コーヒー コーディネーター。 コーヒーコーディネーターの資格とは?講座の特徴やメリットや評判

日本創芸学院のコーヒーコーディネーター《費用・試験》

コーヒー コーディネーター

こんにちは、かつコーチです。 僕はコーヒー好きで、1日に3~5杯くらいは飲んでいます。 街に出掛けては、必ずカフェや喫茶店に行き、コーヒー豆を買って来ます。 本格的にコーヒーを自分で淹れるようになってからは、どんどんこだわりが増してきました。 そこで、もっといろいろと知りたくて、コーヒーの資格とかないか探していました。 すると、現在日本ではコーヒーに関する公的な資格は存在せず、 民間が出しているものがいろいろとあって、その中でも比較的取り組みやすいものとして、 今回ご紹介する「コーヒーコーディネーター」という資格がありました。 全くの趣味ですが、コーヒーを楽しむにはもってこいの勉強法だと思いました。 そこで、今回は、「コーヒーコーディネーターとは何か?」についてご紹介します。 コーヒーコーディネーターとは? 「コーヒーコーディネーター」は、日本創芸学院が出している民間の資格です。 日本創芸学院は、日本創芸グループの通信教育団体です。 Webサイトはこちら: この資格は、コーヒー豆の基礎知識から、焙煎・抽出方法まで学べるのは勿論のこと、 エスプレッソやラテアートの作り方なども勉強できます。 修了時には、本格的な知識と技能を身につけた証として、資格証が発行されます。 カフェや喫茶店の開業やコーヒー教室の開講にも役立つようですが、 あくまでも教養としてのもので、 「これがなければいけない」ということではないです。 資格の主な内容 申込方法 まず、無料の資料請求をすると、詳しい内容の資料が送られて来ます。 資料の内容を確認した後、講座に申し込むと以下の物が送られて来ます。 テキスト4冊• DVD3枚• コーヒー豆セット• コーヒーサーバー(ハリオ)• コーヒードリッパー(ハリオ)• コーヒーフィルター(ハリオ)• 電動コーヒーミル(カリタ)• 電動式ミルクフロッサー(限定特典) 尚、お金を振り込む前に勉強に必要な物が先に送られて来ます。 そこで、「やっぱりやらない」という人は返品できます。 支払い方法 講座を始める方は、ここで初めて料金の支払いが必要になります。 全額一括振込の場合は、指定の口座に振込(64,000円)。 分割にしてもさほど変わらないので、自分にあった方法で良いかと思います。 学習方法 学習方法は、送られてきた、テキストとDVDを中心に勉強を進めていきます。 分からないことがあれば、専門家に何度でも質問できるようになっています。 また、受講生同士が情報交換できる専用のホームページが用意されています。 資格取得方法 この資格は通信講座で、「いつからいつまで」という期限はありません。 学習を始めた標準の学習期間の6か月以内に、学科4回、実習が4回の課題提出をします。 その添削結果を経て、全て終えると修了証を受け取る形になります。 こんな人におすすめ 「コーヒーコーディネーター」は、民間の資格で、言い換えれば趣味の範囲かもしれません。 でも、コーヒーについてもっと体系的に学ぶには取り組みやすい資格と言えます。 そういったことからも以下の3点に当てはまるような方に向いていると言えます。 いつでもどこでも学びたい方• コーヒーについて一歩二歩詳しくなりたい方• カフェや喫茶店の開業に関する知識を学びたい方 まとめ 以上、今回は、「コーヒーコーディネーター」についてご紹介しました。 コーヒー好きとしては、ただ楽しむよりも、より深く知りたくなるもの。 カフェや喫茶店を開業しなくても、コーヒーに対する知識が深まれば、 今まで以上にコーヒーを楽しむことができると思います。 遊びのような感覚でも構わないので、初めてみてはどうでしょうか? コーヒーの資格が気になる方の参考になれば幸いです。

