始された。 日本では2010年7月ににて第1話を先行放送。 同年9月に放送開始。 2010年12月にシーズン2第1話先行放送。 2011年6月6日から放送開始。 2012年4月にシーズン3第1話先行放送。 レギュラー放送は5月12日放送予定。 詳細は「」を参照 スーキー・スタックハウス 演 - 、日本語吹替 - ビル・コンプトン 演 - 、日本語吹替 - サム・マーロッテ 演 - 、日本語吹替 - タラ・ソーントン 演 - 、日本語吹替 - ジェイソン・スタックハウス 演 - 、日本語吹替 - アデル・スタックハウス 演 - ラファイエット・レイノルズ 演 - 、日本語吹替 - エリック・ノースマン 演 - 、日本語吹替 - ホイト・フォーテンベリー 演 - アンディ・ベルフルーア 演 - アーリーン・ファウラー 演 - レネ・レニエ 演 - バド・ディアボーン 演 - ドーン・グリーン 演 - エイミー・バーリー 演 - レティー・メイ・ソーントン 演 - パム 演 - テリー・ベルフルーア 演 - ジェシカ・ハンビー 演 - 、日本語吹替 - メアリーアン・フォレスター 演 - エッグス 演 - スティーヴ・ニューリン 演 - ラッセル・エジントン 演 - 、日本語吹替 - マーニー・ストーンブルック 演 - 、日本語吹替 - アルシード・ヘルボー 演 - 、日本語吹替 - ゲスト出演 [ ] マルコム Malcolm 演 - 年長のヴァンパイア。 第2・3・7回出演。 ダイアン Diane 演 - 女性ヴァンパイア。 昔一度だけ関係を持ったビルに好意を抱き続けている。 第2・3・7回出演。 リーアム Liam 演 - スキンヘッドにタトゥーのヴァンパイア。 モーデットのセックステープに登場。 第1 - 3・7回出演。 ハドリー 演 - スーキーのいとこ。 タルボット 演 - 、日本語吹替 - エピソード一覧 [ ] シーズン一覧 [ ] シーズン エピソード 米国での放送日 初回 最終回 12 2008年9月7日 2008-09-07 2008年11月23日 2008-11-23 12 2009年6月14日 2009-06-14 2009年9月13日 2009-9-13 12 2010年6月13日 2010-06-13 2010年9月12日 2010-9-12 12 2011年6月26日 2011-06-26 2011年9月11日 2011-9-11 12 2012年6月10日 2012-06-10 2012年8月26日 2012-8-26 10 2013年6月16日 2013-06-16 2013年8月18日 2013-8-18 10 2014年6月22日 2014-06-22 2014年8月24日 2014-8-24 トータル 80 2008年9月7日 2008-09-07 — 2014年8月24日 2014-8-24 シーズン1 (2008年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 万人 1 1 禁断の出会い Strange Love 2008年9月7日 2008-09-07 144 2 2 血の味 The First Taste Scott Winant 2008年9月14日 2008-09-14 179 3 3 俺のもの Mine 2008年9月21日 2008-09-21 181 4 4 疑惑 Escape from Dragon House 2008年9月28日 2008-09-28 182 5 5 蘇る過去の記憶 Sparks Fly Out Daniel Minahan 2008年10月5日 2008-10-05 174 6 6 血に染まる床 Cold Ground Nick Gomez 2008年10月12日 2008-10-12 167 7 7 愛の炎 Burning House of Love Marcos Siega 2008年10月19日 2008-10-19 210 8 8 4人目の死体 The Fourth Man in the Fire マイケル・レーマン 2008年10月26日 2008-10-26 207 9 9 ヴァンパイアの掟 Plaisir d'Amour Anthony M. Hemingway 2008年11月2日 2008-11-02 235 10 10 知りたくない真実 I Don't Wanna Know Scott Winant 2008年11月9日 2008-11-09 239 11 11 忍び寄る影 To Love Is to Bury Nancy Oliver 2008年11月16日 2008-11-16 267 12 12 愛の決断 You'll Be the Death of Me アラン・ボール 2008年11月23日 2008-11-23 245 シーズン2 (2009年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 万人 13 1 血の絆 Nothing But the Blood Daniel Minahan 2009年6月14日 2009-06-14 370 14 2 罪深きもの Keep This Party Going 2009年6月21日 2009-06-21 341 15 3 爪跡 Scratches Scott Winant 2009年6月28日 2009-06-28 370 16 4 光と闇 Shake and Fingerpop マイケル・レーマン 2009年7月12日 2009-07-12 390 17 5 献身 Never Let Me Go 2009年7月19日 2009-07-19 385 18 6 仕掛けられた罠 Hard-Hearted Hannah マイケル・レーマン 2009年7月26日 2009-07-26 400 19 7 監禁 Release Me Michael Ruscio 2009年8月2日 2009-08-02 427 20 8 時限爆弾 Timebomb ジョン・ダール 2009年8月9日 2009-08-09 443 21 9 高潔なるもの I Will Rise Up Scott Winant 2009年8月16日 2009-08-16 446 22 10 狂気の町 New World in My View 2009年8月23日 2009-08-23 533 23 11 錯乱 Frenzy Daniel Minahan 2009年8月30日 2009-08-30 519 24 12 復活の儀式 Beyond Here Lies Nothin' 2009年9月13日 2009-09-13 511 シーズン3 (2010年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 万人 25 1 残された痕跡 Bad Blood Daniel Minahan 2010年6月13日 2010-06-13 509 26 2 時を越えた野望 Beautifully Broken Scott Winant 2010年6月20日 2010-06-20 426 27 3 苦悩の果てに It Hurts Me Too 2010年6月27日 2010-06-27 446 28 4 罪の行方 9 Crimes David Petrarca 2010年7月11日 2010-07-11 468 29 5 襲撃 Trouble Scott Winant 2010年7月18日 2010-07-18 486 30 6 渦巻く愛憎 I Got a Right to Sing the Blues マイケル・レーマン 2010年7月25日 2010-07-25 474 31 7 生と死 Hitting the Ground 2010年8月1日 2010-08-01 524 32 8 試練の時 Night on the Sun 2010年8月8日 2010-08-08 509 33 9 崩れ落ちた未来 Everything Is Broken Scott Winant 2010年8月15日 2010-08-15 500 34 10 裏切りの臭い I Smell a Rat マイケル・レーマン 2010年8月22日 2010-08-22 539 35 11 鮮血 Fresh Blood Daniel Minahan 2010年8月29日 2010-08-29 544 36 12 暴かれた秘密 Evil Is Going On Anthony Hemingway 2010年9月12日 2010-09-12 538 シーズン4 (2011年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 万人 37 1 驚きの帰還 She's Not There 2011年6月26日 2011-06-26 542 38 2 魅惑の香り You Smell Like Dinner Scott Winant 2011年7月3日 2011-07-03 290 39 3 失われた記憶 If You Love Me, Why Am I Dyin'? David Petrarca 2011年7月10日 2011-07-10 504 40 4 復讐の炎 I'm Alive and on Fire マイケル・レーマン 2011年7月17日 2011-07-17 510 41 5 囚われの身 Me and the Devil Daniel Minahan 2011年7月24日 2011-07-24 526 42 6 満月の夜 I Wish I Was the Moon Jeremy Podeswa 2011年7月31日 2011-07-31 519 43 7 秘めた姿 Cold Grey Light of Dawn Michael Ruscio 2011年8月7日 2011-08-07 514 44 8 せめぎ合い Spellbound Daniel Minahan 2011年8月14日 2011-08-14 530 45 9 寛容の祭典 Let's Get Out of Here Romeo Tirone 2011年8月21日 2011-08-21 553 46 10 魔女の暴走 Burning Down the House 2011年8月28日 2011-08-28 531 47 11 対決 Soul of Fire マイケル・レーマン 2011年9月4日 2011-09-04 439 48 12 蘇る死者たち And When I Die Scott Winant 2011年9月11日 2011-09-11 505 シーズン5 (2012年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 万人 49 1 転生 Turn! Turn! Turn! Daniel Minahan 2012年6月10日 2012-06-10 520 50 2 反逆者 Authority Always Wins 2012年6月17日 2012-06-17 442 51 3 惑う者たち Whatever I Am, You Made Me David Petrarca 2012年6月24日 2012-06-24 466 52 4 それぞれの絆 We'll Meet Again Romeo Tirone 2012年7月1日 2012-07-01 454 53 5 戦いの幕開け Let's Boot and Rally マイケル・レーマン 2012年7月8日 2012-07-08 450 54 6 脅威 Hopeless 2012年7月15日 2012-07-15 463 55 7 始祖降臨 In the Beginning Michael Ruscio 2012年7月22日 2012-07-22 446 56 8 洗脳 Somebody That I Used to Know 2012年7月29日 2012-07-29 460 57 9 世界征服を狙う者 Everybody Wants to Rule the World ダニエル・アティアス 2012年8月5日 2012-08-05 450 58 10 血の契約 Gone, Gone, Gone Scott Winant 2012年8月12日 2012-08-12 449 59 11 終末の始まり Sunset 2012年8月19日 2012-08-19 493 60 12 再誕 Save Yourself マイケル・レーマン 2012年8月26日 2012-08-26 505 シーズン6 (2013年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 万人 61 1 ビルの覚醒 Who Are You, Really? 2013年6月16日 2013-06-16 452 62 2 リリスの導き The Sun 2013年6月23日 2013-06-23 408 63 3 迫りくる危機 You're No Good 2013年6月30日 2013-06-30 394 64 4 アンディの娘 At Last Anthony Hemingway 2013年7月7日 2013-07-07 414 65 5 ヴァンパイア収容所 Fuck the Pain Away Michael Ruscio 2013年7月14日 2013-07-14 454 66 6 苦しみからの解放 Don't You Feel Me ハワード・ドゥイッチ 2013年7月21日 2013-07-21 447 67 7 遺された人々 In the Evening Scott Winant 2013年7月28日 2013-07-28 436 68 8 妖精の血 Dead Meat 2013年8月4日 2013-08-04 417 69 9 太陽に出会う時 Life Matters Romeo Tirone 2013年8月11日 2013-08-11 400 70 10 運命との対決 Radioactive Scott Winant 2013年8月18日 2013-08-18 414 シーズン7 (2014年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 万人 71 1 助け合い Jesus Gonna Be Here 2014年6月22日 2014-06-22 403 72 2 初恋の結末 I Found You 2014年6月29日 2014-06-29 306 73 3 覚悟の作戦 Fire in the Hole Lee Rose 2014年7月6日 2014-07-06 320 74 4 再会 Death Is Not the End Gregg Fienberg 2014年7月13日 2014-07-13 323 75 5 戦う理由 Lost Cause ハワード・ドゥイッチ 2014年7月20日 2014-07-20 357 76 6 カルマ Karma Angela Robinson 2014年7月27日 2014-07-27 338 77 7 奇跡 May Be the Last Time Simon Jayes 2014年8月3日 2014-08-03 339 78 8 愛ゆえに Almost Home Jesse Warn 2014年8月10日 2014-08-10 334 79 9 運命の人 Love Is to Die ハワード・ドゥイッチ 2014年8月17日 2014-08-17 356 80 10 永遠の愛 Thank You Scott Winant 2014年8月24日 2014-08-24 404 用語 [ ] トゥルーブラッド TruBlood 日本人科学者が開発した人工血液。 ヴァンパイア達は人間の血の代替品して摂取している。 これにより人間とヴァンパイアの共存が可能となった。 Vドラッグ "V" or "V-juice" ヴァンパイアの血液。 