トップ ナイフ 最終 回。 【トップナイフ最終回】ネタバレと感想!視聴率は?

トップナイフ|最終回 ネタバレ感想【あっさり感に続編の予感】3/14|DRAMARC

トップ ナイフ 最終 回

ついに最終話を迎えた『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(日本テレビ系)。 その最終話にしてようやく、孤高の天才脳外科医たちを取り巻く「家族」との関係性にメスが入る。 模索しながらも、個々にとっての最適な答えを導き出そうとする人々の葛藤と決意。 なかでもエモーションを残すのは、本作の主人公・深山瑤子(天海祐希)とその娘・真実(桜田ひより)が歩むことになった別々の道だろう。 家から出てくる母親を娘は待ち伏せして驚かそうとするも、「仕事」への道筋を一直線に伸ばしてしまった母親はその健気な存在に目も暮れることなく、遠くのほうへと走り去っていってしまう。 真実が抱える「お母さんは私のことが嫌いなんじゃないか」というトラウマは、別々の世界に生きているのだと痛感させられたこの幼少期の体験に端を発していた。 そんな膠着した関係も、真実が深山の家に転がり込むことで徐々に融解していき、ごく一般的な母と娘らしい姿を見せるようにもなっていく。 しかしながら、ふたりの距離が近づけば近づくほど、深山が家族を省みることの限界点を知ることになるし、真実はずっと逃げてきた自分の問題に立ち向かう必要に迫られていく。 まずは真実の義母が、その次には真実の父親が病院に訪れ、「真実を返してほしい」と深山に訴えるだろう。 娘から声をかけられても気にも留めなかったあの頃とは明らかな対比があり、深山は急ぎながらも耳を傾ける余裕ができている。 それでいて彼女は言う、「どうするかはあの子が決める。 (真実の生き方は)私が決めることじゃない」と。 深山はもう若くて仕事で精一杯だったころの母親ではないし、真実ももう子どもではない。 お互いが相手の生 き方を尊重しながら、よりよい関係性を模索していけるフェーズに突入している。 「お母さん! わたし決めた。 もう逃げない、絶対。 自分のことは全部自分で引き受ける。 さようなら!」深山を引き止めた真実はそう朗らかに言ってみせ、あの時とは逆に今度は彼女のほうが一度も振り返ることなく、深山とは別の方向に向かって力強く歩いていく。 あれだけスッキリした顔をしていたのだから、彼女たち母娘にとってはこれが正しい選択であったに違いない。 家族はときに迷い、立ち止まりながらも、ついに自分たちらしい関係性に巡り合う。