次の

コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)とはコーヒーの資格試験

コーヒー コーディネーター

こんにちは、かつコーチです。 僕はコーヒー好きで、1日に3~5杯くらいは飲んでいます。 街に出掛けては、必ずカフェや喫茶店に行き、コーヒー豆を買って来ます。 本格的にコーヒーを自分で淹れるようになってからは、どんどんこだわりが増してきました。 そこで、もっといろいろと知りたくて、コーヒーの資格とかないか探していました。 すると、現在日本ではコーヒーに関する公的な資格は存在せず、 民間が出しているものがいろいろとあって、その中でも比較的取り組みやすいものとして、 今回ご紹介する「コーヒーコーディネーター」という資格がありました。 全くの趣味ですが、コーヒーを楽しむにはもってこいの勉強法だと思いました。 そこで、今回は、「コーヒーコーディネーターとは何か?」についてご紹介します。 コーヒーコーディネーターとは? 「コーヒーコーディネーター」は、日本創芸学院が出している民間の資格です。 日本創芸学院は、日本創芸グループの通信教育団体です。 Webサイトはこちら: この資格は、コーヒー豆の基礎知識から、焙煎・抽出方法まで学べるのは勿論のこと、 エスプレッソやラテアートの作り方なども勉強できます。 修了時には、本格的な知識と技能を身につけた証として、資格証が発行されます。 カフェや喫茶店の開業やコーヒー教室の開講にも役立つようですが、 あくまでも教養としてのもので、 「これがなければいけない」ということではないです。 資格の主な内容 申込方法 まず、無料の資料請求をすると、詳しい内容の資料が送られて来ます。 資料の内容を確認した後、講座に申し込むと以下の物が送られて来ます。 テキスト4冊• DVD3枚• コーヒー豆セット• コーヒーサーバー(ハリオ)• コーヒードリッパー(ハリオ)• コーヒーフィルター(ハリオ)• 電動コーヒーミル(カリタ)• 電動式ミルクフロッサー(限定特典) 尚、お金を振り込む前に勉強に必要な物が先に送られて来ます。 そこで、「やっぱりやらない」という人は返品できます。 支払い方法 講座を始める方は、ここで初めて料金の支払いが必要になります。 全額一括振込の場合は、指定の口座に振込(64,000円)。 分割にしてもさほど変わらないので、自分にあった方法で良いかと思います。 学習方法 学習方法は、送られてきた、テキストとDVDを中心に勉強を進めていきます。 分からないことがあれば、専門家に何度でも質問できるようになっています。 また、受講生同士が情報交換できる専用のホームページが用意されています。 資格取得方法 この資格は通信講座で、「いつからいつまで」という期限はありません。 学習を始めた標準の学習期間の6か月以内に、学科4回、実習が4回の課題提出をします。 その添削結果を経て、全て終えると修了証を受け取る形になります。 こんな人におすすめ 「コーヒーコーディネーター」は、民間の資格で、言い換えれば趣味の範囲かもしれません。 でも、コーヒーについてもっと体系的に学ぶには取り組みやすい資格と言えます。 そういったことからも以下の3点に当てはまるような方に向いていると言えます。 いつでもどこでも学びたい方• コーヒーについて一歩二歩詳しくなりたい方• カフェや喫茶店の開業に関する知識を学びたい方 まとめ 以上、今回は、「コーヒーコーディネーター」についてご紹介しました。 コーヒー好きとしては、ただ楽しむよりも、より深く知りたくなるもの。 カフェや喫茶店を開業しなくても、コーヒーに対する知識が深まれば、 今まで以上にコーヒーを楽しむことができると思います。 遊びのような感覚でも構わないので、初めてみてはどうでしょうか? コーヒーの資格が気になる方の参考になれば幸いです。