人間に対して強力な効果や傷を癒やす効力、味覚や嗅覚といったを鋭くさせる働き等がある。 飲んでもヴァンパイアに変わることはない。 その希少性ゆえに高い価値を持つ。 V型(肝炎) "V" or "Hepatitis V" 血液を媒体とする。 ヴァンパイアがこれに感染すると1ヶ月ほど体が弱る。 その間に体に杭を打たれると命に関わる危険性があるため、彼らのあいだで脅威とされている。 物語上では「人間にはさほど害はない」 主な受賞 [ ]• 2009年 主演女優賞(テレビシリーズ・ドラマ部門):• 2009年 キャスティング賞(テレビシリーズ・ドラマ部門)• スタント・アンサンブル賞(テレビ部門) 脚注 [ ]• Weprin, Alex 2009年6月30日. 2009年7月4日時点のよりアーカイブ。 2016年1月12日閲覧。 Mediaweek. 2010年4月18日時点のよりアーカイブ。 2015年7月5日閲覧。 の2008年10月5日時点におけるアーカイブ。 2008年10月4日閲覧。 Kissell, Rick 2008年10月21日. Variety. 2008年10月22日閲覧。 Kissell, Rick 2008年10月28日. Variety. 2008年10月29日閲覧。 Kissell, Rick 2008年11月4日. Variety. 2008年11月5日閲覧。 Kissell, Rick 2008年11月18日. Variety. 2009年4月11日閲覧。 Kissell, Rick 2008年11月25日. Variety. 2009年4月11日閲覧。 TVbytheNumbers. 2009年6月16日. 2013年7月11日閲覧。 Kissell, Rick 2009年6月23日. Variety. 2009年6月24日閲覧。 2009年6月30日. 2009年7月1日閲覧。 Entertainment Weekly. 2009年7月14日. 2009年7月15日閲覧。 Kissell, Rick 2009年7月21日. Variety. 2009年7月22日閲覧。 TV by the Numbers. 2009年7月29日. 2009年7月30日閲覧。 Kissell, Rick 2009年8月4日. Variety. 2009年8月5日閲覧。 TV by the Numbers. 2009年8月11日. 2009年8月12日閲覧。 TvbytheNumbers. 2009年8月18日. 2013年7月11日閲覧。 Entertainment Weekly. 2009年8月25日. 2009年8月25日閲覧。 TV by the Numbers. 2009年9月1日. 2009年9月4日閲覧。 Seidman, Robert 2009年9月15日. TV by the Numbers. 2010年8月4日閲覧。 Gorman, Bill 2010年6月15日. TV by the Numbers. 2010年6月16日閲覧。 Gorman, Bill 2010年6月22日. TV by the Numbers. 2010年6月23日閲覧。 Gorman, Bill 2010年6月29日. TV by the Numbers. 2010年6月30日閲覧。 Gorman, Bill 2010年7月13日. TV by the Numbers. 2010年7月14日閲覧。 Seidman, Robert 2010年7月20日. TV by the Numbers. 2010年7月20日閲覧。 Seidman, Robert 2010年7月27日. TV by the Numbers. 2010年7月28日閲覧。 Seidman, Robert 2010年8月3日. TV by the Numbers. 2010年8月4日閲覧。 Seidman, Robert 2010年8月10日. TV by the Numbers. 2010年8月11日閲覧。 Seidman, Robert 2010年8月17日. TV by the Numbers. 2010年8月18日閲覧。 Seidman, Robert 2010年8月24日. TV by the Numbers. 2010年8月25日閲覧。 Seidman, Robert 2010年8月31日. TV by the Numbers. 2010年9月1日閲覧。 Gorman, Bill 2010年9月14日. TV by the Numbers. 2010年9月14日閲覧。 Seidman, Robert 2010年6月28日. TV by the Numbers. 2010年6月29日閲覧。 Seidman, Robert 2011年7月6日. TV by the Numbers. 2011年7月7日閲覧。 Seidman, Robert 2011年7月12日. TV by the Numbers. 2011年7月13日閲覧。 Seidman, Robert 2011年7月19日. TV by the Numbers. 2011年7月20日閲覧。 Seidman, Robert 2011年7月26日. TV by the Numbers. 2011年7月27日閲覧。 Seidman, Robert 2011年8月2日. TV by the Numbers. 2011年8月2日閲覧。 Seidman, Robert 2011年8月9日. TV by the Numbers. 2011年8月10日閲覧。 Seidman, Robert 2011年8月16日. TV by the Numbers. 2011年8月18日閲覧。 Seidman, Robert 2011年8月23日. TV by the Numbers. 2011年8月23日閲覧。 Gorman, Bill 2011年8月30日. TV by the Numbers. 2011年8月31日閲覧。 Gorman, Bill 2011年9月7日. TV by the Numbers. 2011年9月8日閲覧。 Gorman, Bill 2011年9月14日. TV by the Numbers. 2011年9月15日閲覧。 Bibel, Sara 2012年6月12日. TV by the Numbers. 2012年6月13日閲覧。 Bibel, Sara 2012年6月19日. TV by the Numbers. 2012年6月19日閲覧。 Bibel, Sara 2012年6月26日. TV by the Numbers. 2012年6月26日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年7月3日. TV by the Numbers. 2012年7月3日閲覧。 Bibel, Sara 2012年7月10日. TV by the Numbers. 2012年7月11日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年7月17日. TV by the Numbers. 2012年7月17日閲覧。 Bibel, Sara 2012年7月24日. TV by the Numbers. 2012年7月24日閲覧。 Bibel, Sara 2012年7月31日. TV by the Numbers. 2012年7月31日閲覧。 Bibel, Sara 2012年8月5日. TV by the Numbers. 2012年8月7日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年8月14日. TV by the Numbers. 2012年8月14日閲覧。 Bibel, Sara 2012年8月21日. TV by the Numbers. 2012年8月21日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年8月28日. TV by the Numbers. 2012年8月28日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年6月18日. TV by the Numbers. 2013年6月18日閲覧。 Bibel, Sara 2013年6月25日. TV by the Numbers. 2013年6月25日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年7月1日. TV by the Numbers. 2013年7月1日閲覧。 Bibel, Sara 2013年7月10日. 2013年7月10日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年7月16日. TV by the Numbers. 2013年7月16日閲覧。 Bibel, Sara 2013年7月23日. TV by the Numbers. 2013年7月23日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年7月30日. TV by the Numbers. 2013年7月30日閲覧。 Bibel, Sara 2013年8月6日. TV by the Numbers. 2013年8月6日閲覧。 Bibel, Sara 2013年8月13日. TV by the Numbers. 2013年8月13日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年8月20日. TV by the Numbers. 2013年8月20日閲覧。 Bibel, Sara 2014年6月24日. TV by the Numbers. 2014年6月24日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年7月1日. TV by the Numbers. 2014年10月11日時点のよりアーカイブ。 2014年7月1日閲覧。 Bibel, Sara 2014年7月9日. TV by the Numbers. 2014年7月9日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年7月15日. TV by the Numbers. 2014年7月15日閲覧。 Bibel, Sara 2014年7月22日. TV by the Numbers. 2014年7月22日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年7月29日. TV by the Numbers. 2014年7月29日閲覧。 Bibel, Sara 2014年8月5日. TV by the Numbers. 2014年8月5日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年8月12日. TV by the Numbers. 2014年8月12日閲覧。 Bibel, Sara 2014年8月19日. TV by the Numbers. 2014年8月19日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年8月26日. TV by the Numbers. 2014年8月26日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語)• (英語)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

アンナ・パキン/トゥルーブラッド<シックス・シーズン>コンプリート・ボックス

クリスティン ハンビー

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2016年7月) この名前は、に従っています。 (母方の)は ドス・サントス、(父方の)は アヴェイロです。 この記事のには以下のような表記揺れがあります。 クリスティアーノ・ロナウド• クリスティアーノ・ロナルド• クリスティアノ・ロナウド• クリスティアノ・ロナルド• クリスチアーノ・ロナウド• クリスチアーノ・ロナルド• クリスチアノ・ロナウド• 国内リーグ戦に限る。 2020年2月24日現在。 2020年4月22日現在。 ( ) クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ ( Cristiano Ronaldo dos Santos Aveiro 、 - )は、・出身の。 ・所属。。 ポジションは。 愛称は CR7 、 ロニー。 日本のメディアからは クリロナとも呼ばれる。 テレビやスポーツ紙の多くは「 ロナウド」と表記されているが、読売新聞や朝日新聞など一般紙では「 ロナルド」表記が用いられている。 サッカー関係者からしばしば世界最高の選手と評されるプレイヤー。 所属した4チーム全てにおいてリーグ戦または国内での優勝を経験しており、を5度制覇している。 で3度、で2度、2019年にはでも優勝し、欧州三大リーグで優勝した史上初の選手となった。 UEFAチャンピオンズリーグで7度得点王を獲得し、を5度受賞するなど数々の栄誉を手にした。 また、レアル・マドリードの通算最多得点記録、プレミアリーグのシーズン最多得点記録 、UEFAチャンピオンズリーグの通算最多得点記録・同シーズン最多得点記録などで、数々の記録を打ち立てている。 では主将を務めており、同国代表の歴代最多出場記録、国家における代表最多得点記録の保持者であると共にの通算最多出場、最多得点記録保持者でもある。 では主将としてポルトガルを主要な国際大会初優勝に導いた。 経歴 [ ] 幼少期 [ ] 1985年2月5日、ロナウドは大西洋に浮かぶポルトガルの最大の街(マデイラ自治領の首都)に自治体の庭師ジョゼ・ディニス・アヴェイロと調理師マリア・ドロレス・ドス・サントス・アヴェイロの間、三男二女の末子として出生。 複合名の第二要素の「ロナウド」は、父ディニスのお気に入りの俳優であった元アメリカ合衆国大統領にちなむ。 ロナウドの曾祖母(父方の祖母)ローザ・イザベル・ダ・ピエダデは出身のムラートで白人のジョゼ・アベイロ(父方の祖父)と結婚し息子のウンベルトがフィロメーナ(ロナウドの父方の祖母)と結婚し6人の子をもうけ、その中の一人がロナウドの父ディニスだった。 ロナウドは8分の1カーボ・ヴェルデ人という事になる。 父ディニスは公務員として働くかたわら、地元のCFアンドリーニャというサッカークラブの管理を手伝っており 、また従兄弟のヌーノもアンドリーニャでプレーしていたことから 、ロナウドはこのクラブで6歳のときにサッカーを始める。 サッカーを始めた当初はであったが、徐々にポジションを上げFWとしてプレーするようになった。 幼い頃から才能に恵まれていたが、チームが負けると悔しさから泣いたりし、「泣き虫」(: crybaby)のあだ名を付けられていた。 4年後の1995年にアンドリーニャに在籍していた人物が運営するに入団。 1997年のの休みを利用し、祖父に連れられてのトライアルを受けた。 好きなチームはスポルティングのライバルであるであったが、スポルティングのファンであった母親に説得されてユースに入団し 、母親と共にへ移住。 スポルティングのユース入団に際し、スポルティングはナシオナルに対して2万5千ユーロの移籍金を支払った。 クラブ [ ] スポルティングCP [ ] 入団後は急成長をみせてユースを駆け上がり、スポルティングの歴史で初めてとなる1シーズンでU-16、U-17、U-18、Bチーム、トップチームで試合に出場した選手となった。 2002年10月7日の戦で初先発を果たすと、クラブ史上最年少ゴールを含む2得点を奪った。 