次の

トップナイフ(最終回)10話動画を無料視聴する【ドラマ】あらすじネタバレと感想

トップ ナイフ 最終 回

【スポンサードリンク】 トップナイフ最終回の視聴率 トップナイフの視聴率は 1話…13. 5話だけが一桁だったのが 残念でしたが、平均に高視聴率 だったのではないでしょうか? 脳の病気が人の身体に影響を 及ぼすのはもちろんですが、 心や人格にまで関わるというのは 本当に怖いなと思いました。 それを治療する脳外科医、 トップナイフって本当に すごい。 最終回は9話から続いている 内容なので、視聴率も安定して 取れそうですね。 【追記】 最終回の視聴率は 11. トップナイフ最終回のネタバレ 最終話は前回からの続きで、 今出川の妻の手術と鉄筋が 頭に刺さった患者・添野徹の お話が中心です。 今出川の妻のオペ 今出川の妻のオペが始まりました。 手術室に入る今出川。 部分麻酔をかけながら優しく 妻に声を掛け、言語機能の場所を 西郡と幸子がチェックしていきます。 チェックが終わり全身麻酔を かけようとしたその時、 今出川の妻・里美が「愛してる」 と言う言葉を繰り返しけいれんし始めます。 そこへ深山と黒岩が合流し、 素早く手術を開始します。 今出川が集めた最高の脳外科医 4人が1つになり、無事に 今出川の妻・美里の手術を終えます。 皆と握手し、お礼を言う今出川。 深山は手術後「昔は手術中、 よく今出川先生に怒鳴られて ここで泣いていた」と、 手を消毒しながら感慨深く 黒岩に話します。 手術は成功したものの、 なかなか昏睡からまだ 目覚めない里美。 今出川は献身的に付き添い、 里美が目覚めるのを待ちます。 その甲斐あって、里美は長い 眠りから覚めます。 喜ぶ今出川。 妻の手術も無事終わったので、 部長の座を深山に譲ります。 深山は部長に就任しますが、 現場には出続けると今出川に 宣言するのでした。 中学生・徹の被害妄想 鉄筋が頭に貫通し手術を受けた 少年・添田徹は深山に自分は 母親に殺されそうになったと話します。 深山は母親に徹の言葉を話し、 あれだけの怪我をすれば妄想が 出ることもあると言います。 ですが、母親は私が殺そうとした といいます。 徹からよく話を聞くとあの日、 母親ともみ合いになり突き落とされた のだと言います。 徹は名門学校に入学するも 無理して入ったからか、 ついていけなくなりました。 学校がつまらなくなり、家から 出ずゲームをするようになって からはだんだん学校に行かなく なっていました。 そんな徹を見て母親はあの日 無理やり徹を学校に連れて いこうとしました。 抵抗する徹は母親になんで 自分なんか産んだんだ! 自分なんて産まなきゃよかったのに! と母親にヒドイことをいいます。 そこで母親ともみ合いになり、 落下して徹は怪我をしたのでした。 突き落としたのではなく事故 だったのですが、徹の母親・良美は 深山に「自分がこわい。 」と話します。 良美は徹がお腹にいるときに 旦那の浮気が発覚し、離婚する ことを決意しました。 離婚して徹を産み必死に働いてきたが、 一人で働きながら育てるのは想像以上でした。 「全部自分のせい、子供に何の罪もない のはわかってる。 それでもすごくしんどい時、 どうしようもなく疎ましく思うことがある。 あの子がいなきゃな、なんて思う」と話します。 深山は子を持つ人なら誰でもそう思う 時はあると理解を示します。 そんな中、徹は深山に「お母さんは まだ見舞いに来ないの?」と聞きます。 良美は見舞いに来たと話すと、あの 見舞いに来た人は本当のお母さんじゃない、 あの人は宇宙人だと言います。 徹はカプグラ妄想を患っていました。 カプグラ妄想は脳の損傷の影響で、 顔は認識してるが愛情や感情を感じる ことができなくなる症状のことです。 徹は母親の顔はわかるけど、今までの 母親に対する感情がなくなり、 見舞いにきている母親を母親の姿を した宇宙人だと思い込んでいました。 徹は母親にひどいことを言ったことを 後悔していました。 見舞いに来た母親に「どうかお母さんに 会わせてください」と徹は頼みます。 良美は「伝えておくね」と言うと 泣いて病室を後にします。 「お母さん・・・?」と、 その声に反応する徹。 徹は出血で脳が圧迫され 目が見えなくなっていました。 目が見えないことで声に反応し、 母親を感じることができたのです。 それと同時に徹の容体は急変し 倒れますが、深山はと黒岩が 手術をし一命をとりとめます。 母親の良美は徹の手握り、 ずっとそばにいるよと話しかけます。 母と娘の関係 娘・まみに深山は「一度家に 連絡しなさい」と言うが、 はぐらかしてばかりのまみ。 そこへまみの今の母親が現れます。 そこで深山はまみが学校に行っておらず、 カウンセラーの先生にかかってる ことを知ります。 そしてまみを返して と言われます。 深山はオペがあるのでまた 連絡しますとその場を後にします。 家に帰った深山は、まみに 母親が来たことを話します。 まみはこの家に来てよかった と思っていると話します。 まみはずっと深山に嫌われてる と思っていました。 幼いころ家を出て行く時に、 深山が一度も振り返らなかった から自分に関心がないと 思っていたのです。 深山の家に来たのはそれを 確かめたかったからでした。 でも来てみて自分は愛されていて、 母親は仕事に一生懸命なのだとわかりました。 「お母さんは私の誇り」とまみは言います。 それを聞いた深山は涙ぐみながら 「そんないいものじゃないよ」 と言います。 「数えきれないくらい失敗もしたし、 患者の家族に怒鳴られたことも 一度や二度じゃない。 だけど絶対逃げなかった。 怒鳴られても全部引き受けた。 それだけが誇りかな」と話します。 そして「今後どうするにせよ、 自分で踏み出さなきゃダメだから」 とまみに話すのでした。 あわただしく仕事をしていると まみが職場に来ていました。 どうしたの?と声をかけると、 まみは「わたし決めた。 自分のことは 自分で引き受ける。 さようなら。 」 と目に涙を浮かべて言いました。 それを聞いた深山は笑顔で 「さようなら」と言います。 そしてまみは振り返らず、 荷物を持って病院を去りました。 トップナイフ最終回の感想! 今回が最終回でしたが、なんだか 駆け足で終わってしまった印象でした。 結局幸子と来島は中途半端なままですし、 黒岩の今後もアメリカに帰る、 の一言だけで終わりというなんとも モヤモヤする最終回でした。 今回の話で一番ぐっと来たのは、 ずっと嫌なことから逃げていた まみが一歩踏み出すことを決める シーンですね。 深山の真摯な姿勢に動かされて 成長する様がよかったです。 あとは徹の母親・良美が息子を疎ましく 思う時があるという台詞を言うシーンが あるんですけど、これが結構リアルでよかったです。 育児ってキレイごとだけじゃないんですよね。 子育ママの話を聞くとつくづくそう思います。 この台詞は子育てしているお母さん たちには刺さったんじゃないかな と感じました。 こんな感じでトップナイフは最終回を 迎えましたが、西郡が幸子に惚れてる のを匂わせていましたし、スッキリ 終わってないのでこれは続編が ありそうな予感ですね。 中学生の子供を持つ シングルマザー役ということで そんな大きい子を持つお母さん役を するような歳になったのか! とみんなビックリです(笑) ただ、現在、鈴木杏さんは32歳 なんですが、32歳にしては ちょっと老けた感じがしました… 中学生の子供のお母さん という感じはもちろん しましたが、実年齢から考えると だいぶ劣化したな、と思っちゃい ましたね… そういう役柄だから? なら良いんですが。 9話の最後からの演技は やっぱりさすがだなと 思ったので、今後ももっと もっとドラマなどで多くの 人が鈴木杏さんの演技を見れる 場がたくさんあれば良いのになー と思いました!.