次の

コーヒーコーディネーターとは?その資格内容と費用について

コーヒー コーディネーター

できれば、通信講座が良いなぁ。 わたし自身、珈琲の勉強がしたくて、調べまくった過去があります^^; そして、譲れなかったのが、「 通信講座」であること。 大手のコーヒーショップや、個人のカフェなんかでも、今はよくコーヒー講座をやったりしてますよね。 でも、なかなか日々の生活の中で、講座の日程に合わせて通うこともむずかしい。 そして、できれば、単発的な講座ではなく、珈琲について網羅した勉強がしたい。 そんな思いで探し求め、最終的に私が選んだのが、「 コーヒーコーディネーター」です。 先に報告させていただきますが、私も無事に、コーヒーコーディネーター講座を修了いたしました。 とても、楽しい時間でした。 珈琲の知識と、美味しいドリップコーヒーを淹れる技術も、ある程度身に付いたという満足感があります^^ 珈琲が好き。 珈琲の香りが好き。 珈琲の佇まいが好き。 珈琲が好きな人が集う空間が好き。 珈琲を淹れている人が好き。 そして、自分も珈琲を淹れる人になりたいと思った。 自分で好みの豆を選び、自分で豆を挽き、自分でドリップ。 その過程でしか味わえない香りを味わいたい。 そんな方に、わたしの「コーヒーコーディネーター養成講座」体験談が何かしらのお役に立てれば幸いです。 いつかは、自分で豆を挽き、 愛用ドリップポットでコーヒーを淹れる生活がしたい。 そんな想いを抱いていた私。 そして、ふと気づいた。 わたしは、コーヒーを飲むことは大好きだけれど、珈琲のことを何も知らない。 珈琲のことがもっと深く知りたい。 そう思った時が吉日。 きちんと勉強することを決心。 そして、通信講座のパンフレットを請求。 教材であるテキストやDVDはもちろんのこと、ドリッパーやサーバー、珈琲ミル、そして実習用のスペシャルティコーヒーの豆8種。 必要な物はほぼ全て、揃っている。 本当の初心者にはありがたい。 本当においしいコーヒーを淹れる。 本格的なプロの技能をやさしく習得できるので、もともとコーヒー好きな人でも、今までとはひとあじ違うコーヒーを淹れられるようになる。 オリジナルブレンドをつくれる。 コーヒーの高等技術のひとつが、オリジナルブレンドコーヒー。 ストレートでは出せない独自のハーモニーを味わえるブレンド法が学べる。 ラテアートなどのバリスタ技術を磨く。 カフェで人気のエスプレッソの淹れ方やラテアートの技術も楽しく学べる。 さらにさまざまなアレンジコーヒーのレシピもマスターできる。 カフェのノウハウを身につける。 夢の実現に向け、ここからスタート。 開業に必要なノウハウが学べ、多彩なアレンジコーヒーはもちろんカフェフードまで提供できるようになる。 ビーンズショップをオープンする。 お客さまの嗜好に合わせたコーヒー豆の選定や、おいしい淹れ方を提案できる。 コーヒー教室を開催する。 講座を通して学んだことや考案したオリジナルレシピなどを教えるコーヒー教師を開くことができる。 想像すらしていなかったけれど、ちょっぴり遠い将来、資金を順調に積み上げることができたら、余裕のある範囲で、小さなカフェを開いて余生を送る、なんて贅沢な空間がふと頭をよぎった。 それはそれとして、まずは、コーヒーをもっとよく知り、もっと深くコーヒーを味わいたい。 結局のところ、 自分で、そして家族で、もっと美味しい珈琲が飲みたい! この想いのままに、自宅で通信講座が受けられるという、「コーヒーコーディネーター養成講座」受講を決心。 早速、ダンボールで教材が一式届きました。 入っているのは、テキスト4冊、映像教材のDVD3枚、そして、ドリッパー、サーバー、電動コーヒーミル、実習用コーヒー豆等の実習セット。 ガイドブックや質問用紙などです。 テキストを1冊読むごとに、学科課題の問題を解きます。 ですから、学科課題は4回分あります。 郵送もできるのですが、ウェブ上で行った方が楽ですね。 こういう受講生専用のサイトがあります。 わたしは、ウェブ上で受講しました。 すべて解答してボタンを押すと、即時に結果がでます。 その結果を受けて、翌日は、 こんなふうに、講師の先生から返信が届きます。 学科と並行して、実習の方も進めていきます。 上の写真が、実習道具一式です。 実習課題は4回分あり、テキスト1の学習を終えた時点で、4回分とも行うことができます。 これが電動ミル。 コーヒー豆が入っています。 これが挽いた後です。 あぁ、いい香り。 至福の時ですね〜 今回の実習は、焙煎度合いの異なる豆を飲み比べます。 サーバー・ドリッパーを用意し、さきほど挽いたばかりのコーヒー豆をセット。 お湯を沸かして、ドリップポットに移します。 ちなみに、ドリップポットだけはセットに入ってきません。 自分の合う物を選んでくださいとのこと。 私はいろいろ迷った末、長く使うことを考えて、「タカヒロ コーヒードリップポット 雫 0. 9L」を選びました。 これも自分で購入しました。 「タニタ TANITA スティック温度計 ホワイト TT-508-WH 」。 ドリップは蒸らしも含めて3分30秒ぐらいがちょうどよいらしいのですが、私はなぜか5分ほどかかってしまいます^^; ちょっとかかりすぎですね。 後で、講師の先生に質問したところ、丁寧に答えてくださいました。 最初はとにかく、ドリップに慣れることが大切です。 アドバイスいただいたことを注意していこうと思います。 本当に美味しいコーヒーを淹れるために! そして、飲み比べ。 「甘味・酸味・苦味・香り・コク・透明感」 講師の先生のテイスティングサンプルを参考にしながら、自分自身で感じた感触をチェックしていきます。 そして、その結果を記録。 この用紙を提出することもできますが、私の場合は、ウェブ上で提出。 この実習については、正解はありません。 テイスティングで感じたこと、うまくいかなかったことを、記入して講師の先生からのアドバイスを待ちます。 次の日には、講師の先生より返信がありました。 なるほどなるほど。 参考になります。 目指せる資格 UCCコーヒーアカデミー公認「UCC ドリップマスター」 費用 【受講料】38,000円 税込 標準期間 約1ヶ月 送付物 動画やフルカラー写真が満載のテキスト、 画像・図がたくさん!いつでも見れるオンライン教材 対象 本当に美味しいコーヒーを淹れる技術を身に着けたい、 オシャレなアレンジコーヒーが作れるようになりたい、 フードレシピ&ペアリング理論も修得したい、 カフェ・ビーンズショップの開業を考えている等の方。 目指せる資格 コーヒースペシャリスト スポンサードリンク.

次の