しかしその後、すぐさまリスボンを離れることになる。 マンチェスター・ユナイテッド [ ] 2003年8月に行われたとの親善試合後、そのセンスに刮目したがロナウドを呼び出して雑談を交わした。 ロンドンに帰国する機内で所属選手らに獲得すべきか問うたところ、やらがファーガソンに直接獲得を薦めるなどした。 マンチェスター・ユナイテッドでアシスタントコーチを務めていたは、ロナウドがデビューした時から注目しており、ロナウドの獲得をいち早くファーガソン監督に進言していた。 ロナウド獲得には当時やも積極的に動いており、2002年11月にとスタッフからの練習グラウンドに招かれたほか 、リヴァプールに移籍することは夢であると語るなどしていたが 、開幕3日前の8月10日に、10代の選手への移籍金としては当時イングランド史上最高額の1224万ポンド、5年契約でマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した。 移籍当初はスポルティングCPでつけていた28番を望んでいたが、がへ移籍したことで空いた7番の着用を監督から言い渡された。 プレミアリーグ2003-04シーズン、にを迎えての開幕戦に控えとしてメンバー入りし、後半16分からの途中出場でデビュー。 デビュー戦後、クラブのレジェンドであるは「間違いなく最もエキサイティングなデビュー」と称賛した。 以後、比較的先発で出場することが多くなるが、控えと先発を行き来するような状態で、ファーガソンが上手く振り分けて成長を促していたとされる。 また、2005年10月29日の戦では、クラブのプレミアリーグ通算1000ゴール目となるメモリアルゴールを決めた。 2005-06シーズンのロナウド は17ゴール14アシストと共に自己最多を記録し、チームの優勝に貢献。 自身も1977年の以来30年ぶり史上2人目となるとをダブル受賞した。 ファンの投票による年間最優秀選手賞にも選ばれ、史上初の三冠達成を果たした。 また、2006年11月、12月にプレミアリーグ月間MVPを2か月連続で受賞。 とに続くプレミア史上10年ぶり3人目の快挙となった。 の投票ではに次ぐ2位となった。 は開幕から驚異的な速さでゴールを量産し、公式戦通算42得点を記録した。 リーグでは31得点で得点王となり 、チームのリーグ2連覇に欠かせない存在であった。 PFA年間最優秀選手賞とFWA年間最優秀選手賞を2シーズン連続で受賞。 2008年3月19日の対戦では、初めてキャプテンマークを巻いて出場した。 でも8得点を挙げて得点王を受賞。 マンチェスター・ユナイテッドの9シーズンぶり3回目のチャンピオンズリーグ優勝の立役者となった。 2008年5月21日に行われた決勝戦では、チェルシーから先制ゴールを奪うも、チェルシーもが同点ゴールを決めて反撃。 延長戦でも決着がつかずPK戦となり、ロナウドは3人目のキッカーを務めるもにコースを読み切られて失敗。 しかし、チェルシーも5人目のキッカーのが雨でぬかるんだピッチに足を滑らせて痛恨のミスキックで失敗し、その後がのキックをセーブし、マンチェスター・ユナイテッドの勝利が決定した。 これらの活躍により、この年のとをダブル受賞した。 2008-09シーズンのロナウド 2008年夏、かねてよりロナウド獲得を目指していたが、移籍成立は時間の問題とメディアを通じてアピールしたことによりロナウドをめぐる移籍騒動が勃発。 正式なオファーを出さないまま一方的な発表を行ったことに対してマンチェスター・ユナイテッド側が猛反発し、法的手段も辞さない構えを見せるなど話が大きくなる。 ロナウド自身はこの騒動に関し公には沈黙を守っていたが、「子供の頃からの憧れのクラブであるレアル・マドリードへの移籍が実現するかもしれない」と気持ちが傾いていた事を残留宣言の中で認めている。 最終的にファーガソン監督と話しあった結果、ロナウドは残留を決意し、マンチェスター・ユナイテッド公式ホームページに残留宣言が掲載された。 その中で今回の移籍騒動については「(両クラブやその関係者にではなく)自分に責任がある」としている。 2008年11月15日の戦ではフリーキックからクラブ100得点目を記録した。 ちなみに同じ試合で再びフリーキックから101得点目も記録している。 2009年4月15日の戦で決めた約40ヤードのミドルシュートは、その年最も美しかったゴールに贈られるを受賞した。 2009年夏には移籍を希望し、マンチェスター・ユナイテッドも、レアル・マドリードとの移籍交渉を許可した。 レアル・マドリード [ ] が2度目の会長就任を果たしたレアル・マドリードは、打倒を目標に掲げ、6月11日にの記録を上回る当時のサッカー界史上最高額の8000万ポンドの移籍金で、ロナウドを獲得した。 この年のレアル・マドリードは、ロナウド以外にも受賞経験者のやのの若きエース、などの選手を獲得した。 7月6日、レアル・マドリードの本拠地で入団発表が行なわれ、背番号は9番と発表された。 入団発表には約10万人のファンが集まった。 1984年にに加入したの7万5000人を抜き、史上最多の人数がつめかけたお披露目式となった。 また、ロナウドのユニフォームは市内だけで120万枚を売り上げ、高額な移籍金を地元のユニフォーム売り上げのみで回収した。 7月21日の戦でデビュー。 翌週の戦ではから初得点を挙げた。 8月29日の戦でデビューを飾ると、PKで初得点も決めた。 [ ] 2009-10シーズンのロナウド 移籍初年度は怪我で出遅れたにもかかわらずリーグ3位の26得点を記録。 ではチームはベスト16に終わったものの、自身は6試合で7ゴールを挙げ得点ランキングで試合数が少ないにも関わらず2位タイとなった。 10月には足首の怪我によりクラブでの試合のほかとの試合にも出場できなかった。 その怪我は、魔術師の呪術によるものであるとの報道も流れた。 翌年は、キャプテンであるの・への移籍により念願であった背番号7を背負うことになった。 ポジションも中央から左に移って前シーズンを上回るペースで得点を量産。 10月22日の戦ではキャリア初の1試合4得点を記録し 、その月は13得点を挙げて自身の月間最多得点記録も更新した。 その後もレアル・マドリードで驚異的なペースで得点を量産し、クラブ史上最速での通算50得点を記録した。 との決勝では、0-0で迎えた延長前半にのクロスからヘディングで決勝ゴールを奪い、自身が勝負弱いという批判を一蹴すると共に、レアル・マドリードにとって18年ぶりとなる国王杯優勝へ導いた。 5月10日の戦ではリーガ史上初となるシーズン6度目のハットトリックを達成。 シーズンの全大会での総得点数を47とし、1959-60シーズンにが記録したクラブ記録を更新した。 最終節の戦でも2得点を挙げリーガ通算40得点とし 、1950-51シーズンの、1989-90シーズンのの38得点を破るリーガシーズン最多得点記録を更新してリーガに輝いた。 2011-12シーズンのロナウド 2012年2月12日の戦でハットトリックを記録。 サンティアゴ・ベルナベウでの通算4000点目でもあった3点目のミドルシュートは多くのメディアから賞賛された。 3月24日の戦で2得点を挙げ、史上最速となる通算92試合目の出場でリーガ通算100得点を記録した。 それまでの最速記録はフェレンツ・プスカシュの105試合であり、ロナウドは13試合と大幅に記録を更新したことになった。 また、シーズン通算100試合目の出場となった5月5日の戦で得点し、リーガ通算100試合の出場で111得点とし、これまでの記録であったプスカシュの97得点を大幅に塗り替えた。 2011-12シーズンは昨シーズンを超えるリーガ46得点、シーズン60得点を記録。 得点王こそに譲ったものの、レアル・マドリードのリーガ史上初となる勝ち点100での優勝に大きく貢献した。 また、リーガではに参加している、レアル・マドリード以外の19クラブ全てからゴールを挙げた。 2012年9月2日のグラナダCF戦では同シーズンのリーグ初得点を含む2得点を挙げて、第3節にしてリーガ初勝利に貢献した。 また、1点目は国内リーグにおけるキャリア通算200得点目となり、2点目はレアル・マドリード通算150得点目となった。 しかしロナウドは、2得点を挙げたにも関わらず自らのゴールを祝福しなかった。 試合後に「悲しい気持ちのときはゴールを決めても喜ばない」と語り、発言の真意について様々な憶測を呼んで話題となった。 10月7日ので2得点を挙げ、エル・クラシコで史上初となる6試合連続ゴールを記録すると同時に、レアル・マドリードの選手としてで2得点を挙げた10人目の選手となった。 チャンピオンズリーグではチームは準決勝で敗退したものの、ロナウドは12得点を挙げ大会得点王に輝いた。 2013年はレアル・マドリードと母国ポルトガル代表で、自身最多となる合計69得点を挙げ、2014年1月13日にメッシ、を抑え5年ぶり2度目のバロンドールを受賞した。 同賞がとなってからはメッシ以外で初の受賞者で 、また1年を通してレアル・マドリードで活躍した選手としては、に次ぐ3人目の受賞者となった。 授賞式では涙を浮かべながら「言葉に出来ない」と喜びを語り、チームメイトや家族への感謝を述べた。 また、この年のバロンドールは期限までに十分な票が集まらなかったため異例の投票期間延長が行われており、これに対しては批判の声も上がっている。 2013-14シーズンの、では9得点を挙げ、、、らの持つグループリーグにおける最多得点記録を更新した。 決勝トーナメントでもその勢いは衰えを見せず、合計17得点と1大会における最多得点記録を更新してチャンピオンズリーグ制覇に貢献した。 リーグ戦においても31得点を挙げて2度目のリーガ得点王になり、で31得点を記録したと共に自身3度目となるを獲得した。 また、、を抑えて2014年のも受賞した。 レアル・マドリードにおける、との3トップはと呼ばれた。 2014年8月13日、とのでは2得点を挙げ、自身初となる同タイトルを獲得した。 2014-15シーズンのリーガ第14節戦では、ディ・ステファノ、テルモ・サラを超えてリーガ史上最多となる23度目のハットトリックを記録した。 2014-15シーズンのロナウド ヨーロッパ王者として出場したでは無得点に終わったものの、戦で2アシストをするなどレアル・マドリードの優勝に貢献し、大会のシルバーボールを受賞した。 2015年1月には2年連続となるFIFAバロンドールを受賞した。 同年4月5日行われた戦では、8分間でハットトリックを達成するなど5得点を挙げ、レアル・マドリードでの通算300得点を記録する。 5月24日のリーグ最終戦では前半34分にPKを決め2試合連続となるハットトリックを記録。 後半13分にとの交代により退き、48得点でシーズンを終える。 リーグ戦35試合で48得点を記録し、2シーズン連続となるリーガ得点王となった。 ではチームは準決勝で敗退するも 、自身は3シーズン連続となる得点王となった。 2015年9月12日の戦で5得点を記録したことでリーガ通算得点数を231得点とし、の228得点を抜きクラブ歴代1位に立った。 その後、9月30日に行われた、戦で2得点を決めたことによりキャリア通算500得点を超え、レアル・マドリード通算得点でもラウルの持つクラブ最多得点記録に並んだ。 12月8日のUEFAチャンピオンズリーグ、マルメFF戦でも4得点を挙げ、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ史上最多となる11得点を記録した。 同月15日、UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージのベストイレブンに選出された。 2016年3月5日の戦では通算250得点をリーガ史上最速で記録した。 4月9日のエイバル戦で今季リーガ通算30得点目を記録し、史上初の6シーズン連続30得点を記録する。 チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグの戦で今季6度目、通算40度目の 、同大会史上初となる1大会で3度の 、と並び最多記録となる同大会通算5度目のハットトリックを記録した。 とのチャンピオンズリーグ決勝ではPK戦で5人目のキッカーを務めた。 2016年11月19日のアトレティコ・マドリード戦でハットトリックを記録。 同試合でダービーマッチ通算18ゴールとし、の持つダービーマッチにおける最多得点記録を更新した。 12月12日には2年ぶり4度目のバロンドール受賞が決まった。 同月に行われた準決勝の戦では後半アディショナルタイムにゴールを決め 、との決勝戦ではハットトリックを記録。 同大会のゴールデンボールに選出されている。 2017年4月12日、チャンピオンズリーグ準々決勝1stレグの戦では2得点を記録し、主催クラブ大会では史上初の通算100得点に到達した。 2ndレグではハットトリックを記録し、チャンピオンズリーグ通算100得点を記録した。 5月2日に行われた準決勝1stレグのアトレティコ・マドリード戦でも3得点を記録し、チャンピオンズリーグでは史上2人目、同決勝トーナメントでは史上初の2試合連続ハットトリックを記録した。 との決勝戦では先制ゴールを含む2得点を奪いマン・オブ・ザ・マッチに選出された。 なお、決勝戦での1得点目はレアル・マドリードのチャンピオンズリーグ通算500得点目であり、2得点目はロナウドにとってキャリア通算600得点目となった。 2017年8月13日に行われたスペイン・スーパーカップのバルセロナ戦の1stレグでは80分に勝ち越しのゴールを決めるも82分にはシミュレーションをとられこの試合2枚目のイエローカードを提示され退場処分となった。 24日には2季連続3度目となる欧州最優秀選手に選出された。 2017年12月にで行われたでは、との準決勝で試合唯一となるゴールを奪った。 決勝となる南米代表のとの一戦でも、後半8分に自らのフリーキックから先制すると、この得点が決勝点となり、チームは大会史上初の2連覇を成し遂げた。 これによりクラブワールドカップでの総得点数を7としたロナウドは、大会最多得点記録を更新した。 チャンピオンズリーグ決勝でのロナウド(2018年) 2017-18シーズンは先述のスーパーカップでの退場により4試合の出場停止処分が科され、リーガでのシーズン初ゴールは第8節の戦とスロースタートになったが 、では得点を量産。 ユヴェントスとの準々決勝1stレグまで9試合連続で得点を挙げ 、前年度決勝の得点と合わせCL史上初となる10試合連続ゴールを達成した。 特にユヴェントス戦で挙げた2得点目のは敵地のユヴェントスのサポーターからもを浴び 、ヨーロッパ各国のメディアものに喩えるなど絶賛した。 ロナウド自身も「間違いなく自分のゴールの中で最も美しい。 」と自賛するとともに、拍手を送ったユヴェントスサポーターに感謝を示した。 2018年7月10日、は、ロナウドが示した意思と要望に基づき、への移籍で合意したことを発表した。 退団理由については度々、会長のフロレンティーノ・ペレスとの不仲が報じられていたが、後にそれが事実だと認めたうえでペレス会長からの敬意の欠如を挙げている。 その後、レアル・マドリード側の招待を受け、2020年3月1日に行われたエル・クラシコの観戦に駆け付けており、一時期より緊張状態は緩和されていると報じられた。 それでもレアル・マドリードに在籍した9年間、438試合で451ゴールを決め、 レアル・マドリードの歴代最多得点選手となった。 プリメーラ・ディビシオンでは合計311得点を挙げ、メッシに次ぐプリメーラ歴代2位の得点記録、歴代得点ランキング上位10選手では唯一となる1試合1得点を超える得点率を記録した選手となった。 合計16のタイトルを獲得し、その中には3連覇を含め、5シーズンでチャンピオンズリーグを4回優勝した。 個人としては、レアル・マドリードの選手としてバロンドールを4回、ザ・ベスト最優秀選手賞を2回、ゴールデンシューを3回受賞した。 