次の

トップナイフ10話・最終回の無料フル動画はdailymotion・pandoraで見逃し配信の視聴できる?3/14|SNOPOMMEDIA

トップ ナイフ 最終 回

本作のエンディング映像は、主演の天海祐希らによるダンスが見どころとなっており、5話では主題歌を歌うJUJUがエンディングに緊急参戦、さらにウェブ限定版では看護師の犬飼(福士誠治)がセンターを務めるものや、ZIP! からは入社1年目杉原アナ&パンダの星星、ズムサタからは辻岡アナ、読売テレビや福岡放送からは人気アナウンサー陣が参戦。 本家に負けないキレッキレぶりの森田望智にアキラ100%、保役の嶺岸煌桜、そして天海祐希本人による手術着バージョンと、数多くの映像が投稿され話題となっている。 毎週少しずつ映像が変化していたエンディング映像だが、明日の放送の最終回では、撮影の裏側、メイキング映像を交えたスペシャルバージョンがオンエアされることが分かった。 <最終回あらすじ> いよいよ今出川(三浦友和)の妻・里美(有森也実)のオペが始まろうとしていた。 まずは西郡(永山絢斗)と幸子(広瀬アリス)が開頭した状態の里美に話しかけながら脳のチェックをしていく。 今出川も参加し、順調にオペが進むが……。 一方深山(天海祐希)は、鉄筋が頭部を貫通する事故から奇跡的に回復に向かっている中学生・徹(田中奏生)から、「母親に殺されそうになった」と打ち明けられ、驚きを隠せない。 そんな中、手術室では里美のオペにトラブルが発生。 深山は血液の逆流で脳出血を起こす危険のある徹に、再びオペをすることを決断。 しかし、オペを前に突然徹の容態が急変する……! C 日本テレビ 【関連商品】.

次の