ユヴェントス [ ] 2018年7月10日、の会長であるが、ロナウドがオフを過ごすギリシャまで交渉に向かっていることが報道された。 その報道からまもなく、の発表があり、その後もロナウドが4年契約でレアル・マドリードから加入することを発表した。 移籍金はセリエA史上最高額である1億ユーロで、2年間にわたり支払われることも発表した。 2017-18シーズンのチャンピオンズリーグでゴールをした際にスタンディングオベーションを浴びてユベントスサポーターに感銘を受け移籍を決意したとも言われている。 背番号はトレードマークともいえる7番であり、昨シーズン7番を着用していたも自身のTwitterで歓迎のメッセージとともに背番号を譲ることを発表した。 2018年9月24日、第4節戦で移籍後初ゴールを含む2ゴールを決める活躍を見せた。 またこの日の2点目のゴールはリーグ戦におけるキャリア400ゴールとなり、欧州でのリーグ戦通算400ゴール達成は5人目となった。 11月24日、第13節の戦ではユヴェントス史上最速となる公式戦10試合目で2桁得点を記録した。 12月2日、第14節の戦でも得点を決め、デビューシーズンで14試合10得点を決めたのは約60年ぶりとなる快挙となった。 2019年3月12日、チャンピオンズリーグラウンド16・戦では、敵地での1stレグを0-2で敗れており、勝ち抜けに少なくとも3点が必要な状況でハットトリックを達成し、チームを逆転での準々決勝進出に導いた。 4月20日、セリエA第33節に勝利しチームの8連覇に貢献した。 欧州5大リーグ(伊・西・英・独・仏)では、仏のリヨンが7連覇と昨季のユーベが連覇記録で並んでいたが新記録を更新した。 同年は5試合を残しての史上最速タイの優勝となった。 また当シーズンの年間MVPを受賞した。 ユヴェントスに加入したロナウド(2019年) 、10月1日に行われたの戦では、やらと並ぶチャンピオンズリーグ14シーズン連続得点と共に、を超えて大会最多勝利、ラウルと並んで33の異なるクラブから得点を奪った選手となった。 2020年1月6日の戦ではハットトリックを達成、史上2人目の英・西・伊の三大リーグにおけるハットトリック達成者となった。 セリエA第22節のフィオレンテーナ戦で2ゴールを決め9試合連続ゴールを達成、ユベントスの選手としては以来の記録となった。 第23節戦では2-1と敗れたが、クラブ新記録となる10試合連続ゴールを決めた。 休養で24節を欠場して迎えた2月22日の第25節SPAL戦でセリエA最多連続試合ゴールに並ぶ11試合連続ゴールを決めた。 ポルトガル代表経歴 [ ] キャプテンマークを巻いてプレーするロナウド(2010年) 2003年に開催されたで優勝を果たし、同年8月20日に行われた戦でとの交代で途中出場し代表デビュー。 のメンバーに選出され 、グループリーグ初戦の戦は1-2で敗れたが、代表初ゴールを記録し 、2-1で勝利した準決勝の戦でもゴールを挙げた。 チームは準優勝し、大会のベストイレブンに選出された。 決勝の相手は開幕戦と同じギリシャであり、敗れた際には人目もはばからず涙を流し続けた。 同年に開催されたにもとして出場した。 では、7月1日に行われた準々決勝の戦では、マンチェスター・ユナイテッドのチームメイトであったがを踏みつけたとして退場処分となったが、ルーニーの退場後にロナウドがポルトガルのベンチに向かってウインクする映像が映し出されたことにより、イギリスのメディアはロナウドの抗議がの判断に影響を与えたのではないかと推測した。 しかし、試合後にロナウドは、ルーニーは友人であるし、退場させるための行動は取っていないと話した。 7月4日にはエリソンドが、レッドカードはルーニーの反則に対してであって、ロナウドとルーニーの諍いに対して出したのではないと話した。 後々軽率な発言であった事を弁明しているが、試合内容も含めたイギリスメディアの過剰な反応に対して感傷的になってしまった上に、ファンの反感を推察し「所属クラブではもう走れないかもしれない」と移籍を仄めかし 、スペインの紙にレアル・マドリードに移籍したいと話したと伝えられた。 それに対しは、ナーバスになっていたロナウドを説得し、ルーニーとの間のわだかまりを解消するためにに話をさせた。 ロナウドは残留し、2007年4月には契約を5年延長した。 ロナウドは準決勝の戦ではブーイングを浴び 、イングランドのファンのインターネット上の行動により、ベスト・ヤング・プレイヤー賞の受賞を逃すことになった。 インターネットの投票は選手のノミネートに影響を与えるだけであったが、FIFAの技術委員会はに賞を与え、ロナウドの試合中の振る舞いがその決定の理由の一因になったと話した。 22歳の誕生日の2日後の2007年2月7日に行われたとの親善試合で初めてキャプテンを務めた。 これは、その試合の2日前に亡くなったのカルロス・シルヴァに追悼の意を示しての行動であった。 これについては、「キャプテンを務めるには余りに若いが、今は亡きシルヴァ氏がロナウドをキャプテンにするように意思表示をしていた」と話した。 の予選ではに次ぐ8ゴールを挙げたが、本大会では1ゴールに終わり、準々決勝でに敗れた。 大会後にが監督に就任し 、新キャプテンに指名された。 キャプテンとして臨んだでは、グループリーグ初戦の戦、第2戦の戦、第3戦の戦と3試合連続で大会選定のマンオブザマッチに選出された。 北朝鮮戦では代表では1年4ヶ月ぶり 、ワールドカップ2大会連続となる得点を挙げた。 しかし、決勝トーナメント1回戦でに0-1で敗れたため、同大会での得点はその1ゴールのみに終わった。 EURO 2012、戦でのロナウド では大会最注目の選手とされたものの、グループリーグ初戦の戦を0-1と敗戦し、第2戦の戦では決定機を逃し批判の対象となった。 しかしグループリーグ第3戦の戦では2得点を上げて逆転勝利に貢献し、マンオブザマッチに選出された。 チームの決勝トーナメント進出に貢献した。 準々決勝ではと戦い、ゲームを支配しながらもなかなか得点を奪えず苦しい状況になりつつあったが、79分に自身のヘディングでのゴールで膠着状態を破り、結局そのゴールが決勝点となった。 準決勝の相手は、とビッグトーナメントを2大会連続で制し、また、前回のW杯では敗戦を喫したと対戦することになる。 この試合ではレアル・マドリードで同僚のと幾度となくマッチアップを繰り返すがロナウドは決定的な場面を作れず、結局試合はPK戦へともつれ込む。 PK戦ではロナウドは5番目のキッカーの予定だったが、自身に出番が回ってくることなくこの大会を去ることになる。 [ ]同大会3得点は得点ランキング1位タイだった。 10月16日の戦で代表通算100試合出場を達成したことにより、から表彰を受けた。 、に次ぐ史上3番目の若さで通算100試合を達成した。 2013年9月6日の北アイルランド戦では代表戦初のハットトリックを達成。 このハットトリックで代表通算43得点とし、を抜いてポルトガル代表歴代2位となった。 同年11月15日、11月19日のとのではポルトガルの全4得点を挙げる活躍で、ポルトガルの4大会連続となるワールドカップ出場に大きく貢献。 セカンドレグではハットトリックを決め代表通算47得点とし、に並びポルトガル代表歴代1位タイとなった。 2014年3月5日のとの親善試合で2得点を挙げ、単独1位となった。 2014年の本大会では開幕前に故障を抱えていたが 、グループリーグの戦では後半ロスタイムに同点ゴールをアシストする。 さらに戦ではワールドカップ3大会連続得点となる決勝ゴールを挙げ同試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されるも 、チームはグループリーグで敗退した。 2014年11月14日の、戦で決勝点を挙げ、予選と本大会を合わせたでの通算得点数を23とし、歴代最多得点記録を更新した。 EURO 2016、戦でのロナウド 2016年6月14日に行なわれた初戦の戦で代表通算127試合目の出場となり、フィーゴの持つ最多記録に並んだ。 続く6月18日の戦にも出場し、記録を更新した。 しかしこの試合でロナウドはPKを失敗し、スコアレスドローに終わった。 敗れるとポルトガルの敗退が決まるグループリーグ第3節の戦では、ハンガリーに3度リードを許すも2ゴール1アシストの活躍で引き分けに持ち込みポルトガルのグループリーグ突破を決めた。 7月6日、準決勝の戦で1得点1アシストを記録し、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。 7月10日、決勝の戦では前半25分で負傷交代するも 、チームは1-0で勝利し優勝を果たす。 自身も大会を通じて3ゴール(2位タイ)、3アシスト(3位)の結果を残し、シルバーブーツを受賞。 大会のベストイレブンにも選出された。 また同大会のハンガリー戦でEURO本大会17試合目の出場となり歴代最多記録を更新するとともに、EUROの4大会で得点を挙げた初の選手となり 、準決勝のウェールズ戦での得点によりの持つEURO本大会の通算得点記録(9得点)に並んでいる。 EURO 2016決勝での負傷から復帰した2016年10月7日の・戦では代表では初となる1試合4得点を記録した。 2017年3月25日のワールドカップ予選・ハンガリー戦では2得点を記録し、自身の代表通算得点数を70に伸ばした。 では初戦の戦ではの先制点をアシストし、続く戦では決勝点を挙げる。 戦ではPKで先制点を記録し3試合連続でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。 またニュージーランド戦での得点により自身の代表通算得点数を75に伸ばし、に並び欧州歴代2位に浮上した。 2017年8月31日の戦ではハットトリックを記録し代表通算得点数を欧州史上単独2位となる78得点に伸ばした。 2018年W杯、戦でのロナウド 2018年6月15日ののグループリーグの戦でハットトリックを達成した。 33歳130日でのワールドカップハットトリックは史上最年長記録となり、スペイン相手にワールドカップでハットトリックを決めた史上初の選手にもなった。 更に史上4人目となる4大会連続ゴールも記録した。 2戦目となる戦でも前半4分にコーナーキックにヘディングで合わせて先制点を記録。 代表通算得点を85得点とし、の持つ欧州歴代最多得点記録を更新するとともにに次いで代表最多得点記録単独2位となった。 決勝トーナメント1回戦の戦では無得点に終わりポルトガルも敗退したが、この試合で脚を負傷し交代したウルグアイのに肩を貸したスポーツマンシップが話題となった。 2019年6月5日、の準決勝でスイス戦でハットトリックを達成し、ポルトガルは6月9日に行われた決勝のオランダ戦にも勝利し、2016年のに続きヨーロッパにおける公式な代表タイトルを獲得した。 9月10日、の戦では4得点を挙げ、代表通算8度目のハットトリックを達成し、EURO予選での史上最多得点者となったほか、史上初めて異なる40カ国の代表を相手にゴールを決めた選手となった。 10月14日の戦にて後半27分にPKで得点を奪い、、、、プスカシュ、に次いで世界のサッカー史上6人目となるキャリア通算700得点を記録した。 プレースタイル [ ] ドリブルを仕掛けるロナウド 引き技、、切り返し、股抜きなどを組み合わせたドリブルを得意とし、縦へのスピードも持ち合わせる。 長身にも関わらずドリブルの重心が低く、ストライドが小さい分足の回転が速いのが特徴であり、スピードの緩急や方向転換などの能力も高い。 体幹が強いため左右に動いてもバランスを崩さず、背筋が伸びたドリブル姿勢によりドリブルと同じ歩幅でシュートを放つことができ、さらに広範囲を見渡せるため、ドリブル中でも質の高いパスを送ることができる。 ドリブル突破からのクロスも質が高く、高いクロスよりも低くて速いクロスを送る傾向がある。 また、両足で同レベルのプレーをすることができる。 本人は、トリッキーなテクニックを織り交ぜることが自分のプレースタイルであると語っている。 走力も非常に高く、ユース所属時は、夜になると重りを装着してボールとともにリスボンの街を歩いていたという。 マンチェスター・ユナイテッド時代にはからアドバイスを受けるなどした。 ロナウドの「」について、スポーツ科学科准教授の(スポーツバイオメカニクス)は、「体、足が一見、フェイントをかけた方向に大きくずれたように見えるが、実は身体の重心がほとんど動いていないこと。 変動が小さいため、次の動きに素早く移れる。 」「上半身はほとんど動かさず、へそ回りの重心を安定させながらボールを高速でまたいで、一瞬、相手の体が傾いたところを見て、反対方向に爆発的加速をして抜き去っている。 」と指摘した。 キャリア前半、特にマンチェスター・ユナイテッド時代はトリックを織り交ぜたドリブラー、ウインガーとしての色が強かったが、レアル・マドリード時代の多くは1対1の局面でドリブルで勝負する回数、成功率が減り、ドリブル突破よりも周囲にパスを出し、自らはエリア内に飛び込むというようなストライカーの毛色を濃くしている。 また、へ移籍してからは再びスタイルを変え、やはよりチームプレイヤーとしての働きを強めていることを指摘した。 フリーキックを蹴るロナウド 切り込んでのシュートや時速132kmにまで到達するパワフルなシュート、3メートル近くまで跳ぶ打点の高いヘディングなど多彩なゴールパターンを持ち 、高い得点力を誇る。 は、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるの名前を挙げ、「ベストは常にピッチを駆け回り、シュートのチャンスを伺っていた。 改めて見返すと、クリスティアーノ・ロナウドのシュートシーンにとても似ている」と語った。 は「敵陣のすべてのエリアからゴールを決めることができるゴール前のプレデターだ」と評価している。 フォーリャ・セッカ(枯れ葉)と呼ばれるキックを得意としていたを彷彿とさせる弾道の予測が不可能な無回転フリーキックを得意としていて 、彼の代名詞となっている。 その他PKの名手でもあり、PKの成功率も非常に高い。 移籍後毎シーズン得点王争いをしているが 、自身は2010年に行われた戦後に「ピチチ(得点王)は何も重要じゃない。 僕はリーガ優勝のために戦っている」と語っており 、同試合ではにPKキッカーを譲っている。 2015年のUEFAチャンピオンズリーググループステージ最終節マルメ戦で4得点を記録し、グループステージ史上最多となる11得点を記録した試合後のインタビューでは「僕が記録を求めているんじゃなく、記録が僕を求めているんだ」と述べている。 腹筋を一日約300回行っている。 は79cmと選手の平均を上回る。 2013年2月13日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦でのヘディングは最高到達点がほぼ3メートルに達した。 が2014年に行った身体能力適合ランク(各選手が活躍しているそれぞれの競技において、どれだけ身体能力が適合しているかを採点)において、選手のに次ぐ2位に選ばれた。 食生活もストイックに管理して体づくりをし、高いプロ意識で身体をケアしているため怪我にも強い。 33歳時点のメディカルチェックにおいて、実年齢より13歳若い20歳のフィジカルレベルを維持していることが明らかになった。 強心臓であり、過去には大舞台に弱いと指摘されたこともあったが 、現在は決勝などの大舞台に滅法強いことで知られている。 スペイン紙「」は「決勝で絶対失敗しない男」と称賛し、レアル・マドリードで同僚だったは、ロナウドの「異常な勝負強さ」について、「僕たちの7番はこれまで見たことがないタイプのストライカーだよね。 彼はすでにレジェンドさ。 史上最高の1人と記憶されるだろう。 クリスティアーノはチームのキーマンであり、チームメイトからも大いにリスペクトされているよ」とコメントした。 また決勝での負傷以降はロナウドの年齢を考慮したがローテーションを採用し適度に休養が与えられるようになったことで、シーズン終盤戦に調子のピークが来るような調整が取られている。 また、2015年に行われた設立100周年の祝賀会において、エウゼビオやらを抑えて同連盟からポルトガル史上最高の選手に選出された。 ロナウドとラウル(2009年11月) かつてレアル・マドリードでプレーしたはロナウドを「努力家」と称し、自身の現役時代よりも優れていると賞賛している。 もまた、勝利への欲求の高さ、最も早く練習場に現れて最後まで残る姿勢等を讃え、「今まで見てきた中で最もプロ意識が高い選手の一人であり、真のリーダー」と賞賛した。 は「彼のピッチ内外でのプロフェッショナリズムの高さは想像以上で、少しばかり驚かされた」「模範になるプレイヤーであり、自分が指導した中で最高の選手」と語った。 はロナウドをマンチェスター・ユナイテッド史上最高の選手と考え、「ロナウドはやといったマンチェスター・ユナイテッドの歴史における素晴らしい2選手よりも優れている(Ronaldo is better than George Best and Denis Law, who were two brilliant and great players in the history of United. )」と語った。 当のベストもマンチェスター・ユナイテッドでのデビュー戦後、「長年にわたって、第2のジョージ・ベストだと言われた選手は何人かいたが、私がそれを(私にとっての)ほめ言葉と感じたのは彼が初めてだ(There have been a few players described as the new George Best over the years, but this is the first time it's been a compliment to me. )」と語っている。 もまたロナウドのことをクラブ史上最高の選手とし、ベストとの比較でも「ロナウドの方が速さと強さを兼ね備えていると思っている」と語っている。 レアル・マドリードのOBであるはロナウドを「ゴールによって違いを生み出せる怪物」と評した。 以前よりも利他的となりチームに好影響を出していると分析し、また2011年11月6日の戦でロナウドが挙げたヘディングでのゴールについては「現役時代の自分を思い出した」とヘディングの名手だった自分に重ねて賛辞を送った。 ルーニーはロナウドを世界最高の選手と語っている。 はロナウドを「生粋のセンターフォワードとしてプレーしていながら10番でもある」と得点力と創造性を兼ね、ファンを魅了するプレースタイルを評価した。 メディアから「大舞台に弱いのではないか」 と指摘されることもあったが、決勝(マンチェスター・ユナイテッド、レアルマドリード在籍時に得点しており、異なるクラブでCL決勝でのゴールを決めた史上初の選手である)や決勝でゴールを決めている。 チャンピオンズリーグ準決勝での最多ゴール記録保持者である。 で行われたでの連続ゴール記録を樹立している。 は時代、ロナウドに対し「頭のねじが足りない」「もっと謙虚になるべき」などと発言し、レアル・マドリードはロナウドの態度のせいで不当な扱いを受けていると述べた。 また、頭に血の上りやすい性格でもあり、試合中の相手選手への暴力により退場処分を受けることも多い。 このような批判に対し、元のは、「彼の態度に関する議論が常にあるね。 でもそういった話題を止めて、彼の成績に目を向けるときがくる。 議論はやめて、単に彼のプレーを見るべきだよ」と述べている。 女性関係 [ ] マドリードでのロナウド(2010年4月) ロナウドはサッカー以外に関しても話題になることが頻繁にあり、特に女性関係でのゴシップは多い。 2007年10月には、やら数人を自宅に招き、5人のらと行ったパーティの様子を撮影した写真や動画が流出したことで、騒動を起こした。 敗退後の7月3日に、自身のとにて息子が誕生し父親となったことを発表したが、母親については彼女のプライベートを尊重して公表していない。 同じく、彼のエージェントも母親については答えていない(2010年からロナウドと交際していたロシア人モデルのは母親ではない)。 なお、この女性には口止め料として1200万ユーロが支払われたことが報じられ、また息子の面倒をみるのはロナウドの方であるとも発表している。 しかし、2009年オフにサンディエゴで代理母契約を結んだとも報道されており、口止め料ではなく、守秘義務と面会権の放棄のために1200万ユーロが支払われたとも報じられている。 他にはアメリカ人ウェイトレスやイギリス人大学生との一夜限りの子という情報、またポルトガルからの情報によると2010年3月に当時32歳で交通事故で亡くなった母方の従兄であり友人だったミゲル・サントスとアメリカ人女性との間に出来た子 ロナウドからしたら従甥 の存在を知り父となる事を決めて引き取ったという話もある [ ]。 2011年1月、姉であるカティアが、ロナウドの赤ちゃんを秘密裏に出産していた女性が死亡したとポルトガルのメディアに語り、「その子は我が家の血が流れている私たちのベビー。 母のドロレスが24時間ベビーを見ている以上、赤ちゃんのママはうちの母です。 他には存在しません」とコメントし死亡を強調した。 [ ] 息子は2010年6月17日に生まれ、クリスティアーノ・ロナウド・ジュニアと名付けられた。 ロナウドが2度めの受賞を果たした2013年のFIFAバロンドール授賞式には、恋人のイリーナだけでなく母や姉達など家族と共にロナウドに同伴していた。 翌年もロナウドはFIFAバロンドールを受賞したが、その授賞式にイリーナの姿はなく、数日後に破局を認めた。 エピソード [ ] クリスティアーノ・ロナウド国際空港 時代からコーチ陣揃って認めるほどの練習の虫で、現在でも居残り練習を積極的に行っている。 マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードでのチームメイトやコーチもその練習での態度を感服している。 2007年に来日した際、ののインタビューに出演する予定だったが、体調不良によりキャンセルしたためチームメイトのが代理を務めた。 ロナウド本人が拙い日本語で謝罪する映像も流れた。 2008年にスイスとオーストリアで共同開催されたで、が実施した欧州の女性1万2000人による最もハンサムな選手の人気投票で1位となる。 特にイタリア、ドイツ、スウェーデンからの票が多かったとのこと。 2009年、レアル・マドリードはロナウドの両足に9000万ポンド(約155億円)の保険をかけた。 ロナウドにかかった破格の移籍金を無駄にしたくないとの思いから、怪我など予測不能なリスクに備えるためだという。 ちなみにロナウドは2008年7月に右足首を手術しており、他にもひざには慢性的な問題を抱えている。 2010年2月21日の戦で直接フリーキックを決め先制点を挙げたが、ロナウドはこのゴールを当時豪雨に見舞われていた故郷のに捧げた。 この洪水で叔母 母の姉妹 が家を失い、3月に従兄のミゲル・サントスが交通事故で死亡した。 2011年5月10日の戦ではロナウドがクリアしたボールがスタンドの観客に直撃してしまった。 観客に怪我はなかったものの、ロナウドは試合後に観客のもとへ行き謝罪し、ユニフォームをプレゼントした。 また、2013年7月21日に行われた戦で、ロナウドが放ったフリーキックは11歳の少年に当たり手首を骨折してしまった。 そのお詫びとして自分と他の選手達のサインが入ったユニフォームを届けた。 同年に男子・の記録保持者と25m走勝負をしたことがある。 勝負は直線とジグザグの2本で、直線の勝負は3秒31をマークしたロドリゲスに敗れたが(ロナウドは3秒61)、ジグザグの勝負は6秒35をマークしてロドリゲスに勝利した(ロドリゲスは6秒86)。 2013年8月22日に行われた戦では、が前半を古巣のレアル・マドリード側でプレーし、その際にラウルに愛着のある7番を譲り11番をつけてプレーした。 [ ] 同年8月にで行われたとのプレシーズンマッチにおいて、試合中に乱入してロナウドに抱きついてきた観客の人の留学生に対して、起訴を取り下げるようの検察にロナウドより嘆願書が届けられた。 その嘆願書を受けた検察は、告訴を取り下げた。 2014年1月に母国ポルトガルで大統領から、の上位から三番目である『大将校』を授与された。 これまでサッカー選手で勲章を受賞したのは、『大十字賞』を授与されたとロナウドの二人のみである。 [ ] ポルトガル代表の初優勝後の2016年7月22日、ロナウドの功績を称え、故郷にあるが「クリスティアーノ・ロナウド」に名称が変更されることが決定した。 名称が変更された2017年3月29日にはロナウド自身も同空港で行なわれた式典に出席したが、同空港に設置された銅像がロナウドに似ていないことが話題となった。 子供の頃に目標だったポルトガル代表の選手として、、、を挙げている。 その他 [ ] 自らの博物館「Muse u CR7」オープンの様子• ができなくなるからという理由で、体にはを一切入れていない。 故郷フンシャルに自分のファッションブランド「」の店を開いている。 2人の姉が経営しており、2008年10月にリスボンに2号店を開店している。 その後もアメリカ人デザイナーのリチャード・チャイと連携しブランド「」や「」をオープンさせた。 他にもポルトガル製の靴ブランド「」もオープンしている。 2番目の姉カティアはポルトガルで歌手をしており最初は「Ronalda」という芸名でCDデビューしたが、後に本名の「Katia Aveiro」名義で再デビューする。 カティアは2014年3月〜5月までスペインで放映されていたリアリティ番組「Supervivientes: Perdidos en Honduras」に出演して歌も披露した。 またロナウドの母方の9歳下の従妹でモデル志望のトレイシー・オリベイラも2012年に放映されたポルトガルで放映されていたリアリティ番組「Secret Story - A Casa dos Segredos」に出演していた。 [ ]• サッカーの次に好きなスポーツは。 その腕前は、ポルトガル時代にプロにスカウトされたほど [ ] [ ]。 大の車好きとしても有名であり、2016年の時点で『SVR』、『・ゴースト』、『・グランカブリオ』、『S65AMGクーペ』、『911ターボS』、『599GTO』、『』、『LP700-4』、『・スーパースポーツ』、『』、『』といった多数の高級外車を自宅に揃えてることが判明している。 2014年、スペイン最大の保険比較サイト『』によれば、所有する車の保険代金だけで年間10万ユーロを支出している計算になるという(2014年時点)。 また、多数の高級外車以外にも約37億円のも所有している [ ] [ ]。 2013年12月、生まれ故郷であるに自らの記念博物館である「Museu CR7」をオープンさせた。 2014年、ロナウドはよりに選ばれた。 2014年6月、アメリカの経済誌はを公表した。 ロナウドの年収は8000万ドル(約82億円)であり、サッカー選手としては1位、世界のアスリートの中ではのに次ぐ2位であった。 世界で最も人気のあるアスリートであり、のフォロワー数は2014年7月現在で2800万人を越えており、世界のアスリートの中でも圧倒的に首位である。 またのフォロワー数は2014年7月現在で9300万人を超えており、こちらでも2位以下を大きく引き離し圧倒的に首位である。 ロナウドとメッシの誕生日は869日違いだが、彼等の長男も869日違いである。 2014年10月、英紙『ミラー』はロナウドのの「ファンの数」が1億人を突破したと報じた。 2017年11月、『Apple Tree Communications』はロナウドが世界のありとあらゆる有名人の中で最もSNSのフォロワー数が多いセレブだと発表した。 ロナウドの現在のフォロワー数は2億9,700万人を超えており、2位には、3位にはがランクインしている。 のフォロワー数は2020年2月現在で2億人を超えており、世界で最も多くのフォロワーをもつ人物である 世界一フォロワー数が多いインスタグラム社の公式アカウントが誇る約3億3千万人に次ぐ、フォロワー数2位。 2014年12月、地元にてロナウドの銅像が披露された。 しかし、現地住民からはその出来について批判の声が上がった。 2015年5月、4月25日にで起きた大地震で被災したネパール国民の為に、ポケットマネーから自身の背番号7に掛けた700万ユーロ(約9億5000万円)を寄付していたと報道されたが、後にこれは誤報であり、実際には寄付していない事が分かった。 また、自身のフェイスブックをフォローしてる1億人以上の人達に向けても被災地に寄付するよう呼びかけた。 2015年6月、アメリカの経済誌は最新のランキングを発表した。 ロナウドの年収は7960万ドル(約98億4000万円)であり、サッカー選手としては1位、世界のアスリートの中でも3位にランクインした。 2015年8月、ロナウドの代理人でかつてクラブを移籍するにあたって世話になったへの結婚祝いとしてのとある『島』をプレゼントしたことが世界的なニュースとなった。 島の値段はおよそ4億円〜70億円で、かつてロナウドもこの島にバカンスで訪れたことがあり、自身が気に入っていた島の一つを親友であるメンデスへプレゼントしたとのことである。 [ ]• 2015年8月、のポータルサイト『Look to the Stars』はロナウドが『世界で最も善き行いをしたアスリート』の第1位に選ばれたと発表した。 ロナウドは何年も前から色々な国々や人々を支援しており、脳の手術を必要とする10歳のファンに8万3000ドル(約1000万円)を寄付したり、母国ポルトガルの癌センターに16万5000ドル(約2000万円)の資金提供をしたり、飢餓や肥満、生物多様性などの問題について自身の名声を使って世界中に訴えかけてきたことなどが主な選出理由とのことである。 2016年6月、アメリカの経済誌は最新のランキングを発表した。 ロナウドの年収は8800万ドル(約94億2000万円)であり、サッカー選手の中では1位、世界のアスリートの中でも1位であった。 またロナウドの年間の広告価値は188億円以上であり、フェイスブックやインスタグラム、ツイッターのフォロワー数の合計は2016年6月現在で2億1500万人を超えている。 2016年11月、などはロナウドがスポーツブランドメーカー社と総額で1160億円を超えるスポンサー契約(生涯契約)を結んだことを発表した。 2016年12月、クリスティアーノ・ロナウドは複数のメディアから「巨額の脱税をしているのでは?」と疑惑を掛けられたことをきっかけに、自身の身の潔白を証明するために個人資産を公表した。 公開したのはすでにスペインの財務当局に提出済みの財務記録であり、それにより2015年12月31日時点での海外にある資産が約2億300万ユーロ(約246億円)、スペイン国内には約2350万ユーロ(約28億円)あることが判明した。 一部の日本のメディアは「年収」と報道したが、大元のスペインメディアの報道では「資産」である。 2017年6月13日にはスペインの検察によって、を利用し1470万ユーロ(約18億円)を不正に脱税した容疑で訴追されている。 2016年12月、中国のサッカークラブから年俸125億円、移籍金375億円、合計500億円で移籍オファーが届いたが「お金だけが全てではない」という理由でこの移籍オファーを断った• 2017年5月、のはを発表し、ロナウドは首位に選出された。 アメリカの経済誌によると、2017年発表のロナウドの年収は9300万ドルであり、2年連続で世界のアスリートで1位になった。 2020年にサッカー選手として初めて生涯収入10億ドル超えを達成した。 現役選手の間に生涯収入10億ドル超えを達成したアスリートはとフロイド・メイウェザー・ジュニアに続く史上3人目。 個人成績 [ ] クラブ [ ] クラブ シーズン 背番号 リーグ カップ リーグカップ CL CL予選 UEFAカップ 国内 SC UEFA SC CWC 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 アシスト 2002-03 28 25 3 3 2 - - - - 1 0 2 0 0 0 - - - - 31 5 7 通算 25 3 3 2 - - - - 1 0 2 0 0 0 - - - - 31 5 7 2003-04 7 29 4 5 2 1 0 5 0 - - - - 0 0 - - - - 40 6 7 2004-05 33 5 7 4 2 0 8 0 - - - - 0 0 - - - - 50 9 10 2005-06 33 9 2 0 4 2 8 1 - - - - - - - - - - 47 12 8 2006-07 34 17 7 3 1 0 11 3 - - - - - - - - - - 53 23 19 2007-08 34 31 3 3 0 0 11 8 - - - - 1 0 - - - - 49 42 8 2008-09 33 18 2 1 4 2 12 4 - - - - 0 0 0 0 2 1 53 26 9 通算 196 84 26 13 12 4 55 16 - - - - 1 0 0 0 2 1 292 118 61 9 29 26 0 0 - - 6 7 - - - - - - - - - - 35 33 7 7 34 40 8 7 - - 12 6 - - - - - - - - - - 54 53 13 38 46 5 3 - - 10 10 - - - - 2 1 - - - - 55 60 15 34 34 7 7 - - 12 12 - - - - 2 2 - - - - 55 55 12 30 31 6 3 - - 11 17 - - - - - - - - - - 47 51 17 35 48 2 1 - - 12 10 - - - - 2 0 1 2 2 0 54 61 22 36 35 0 0 - - 12 16 - - - - - - - - - - 48 51 15 29 25 2 1 - - 13 12 - - - - - - - - 2 4 46 42 12 27 26 0 0 - - 13 15 - - - - 1 0 1 1 2 2 44 44 7 通算 292 311 30 22 - - 101 105 - - - - 7 3 2 3 6 6 438 450 120 7 31 21 2 0 - - 9 6 - - - - 1 1 - - - - 43 28 10 2 2 - - 7 2 - - - - 1 1 - - - - 32 25 3 通算 31 21 4 2 - - 16 8 - - - - 2 2 - - - - 75 53 13 総通算 566 440 63 39 12 4 172 129 1 0 2 0 10 5 2 3 8 7 836 627 201 代表 [ ] シーズン ワールドカップ 欧州選手権 その他大会 親善試合 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 アシスト 2003-04 - - 6 2 - - 7 0 13 2 3 2004-05 7 6 - - 2 0 9 6 4 2005-06 11 2 - - 5 2 16 4 2 2006-07 - - 6 5 2 0 8 5 1 2007-08 - - 10 4 2 0 12 4 1 2008-09 4 0 - - 3 1 7 1 0 2009-10 7 1 - - 4 0 11 1 3 2010-11 - - 3 2 2 1 5 3 1 2011-12 - - 10 8 4 1 14 9 3 2012-13 6 1 - - 3 3 9 4 2 2013-14 7 8 - - 3 3 10 11 2 2014-15 - - 6 5 3 0 9 5 0 2015-16 - - 7 3 3 3 10 6 2 2016-17 5 11 - - 4 2 1 1 10 14 0 2017-18 8 8 - - - - 3 2 11 10 0 2018-19 - - 8 11 2 3 - - 10 14 0 通算 55 37 56 40 6 5 47 17 164 99 24 ポルトガル代表での得点 [ ] ポルトガル代表での得点 日時 場所 対戦相手 スコア 最終結果 大会 1. 2004年6月12日 、 1 — 2 1 — 2 2. 2004年6月30日 、 2 — 0 2 — 1 UEFA EURO 2004 3. 2004年9月4日 、 0 — 1 0 — 2 4. 2004年9月8日 、 1 — 0 4 — 0 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 5. 2004年10月13日 エスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデ、リスボン 2 — 0 7 — 1 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 6. 4 — 0 7. 2004年11月7日 、 0 — 2 0 — 5 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 8. 2005年6月4日 、リスボン 2 — 0 2 — 0 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 9. 2005年6月8日 、 0 — 1 0 — 1 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 10. 2006年3月1日 、 0 — 1 0 — 3 11. 0 — 3 12. 2006年6月17日 、 2 — 0 2 — 0 13. 2006年10月7日 、ポルト 1 — 0 3 — 0 14. 3 — 0 15. 2006年11月15日 、 2 — 0 3 — 0 UEFA EURO 2008予選 16. 2007年3月24日 エスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデ、リスボン 2 — 0 4 — 0 UEFA EURO 2008予選 17. 4 — 0 18. 2007年8月22日 、 1 — 1 1 — 1 UEFA EURO 2008予選 19. 2007年9月8日 エスタディオ・ダ・ルス、リスボン 2 — 1 2 — 2 UEFA EURO 2008予選 20. 2007年10月17日 、 0 — 2 1 — 2 UEFA EURO 2008予選 21. 2008年6月11日 、 1 — 2 1 — 3 22. 2009年2月11日 、 1 — 0 1 — 0 親善試合 23. 2010年6月21日 、ケープタウン 6 — 0 7 — 0 24. 2010年10月8日 エスタディオ・ド・ドラゴン、ポルト 3 — 1 3 — 1 25. 2010年10月12日 、 0 — 1 1 — 3 UEFA EURO 2012予選 26. 2011年2月9日 スタッド・ドゥ・ジュネーヴ、ジュネーヴ 1 — 1 2 — 1 親善試合 27. 2011年8月10日 エスタディオ・アルガルヴェ、ファロ 2 — 0 5 — 0 親善試合 28. 2011年9月2日 、 1 — 0 4 — 0 UEFA EURO 2012予選 29. 2 — 0 30. 2011年10月11日 、 2 — 1 2 — 1 UEFA EURO 2012予選 31. 2011年11月15日 エスタディオ・ダ・ルス、リスボン 1 — 0 6 — 2 UEFA EURO 2012予選プレーオフ 32. 3 — 1 33. 2012年6月17日 、 1 — 1 2 — 1 34. 2 — 1 35. 2012年6月21日 、 0 — 1 0 — 1 UEFA EURO 2012 36. 2012年8月15日 エスタディオ・アルガルヴェ、ファロ 2 — 0 2 — 0 親善試合 37. 2012年9月7日 スタッド・ヨジー・バーテル、ルクセンブルク 1 — 1 1 — 2 38. 2013年2月6日 、 1 — 1 2 — 3 親善試合 39. 2013年6月10日 スタッド・ドゥ・ジュネーヴ、ジュネーヴ 0 — 1 0 — 1 親善試合 40. 2013年8月14日 エスタディオ・アルガルヴェ、ファロ 1 — 1 1 — 1 親善試合 41. 2013年9月6日 、 2 — 2 2 — 4 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 42. 2 — 3 43. 2 — 4 44. 2013年11月15日 エスタディオ・ダ・ルス、リスボン 1 — 0 1 — 0 45. 2013年11月19日 、 0 — 1 2 — 3 46. 2 — 2 47. 2 — 3 48. 2014年3月5日 エスタディオ・Dr. マガリャンイス・ペッソア、レイリア 1 — 0 5 — 1 親善試合 49. 5 — 1 50. 2014年6月26日 、 2 — 1 2 — 1 51. 2014年10月14日 パルケン・スタディオン、コペンハーゲン 0 — 1 0 — 1 52. 2014年11月14日 エスタディオ・アルガルヴェ、ファロ 1 — 0 1 — 0 UEFA EURO 2016予選 53. 2015年6月13日 、 1 — 1 2 — 3 54. 1 — 2 55. 1 — 3 56. 2016年3月29日 エスタディオ・Dr. マガリャンイス・ペッソア、レイリア 2 — 0 2 — 1 親善試合 57. 2016年6月8日 エスタディオ・ダ・ルス、リスボン 1 — 0 7 — 0 親善試合 58. 3 — 0 59. 2016年6月22日 、 2 — 2 3 — 3 60. 3 — 3 61. 2016年7月6日 パルク・オリンピック・リヨン、リヨン 1 — 0 2 — 0 UEFA EURO 2016 62. 2016年10月7日 、 1 — 0 6 — 0 63. 2 — 0 64. 4 — 0 65. 5 — 0 66. 2016年10月11日 、 0 — 4 0 — 6 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 67. 2016年11月13日 エスタディオ・アルガルヴェ、ファロ 1 — 0 4 — 1 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 68. 3 — 1 69. 2017年3月25日 エスタディオ・アルガルヴェ、ファロ 2 — 0 3 — 0 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 70. 3 — 0 71. 2017年3月28日 、 1 — 0 2 — 3 親善試合 72. 2017年6月9日 スコント・スタディオン、リガ 0 — 1 0 — 3 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 73. 0 — 2 74. 2017年6月21日 、 0 — 1 0 — 1 75. 2017年6月24日 、 0 — 1 0 — 4 FIFAコンフェデレーションズカップ2017 76. 2017年8月31日 エスタディオ・ド・ドラゴン、ポルト 1 — 0 5 — 1 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 77. 2 — 0 78. 4 — 1 79. 2017年10月7日 、 0 — 1 0 — 2 2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 80. 2018年3月23日 、 1 — 1 2 — 1 親善試合 81. 2 — 1 82. 2018年6月16日 、 1 — 0 3 — 3 83. 2 — 1 84. 3 — 3 85. 2018年6月20日 、 1 — 0 1 — 0 2018 FIFAワールドカップ 86. 2019年6月5日 エスタディオ・ド・ドラゴン、ポルト 1 — 0 3 — 1 準決勝 87. 2 — 1 88. 3 — 1 タイトル [ ] クラブ [ ]• :1回 2002• :3回 2006-07, 2007-08, 2008-09• :1回 2003-04• :2回 2005-06, 2008-09• :2回 2007, 2008• :1回 2007-08• :1回 2008• :2回 2011-12, 2016-17• :2回 2010-11, 2013-14• :2回 2012, 2017• :4回 2013-14, 2015-16, 2016-17, 2017-18• :3回 2014, 2016, 2017• :3回 2014, 2016, 2017• :1回 2018-19• :1回 2018 代表 [ ]• :1回 2003• :1回• :1回 個人 [ ] 2015年1月にサンティアゴ・ベルナベウで2014 FIFAバロンドールをお披露目するロナウド• :5回 2008, 2013, 2014, 2016, 2017• :5回 2008, 2013, 2014, 2016, 2017• ベストチーム:3回 2004, 2012, 2017• エンターテイニングチーム賞:1回• :1回 2004• MVP 2007• :11回 2004, 2007, 2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016• サー・マット・バスビー・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー:3回 2003-04, 2006-07, 2007-08• :4回 2005-06, 2006-07, 2007-08, 2008-09• :1回 2006-07• :2回 2006-07, 2007-08• :2回 2006-07, 2007-08• バークレイズ年間最優秀選手賞:2回 2006-07, 2007-08• :4回 2006年11月, 2006年12月, 2008年1月, 2008年3月• :7回 2006-07, 2007-08, 2010-11, 2011-12, 2012-13, 2013-14, 2014-15• 得点王:1回 2007-08• :4回 2007-08, 2010-11, 2013-14, 2014-15• :11回 2007, 2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017• 得点王:7回 2007-08, 2012-13, 2013-14, 2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18• UEFAクラブ最優秀FW:1回 2007-08• UEFA年間最優秀選手:1回 2007-08• ゴールデンボール:1回• FIFAクラブワールドカップシルバーボール:3回 , ,• FIFAクラブワールドカップ得点王:2回 2016, 2017• :1回 2008• :3回 2008, 2013, 2014• 年間世界最優秀選手:3回 2008, 2013, 2014• :1回 2009• ポルトガル最優秀選手:10回• :3回 2010-11, 2013-14, 2014-15• 得点王:1回 2010-11• :3回 2011-12, 2012-13, 2013-14• 得点王:1回 2012• 得点王:1回 2013年11月• LFP最優秀選手:1回 2012—13• :1回 2013• ESPYアワード最優秀国際アスリート:1回 2014• :3回 2014, 2016, 2017• ベストチーム:5回 2013-14, 2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18• LFPベストプレイヤー:1回 2013-14• LFPベストフォワード:1回 2013-14• LFPベストゴール:1回 2013-14• BBCオーヴァーシーズ・パーソナリティー・オブ・ザ・イヤー:1回 2014• 最優秀選手賞:1回• 得点王:1回• ベストイレブン• UEFA EURO 2016シルバーブーツ• :2回 2016-17, 2017-18• ドリームチーム:• 2018-2019年間最優秀選手賞• ベストイレブン 第1回• - 2019 記録 [ ]• レアル・マドリード通算最多得点(364得点)• 185cmとも。 80kgとも。 2017-18シーズンに、によって塗り替えられた。 を主催するではリーガ第2節の戦での得点をロナウドのゴールであるとしているため、41得点となっている• 所属チーム以外の全チームから得点を奪ったのはロナウドで史上10人目、レアル・マドリードでは2人目だが、これまでの記録達成時はリーガが現在の20チームよりも少ない。 また、は1996-97シーズンに19チームから得点を挙げたが、当時のリーガは22チームでの構成だった。 でのハットトリックは史上2人目で、決勝では史上初。 クラブワールドカップでは単独首位となるが、前身であるを含めるとと並ぶ最多タイ記録である。 同試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。 ロナウドがテレビ番組で「1日300回くらいです」と答えている。 また一日3000回と報じている記事も存在する。 出典 [ ]• com 2010年7月24日. 2015年2月17日閲覧。 2016年11月23日閲覧。 ポルトガルサッカー連盟. 2020年4月29日閲覧。 ゲキサカ. 2020年3月1日閲覧。 サッカーキング 2015年9月19日. 2016年12月8日閲覧。 ポルトガル語発音:。 ゲキサカ 2014年6月15日. 2015年2月17日閲覧。 アゴラ 2018年6月17日. 2018年6月23日閲覧。 wowow 2014年11月7日. 2015年12月14日閲覧。 サッカーキング 2013年4月2日. 2015年12月23日閲覧。 サンケイスポーツ 2015年10月29日. 2015年12月14日閲覧。 ゲキサカ 2014年10月23日. 2015年12月17日閲覧。 Goal. com 2016年2月10日. 2016年2月25日閲覧。 サッカーキング 2017年1月31日. 2017年9月8日閲覧。 www. footballchannel. kanzen Ltd.. 2019年4月21日閲覧。 そして今回、ユベントスでもリーグ優勝を果たし、イングランドとスペイン、イタリアの異なる三ヶ国のリーグで優勝を果たした史上初の選手となった。 サッカーキング 2018年5月14日. 2018年5月28日閲覧。 Uefa. com 2014年10月14日. 2014年10月15日閲覧。 com. 2011年6月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年9月5日閲覧。 『クリスティアーノ・ロナウド ポルトガルが生んだフェノメノ』• com、2012年4月1日• jp 2012年10月16日. 2013年1月6日閲覧。 com、2012年4月9日• livedoorスポーツ 2008年1月23日. 2009年7月15日閲覧。 manchestereveningnews. com• Goal. com、2012年4月15日• 既に両クラブ間での接触は行われており、親善試合の時点でマンチェスター・ユナイテッドが仮契約を押さえていた。 the guardian 2011年1月19日• GiveMeSport 2020年1月30日. 2020年4月11日閲覧。 The Sun 2020年1月30日. 2020年4月11日閲覧。 BBC. 2003年8月12日. 2020年4月11日閲覧。 Taylor, Daniel 2003年8月13日. The Guardian. 2020年4月11日閲覧。 特集号』、、日本スポーツ企画出版社、平成21年1月21日号、8頁• football-zone、2019年4月9日• BBC SPORT、2007年1月11日• Reuters. 2007年12月3日. 2019年7月1日閲覧。 www. transfermarkt. com. 2019年7月1日閲覧。 www. premierleague. com. 2019年7月1日閲覧。 BBC SPORT. 2008年4月27日. 2019年7月1日閲覧。 BBC SPORT. 2007年5月4日. 2019年7月1日閲覧。 Goal. com、2012年5月4日• France Football. 2019年7月1日閲覧。 BBC SPORT. 2009年1月12日. 2019年7月1日閲覧。 telegraph. uk、2008年11月15日• Telegraph. 2009年12月22日. 2019年7月1日閲覧。 www. afpbb. com 2009年6月11日. 2019年9月15日閲覧。 ニッカンスポーツ 2009年7月8日. 2009年7月21日閲覧。 www. afpbb. com 2009年7月21日. 2019年9月15日閲覧。 www. afpbb. com 2009年7月29日. 2019年9月15日閲覧。 dailymail. uk、2010年10月11日• livedoor. com、2010年10月31日• uefa. com、2010年10月23日• goal. com、2010年11月1日• sponichi. jp、2011年2月8日• Goal. com 2011年5月11日• Goal. com 2011年5月18日 2018年4月5日閲覧• FootballWeekly 2011年5月22日• SOCCER KING 2011年5月22日• レアル・マドリード公式サイト日本語版 2012年2月14日• SOCCER KING 2012年5月6日• レアルマドリードC. 2012年5月20日• スカパー!. 2012年9月15日. 2012年9月28日閲覧。 SOCCER KING 2012年10月9日• UEFA. com. 2014年1月14日. 2014年1月14日閲覧。 Goal. com. 2014年1月14日. 2014年1月14日閲覧。 Goal. com. 2014年1月14日. 2014年1月14日閲覧。 Goal. com. 2014年1月14日. 2014年1月14日閲覧。 goal. com 2013年11月21日• goal. com 2013年12月19日• uefa. com 2013年12月10日• サッカーキング 2014年5月25日. 2019年9月15日閲覧。 サッカーキング 2014年5月19日. 2019年9月15日閲覧。 UEFA. com 2014年8月28日. 2019年9月15日閲覧。 スポーツニッポン 2016年12月6日. 2017年5月16日閲覧。 Goal. com 2016年8月18日. 2017年5月16日閲覧。 soccer king• Goal. com 2015年1月12日. 2019年9月15日閲覧。 フットボールチャンネル 2015年4月6日閲覧。 サッカーキング 2015年4月6日閲覧。 サッカーキング 2015年5月26日閲覧。 Sponichi Annex 2015年5月26日閲覧。 web Sportiva 2015年6月7日閲覧。 UEFA. com 2015年6月7日閲覧。 スポーツ報知 2015年9月14日閲覧。 サッカーキング 2015年9月14日閲覧。 yahoo. jp 2015年10月1日• 2017年4月30日閲覧。 サッカーキング 2015年12月16日. 2016年4月6日閲覧。 SoccerMagazine ZONE WEB 2016年3月6日. 2016年3月6日閲覧。 2016年5月20日閲覧。 サッカーキング 2016年4月10日. 2016年4月13日閲覧。 日刊スポーツ 2016年4月13日. 2016年4月13日閲覧。 AFPBB News 2016年4月13日. 2016年4月13日閲覧。 サッカーキング 2016年4月14日. 2016年4月24日閲覧。 サッカーキング 2016年5月29日. 2016年6月6日閲覧。 フットボールチャンネル 2016年11月20日. 2016年11月23日閲覧。 サッカーキング 2016年12月13日. 2017年4月30日閲覧。 フットボールチャンネル 2016年12月15日. 2016年12月19日閲覧。 2016年12月19日閲覧。 サッカーキング. 2017年4月14日閲覧。 サッカーキング. 2017年4月30日閲覧。 2017年5月12日閲覧。 毎日新聞 2017年6月5日. 2017年7月30日閲覧。 uefa. com 2017年6月4日. 2017年6月4日閲覧。 goal. com 2017年6月4日. 2017年6月4日閲覧。 フットボールチャンネル 2017年8月14日. 2017年9月3日閲覧。 SANSPO. COM 2017年8月26日. 2017年9月15日閲覧。 2017年12月18日• 日刊スポーツ 2017年12月18日. 2017年12月19日閲覧。 サッカーキング 2017年10月16日. 2018年4月5日閲覧。 Football Tribe Japan 2018年4月4日. 2018年4月5日閲覧。 サッカーキング 2018年4月4日. 2018年4月5日閲覧。 GOAL 2018年4月4日. 2018年4月5日閲覧。 北村敦 2018年4月4日. サッカーキング. 2018年4月5日閲覧。 サッカーキング 2018年4月5日. 2018年4月5日閲覧。 レアル・マドリードCF公式ウェブサイト 2018年7月10日. 2018年7月11日閲覧。 ゲキサカ 2018年10月30日. 2020年6月22日閲覧。 ゲキサカ 2020年3月2日. 2020年6月22日閲覧。 Juventus. com 2018年7月10日. 2018年7月11日閲覧。 Goal. com 2018年9月16日. 2018年9月24日閲覧。 football channel 2018年9月17日. 2018年9月24日閲覧。 ゲキサカ(2018年11月25日)• Goal. com(2018年12月2日)• ロイター(2019年3月13日)• www. footballchannel. kanzen Ltd.. 2019年4月21日閲覧。 フットボールチャンネル(2019年4月21日)• ゲキサカ. KODANSHA LTD. 2019年5月19日閲覧。 リーグ公式サイトが伝えている。 90 Min(2019年10月2日)• -goal• -Soccre King 2020年2月9日• - フットボールチャンネル 2020年2月23日• 2010年6月21日• Sponichi Annex 2015年7月13日閲覧。 goal. com 2012年10月18日• com 2013年9月7日• goal. com 2013年11月20日• SOCCER KING 2014年3月5日• SOCCER KING 2014年5月31日• AFPBB News 2014年6月15日• スポーツニッポン 2014年6月12日• サッカーダイジェストWeb 2014年6月23日• サッカーキング 2014年11月15日• SOCCER KING 2016年6月19日• サッカーキング 2016年6月23日• サッカーキング 2016年6月23日. 2016年6月23日閲覧。 Football ZONE WEB 2016年7月8日. 2016年10月28日閲覧。 スポーツニッポン(2016年7月10日) 2016年7月13日閲覧• サッカーキング(2016年7月11日) 2016年7月13日閲覧• サッカーキング 2016年6月23日• サッカーキング 2016年7月7日. 2016年7月13日閲覧。 サッカーキング 2016年10月8日. 2016年10月12日閲覧。 Football ZONE WEB 2017年3月26日. 2017年3月27日閲覧。 Goal. com 2017年6月19日. 2017年6月26日閲覧。 フットボールチャンネル 2017年6月22日. 2017年6月26日閲覧。 スポーツニッポン 2017年6月26日. 2017年6月26日閲覧。 スポーツニッポン 2017年6月25日. 2017年6月26日閲覧。 Football ZONE WEB 2017年9月1日. 2017年9月3日閲覧。 - スポーツニッポン、2018年6月16日• - サッカーキング、2018年6月16日• フットボールチャンネル カンゼン. 2018年6月20日. 2018年6月21日閲覧。 Goal. com 2018年6月30日. 2018年9月8日閲覧。 フットボールチャンネル 2019年9月11日. 2019年9月15日閲覧。 Goal. com 2019年9月11日. 2019年9月15日閲覧。 日刊スポーツ 2019年10月15日. 2019年10月16日閲覧。 Number web 2016年6月14日• Goal. com 2011年4月27日• - sportsnavi 2008年11月28日• FOOTBALL ZONE Web、2017年1月19日• YOMIURI ONLINE 2010年6月18日. 2011年4月20日閲覧。 Number web、2015年9月14日• ゲキサカ、2016年10月31日• SoccerMagazine ZONE WEB 2019年5月27日. 2019年6月6日閲覧。 週プレNEWS 2018年10月22日. 2019年6月6日閲覧。 NIKEFOOTBALL. COM• OCNスポーツ 2011年12月9日• sanspo. com 2014年1月19日. 2014年8月10日閲覧。 サッカーキング 2015年5月17日. 2016年1月10日閲覧。 livedoor. com、2008年3月28日• ゲキサカ、2015年5月11日• com、2009年8月18日• jiji. com• Goal. com• Goal. com• フットボールチャンネル 2015年8月22日. 2015年12月22日閲覧。 com 2010年11月21日. 2016年11月28日閲覧。 2015年11月21日閲覧。 wyahoo. jp 2014年8月9日. 2014年8月10日閲覧。 wowow. 2012年10月19日閲覧。 SOCCER KING 2018年7月24日• 2015年12月17日閲覧。 2017年12月18日• サッカーキング 2018年4月4日. 2018年4月5日閲覧。 yahoo. jp 2013年10月8日. 2013年11月22日閲覧。 goal. com 2013年9月13日. 2013年11月22日閲覧。 afpbb. com 2015年1月16日. 2015年1月22日閲覧。 Goal. com 2010年2月20日. 2012年11月21日閲覧。 wowow. jp 2009年12月9日. 2012年11月21日閲覧。 wowow. jp 2010年5月7日. 2013年8月17日閲覧。 wowow. Yahoo! ニュース• Press TV 2008年4月2日• マンチェスター・ユナイテッド公式ホームページ 特集:コメント集:ロナウド• マンチェスター・ユナイテッドFC 公式サイト 2008年12月2日. 2013年11月22日閲覧。 Goal. com 2011年11月9日• Goal. com 2014年11月7日. 2014年11月12日閲覧。 サッカーキング 2018年4月4日. 2018年4月5日閲覧。 レアル・マドリードC. |Official Web Site• サンスポ• 2011年2月3日. 2014年12月9日閲覧。 2011年2月3日. 2014年12月9日閲覧。 Goal. com、2013年12月14日• 『マンチェスター・ユナイテッド 特集号』、ワールドサッカーダイジェスト、日本スポーツ企画出版社、平成21年1月21日号、45頁• Goal. com 2010年7月4日. 2010年7月5日閲覧。 Goal. com 2010年7月8日. 2010年7月8日閲覧。 スポーツ報知 2010年7月8日• Goal. com 2015年1月20日• footballchannel. goal. com• goal. com• livedoor. com• livedoorスポーツ 2009年8月5日. 2010年1月25日閲覧。 2010年2月22日• SOCCER KING 2011年5月11日• livedoor. com•

次の

Cast|TRUE BLOOD/トゥルーブラッド 海外ドラマ【公式サイト】

クリスティン ハンビー

シーズン1 スーキー・スタックハウス 演:アンナ・パキン レストラン・バー「マーロッテ」で働くウェイトレスで、人の心を読むことができる。 心を読めないヴァンパイアのビルに興味を持ち、心惹かれるようになる。 ビルの血を売ろうとしていたラットレイ夫婦から、ビルを助ける。 ビル・コンプトン 演:スティーヴン・モイヤー 173歳のヴァンパイアでふらりとマーロッテにやって来て、スーキーと出会う。 スーキーに命を助けられ、ラットレイ夫婦がスーキーを痛めつけているのを助ける。 穏やかで古風な雰囲気があり、人間と共存したいと考えている。 サム・マーロッテ 演:サム・トラメル レストラン・バー「マーロッテ」のオーナー。 スーキーに密かに思いを寄せていて、ヴァンパイアを快く思っていない。 タラと真剣に付き合いたいと思っているがうまくいかず、何か秘密を隠している。 ジェイソン・スタックハウス 演:ライアン・クワンテン スーキーの兄で道路工事の管理の仕事をしている。 女たらしですぐに女性と関係を持ってしまい、トラブルに巻き込まれることも多い。 モーデットを殺したと思い込んでいたが、別に犯人がいると知りほっとしている。 タラ・ソーントン 演:ルティナ・ウェスリー スーキーの親友でマーロッテのバーテンダー。 アルコール依存症の母に苦労させられている。 ジェイソンのことを昔からすきで片思い中だが、ひょんなことからサムと関係を持ってしまう。 アンディ・ベルフルーア 演:クリス・バウアー ボン・タンの刑事。 やや嫌味っぽいところがあり、事件の犯人はジェイソンだと決め付けている。 保安官ばかり重要視されていて、少し卑屈になっている。 ラファイエット・レイノルズ 演:ネルサン・エリス タラのいとこでゲイ。 マーロッテの調理人と道路工事の仕事を掛け持ちしている。 裏で色んなドラッグの仲介をしていて、Vドラッグも取り扱っている。 ホイト・フォーテンベリー 演:ジム・パラック ジェイソンの親友で道路工事の仕事をしている。 友達思いで誠実で、スーキーがヴァンパイアと付き合うのも批判していない。 かまいすぎる母親に少し迷惑している。 アーリーン・ファウラー 演:キャリー・プレストン マーロッテのウェイトレスでシングルマザー。 レネと付き合っていて、子供もレネになついている。 仕事中に電話しすぎだとサムに怒られることも。 レネ・レニエ 演:マイケル・レイモンド=ジェームズ 道路工事の仕事をしていて、アーリーンと付き合っている。 男らしくて友達思いな面もあり、周りからも頼られる存在。 スーキーが店で変な客にからまれて助けたこともある。 バド・ディアボーン 演:ウィリアム・サンダーソン ボン・タンの保安官。 アンディよりも頼りにされることが多く、連続して起きている殺人事件を何とか解決しようとしている。 ドーン・グリーン 演:リン・コリンズ マーロッテのウェイトレス。 ジェイソンと付き合っていたがけんかになり、家から追い出してしまう。 シフトの時間になっても現れず、スーキーが家を訪ね遺体を発見する。 アデル・スタックハウス 演:ロイス・スミス スーキーとジェイソンの祖母。 スーキーは子供の頃からずっと一緒に住んでいる。 ヴァンパイアにも理解が深く、集会でビルに話してほしいと説得する。 ナン・フラナガン 演:ジェシカ・タック ヴァンパイア連盟のスポークスウーマン。 メディアでヴァンパイアの権利について発言している。 ヴァンパイアと人間が共存できるように、ヴァンパイアの社会的権利を勝ち取ろうとしている。 テリー・ベルフルーア 演:トッド・ロウ マーロッテの料理人で元軍人。 アンディのいとこ。 口数が少なく真面目な性格で、アーリーンに惹かれている。 レティー・メイ・ソーントン 演:アディナ・ポーター タラの母親。 いつも酔ってタラに迷惑をかけている。 子供の頃からタラをバカにしていて、タラに手を上げることもある。 エリック・ノースマン 演:アレクサンダー・スカルスガルド ファングタジアのオーナーで最年長のヴァンパイア。 第5地区の保安官で絶大な権力を持っている。 スーキーに興味を持っていて、手に入れようとしている。 パム 演:クリスティン・バウアー エリックがメーカーのヴァンパイア。 エリックやロングシャドウと一緒にファングタジアの経営をしている。 エリックに忠誠を誓っていて、スーキーをよく思っていない。 マキシーン・フォーテンベリー 演:ジム・パラック ホイトの母。 息子を過保護に育てていて、世話ばかり焼いている。 ロレーナ 演:マリアナ・クラヴェーノ ビルをヴァンパイアにしたメーカー。 南北戦争が終わりビルが食べ物を求めて行った家で暮らすヴァンパイア。 家族思いで優しいビルに惹かれ、ヴァンパイアにしてしまう。 エイミー・バーリー 演:リジー・キャプラン ジェイソンがヴァンパイア・バー「ファングタジア」で出会った女性。 お互いに本気で付き合うようになり、マーロッテのウェイトレスとして働き始める。 V欲しさにラファイエットの顧客ヴァンパイア、エディを監禁する。 エディ 演:スティーヴン・ルート ラファイエットにVドラッグを提供しているヴァンパイア。 V欲しさのエイミーと仕方なく協力したジェイソンに捕まり、監禁されてしまう。 ジェイソンとの間に徐々に友情が芽生えていく。 マリアン・フォレスター 演:ミシェル・フォーブス タラを助けたソーシャルワーカー。 サムとは顔見知りで訳アリの仲。 やがて、不死身のメナードだと判明する。 判事 演:ジェリコ・イヴァネク ヴァンパイアの判事。 ロングシャドウを殺したビルに刑を言い渡す。 当局から裁判で判決を下す権限を与えられている。 ジェシカ・ハンビー 演:ボラ・アン・ウォール ヴァンパイアの裁判でビルにヴァンパイアにされた女の子。 ビルがエリックに託して躾けてもらっていたが、手が付けられないとビルの元へ戻される。 スーキーと仲良くなり、ホイトに惹かれるようになる。 ギターが上手で音楽の才能を持っている。 マリアンの屋敷で、タラと一緒に過ごすうちに徐々に仲良くなる。 シーズン2 サラ・ニューリン 演:アンナ・キャンプ 太陽教団のリーダー、スティーブの妻。 夫を支えることを生きがいとしている。 ジェイソンに特別なものを感じてリーダーに推薦し、ジェイソンと深い関係に。 スティーヴ・ニューリン 演:マイケル・マクミリアン 太陽教団のリーダー。 ヴァンパイアは闇で悪だという信仰を広め、ヴァンパイア連盟と対立している。 家族をヴァンパイアに殺され恨みを持っている。 ダフネ 演:アシュリー・ジョーンズ マーロッテの新人ウェイトレスで、シェイプシフター。 ミスばかりでサム達にいつも怒られている。 サムに正体を明かし、急速に親しくなる。 ケニア・ジョーンズ 演:ターニャ・ライト 保安官の助手。 バドとは親しいが、アンディとはやや不仲。 ジンジャー 演:タラ・バック ファングタジアの従業員で人間。 ロングシャドウに長年操られていた。 逃げようとしたラファイエットを思わず銃で撃ってしまう。 ルーク・マクドナルド 演:ウェス・ブラウン 太陽教団のリーダー研修に参加している青年で、ジェイソンと同室。 ジェイソンにライバル意識を燃やしている。 ゴドリック 演:アラン・ハイド 2000年以上生きているヴァンパイアで、テキサスの保安官。 エリックのメーカーで、エリックは心から信頼している。 人間らしい優しさや思いやりに満ち、流血沙汰を好まない。 エリックに命じてVドラッグを売らせている。 超自然的存在に対する知識が豊富で、ビルにメナードの退治法を教える。 ハドリー・ヘイル 演:リンジー・ホーン スーキーとジェイソンのいとこ。 おばあちゃんに更正施設に入れてもらったが、飛び出してしまった。 シーズン3 ヘスース 演:ケヴィン・アレハンドロ ラファイエットの恋人で看護師。 ラファイエットの母が入院している病院で知り合う。 シャーマンの家系で、ラファイエットの隠れた能力を引き出す手伝いをする。 トミー・ミケンズ 演:マーシャル・オールマン サムの弟でシェイプシフター。 サムが実の親を探していて出会い面倒を見ている。 ラッセル・エジントン 演:デニス・オヘア ヴァンパイアでミシシッピーの王。 狼人間を部下にしていて、ビルを誘拐する。 世界征服を企んでいる。 クリスタル・ノリス 演:リンゼイ・パルシファー ヒョウ人間。 ジェイソンが森で見かけて助け、惹かれ合うようになる。 ホットショットというコミュニティで仲間同士で暮らしている。 ダニエルズ牧師 演:グレッグ・ダニエル ボン・タンの牧師。 レティー・メイと不倫関係になり、やがて結婚する。 テリーとアーリーンの赤ちゃんの悪魔祓いをしたこともある。 タルボット 演:テオ・アレクサンダー ラッセルの恋人でヴァンパイア。 インテリアや料理などに凝っている。 メリンダ・ミケンズ 演:J・スミス=キャメロン サムの実の母親でシフター。 夫ジョー・リーの言いなりになっている。 ジョー・リー・ミケンズ 演:クーパー・ハッカビー サムの実の父で人間。 飲んだくれで働こうとせず、メリンダやトミーを闘犬に出して金もうけしている。 アルシード・ヘルボー 演:ジョー・マンガニエロ エリックの指示で動いている狼人間。 ビルを探すためスーキーを助ける。 元カノがラッセルの部下クートと付き合っている。 クート 演:グラント・バウラー ラッセルの配下の狼人間。 ジャクソンに住んでいて、仲間達を束ねるリーダー。 アルシードの元カノ、デビーと婚約していて、Vドラッグで強化されている。 ホリー・クリアリー 演:ローレン・ボウルズ マーロッテのウェイトレス。 シングルマザーで2人の子供を育てている。 ウィッカの信者で、集会で儀式を行っている。 シーズン4 ルナ 演:ジャニナ・ガバンカー サムが通っている怒り抑制セラピーの仲間で、シェイプシフター。 学校の先生でシングルマザー。 サムと親密な関係になる。 マーニー・ストーンブルック 演:フィオナ・ショウ ホリーやエスースが通う魔女集会のリーダー。 降霊術で自分の体に死者の魂を乗り移らせて、会話することが可能。 強力なパワーを持つ魔女アントニアに支配され、ヴァンパイアを滅ぼそうとする。 ポーシャ・ベルフルーア 演:コートニー・フォード アンディの妹で弁護士。 スーキーの家を買い戻す手伝いをしている。 ビルとロマンチックな関係になったこともある。 シーズン5 パトリック・デビンス 演:スコット・フォーリー 元海兵隊員でテリーの上官として、一緒にイラクに従軍。 帰国後、次々にチームメンバーが火事で死亡し、真相を探ろうとしている。 戦地でテリーのトラウマとなるような命令を下した。 ノーラ・ゲインズボロ 演:ルーシー・グリフィス エリックの妹にあたるヴァンパイアで、メーカーはゴドリック。 ヴァンパイア統治局の議員だが、殺害命令が出ているエリックとビルを助ける。 聖血同盟の一員でリリスを崇め、人間を食料としか見ていない。 モリー 演:ティナ・マジョリーノ 統治局の技術者。 リモートでヴァンパイアの心臓を杭で貫く装置「iステイク」を開発。 マーサ・ボーズマン 演:デイル・ディッキー 群れのリーダーだったマーカスの母で、エマの祖母。 狼人間の掟を重んじている。 エマが狼人間になった時、群れが必要だとルナを説得するが応じてもらえない。 リッキー 演:ケリー・オーヴァートン マーカスの群れの仲間の狼人間。 サムを探し出して連れて来る。 JDに賛同できず、アルシードに力を貸す。 ローマン 演:クリストファー・メローニ ヴァンパイア統治局のガーディアン。 ヴァンパイアと人間が共存できる世界を目指している。 ヴァンパイアの始祖リリスを敬い、リリスの血を幹部達に飲ませている。 サロメ 演:ヴァレンティナ・チェルヴィ ヴァンパイア統治局の議員でローマンの愛人。 ノーラの後見人で信頼し合っている。 体を武器にして人の真意を探るのが得意で、裏で何か企てている。 リリス 演:ジェシカ・クラーク ヴァンパイアの始祖。 原理主義者からは神とあがめられている。 統治局にリリスの聖血があり、ヴァンパイアが飲むとハイになる。 ジャクソン・ヘルボー 演:ロバート・パトリック アルシードの父。 アルシードが子供の頃、ミシシッピーの群れのリーダーだった。 JDに敗れたアルシードと暮らし始め、マーサが連れてきたリッキーを助けて、アルシードがリーダーになれるよう力を貸す。 シーズン6 ナイル・ブリガント 演:ルトガー・ハウアー スーキーとジェイソンの祖先で、妖精の王。 クロードやクローディーンの祖父に当たる。 長年ワーロウを追っていて、スーキーを守るためにやって来た。 トルーマン・バレル 演:アーリス・ハワード ルイジアナ州の知事で、ヴァンパイアを追い詰めようとしている。 日本の企業に頼んで、裏でウイルス入りのトゥルーブラッドを作らせている。 ヴァンパイア収容所を作って研究し、ヴァンパイア対策部隊LAVTFを率いている。 ワーロウ 演:ロバート・カジンスキー スーキーが森の中で助けた男性でベン・フリンと名乗り、妖精と人間のハーフだとウソをつく。 ジェイソンを助けるために血を与え、スーキーに正体を気づかれる。 実は妖精とヴァンパイアのハーフで、太陽の下を歩けるなど両方の能力を持っている。 ニコール・ライト 演:ジャーニー・スモレット=ベル ヴァンパイア友好会VUSの一員で、サムを助けようとする。 メンバーと共に狼人間の群れに近づくが、殺されそうになる。 サムに助けられて逃げるうちに、お互いの距離が縮まる。 ウィラ・バレル 演:ジャーニー・スモレット=ベル ルイジアナ知事の娘で、大学を卒業してから父の仕事を手伝っている。 エリオットに連れ去られ知事を脅す材料にされるが、自らヴァンパイアになる道を選ぶ。 父を殺そうとするがサラに撃たれ、収容所に入れられてしまう。 アディリン・ベルフルーア 演:ベイリー・ノーブル アンディと妖精の間の娘。 ジェシカに血を吸われ、唯一生き残る。 ホリーの息子達と遊びに行った夜、エリックに襲われる。 ジェームス・ケント 演:ルーク・グライムス ヴァンパイア収容所で捕まっているヴァンパイア。 ジェシカと交合するよう命令されるが拒否し、紫外線ライトで罰を与えられる。 魂まで失いたくないというジェームスにジェシカは好意を持つ。 ヴァイオレット 演:カロリーナ・ビドラ ヴァンパイア収容所にいたヴァンパイアの1人。 ジェイソンを自分のものとして、血を吸っている。 ずっと体の関係はなかったが、ジェイソンが本気で望んで結ばれる。 シーズン7 ミスター・ガス 演:ウィル・ユン・リー ヤコノモ・コーポレーションの北米支社長。 サラのせいで会社が危機に瀕し、ヤクザを使って行方を追っている。 エリックとパムと手を組み、一緒にサラの捜索に当たる。 キース 演:ライリー・スミス ボン・タンに住むヴァンパイア。 アーリーン達の救出に手を貸し、瀕死のアーリーンに血を与える。 V型陽性のアーリーンと体の関係なしで、付き合い始める。

次の